59夜 赤ちゃんの庭


「オレ、まだ死んでた。」
言うたびにやめろというのに、わに丸はいつもこう言う。

自分が生まれる以前の出来事には、みんな「まだ死んでた」 ・・・だ。
なんとか、「まだ、生まれる前のこと」といい直させたくていろいろ話してみる。
けれど甲斐なく、今でもそのまんまだ。



  「生まれる前の赤ちゃんは、神さまの庭に住んでいてね、
   生まれるときには『約束』をするんだって。

   お母さんたちは、『あなたのお母さんになりたいんだけど、いいですか』
   って赤ちゃんに聞くの。
   『いいですよ』って言った赤ちゃんが、そのお母さんから生まれるというわけ。

   大きくなってから『産んでくれなんて頼んでない!』とか、
   『生まれたくて生まれたんじゃない、勝手に産んだくせに!』とよく聞くけれど、
   あれはまちがいね。赤ちゃんは生まれる前に約束するんだから、
   生まれるつもりで生まれてくるんだよ。」



わに丸の「死んでた」は、今存在している実在感の裏がえし。
きっとずっとそう言って、この世に踏み出した生と、それ以前の生を
はっきりと時系列でとらえてゆくんだろう。
どんなに言っても変わらない、わに丸の「死んでた」は、そういうことなんだろう。

赤ちゃんがたくさん死んでゆく。
産むつもりと生まれるつもりで結ばれた約束だったはずなのに、
守られなかった約束がニュースで流れる。

約束する相手をまちがえた赤ちゃんたちは、生まれなおしの庭に
もどっていけるんだろうか。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-02-03 22:56 | Comments(2)
Commented by dayz0411 at 2005-02-08 21:49
セイさん、どうもです。いつもコメントありがとうございます。
自分のブログでいつか出そうと思って温めてた記事があるんです。
それが「赤ちゃんの庭」とすごく良く似てます。びっくりです。
あんまりびっくりしたのでコメント入れちゃいました。
文章の含みの部分も、多分コレを書くきっかけになった背景も、
共通する部分がありそうです。
透明なセイさんの文と比べるとぼくのは多少、黒いでしょうか。
う〜ん、成程。ぼくのオチ真っ黒だったけど、コレ読んでオチに
希望を付け足そうと思いました。近日中にアップします。
Commented by NOONE-sei at 2005-02-09 13:08
dayzさん、こちらこそどもどもです。
びっくりしてコメント頂けたなら、文章も書かれた立つ瀬があろうというもの。
わたしは憤りや悲観をそのまま表さずに、読み手に預ける手法をとりましたが、
dayzさんは切り口鋭い持ち味で、そしてもうひとつの持ち味、
切るけど捨てない視点で、書いてくれるんだろうと思っています。
楽しみだ!
名前
URL
削除用パスワード


<< 60夜 恵み 58夜 小さな世界 >>