タグ:聖夜 ( 15 ) タグの人気記事

85夜 偽りの口


すべての道はローマに通じているのだったっけ?
では真実の道も?
偽りの道も?

真実の口はローマの教会にある。
偽りある者が手を口に入れると、その手首を噛み切られるとか手が抜けなくなるという。
映画『ローマの休日』で知られる、大きな海神の石円盤。
では、何度手首が無くなったか数えきれないにちがいない。
わたしは大勢の子ども達に、無数の嘘をついてきた嘘つきだから。
心とうらはらな偽りを語るのが嘘つきなのだとしたら、その嘘は厄介な道徳に満ちていて、
一方、真実とは、短絡と享楽だ。

子どもというものが純粋な魂かといえば、それはひどく乱暴な問いで、
子どもは野生の欲に満ち満ちて、不完全な姿と思考の、人間以前の「鬼」だ。
罪なことに、ちいさい者は白く光る物を数多く持っているものだから、
おおきい者はそれに目がくらんでしまうのだ。
瞳の黒目の大きさ、そして白目の青いような白さ。
髪の天辺にぐるりと、ちょうど天使の輪にたとえられる白く光る艶。
調和の比率に欠ける姿や、己が神であるかのような振る舞いを何と言う?
天真爛漫?天衣無縫?何故、「天」という文字を冠するのだろう。

神の庭から人間界に下りてきたナニモノカは、まだ「邪(よこし)ま」なものを知らない。
人間になるためには、羽化するまで脱皮を幾度(いくたび)も繰り返さなければいけない。
人間の形は、おおきい者達が与えてゆく。
ナニモノカは、ほどなくちいさい者となり、それらをおおきい者達は愛でるけれども、
どれほど永くと望んでも、その蜜月には終わりがあることを知っている。

聖なる夜、ちいさい者の枕辺に贈り物を届けるといわれている老人がいる。
ちいさい者達は待ちわびるけれど、それは、羽化にひと足ひと足と
ちいさい者を近づかせる、白い髭の老人の姿を借りた、姿なき者。
来なければいいと望んだ蜜月の終わり、
姿なき者には、おおきい者が真実の名を与える。
ちいさい者への贈り物は、喪失。おおきい者は自らの手で喪失を与え虚無を受けとる。
ときには代償に、ちいさな悲しみも虚無には付随する。

天使のようなナニモノカは、たちまちのうちにちいさい者となり、やがて喪失を知るが、
受けたその洗礼で、ちいさい者は新たな名を得る。
子ども、という名の、人間になる脱皮をした者達は、小鬼のような貪欲さで生きる。
あと幾度の脱皮が待っているだろう。
それまでは、天使達であったことをとうに忘れてしまった天と邪と鬼の、
ただの「天邪鬼(あまのじゃく)」だ。

偽りの口はどこにあるだろう。・・それはわたしの中に。


c0002408_21545839.jpg

ついこの間のイヴから幾日も経っていないのに、浮世はもう師走の騒々しさ。
時間の流れに追いつけなくて、まだわたしはクリスマスのことを考えている。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-12-28 22:34

84夜 真実の口 


年長のお姉さまから聞いた話。

今ではどの子も貰うような、紙でできた長靴。
彼女がちいさな頃にはまだそれはハイカラで、誰もが貰うものではなかった。
それは聖夜の翌朝ではなく、夕げの席で父から手渡される。
もと軍人だった父上は子どもに厳格な父親だった。
クリスマスを家庭の行事にすることは許したけれど、
聖夜には役に立つ物を子どもに渡すならわしだった。
靴の中には菓子に手が触れる前に、まず「役に立つ物」が入っている。
・・・たわし。家のお手伝いをするように、という意味。

こういった家庭で育った彼女が結婚したのは、父上と同じように厳格な人だった。
授かった子どもが少し大きくなり、やがてクリスマスが近づくと、「サンタさんはいるの?」
大抵の場合、親は通過儀礼として真実を告げるのが常だが、彼女のご亭主は違った。
・・・「サンタクロースを疑ったら、その時から彼は来なくなる。」
そうしてその家の子は中学生になるまで、二度と疑いを口にしなかった。

わに丸が小学生の頃、友達が来てクリスマス会のまねごとでもてなす機会があった。
サンタクロースへの疑いを口にするのは上に兄弟のいる子ども。
そういう時は聞こえないふりでやり過ごし、なりゆきに任せるものなのかもしれない。
けれど、わたしは彼女のご亭主に習って、子ども達が雁首を並べている席で言い渡した。
「いろいろ思っているだろうけど、サンタさんを疑ったら二度と来てくれないんだって。」

幼稚園児のわに丸は、夜中にサンタクロースの鈴の音を聞いたことがある。
王様でもわたしでもなく立派な髭のサンタクロースだから、影だけでも見せようとしたのだが、
ぎっちりと目をつぶって耳だけを澄まし、わに丸は決して瞼を開けない。
掠れた静かな「メリークリスマス・・・」という声が遠ざかると、
やっと「サンタさんはほんとにおじいさんだった、、、。」とつぶやいた。

後に知ったことだが、わに丸はその時の印象が鮮烈だったことと、
疑ったら贈り物も貰えなくなると解釈して、思考そのものを停止させたのだという。
わたしの言い渡した言葉で、あの時の子ども達も思考を停止させていたのだろうか。
答えを聞いてみたいような、聞きたくないような、、、。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-12-27 01:54

83夜 うちへおいでよ


c0002408_1439231.jpg
明日はイヴだね。なにか特別な夜?


c0002408_14391724.jpg
なんとなくイルミネーションを見ていたの?
ふう~ん。・・じゃ、ちょっと魔法のじゅうたんで、おでかけしてみる?
それじゃ、目をつぶっていてね。


c0002408_14393886.jpg
着いたよ。ここはヘンゼルとグレーテルのお菓子の家ではありません。アブラカダブラ。


c0002408_14395146.jpg
ゴマが開いて、トナカイみたいな犬がお出迎え。ランプの精ではありません。


c0002408_14401257.jpg
ほら、プレゼントがあるよ。みんなで分けよう。「どれにしようかな、神様の言うとおり、赤豆白豆三度豆。」


c0002408_14402565.jpg
手遊びをしよう。手の甲を出して。「お・せ・ん・べ・焼けたかな。」
・・ピザが焼けたよ。けんかしないで仲良く食べてね。


c0002408_14403825.jpg
くだものはいかが?「ぱいなつぷる、ちよこれいと。」一歩二歩散歩。


c0002408_14405746.jpg
ココナツのクロタンをおやつにどうぞ。いばら姫が編んだ、イバラじゃなくてこれはヒイラギ。


c0002408_14411460.jpg
あ。もうこんな時間。送っていくよ。来た時とおんなじに、目をつぶってひとっ飛びだよ。
帰りは真っ赤なお鼻のトナカイと、サンタさんと一緒のそりでね。


c0002408_14412794.jpg
Come On-A My House、よく眠って、夢の中でもまた遊ぼうね。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-12-23 15:16

87夜 山の特別な夜


クリスマス・イヴ。
silent night ならぬ mountain night を。


   はるか昔。
   アダムとイヴは智恵の木の実の林檎を食べました。
   神様は、ふたりから生命の木を隠しました。
   それは樅の木にとてもよく似ていました。
   人間は永遠の命に焦がれ続ける憐れな生きものです。

   すこし昔。
   イエス・キリストはこの世のアダムとイヴの子供達のために祈りました。
   そうして、子供達は一年に一度、キリストに感謝を捧げます。
   樅の木に林檎を飾って。
   人間はそれと気づかずに贖罪をしているのでしょうか。


さて、山の夜へようこそ。
王様の千と線から、おもてなしのプレゼント。目で楽しんで。
c0002408_13554835.jpg
クリスマス前夜のあなたの訪問を樅の木がお出迎え。支配人はシワ コ 。


c0002408_14271835.jpg
テーブルに花を飾ろう。87夜、花の夜だから。


c0002408_14162657.jpg
お酒はどれにしようか?


c0002408_14214415.jpg
とりどりの味をゆっくり召し上がれ。


c0002408_1415221.jpg
温かい露天風呂。雪を眺めながら。


c0002408_1424757.jpg
青い月が、雪の道を照らすよ。


気をつけて帰ってね。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-12-24 14:49

29夜 清き子の夜


クリスマスプレゼントは何を贈る?

               *

Ozさま
輝くちいさな光の誕生、おめでとうございます。
お嬢さんがおかあさんになられたとのこと、
この上なく良いニュースをありがとうございました。

わたしが家庭教師だったころの、線の細いお嬢さんがそののち辿った、平坦ではない
道を思いました。と同時に、現在に至るまでには、一家の働き手として長い間、
Ozさんには相当なご苦労があったものと拝察いたします。

頂いたお手紙を読み直して、改めてOzさんは、おばあちゃまと同じく理性的なかた
だなあと感じています。そうですか、他界されてから、六年が過ぎましたか。
 銀たらの煮付け、韓国クレープ、、、おいしいもの、めずらしいものを
いつもご馳走になりました。
おはなしは深く、静かでした。
お嬢さんの与えられた運命を「あの子の十字架だから」とおっしゃって、
現実には不在でも、将来、家庭を持つ日のために、健全な父親像を
どう結んでやればよいかを考えておいででした。
 わたしの知る限りにおいては、あれほど理性と知性をお持ちのかたを
ほかに知りません。その娘のOzさんに、おばあちゃまと同じものを感じながら
拝読いたしました。

お嬢さんになにか記念のお品を、生まれた赤ちゃんが身に付けるものを、等々
いろいろ考えてみたのですが、Ozさんが病床にいながら未来に希望を見たという、
そのことがたいへん嬉しく感じられたので、
新米おばあちゃまになにか差し上げたい、そう思いました。

先日展覧会に出品した、Ozさんが気に入ってくだすった絵をお贈りします。
タイトルは、Keep in touch
コメントは、「近すぎたらくるしい、
        遠すぎたらさみしい、
        だから ほどのよいつきあいかた」

絵と自分。人と人。他と自己の関係を距離にしたらどんなふうだろう、、、そんな
ことを考えた作品です。
 ですがお手紙を頂いてからすこし気持ちが変化しつつあります。
それはまだ言葉にはならないのですが、なにかこう、距離など無意味になる程の、
否応ない存在が赤ちゃんの誕生であったような、不思議な感動がわたしの中で
湧いています。

赤ちゃんに、お嬢さんのそしてOzさんの、「無償の愛がふりそそぎますように。」
これは、わに丸を我が家に迎えるときに、あるかたから、はなむけに頂いた言葉です。

絵は、おそいおそいサンタクロースがお手元に届けることと思います。
またお会いいたしましょう。
                                                sei
[PR]
by NOONE-sei | 2004-12-25 16:10