85夜 偽りの口


すべての道はローマに通じているのだったっけ?
では真実の道も?
偽りの道も?

真実の口はローマの教会にある。
偽りある者が手を口に入れると、その手首を噛み切られるとか手が抜けなくなるという。
映画『ローマの休日』で知られる、大きな海神の石円盤。
では、何度手首が無くなったか数えきれないにちがいない。
わたしは大勢の子ども達に、無数の嘘をついてきた嘘つきだから。
心とうらはらな偽りを語るのが嘘つきなのだとしたら、その嘘は厄介な道徳に満ちていて、
一方、真実とは、短絡と享楽だ。

子どもというものが純粋な魂かといえば、それはひどく乱暴な問いで、
子どもは野生の欲に満ち満ちて、不完全な姿と思考の、人間以前の「鬼」だ。
罪なことに、ちいさい者は白く光る物を数多く持っているものだから、
おおきい者はそれに目がくらんでしまうのだ。
瞳の黒目の大きさ、そして白目の青いような白さ。
髪の天辺にぐるりと、ちょうど天使の輪にたとえられる白く光る艶。
調和の比率に欠ける姿や、己が神であるかのような振る舞いを何と言う?
天真爛漫?天衣無縫?何故、「天」という文字を冠するのだろう。

神の庭から人間界に下りてきたナニモノカは、まだ「邪(よこし)ま」なものを知らない。
人間になるためには、羽化するまで脱皮を幾度(いくたび)も繰り返さなければいけない。
人間の形は、おおきい者達が与えてゆく。
ナニモノカは、ほどなくちいさい者となり、それらをおおきい者達は愛でるけれども、
どれほど永くと望んでも、その蜜月には終わりがあることを知っている。

聖なる夜、ちいさい者の枕辺に贈り物を届けるといわれている老人がいる。
ちいさい者達は待ちわびるけれど、それは、羽化にひと足ひと足と
ちいさい者を近づかせる、白い髭の老人の姿を借りた、姿なき者。
来なければいいと望んだ蜜月の終わり、
姿なき者には、おおきい者が真実の名を与える。
ちいさい者への贈り物は、喪失。おおきい者は自らの手で喪失を与え虚無を受けとる。
ときには代償に、ちいさな悲しみも虚無には付随する。

天使のようなナニモノカは、たちまちのうちにちいさい者となり、やがて喪失を知るが、
受けたその洗礼で、ちいさい者は新たな名を得る。
子ども、という名の、人間になる脱皮をした者達は、小鬼のような貪欲さで生きる。
あと幾度の脱皮が待っているだろう。
それまでは、天使達であったことをとうに忘れてしまった天と邪と鬼の、
ただの「天邪鬼(あまのじゃく)」だ。

偽りの口はどこにあるだろう。・・それはわたしの中に。


c0002408_21545839.jpg

ついこの間のイヴから幾日も経っていないのに、浮世はもう師走の騒々しさ。
時間の流れに追いつけなくて、まだわたしはクリスマスのことを考えている。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-12-28 22:34 | Comments(4)
Commented by at 2006-12-29 17:03 x
人間の理想像というものがあるとすれば、
いわゆる純真な子供の姿とは一番遠いところにあるはずだ。
目指すべき道を学び、欲を抑えることを知り、他所の意見を鑑みる、
純粋な自分を脇に置き、周囲の世界とのかかわりを考えながら生きて行かねば、きっとその理想像には近づかない。
だから純真無垢というのは、周囲のものたちからすれば、とても迷惑な厄介者であるともいえるし、
また同時に、それを失った者たちから見れば憧れや、郷愁の的になり抗しがたい魅力に満ちたものだともいえる。
こんにちは!
以上の文章は、確か学生のとき何かの授業で書いた小論文の要約です。
先生は丸をくれましたが。
「ひどく天邪鬼的な展開ですね。」とコメントされました。

さて、私はまだ脱皮を続けるのでせうか?
Commented by mamekichi at 2006-12-29 22:18 x
天の邪鬼か,単なるへそ曲がりか?というのは,セイさんのエントリーではなく,ひさんのコメントから思いついたものです.まめきっちゃんは,どうも生来のへそ曲がりか,天の邪鬼かで,素直ではありません.文学部講釈学科卒業だ,と先輩に皮肉られてしまったことがあります,ウ~ン,講釈学,それで食べて行けたらどんなに良いことでしょう・・・・.
Commented by NOONE-sei at 2006-12-29 23:52
ひすさん、
うぇ~~ん、小論文を書いたことがないので、むずかしくて困った~。
ひすさんのは、純粋とか純真とかを 「己の欲するところに従う」という仮定に立って書いた文章なのね。
それに対して理想像は、我慢できる人という仮定かな。
それじゃ、純のつく者は社会性に欠けるわがままさん、ってことかしらん。
わたし、もしひすさんの仮定した純粋さんとか純真さんがいたら、憧れたくないなぁ。
83夜で書いたお話に出てくる純粋という言葉は、ひすさんとはちがう定義ですけど、
意味の精査にはあまり意味がないのでやめときます。

うん、脱皮ね。続けると思いますよん。
人間は日々成長し続けるとか、死ぬまで勉強だとか、そういう野暮ったいことじゃなくてね。
だって、ひすさん、まだ子どもでいたい部分を自分でわかってらっしゃると思うのですけれど。

Commented by NOONE-sei at 2006-12-30 00:15
まめきっちゃん、
「天邪鬼」からのインスピレーションですね?
この地には「講釈かたり」という揶揄した方言があるのですが、わたしはひそかに
「かたり」は「語り」ではなく「騙り」だと思っておるです。
それが学の域に達したらそりゃすごいことですね。
講釈には丸め込まれたくないけれど、講釈学なら拝聴してもいいかもです、くすくす
まぁ、素直や可愛げがあってこその天邪鬼ですから、なりわいじゃなく趣味の世界にとどめませうよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 86夜 暮れの戴きもの 84夜 真実の口  >>