ときおりの休息  壱  旅の幸


c0002408_1401168.jpg


旅をしてきた。
気の滅入ることが続いたので、気分を変えておいでと
王様がひとり旅を勧めてくれたのだけれど、
車以外の乗り物に乗って移動するということがとてもこわくて、
電車を選ぶ気になれなかった。

飛行機の離陸が好きだ。
重力を感じると、地面をつかんでいなくていいんだと思える。

大阪は生まれて初めての土地で、
豊かな食と住まいかたと人の生気に満ちていた。
友人は、疲れていない町や通りを選んで案内してくれたのだと思う。

旅では、空の、川の、食の、住まいの、人の、さまざまな「幸(さち)」を見た。
何より、わたしを迎え入れてくれた、
「人からの幸」に感謝する。
by NOONE-sei | 2008-06-29 02:00 | ときおりの休息 壱(14) | Comments(8)
Commented by osa at 2008-06-29 11:35 x
おかえんなさい。
そうですか。
電車苦手なんですか。
昨日たまたま会津大学へ進学した青年が尋ねてきたので、郡山から磐越西線(?)に乗って云々なんて話をしてました。
天気が悪くてなかなか遠出もできない。
ちょっとイライラ、イラストレーションもといフラストレーションが溜まってきました。
Commented by ひす at 2008-06-29 11:35 x
こちらにとっては、セイさんが「幸」でしたよ。
本当に素敵な時間でした。
(*^人^*)

>地面をつかんでいなくていいんだと思える。
へ~。
なるほど、それでああいうことをおっしゃっておられたのですね。

私は足先で、「ぐわし!」と地面をつかんでいると立っている実感があるので、よくそうしております。
だからたいがい裸足です。(もしくは5本指靴下♪)
Commented by at 2008-06-29 18:34 x
お帰り〜〜
そのうち土産話を聞きにいきますぜぇ!
Commented by Hugo at 2008-06-30 18:41 x
大阪ではわざわざ時間をとっていただき、さらにはプレゼントまでいただき本当にありがとうございました。
お会いできて嬉しかったです。僕も会社休んで街歩きに付き合えば良かったなぁとちょっと後悔しております。
Commented by NOONE-sei at 2008-07-01 01:53
osaさん、おかげさまでただいまです♪
おもいきって、ほんとにおもいきって旅にでかけてみましたよ。
会いたいひとたちに会えて、とてもよくしていただいて、なんて果報者なのでせう。
拙いお写真をぽつぽつと載せてみます、笑わないでね。

会津はいつも空が重いから、その青年が気候に慣れ、人に慣れるまでには
すこしかかるかもしれませんね。
電車ね、新幹線の駅がちょと苦手なのですよ・・・
Commented by NOONE-sei at 2008-07-01 01:58
ひすさん、
夢のようでしたよ。
日が経つにつれ、ますますはっきりといろんなシーンが浮かびます。
こころからありがとうです♪
もうわかってしまったでしょうけど、すばらしい(!)腕前のお写真を
すこしずつ整理しています。
動作がのろいのでタイムリーじゃないですが、思い出してくすくすと笑ってね。

ひすさんは下駄ばきだったのね。
わたしもこの旅に靴下を持っていかなかったのだー、えっへん。
Commented by NOONE-sei at 2008-07-01 02:00
坊さん、
だからさぁ~~~
誘ったぢゃない、一緒に行く?って。
おいでおいでー、お土産話はたくさんある。
お土産はちょとある。ははは
Commented by NOONE-sei at 2008-07-01 02:17
Hugoさん、
いえいえ、お礼を言わなきゃなのはこちらこそでしたよ。
お会いすることができて、ほんとに嬉しかったです。
旅を思うと、あったかい気持ちになります。こころからありがとうございました。
「奇妙な味わいの話」、だいじに読ませていただきますね。
はい、街歩きは、とっても楽しかったですよ(笑)。
たっくさん後悔してください(大笑)。
腕が未熟なので、お写真でそれを伝えきれないのがもどかしいです。
名前
URL
削除用パスワード


<< ときおりの休息  弐  人の幸  91夜 ちょうちょの花 >>