ときおりの休息  参  川めぐりの幸


上方(かみがた)落語は是非聴いておきたかったから、
水路を周遊するのに噺家(はなしか)が同乗する船に乗ってみたかった。
よそゆきのビルや暮らしのある建物を水面からながめたり、
嘘も真(まこと)も織り交ぜて笑わせてもらうなんて、
贅沢な船の旅だと思う。

外国からの日本語を解さない客には、大阪の土着性たっぷりのこの船になぜ乗ったかなぁ、と
噺家は首をひねるくせに、ことあるごとにカタコトでその客に話を振るのも楽しく、
質問にいち早く答えてしまうおばさんに、答えちゃ困ると言いながら、
返事をするおばさんを笑いの種にして皆が沸くのも楽しい。

廻船の航路、大きな川とたくさんの橋、大阪は水の都だったのだな。



■なにわ探検クルーズ
c0002408_2132662.jpg
雨の桟橋



c0002408_2135149.jpg
この船が桟橋で待っている。
写っていないけれど、船の中で世話してくれるおねえさんたちが、こまやかでしかもとてもかわいい。



c0002408_21447.jpg
船から見た風景。
屋根をときどき開けてくれるので、水面から橋や建物を見上げる。



c0002408_2141670.jpg
中之島公会堂



c0002408_2143037.jpg
c0002408_215405.jpg
船から見える建物群。




c0002408_2155431.jpg
有名な場所、道頓堀のネオンサイン群。




■おまけ
c0002408_216693.jpg
有名な場所といったら、通天閣。
ここで記念のお写真を友人と撮るというのは、旅の大切な目的だった。
有名な場所はすでに堪能したので、串かつを食べたのはこの店じゃありません。
それはまたつぎのお写真で。
by NOONE-sei | 2008-07-05 02:16 | ときおりの休息 壱(14) | Comments(6)
Commented by ひす at 2008-07-05 10:17 x
いや、驚いた!
セイさんの撮影風景をこの目で見ていただけに、本当に驚いた!
こういう風にできあがるんだ~!
どの写真もすごい!
(とくに、船の上のと通天閣なんて完璧ではないですか!)
よし決めた!
私も今日からプレビューなしで行くぞ!φ(._*)☆\(-_-)

川巡りは雨模様でしたが、かえってそのほうが情緒ある風景に見えてきますね。
思えばしばしの滞在で全ての天候まで体験できて、
本当によかったような気が今はしますね。
Commented by NOONE-sei at 2008-07-05 18:16
ひすさん、
(只今、こちらは雷が鳴りそう・・・) ←ほんと
プレヴューなし同盟ができて、わたしの喉はごろごろ鳴っています ←うそ
ひすさんたらそんなにほめてくれて~~
なにしろあの、「なにかは写っているでしょ」という、
適当な撮影の仕方を見てのこのお写真ですので
その「なにか」が写っているのが、まず、不思議というものですね~。わはは

川面から両岸を見、街の表も裏も眺めるというのは、雨もまたたのし、でした。
そう、ひすさんの言うとおりだと思う。全天候型の旅だった!
それから、こちらとそちらの気温の差も大きかった!
日本は縦に長いねーーー。



Commented by osa at 2008-07-06 18:18 x
そういえばそうですね。
そんな撮り方をなさってましたね。
ぼくはシャッターを押し終わるまで息を止める癖があるので、すっごく疲れる。
ぜーぜーひーひー。
これは是か非か。
コンデジはお気楽に心の向くままっていうのが、特に街を撮ったりするときはいいですね。
Commented by NOONE-sei at 2008-07-06 23:18
osaさん、
そうでしたそうでした!ね、山でご一緒した時も。
ところで、息止めは非ではないか? ひーーーー 苦しかろうに!
息を整えて吐きながらゆっくりシャッターを押す、というふうに
わたしは心がけているのですが、どうでしょう?
以前osaさんがどなたかに差し上げてしまったという、
例の出目金ですべて撮りました。
二泊三日でね、約300枚でした。少ないですけど・・・
Commented by osa at 2008-07-08 01:27 x
この出目金、けっこうあばれんぼうじゃないですか?
当たったときはセイさんの「建物群」の写真みたいな対象の質量まで感じとれるくらいに見事な表現をするのですが。
色合いも深くっていい写真だなあ。
たぶん、ダイナミックレンジが狭いから、絵が引き締まって見える(という説もある)ようです。
セイさんの写真に詩神が宿りましたね。
Commented by NOONE-sei at 2008-07-10 02:43
osaさん、お返事が遅くなってごめんなさい。
続くといっても続きすぎです、今日は母の姉の葬儀でした。
ふくらんだと思うとまたひしゃげます。

出目金はおっしゃるとおりです。
そうか、あれはあばれるという感覚でとらえるのかぁ。
言われてみれば、まだ当たりはずれ、あります。ピントがよくつかめないです。
ダイナミックレンジって何だろうと思って↓を読みました。
http://www.pit-japan.com/ws30/d_range01.html
お写真を加工するときに、少し暗めにするのですが、(以前からの好みでもあります)
輪郭と面との兼ね合いを、思ったように作れなくて。(これまた以前からですが)
詩神!すてき!ミューズですか?
名前
URL
削除用パスワード


<< ときおりの休息  四  陸路の幸 ときおりの休息  弐  人の幸  >>