44夜 虫を愛づる

   虫を愛(め)づらないひとは読まないほうがいい。

わたしを「ちーねぇちゃん」と呼んで、同じ時期を同じ屋根の下で暮らした妹分がいた。
彼女は北海道の出身で、大きくなるまで信号を見たことがなかった。
進学して東京に出、借りた部屋にゴキブリが出たら、これも見たことがないので
珍しがって、捕まえて虫かごに入れた。

わたしは東北から東京に出、信号は見たことがあったがゴキブリを知らなかった。
だから、わたしもゴキブリは全然恐くない。
この地では、今でも一年に一度見るか見ないか、ほとんどお目にかからない。
ゴキブリは動作の素早いクワガタのようなものだ。
不潔で悪い虫なんだとだれかに教えられてからは、ちゃんと仕留める。
妹分の彼女とは違って、飼うには至らなかった。なむなむ合掌。

北海道では地震もあまりないんだろうか。
ゴキブリを愛でる彼女は、地震がくるとたたっとわたしの部屋の戸を叩き、
「ちーちゃん、恐いよっ。」とわたしの布団で震えた。彼女はゴキブリが恐くなくて地震は恐い。
わたしよりずっと大柄なのに、小さな虫のように丸くなる。 ・・ダンゴ虫みたいで可愛かった。

                      *

今、庭の畑には気になる虫が五ついる。
どれもアゲハの幼虫で、三つはもうじきまどろむのじゃないかと毎日観ていた。
あむあむと口を動かしてニンジンの葉を食うもの、三つ葉を食うもの。
でも、ひとつは紫蘇にくっついている。おかしくないか?
アゲハって、ミカン科やセリ科の植物を食うのだろう?紫蘇って、シソ科とちがうか?

残りのふたつはまだ鳥の糞に擬態している醜い毛虫のような姿。
幼虫は四回姿を変える。
いずれ、これらも黄緑の綺麗な青虫になって、オレンジの点々の芋虫になって、
どこか離れた、とんでもないところで蛹になるんだろう、まどろむように、体に糸を巻いて。
脱皮はセミとはちがう。脳天がぱかりと開くようにして折りたたんだ濡れた羽が現れるのだ。

どうぞこのまま、蜂や鳥に食われずに虫から蝶へと変貌できますように。なむなむ神様仏様。


c0002408_22384247.jpg
「虫愛づる姫」って、平安時代、いろんな人がどんどんお話を作ってつなげてゆく、
宮中の女性たちの遊び「堤中納言物語」の中の一篇。 ・・風の谷のナウシカではありません。



おまけ
c0002408_22385548.jpg
この夏に読んだり読み返した漫画等々。
[PR]
by NOONE-sei | 2007-09-04 22:49 | 趣味の書庫話(→タグへ) | Comments(10)
Commented by ろここ at 2007-09-05 16:24 x
こんにちは。
坂田靖子は私も好きです~
私が読んだのはけっこうむかしの作品ばかりですが。
この写真の中では「天花粉」読みました。
なぜか、風邪で寝込んだときなんかにベットの中で読みたくなるんですよ、この人の本。
Commented by at 2007-09-05 20:11 x
私も坂田靖子大好きです!!もちろんリアルタイムだったバジル氏が一等好きですが、天花粉なんかのアジアンなシリーズとか伊平次とわらわとかも好きでっせ。
Commented by NOONE-sei at 2007-09-06 01:48
ろここさん、おこんばんは。
44夜は虫の話でごめんなさい~。ぺこり
ごきちゃんに困った時はいつでもご用命くだされ~。しゅたっ

さて坂田靖子、ろここさんお好きでしたか、写真の中にお好きなのがあって、嬉しいです。
王様が毎月LaLaを買っていたので知った作家で、当時はちょとムズカシくて
ちんぷんかんぷんでした。(告白、しくしく)
今頃になって読み始めたという新参者ですが、慣れてくると味わい深いですよね。
このごろは、ちびちび読むのが似合う短編という感じがしています。

Commented by NOONE-sei at 2007-09-06 01:52
坊さん、おばんです。
そうだったか、坊さんとは漫画の貸し借り、というか借り借りをするけれど、
坂田靖子の名は出たことがなかったねー。
英国風は紅茶の匂いがしそう、日本物は藁灰の匂いがしそう。
ちょっと日本物を古本屋で見つけてこようかな。
Commented by くるり at 2007-09-06 02:10 x
虫愛でる姫君って、
夢枕獏(漢字合ってます?)の陰陽師にも出てきますね。


友達の子供(女の子)は
家で親がゴキブリ退治しているのを見ているからか、
外で虫を見ると、踏んでしまうらしいです。
小さな子供にとっては、同じ虫ですから。

まあでも
退治する虫も
愛でる虫も
人それぞれの勝手な解釈かもしれないですよね、
特に虫達にしてみれば(^_^)
Commented by ひす at 2007-09-06 12:43 x
私は連日虫退治に明け暮れております。
でも毛虫も良くみるとかわいいので、困っております。
あまり気に病んでも仕方ないのですが、
家に帰るとちびわんたちの姿が毛虫に見えてきます。
あ~もう!
早くシーズンが終わって気に病まなくなればいいのに。

「B級天国」がきになったので調べてみたら、マンガだったのですね。
へんなものをいろいろ期待してしまいました。
(=^^=)ゞ
Commented by NOONE-sei at 2007-09-07 00:59
くるりちゃん、
陰陽師は岡野玲子の漫画でしか読んでいなくて。調べましたよん。龍笛ノ巻なのですね?

虫をね、つぶしたり解剖したりという、好奇心の時期って子どもはありますよね。
塾の子なんか見ていると、好き嫌いは後から、たいてい親からの影響や年頃がかかわるみたい。
女の子は、平気でつかんでいた子が年頃になってキャーなんて言うようになったり。
女の子らしく、、、とでもいうのかなぁ。

わはは。ほんと、虫にしてみたら人間の勝手にちがいありません。
今朝は、夕べの強い雨が心配、今夜は台風が心配~~
Commented by NOONE-sei at 2007-09-07 01:05
ひすさん、
毎日ご苦労さまです!毛のある虫はちょと苦手ですが、
よく見るとかわいいだなんて、ひすさん、ディープなおつきあいしてるなぁ。
虫の立場になると滅入るから、そこは割り切って、、、ね?

「B級天国」?台湾B級グルメとか野球のサイトとか?
ほかにもあったなぁ、怪しくて楽しそうなのが。きゃははは
気を持たせて、ごめんよーーー、ぺこり
Commented by 及原ムメイ at 2007-09-16 12:58 x
今市子が大好きです。
最近虫のことを色々書いたのですが、私が書くとどうしてもヘヴィでしめっぽくなってしまい、結局「プロット帳」と称するノートどまりでブログには更新していません。
セイさんみたいに愛とユーモアに溢れる物書きにひかれます。
Commented by NOONE-sei at 2007-09-17 23:16
ムメイさん、
え?ムメイさんて、漫画読むんですか?
今市子が大好き?そりゃおどろき、そして嬉しい。
ムメイさんが虫のことを書き貯めているのもおどろきだなぁ。
ヘヴィでしめっぽくなる?ムメイさんのそういう文章って、想像できません。
まだまだ知らないことがいっぱいあるムメイさん♪

>愛とユーモアに溢れる・・
ありがとうです♪
虫へのまなざしがどこか無責任だから書けるんだと思うのですよ。
わたしなぞの手の及ぶところでない自然界のものですから、
ちょっと覗き見させてもらったような、そんな気分で。
わたしとの距離が、とてもある、そういう素材なのではないかと、、、。

きのう、osaさんが吾妻山でりんどうを見ました♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 45夜 ゆうぞら  43夜 見てはいけないもの >>