63夜 ふくれちまった哲学に


61夜は、思わぬところで「哲学」という固有の言葉に反応があって、驚いたり慌てたり。
どう返答したものか、言葉に慣れていない脳を使ったので、ちょっぴり眠れない夜だった。

「哲学」。
元来は個人的な楽しみであったはず、と教えてくれたひともいた。
わたしの連想する「哲学」は、遥かなところに浮かんでいる。

たとえば「知のたのしみ」と言い換える。
それは個々それぞれの楽しみ方だったんだ。するとすこしだけ力が抜ける。

たとえば「普遍を求める」と言い換える。
求める過程より得た結果こそ大切。すると置いてきぼりを食ったようで悲しい。

たとえば「物事の根源を知ろうとする理性の立場」と言い換える。
もう窮屈で逃げ出したい。すると楽しくなくて、身の置き所がない。

そもそも源には宗教や思想がからんでいただろう、「哲学」。
派生して政治・経済・科学・そして精神や心理にまで及ぶもの。・・大きすぎて、持て余す。

たとえば一家言ある人物と会話するのに骨が折れるのと同じように、
たとえば心の世界を旅する人に寄り添うのが居心地悪いのと同じように、
天邪鬼(あまのじゃく)で脆弱な脳では、黄色い信号が点滅する。・・避けて通りたいのだ。

「哲学」というものも、考えてみれば可哀相に。
いつしか、歴史に望まれ普遍になり、人々が描くイメージをたっぷり吸って膨らんでしまった。
可哀相な「哲学」は、今では実体を離れ幽体になって、あちらこちらにぷかぷか浮かぶ?
それともユーモラスで庶民的になって、時を越えて懐深く変容した?

61夜は、会話は相手に幻想を持たせることもある、というわたしの恐がりでおよび腰のつぶやき。
思わぬ「哲学」という言葉は藪を突いて出た蛇。

六三(ろくさん)という昔からの習わしがある。
年に一度、体の傷むところや悪さをするところを寺で払ってもらう、厄払い。

今夜は、「哲学」で痛んだ脳みそに、六三払いの63夜。
払ってしまえば幻想も蛇も、ただの無邪気な言葉の遊びだ。

c0002408_197485.jpg
青い林檎は王林(おうりん)。良い香り。
香気とはこの林檎の香りを言うのではないかと思うほど。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-10-20 19:34 | Comments(5)
Commented by ひす at 2005-10-21 00:17 x
セイさんこんばんは!
「哲学」って言葉にすると二文字だけれども、意味は深く浅く千差万別。
恐らく、人の数だけあると思います。
これは他の学問もすべて同じで、はっきりした線引きなど出来なくて、
ぼんやりとした印象の濃淡があるようなものだと思います。
そして、その濃い部分は確実にそう思えるが、薄い部分がそうでないとは言い切れない。
例えば、青く紅く染まる空を見て。
「ああ、夕焼けだ。」とは感じても、どこからどの部分までが夕焼けか線引きできないようなもの。
だけど、確実にそこに夕焼けがあることは感じ取れる。
だからそこで、真っ赤に伸びる夕陽の舌こそ夕焼けだと言う人がいて、、
いや、閉じようとする赤紫のまぶたこそ夕焼けだと言う人もいる。
どちらも一致はしないが、まちがいなく正しい。
そういう風なものではないかと私は思っているのですが。
Commented by ひす at 2005-10-21 00:18 x
だから「哲学」なんてものは、
楽しみな人には遊び相手。
困難だが克服せねばならないと思っている方には強敵。
できれば関わりあいたくないと考えている方には災難。
どの認識もすべて正しくて、その対応に誤りはないと思いますよ。

以上、はなはだ思慮を欠いた私見でありました!

「良い香りはその味よりも美味しい場合がありますね!」ヽ(・∀・)ノ 

Commented by NOONE-sei at 2005-10-21 01:08
ひすさん、
うぇ~ん、むずかしいことは言いっこなしだよ~~ん♪
なぜならわたしは「哲学」を蛇になぞらえて、六三で厄払いしちゃったからね~~。
ゆうべはホント、あらら~って頭が消化不良になって困りました。
それで厄払いのつもりで63夜を書いたのでした。
中原中也の「汚れちまった悲しみに」の、たとえば狐の皮衣、、って台詞が好き。
だから好きなものに乗っけてお話を遊んでみたのであります。

哲学を非難するわけでも、哲学への千差万別な認識を線引きしろとも、
思っておらず、
このことでディスカッションするつもりもないのが正直な気持ち。
だってお会いした事がないひすさん。声もお聞きした事の無いひすさん。
文字だけで深いお話をするのは、むずかしいよ。
第一、精密さばかりが増すのって、さびしいじゃないですか。
わたし、ずれたこと言ってるかなぁ・・・?

Commented by ひす at 2005-10-21 09:44 x
(=^^=)ゞ「もうしわけない。」

この話はここにて終了。<(_ _)>
Commented by NOONE-sei at 2005-10-21 11:35
♪♪「ありがとうね。」♪♪  

名前
URL
削除用パスワード


<< 64夜 ハニー・ヘイス 62夜 移ろいのいろ >>