7夜 春の驚き


街なかでは桜の花が少しずつ咲き始めているのを見て、驚いた。
こたつもストーブもなくては寒いというのに、
花はしめし合わせたように咲くのだもの。
花咲か爺ならぬ、出遅れた花咲か婆の気分。
つい今しがたまで歌っていた「春よこい」が、桜の歌になってしまったような。
でもまだ「春がきた」という歌じゃない。


               * 春よこい *
                           詞 相馬御風
                           曲 弘田龍太郎

        春よこい 早くこい 歩き始めた みいちゃんが
        赤い鼻緒の じょじょはいて おんもへ出たいと 待っている

        春よこい 早く来い おうちの前の 桃の木の
        蕾もみんな ふくらんで はよ咲きたいと 待っている


この歌、ずっとみよちゃんだと思っていた女の子が、みいちゃんだったことに驚いた。
桜が咲くことが春の象徴だとしたら、春の歌とは「さくらさくら」か。


               * さくらさくら * 
                           詞・曲 未詳

        さくら さくら
        弥生の空は 見渡すかぎり
        霞か雲か 匂いぞ出ずる
        いざや いざや 見にゆかん


これがわたしの知っている「さくらさくら」なのだけれど、塾の子に尋ねても知らないという。
歌詞は二通りあり、筝曲がもとになったこの詞は昭和十六年に改められ、
今は音楽の教科書にも載っていないのだとか。驚くどころではない。ひっくり返ってしまった。
わたしは、塾では歳をとらない六十九歳で通しているけれど、嘘つきだからばちが当たったのか。
主流になったという新しい歌詞を見ても、まったく憶えがなかった。


        さくら さくら
        野山も里も 見わたすかぎり
        霞か雲か 朝日に匂う
        さくら さくら 花ざかり


・・・知らない歌。
誓って言うが、わたしは昭和十六年にはまだ生まれていない。



                                 *    *    *


今夜のお写真は、すこし春の気配。

c0002408_251473.jpg
夏に実る桃は、春に蕾がふくらむ。夏には、いつもこの木の桃をお写真に撮っている。

c0002408_253092.jpg
庭のカタクリ。日中は開いていた花が、夕暮れには閉じる。

c0002408_254790.jpg
近所の空き地はあさつきの宝庫だ。

c0002408_26393.jpg
春の小川はさらさらゆくよ。土手にはせりが生えている。

c0002408_261675.jpg
春の小川には野生の菜の花が咲いている。

c0002408_273192.jpg
散歩しながら摘んだ、あさつき・せり・からし菜。

c0002408_274655.jpg
いつも行く山のふもとの公園には、こんな立て札が立っている。桜前線の北上を調べる木なんだろうか。

c0002408_28554.jpg
見上げた基準木はまだ固い蕾。わに丸とシワ コ 。


わに丸のことについて。
高校を卒業するということは、動物でいう親別れ子別れのようなものだと思う。
むかし、自宅から地元の大学へ通う娘を案じ、自立を促(うなが)すために、
「仕送りするから下宿をするように。下宿先は自宅だけれども、けじめをつけなさい。」
と言った母上がいたと聞いた。
わたしは未熟で、そこまで毅然とした母じゃないけれど、わに丸との新たな絆を持ちたいと思った。

わに丸を改名しようと考えている。
新たな名に改まったからといって、なにが変わるでもないがけじめだ。
そうして、幼名をここに書く時には、精一杯慈しんだお話にしたい。
・・どんな名がいいかな。
by NOONE-sei | 2007-04-05 02:41 | Comments(12)
Commented by 及原ムメイ at 2007-04-05 14:25 x
私の覚えている「さくらさくら」は新旧が入り交じっています!
どうやら両方知っているみたいな、それでいて2種類あるとは気づかなかった。
この曲で日舞踊ったんだけど、歌詞はどうだっただろう…
そういえばやっぱり2番までありました。
新旧を1番2番に見立てたものだったのかも知れません。
Commented by ひす at 2007-04-05 15:15 x
うらやましくなるような景色、環境。
そして、いつもながら素敵なお写真ですこと♪

セイさんこんにちは。
春がそちらにもやっと訪れようとしているのですね。
散歩道に春の印がそこかしこに見え、しかも春のお土産まで手にできるとはすばらしい!
こちらのスーパーで手に入るそれらとは、まったく違った滋味にあふれているのでしょうね。

さて、「さくら」は私もセイさんと同じです。
(ですが、そらで歌詞は出てこなかったです。(=^^=)ゞ)
そういえば、我々の知らないうちに色々な歌が変えられているようで、
http://gazo08.chbox.jp/banned/src/1174354199258.mp3
なんかもそうらしいですよ。
でもそういうのって、あり?
歌詞も含めての作品だから、後の改変はだめでしょう?
私はそう思うのですが。
Commented by ろこお at 2007-04-05 17:39 x
お邪魔します~
さくらさくら、ボクは及原ムメイさんと同じようです
口ずさむほどに解からんごとなってきた…
さらに森進一氏の「おふくろさん騒動」まで思い出した…
Commented by NOONE-sei at 2007-04-05 23:49
ムメイさん、ごぶさたでした♪
ムメイさんはバイリンガルですね、両方を知っているとは。
日舞でさくらさくらを舞うなんて、素敵。映像がばりばり浮かんでしまう。
きっと立ち姿からしてムメイさんはかっこいいにちがいない。
和服は背が高いほうが似合いますよ、夢二の絵みたいに。

もうすぐライヴですね?そして誕生日。
ムメイさんとこを読んで、くぎりやけじめを意識しているのが
わたしとおんなじだと思っていたのでした。
ライヴに備えて体力を温存してくださいね♪
Commented by NOONE-sei at 2007-04-06 00:10
ひすさん、
お褒めいただきまして。ありがと♪はげまされるです。
なんだか春が来そうなのです。先日は朝、零度だったのに、、、。
春の山菜を食べると毒消しになるそうで、やっぱり野生のものが苦いよん。でも好きっ。

ご紹介のところ、曲だけで題名がわからなかったので、調べたです!
http://www.d1.dion.ne.jp/~j_kihira/library/others/oyamano.html
「お山の杉の子」ですね?ここいらへんの戦争賛美ともとられそうな歌は、
難しいことがいろいろあるのだろうなぁ。でも改変していいとは、わたしも思えないです。
さくらさくらなんて、その必要をまったく感じなかったです。
塾でも、古典的言い回しに馴染みのない子が増えていて困るですよ・・・
Commented by NOONE-sei at 2007-04-06 00:23
ろこおさん、おいでませ~
うん、dadさんのところで見たときにね、ろこおさんはほんとはうんと若いのでないか?
年齢詐称かとおもいましたよ、だっはっは
「おふくろさん騒動」、作詞は耳に毛の生えたようなおじいさん。
あの歌には、台詞はいらないような気がわたしはしましたー。
森くん、やりすぎーー、思い入れを入れすぎーー。重いーー。
Commented by at 2007-04-06 06:18 x
直接サクラではありませんが、
私にとっては春はこの唱です。
http://www.ko-jo.com/cd_download/ko-jo.mp3
どちらにせよ、口をついて出てくるのは、
文部省唱歌ですよ、ね!
Commented by くるり at 2007-04-06 07:07 x
私の記憶では、下の歌詞だったと思います。(若ぶってみました)

わに丸殿、元服ですね。
そしたら、お父上から1字いただかなくては…
『王』の方?『様』の方?
勝手に想像して楽しんじゃいました〜!
Commented by NOONE-sei at 2007-04-07 22:28
坊さん、
うへー、もろ栄枯盛衰の歌。向田邦子の「眠る盃」の元歌ですね。
ドラマティック志向の坊さんらしいなぁ。
この歌と「月の沙漠」(砂ではないらしい)って、わたしのなかではカブるんですよね。
哀愁のあるメロディだからかなぁ・・・・
Commented by NOONE-sei at 2007-04-07 22:36
くるりちゃん、
ほほほほ、お若いお若い。(お姉さんぶってみました)

うん、元服、そう、その言葉ですよね。
お侍ならおでこにソリコミを入れるのか!・・ちょとちがうかもしれない
王様から一字ですか?鰐王?・・・K1ファイターみたいだ。
鰐様?・・・何様だっ。腹が立ってきた。
うぅ~~~む、

もうちょっと想像して待っててくらさい、、、、
Commented by at 2007-04-08 10:11 x
月の砂漠も大好きです・・・
Commented by NOONE-sei at 2007-04-09 00:08
あ、やっぱり~~
そんな気がしてたよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 8夜 はなまつり 6夜 寂寥の映画、蟲師 >>