83夜 春までの書庫


秋から冬、冬から春、今では山は新緑で、先日登った山では
ウグイスが美しく鳴き交わしていた。
今朝はカッコウの声を聴き、夕方には田んぼでカエルが合唱をしていた。

憂いの中にあるような、けだるい気分で日々を過ごしていたら、
撮りっぱなしのお写真の整理が進まないまま増えてしまった。
カメラが替わったので手に馴染ませるようにちょこちょこと撮り始めたら、
あっという間にたくさん撮っていて驚いた。
映画も観たし、音楽も毎日部屋に流しているし、漫画も読んだ。
お写真だけがまだ勘がつかめないのか鈍いのか、かちっと決められない。
それらは、ゆるゆるとまた今度の夜に。

今夜は読んだ漫画を。
このところのわたしの選書は、開拓者のようだ。
これまで縁の無かったようなものをことさら選んでいる感がある。
夢中になって読むと、その日いちにち、頭の中の半分が別の世界に引っ張られている。

c0002408_145886.jpg
c0002408_1452257.jpg
c0002408_145414.jpg
c0002408_1455611.jpg


これらの三分の一は、古本屋に処分する。
娯楽を傍(かたわ)らに置かずにいられないのに、
いつのころからか、コレクションの趣味が希薄になった。
脳に記憶しておく自信のないものだけを とり置くようにしている。

娯楽といえば、初めて買ったものというのは記憶に刻まれる。
自分のこずかいで、初めて買ったクラッシックはなんだっただろう。  ・・「ボレロ」だ。
ジャズは、なかなか思い出せない。  ・・「ポートレイト・イン・ジャズ」だった。
どちらも、好きだとか詳しいとかではなく、ジャケットで引いたように思う。
これが当たりなのかはずれなのかは、よくわからないけれども。

このあいだ古本屋に手塚治虫の文庫をたくさん持って行った。
ほとんど好きではなかった。
手元に「W3」と「どろろ」だけを残そうと思ったら、鰐号に
「ノーマン」と「マグマ大使」も残すように言われた。
ふうん、 ・・鰐号、手塚漫画も読んでいたとは。


当時、鰐号は
by NOONE-sei | 2008-05-17 02:09 | 趣味の書庫話(→タグへ) | Comments(4)
Commented by ひす at 2008-05-17 15:09 x
たくさん読みはりましたね~!
実は私も最近よく読んでいます。(ここ3週間で150冊ほど)
とはいえ、連載ものの一気読みだし、
内容はストレートな少年漫画なので、文字も少なくあっという間なんですよ。
セイさんのは字が多そうだ~!

私は古本屋さんに売りには行かないな~。
ついつい手元に置いてしまいます。
ですので最近は貸し本屋さんと仲良し。
そうそう、友達と小包で貸しっこもしております。
(=^^=)ゞ「お菓子も一緒に交換して楽しむのです。」

さて、今日は予定のない土曜日。
貸し本屋さんで「絶望先生」と、「絶対彼氏」(これは娘のリク)を借りてきました。


Commented by NOONE-sei at 2008-05-19 01:14
ひすさん、
あらら、ひすさんもいっぱい読んだのですね~~。
>セイさんのは字が多そうだ~!
え゛?そういえば、女の子漫画って、字が多いかしらん?
それは考えたことがなかったですねぇ。なるほどー。

たぶんね、こちらには貸し本屋さんって無いと思います。
残念だな、あればいいのにな。

それじゃ、漫画、送っていいってことかな?
あのね、古本屋にはほんとは売りたくないの。
でも人にあげるには、なんだかわるいみたいで。
自分が自信持って薦められるのでもないものを「ご参考までに」ってあげるのって
どうなのかしらん、、、、って躊躇した結果、古本屋行きだったのです。
わたしが読むような漫画を読んでくれそうな人、まわりにいなかったからなぁ。
Commented by osa at 2008-05-22 01:11 x
ぼくの家にも「どろろ」しか残っていません。
これだけは手放せません。
あとはセイさんと同じで、手塚さんはちょっと肌が合わないんですね。
Commented by NOONE-sei at 2008-05-23 00:17
osaさん、
osaさんも、たしかスティーブン・キング、苦手でしたよね?
手塚作品も?
・・なんか、ここでもまた苦手なものが、一緒だー。ふふっ

好きなものを挙げるのはたいへんだけれど、
苦手なものははっきりと挙げられる。
消去法で、自分の好みというものの輪郭が浮き上がってきますね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 84夜 きれいな手 82夜 鰐号の桃太郎 >>