ときおりの休息  十三  ウルトラマンのいる飛行場へ


旅もおしまい。
六月にはじめた旅は秋になった。
あのときは小雨だったっけ。

わたしが乗った飛行機は、ウルトラマンの町から飛ぶ。
空港のあちこちにはウルトラなものたちが展示してある。
ちいさな空港だけれど、
ビリケンさんのいる大阪にゆく前に、わくわくするのにはちょうどいい感じ。

今夜は、その空港と飛行機の羽のお写真を。


□空港にて
c0002408_032780.jpg
空港の外ガラスには、すでにウルトラマンたちがお出迎え。


c0002408_0322031.jpg
おお、たたかっている。
この場合は、戦い?それとも闘い?


c0002408_0323111.jpg
こういうものをジオラマというの?当時の台本もある。


c0002408_0324080.jpg
きれいな色。ウルトラマンには詳しくないので、ただきれいだなぁと見とれるばかり。



□飛行機、その内と外と翼
c0002408_0341320.jpg
貸し切るわけではないが、乗客はごくわずか。


c0002408_0342535.jpg
眼下に見えるのは、本物の日本地図。


c0002408_0343698.jpg
とても美しい羽。翼と言ったほうがいいの?



□帰路の離陸と着陸
c0002408_0352167.jpg
飛行機の離陸のGがいい感じ。


c0002408_0353072.jpg
着陸時の羽って、こんなふうに動いていたのね。

こんなふうにして関西空港からふたたびウルトラマンのいる空港へ。
旅はこれにておしまい。
by NOONE-sei | 2008-10-20 01:03 | ときおりの休息 壱(14) | Comments(4)
Commented by ひす at 2008-10-20 11:47 x
本物の日本地図。
見たことないからうらやましい。
ガッツ星人の円盤。
これは新しいやつだな?見たことないからうらやましい。
離着陸の翼
おお!目で見る流体力学!
電車の窓から手をかざし、傾けてみてはその揚力を感じた子供時代!
それを思い出しうらやましい!
(というか、実は今でも時たま窓から手を出して遊んでる。(=^^=)ゞ)

今回のたびもいよいよ終わり。
季節は冬へ向けてのトンネルに差し掛かりましたね。

こっちのいつもの散歩道はあの日のままで、
今でも壁のにおいをかぐセイさんや、
かわらを見上げるセイさんが時たまいますよ。
う~ん、ドッペルゲンガ~♪
Commented by NOONE-sei at 2008-10-21 23:43
ひすさん、
ひすさんは、ウルトラマン好きですね?
わたしはカネゴンとジャミラくらいしか知りませんよ。
 ( ↑ 真似ができるからです、ははは)

>流体力学 
>揚力
うーーん、素敵っ!脳みそに理系が入っていないにもかかわらず、
わたしはそういう言葉に弱いです。すごく好き。
ひすさん、かっこいい言葉を知っているねーーーー♪

道草食いながら、よれよれと旅をなぞりましたが、
ついに終わってしまって、ちょとさみしいです。
でも、分身がそちらにまだ居るのですね?
それはなんだか、嬉しいなぁ。 
Commented by 連れ合い at 2008-10-22 11:40 x
ガラスに貼られたウルトラマン80が渋いですなw
Commented by NOONE-sei at 2008-10-24 00:21
連れ合いさん、
おばんかたでございます。
   ↑
 これ、こちらの方言ね

もっとあったよーーーー。
ガラスにいろんなウルトラマンがへばりついて出迎えてくれるよーーー。
でも、ウルトラの誓いは、見つけられなかったぢゃ。
ぢゅわっ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 92夜 大地に刺繍する ときおりの休息  十二のおまけ... >>