38夜 出したらこわい


こわいこわいと思っているから目で追ってしまうのだ。
けれど嫌いなものにこそ敏(さと)く反応してしまうことってないか?
そして道を歩くときには用心するが、室内では無防備なもの。

中学校に入学したばかりのちびだったわたしは、
同じ小学校だった子が一人もいなくてどう振る舞っていいのかわからなかった。
町の中学だったので、山で育ったわたしには町の子たちが大人びて見えてまぶしかった。
教室の席は一番前、教卓は目の前。
隣の席の男子はいじわるで、わたしをからかってばかりいる。
わたしは、怒ったり泣きそうになったり、情けない気持ちになったり。
町場の子はこんなふうに口達者でせっかちでいじわるなんだろうか。おんなじちびのくせに。

腹が痛くなったり怪我をしたりしないかな、と
寝る前に祈るのに、起きてみるとなんともないから登校する。
学校にゆくのが嫌なのに、学校とはゆかなくてはならぬものだった。

教室の席に座り、教科書を机の中に入れ始めたらがさごそとなにかが入っていた。
手を差し入れて取り出したら、カサカサしたごみ。
目の高さまで持ち上げてみたけれど、つぶつぶ模様がうっすらとあるひらひらしたもの。
指でぶらさげてみたら、なにやら見覚えのある輪郭。
・・それは蛇の抜け殻だった。

木を見て森を見ないという、視野の狭さを喩(たと)える言葉があるけれど、
田舎に住んでいる者が自然と仲がよいかというとそうとは限らない。
見るつもりで見なければ、目玉は飾りだ。
わたしは物知らず、物の名知らず、森どころか木も見ていない子供だったから、
蛇の抜け殻を見たのが初めてだった。

やっと手にあるものがなんなのかを認識したわたしは、おそらく気が狂ったんだろう。
悲鳴も上げ、叫び、きっと大騒ぎをしたにちがいない。憶えていないが。
隣の席の男子は担任にみっちりしぼられ、ばつの悪そうな顔で教室に戻ったけれど、
うなだれてはいなかった。

「仲良くすっぺな。」

席についたら小さな声でそう言ったので、わたしはなんだか安心した。
朝の授業はいつもの通り。
彼もわたしも机と机の間を離したりはしなかった。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-06-16 18:24 | Comments(7)
Commented by ひす at 2006-06-17 11:55 x
まるで映画の一場面のようだ…
Commented by NOONE-sei at 2006-06-17 17:08
ひすさん、
あら?一行日記(?)とはめずらしい。
ソレの昼寝を見て以来、思い出す思い出す、いろんなエピソード。
本当は個名を書くのも嫌なのですが、ひすさんの言うとおり、映像で浮かんだのですよ。
おかしいですね、自分の姿まで見ているのって。
自分のことは見えないはずなのに、客体化できたということなのかしらん。

ひすさんはいじめっ子じゃなかったの?
Commented by ひす at 2006-06-18 16:57 x
>ひすさんはいじめっ子じゃなかったの?
どちらかというと、大人しい遊びが好きでチマチマと遊んでいました。
学校内のグループもありましたが、どこにも属さず、時々によって適当にみんなと遊んでいました。
でもどっちかというといじめられる子とよくつるんでいましたね。
彼は小さいときに腎臓をかたっぽ取って、運動が苦手だったのでよくいじめの対象になっていました。
でも彼はいろんなことをよく知っていまして、当時の私からすればすごく大人的に見えたのです。
だから、彼の話と彼の家(両親ともに学校の先生)の雰囲気が好きでよく遊びに行っていたので、仲良くしておりました。
当然、いじめの矛先は私にも来ましたが、当時から口が立ったので喧嘩の前に何とかなっていました。
でもそれでも、やはり陰湿な嫌がらせはありましたが、
「お前らむちゃくちゃ陰気やで!それでかっこええと思ってるん?」
面と向かってそういえば、言い訳しながら退いてゆきました。
そして気がつけば、みんな含めて仲良く遊ぶようになっていました。
(これが小学校2年ごろかな?)
Commented by ひす at 2006-06-18 16:58 x
でも、今思うと、昔のいじめは今と違ってストレートで、策をろうしたいやみなものではありませんでした。
だから、その行為のいやらしさを突けば、相手も恥ずかしくなってきて謝ったものです。
今はそうではないようで、開き直るものが多いから腹が立つ!
実は数年前、自分の子供の件で相手の家に怒鳴り込みにゆき、
ソレとはべつに、ほかの学年の子供の様子を見かねて小学校に言いに行ったことがあります。
おかげで、要注意人物にされてしまいました。(=^^=)ゞ
(これは長文だべ?)

そうそう、前述の友人は両親の後をついで先生になるのかと思えば、
今は翻訳の仕事に携わっております。
大好きな本を読む仕事なので、性にあっていると思います。
Commented by akasatana-xyz at 2006-06-19 08:04
ギャ~!という声が聞こえてきそうです(笑)
机にそんなもの入ってるとは思いもよりませんもんね。
机と机を離すというのも今となってはなつかしいな。
反対に、異性のおとなりさんとくっつけてるだけでからかわれたり。
Commented by NOONE-sei at 2006-06-19 18:06
ひすさん、
おーおー、長文だーーー。
2年生の記憶があるということが、まず驚きでした。
印象深い友人だったのですね、ひすさんにとって。
現在の仕事を知っているということ自体、今でも大切に思っているからなのだろうなぁ。
小さい頃の幼なじみの現在をわたしはよく知りません。少し寂しいことかも。
体が他の子と違うと、いじめられるね、わに丸も心臓手術の跡があるからそうでした。
陰湿ではなかったからほっとしましたよ。

要注意人物?要注意親・・ってことかな。いいのいいの。
今の先生たちは昔と違って学校の近くに住まないから、子供や地域のことがわからない、
と指摘していた人がいてね、なるほどと思ったことがあるですよ。
Commented by NOONE-sei at 2006-06-19 18:20
あかさたなさん、
教室の机同士をくっつけるとか離すとか、これは言葉以上の表明だったですよね。
誰と並ぶかって、大変な問題なんだろうけど、わたしはド近眼なので
席はすでにある程度決まっていてつまらなかったです。
ちびで近眼は損だ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 39夜 見慣れぬもの 37夜 福財布 >>