61夜 大男が生まれた町


書物の中には宇宙がある、とまでは言わないが、
書物の愉しみは、それを読むだけに留まらない。

本屋や図書館で、目立たぬ棚にありながら
その前を通りかかるとチカチカと光り出す背表紙の文字。
そうして手に捕ってしまう本がまれにあって、王様はそれを「当たり」という。
傍(かたわ)らにあれば嬉しくて、それだけでいい。
当たりくじのように引いた本は、もっぱら王様が読む。

小さい頃に本屋で瞬(またた)いて、わたしの元にやってきた本は、「ガルガンチュア物語」。
ガリバー旅行記をまだ知らないうちに読んだものだから、
わたしにとって、大男のおはなしといえばこの本のこと。
ちいさなわたしは、この物語を旅しながら異国を思い描いた。
それは今思えば中世のヨーロッパのことだったんだろう。

欧国を吟遊して歩く歌詠みがいたならば、
村の祭りの娘らにどんな浪漫の歌を聴かせただろうか。
楽器ひとつで旅して歌った歌の数々は、いつしか歌い継がれて姿を変えて、
寓話になって残っただろうか。

子供たちを 煙突のある小さな木の家に招き入れ、
寓話を語り聞かせる村の年寄りのそばで、蝋燭の灯は瞬いただろうか。
あくびをしながら親に手を引かれ、家路につく子供らの目には、
夜の星がチカチカと瞬いただろうか。

町々に村々に、ペストが流行った具現化だともいうハーメルンの笛吹き男。
ネズミ退治をしたのに謝礼の約束を違(たが)えた村の大人たち。
子供たちがその笛の音(ね)について行ったというけれど、
子ネズミのような子供たちはどんな踊りを踊りながら、村をあとにしただろうか。

書物の愉しみは、目で愛でることでもある。
そもそも書物とは、いつ、どこから来たのだろう。

骸骨だか髑髏だか、死神を思わせる者が通りを歩く生者に忍び寄る挿絵。
「~の摩訶不思議な物語」などと、ときめくような名の付く奇譚集。
聖書を解りやすく絵にした書物。
礼拝に合わせて選べるよう詩篇と楽譜を組み合わせた書物。
様式的で美しい字体。

おとなになってから、昔の書物が紹介されている印刷物を見ると、
書かれている内容よりも、意匠を凝らした挿絵や文字に目が行って、
それらはどうやって作られたんだろう、と、そのことのほうが気になった。

紙なのに、まるで手触りを確かめたくなるような絵や飾り文字や俯瞰図などなど、
それらを作り出した、印刷工房について書かれた本に、ある日、出会った。
リヨンの職人たちは、銅板と木版をひとつの書物の中で使い分ける技術も持っていた。
こんなふうにして職人の手を経て書物の中で結晶になったんだと、
人の手から作られた木版や活字、そのひとつひとつの美しさを思った。
活版印刷だとか凸版だとか、印刷技術の詳しいことを知らなくとも。

十五世紀からわずか百数十年で姿を消したフランスの一大印刷都市、リヨン。
わたしの、大男の物語「ガルガンチュア」は、ここから出版されたのだった。

c0002408_3485586.jpg

c0002408_2193417.jpg
ハンス・ホルバイン『死の舞踏』

c0002408_2195021.jpg
フランス独自の字体として作られたシヴィリテ体。

c0002408_220723.jpg
フランソワ・ラブレー『パンタ・グリュエル』 ボーダーとは両側の柱のことで、これは他の書物にも使いまわしされている。

c0002408_220248.jpg

c0002408_2204440.jpg
フランソワ・ラブレー『ガルガンチュア』

参考 印刷解体Vol.3 LAST  リンク切れ 
参考 日月堂

活字のばら売りから、わたしも活字をふたつ「セ」と「イ」を拾い出したい。東京には行けないけど。
     



後日談 
思いがけず、友人がわたしのかわりに拾って送ってくれた活字。 
c0002408_121625.jpg
東京池袋パルコ ロゴスギャラリーにて。ロゴスって、対話という意味だったか?
[PR]
by NOONE-sei | 2006-10-08 02:25 | 趣味の書庫話(→タグへ) | Comments(19)
Commented by ひす at 2006-10-08 18:16 x
昨年一昨年と、近所の本屋さんで昔の本の復刻版を安く手に入れることができました。
かなり気合の入った本で、資質や印刷の方もかなり当時を目指していました。
絵物語が主だったので、物語よりも、その挿絵に見入ってしまいました。
無論「あたり」です。

そのあと、ミュシャを見に出かけました。
そこで、当時の本が展示されておりました。
先日買ったそれらとは比べ様もない丁寧な印刷!
触れてもいないのに、目で見て肌触りが分かりました。
凹版印刷はインクの盛り上がりがあるので、目でそのように感じるのでしょうね。

私自身はインクのにおいが好きなので、どちらかというと、
真新しい本を開けた時が至福感に包まれます。
あれも印刷されている色や神によって全然違うんですよね。
画集の細かいにおいもすきですが、文庫本の石油臭いにおいが一番本を読んでいる気がしてきます。
へんなの・・
Commented by NOONE-sei at 2006-10-09 01:18
ひすさん、
北原白秋とかの話題に以前触れましたよね、
あのとき、本を購入されたと言ってたような。それのことですか?
挿絵画家はどんな作家だろう。(←言われてもわからんだろうが)

ミュシャがたしかお好きなのでしたね。
凸版にも凹版にも、圧によるへこみだとか盛り上がりだとか、手仕事ならではの
言いようのない魅力を感じます。印刷について調べちゃいましたよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B0%E5%88%B7

わたしは本をほとんど読まないので、手にした喜びくらいしかわからず、
インクの至福が想像できないのですけど、ひすさんは五感で愉しんでいるのですね。
書物の愉しみはあるが、読書の愉しみのないセイは、今日(きのう)
たんぢょうびだったんだよ。(なんのこっちゃ)
Commented by at 2006-10-09 10:20 x
曜日の感覚すらないのに、まして日月の感覚など・・・
セイさん、お誕生日おめでとう!とここですませてしまいます(笑)

私は仕事柄、印刷物も扱うのですが、コンピューターで版下を
作るようになったら、早い・安い・きれいの三拍子。
仕事の上では歓迎すべきことなんでしょうけど、
私自身はアナログの先端をいくデジタル人間ですから、
ちょっと複雑です。
Commented by ひ~! at 2006-10-09 12:29 x
お誕生日おめでとうございます。
あなたが生まれ出でて、こうして出会えたことを一緒にお祝いさせてください。
(*^人^*)

>セイさん
そうそう、白秋とか、小川未明、山村暮鳥、夢二、なんちゃら三重吉、他よくわからに明治期の作家達の本です。
挿絵画家は有名どころは塗り絵のキイチなどですが、他の方々も味があってかなりグ~!!(゜▽゜)b
単なる懐古趣味ではなく、すごく味のある作品が目白押しでたまらんです!
うははは!
>坊さん
私も2年ほど出版の仕事にかかわっていました。
当時はパソコン導入期のはじめごろでしたので、版下などはずいぶん楽になったと皆さんおっしゃっていました。
が、写真はまだ「紙焼き」に出して版を起こしてもらわねばならないので、
原稿を担いでバイクでよく走り回っておりました。
この間久々に当時の紙焼き屋さんの前を通りかかりましたが、
すでに廃業されておりました。
今の時代、ああいう業種は尻すぼみなんでしょうね。
実際、近所の印刷やさんは「年賀状も名刺も、注文はほとんどなくなったよ。」と嘆いておられます。
うむむ・・・・
Commented by at 2006-10-09 17:00 x
私は決してコレクターではないのですが、
日夏耿之介氏の名前が
透かしではいった手漉き和紙に
活版で印刷された
和綴じの詩集を手に入れたときは
少しだけ自分が豊かになったような
気がしました。旧かな大好きだし(笑)
Commented by くるり at 2006-10-09 23:27 x
セイちゃん、お誕生日おめでと〜!!

私は読書量は人並み以下ですが、本屋は好きでしたね。
今は本屋で時間を使うことは中々出来ないのです、寂しい…

その代わり、アマゾンには良く行きます。
本を手に取って装丁を楽しむことも
本屋それぞれのレイアウトを楽しむこともできないけれど、
レビューがあるので
好きな本や、気になる本の、他の人の意見を知ることが出来て面白いです。
いつでも行けますしね。
Commented by mamekichi at 2006-10-10 21:41 x
私のブログへのコメントありがとうございました.セイさんのブログも覗かせていただきました.私も本や,本屋は大好きですが,この頃は,仕事も忙しく,また,老眼も進んでしまい,本を読むの不便になってきてしまいました.セイさんのブログを拝見すると,すてきな文章が並んでいますね.ときどき,覗きに来させてもらいます.
Commented by NOONE-sei at 2006-10-11 00:32
ひすさん、
ありがとーー♪
わるいね、強要したね、でも言って欲しかったんだぁ!
歳をとるのが嬉しくなくても、おめでとうを言われるのは
いついつまでも嬉しいものであります。

出版のお仕事もされていたのですね。
ひすさんとは長いおつきあいのようでいて、当たり前だけど
知らないことは、いっぱいあるものなのだなぁ。
Commented by NOONE-sei at 2006-10-11 00:32
坊さん、
ありがとね。
>まして日月の感覚など・・・
ぱちぱちぱち~
小さな所を見落とさずに洒落てくれる君に座布団一枚♪
坊さんが教えてくれない、わたしの誕生日を忘れない方法がやっぱり
わかりましぇん。ここで済ませず、教えに来たまへ。
・・と旧仮名で言ってみる。
日夏耿之介の詩集、それは素敵ぢゃないか。(読んだことないけど)
いつもながらアンテナ、全方位だね。
Commented by NOONE-sei at 2006-10-11 00:32
くるりちゃん、
ありがと~~~!!
寂しいときもあるかもだけど、振り返るとそれも一時(いっとき)。
夢中になって見つめる相手がいることの幸せを思うよ。
そうね、装丁も本屋も捨てがたい愉しみのひとつではあるけれど、
バーチャル本屋の愉しみ方も新しい愉しみ方ですね。
くるりちゃんの時間に合わせてお店をオープンしてくれるんですよね。
Commented by NOONE-sei at 2006-10-11 00:33
mamekichiさん、
あらあら、こんな辺鄙なところまでおいでくだすってありがとうございます。
大変嬉しいです。これをご縁にどうぞ宜しくお願いします。
書物の愉しみ・・、実はわたしには読書の趣味がありません。
ですが、活字が傍らにある喜びとは、何なのでしょうねぇ。
綺麗な文房具とか、絹の装身具とか、そういったものと等質だったりするかもしれません。
宝石、とはすこしちがうものなのかも、、、などととりとめなく考えてしまいました。
お仕事がお忙しいご様子をそちらで感じました。どうぞ、ご無理なさらずご自愛くださいますように。
Commented by ろここ at 2006-10-11 11:23 x
お誕生日おめでとうございます。

おっかしーなー??
私と双子のはずなのにたんぢょうびが違う(笑)
Commented by at 2006-10-11 20:35 x
業務連絡(笑)
>ここで済ませず、教えに来たまへ。
ではでは、13日の金曜日の晩にでも
お伺いいたしましょう。
ご都合はいかが??

と、会社からなのでメールできないから
こっちに書きます(爆)
Commented by NOONE-sei at 2006-10-12 01:19
ろここんちゃん、
まぁっ。長旅でおつかれのところ、わざわざ来てくれてありがとうです。
嬉しいですっ。(力いっぱい)

双子のはずのわたしを先に追い出したのは、ろこおちゃんなのよ。
やっぱ、ろここちゃんがいいんだって。
よし、今度、お姉さん風をふかしてやろうっと。わはは
Commented by NOONE-sei at 2006-10-12 01:23
坊さん、
社内アナウンスをご苦労さんです。
「オーメン」みたいな日取りで、嬉しいわ~ ほほほ
待ってる待ってる。 ごはん用意しとくから。・・・って祝われるのは誰だっけ?
Commented by ろこお at 2006-10-12 11:55 x
↑なんば言いようとね(笑)

(オタンジョウビオメデトウゴザイマシタ)
Commented by NOONE-sei at 2006-10-12 12:54
ありゃっ、ばれた?

(アリガトウゴザイマス、ココロヨリ)

ろこおさんへ
さらりとしたいいお味のお米。美味しゅうございました♪ 好み。
Commented by pit-m at 2011-10-10 05:10 x
行きつ戻りつ記事を読ませていただいております。
お誕生日だったのですか?おめでとうのかわりに

「引力」

あなたが生まれた日
まるでこの世に初めて
引力が生まれたようだった
身近なものが繋がり魅かれあい
言葉に意味が生まれた
あらゆるものが名付けられ
それぞれが輝きを得た
だからこそ失われることに
これほど怯えてしまうのか
不器用に伝えたがる心が
おしゃべりにさせてしまうのか
あなたが迷子になる時に
互いのぬくもりを
その手が忘れないよう
今日はそのことを思い出す日なんだ
Commented by NOONE-sei at 2011-11-09 00:57
pit-mさん、
2006年の誕生日と2011年の誕生日。
奇しくもこんなに間が開いていながら
誕生日にこのウェブログとのご縁ができるとは。
コメントありがとうです。
過去記事のコメントに気づかずごめんなさいでござる。
謎かけを残して気づかせてくだすってよかった~。

「引力」は言霊(ことだま)と体温のおはなしですね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 62夜 占いは売らない? 60夜 ふたたびつまさき >>