51夜 夏は朱、秋は白


人間の一生を四つの季節と色にたとえるとか。
夏は朱(あか)、秋は白。
だから朱夏と白秋。
けれど、ずっと探している夏と秋の間の言葉はみつけられないままだ。

気配はすっかり秋になった。
すすきもよく見かける。
白秋とはもうひとつ、すすきを揺らす風の意だと、なにかで読んだ。

百夜を半分折り返したが、お話というものは丁度で割り切らないほうがよい。
目出度い紅白(朱と白)の後には、折り返しのおまじないを。

北原白秋の詩歌にまじなってもらおう。

ところで童謡でよく知られる彼の名だけれど、詩集や雑誌のお題には惹かれるものがある。
最初の詩集は「邪宗門」、創刊した雑誌には「屋上庭園」「地上巡礼」、、、
詩のお題の数々にも、魅力的なネーミング。
彼は内容の深さというより、守備範囲の広さに目利きがあったのだろうか?
本を読まないわたしは、白秋のことを そうは知らないけれど、
十五、六の小娘だった頃に出会った詩でおまじない。

                    * * * 


   序詩                  北原白秋  ~「思ひ出」より~
                   

思ひ出は首すぢの赤い螢の

午後(ひるすぎ)のおぼつかない触覚(てざはり)のやうに、

ふうわりと青みを帯びた

光るとも見えぬ光?







 
あるひはほのかな穀物の花か、

落穂ひろひの小唄か、

暖かい酒倉の南で

ひき毟(む)しる鳩の毛の白いほめき?

 

音色(ねいろ)ならば笛の類、

蟾蜍(ひきがへる)の啼く

医師の薬のなつかしい晩、

薄らあかりに吹いてるハーモニカ。


 

匂ならば天鵞絨(びろうど)、

骨牌(かるた)の女王(クイン)の眼、

道化たピエローの面(かほ)の

なにかしらさみしい感じ。

 

放埒(はうらつ)の日のやうにつらからず、

熱病のあかるい痛みもないやうで、

それでゐて暮春のやうにやはらかい

思ひ出か、ただし、わが秋の中古伝説(レヂエンド)?
[PR]
by NOONE-sei | 2005-09-23 01:23 | 趣味の書庫話(→タグへ) | Comments(12)
Commented by ひす at 2005-09-23 18:49 x
こんにちは!
白秋よいですね~♪
偶然私も最近白秋の「トンボの眼玉」という詩集を買って読んでおりました。
特に今回ご紹介いただいたような作品は、
情景が浮ぶとかの類ではなく、
触覚や匂いや色、そして音といった非常に感覚的なものを、
一瞬一瞬でイメージさせる、いわば「印象派」。
セイさんのおっしゃるとおり、深みのある内容ではなく、、
感覚に直接訴えてくる作品。
あとは受け手がイメージし幅を広げ解釈できる自由性を持っていますね。
(そういう意味では印象派というよりは、抽象画的なものでもありますね。)
ただ、内容に深みはなくとも、選ばれる言葉はそれぞれすごくシャープで、きらきらと輝いています。
ここいらの選択眼はさすが!
私などは、「医師の薬」「尾篭度の匂い」の下りを読んでいて、
思わずため息が漏れました。

久々に白秋を読み返したくなりました。
どうもありがとうございます。(*^人^*)

Commented by ひす at 2005-09-23 18:49 x
追伸
前述の白秋のほかに、最近古本屋の特売で古い絵本と詩集を買いあさっておりました。
「小川未明」や「野口雨情」などの有名どころもすごく良いですし、
聞いた事のない作家のものもすごくいいものがありましたよ。
機会があればご紹介させていただきますね。
Commented by NOONE-sei at 2005-09-24 01:48
ひすさん、
あら、素敵な偶然♪
ため息で白秋の詩の媚薬に酔っていただけたのなら、51夜のおまじないが効きましたね。
 わたしが初めて白秋の詩を読んだときに感じたのは、清楚な媚薬?
思春期には、秘密めいた、読んでいると人に言いたくないもの?
だからといってたくさん読んだわけではないのですけれど、かなり好きです。
哲学的でない軽(かろ)みもいいですね。

51夜は特別な夜だったので、駄洒落、謎かけ、折り重なるイメージで
お話を書きたいと思っていました。
でもいつも即興で書くので、今が秋の季節だということに助けられちゃいました。
楽しんでくれて、こちらこそありがとうです。

古本って、装丁も今は無いものに出合えて良いですよね。
ブックデザインじゃなくて、装丁って言いたいと思いません?
わたし自身は、コレクションや知識を深めることに無頓着なのですが、
綺麗なものは好きです。
いいもの?、、楽しみだなぁ。
ところで・・・
ひすさんの天敵は感情人間なのですって?ははは。アブナイアブナイ。
よかった、わたしは感覚人間です♪

Commented by at 2005-09-24 05:32 x
ひすさん、こんど新潟は上越市に
小川未明文学館がオープンするのですよ。
機会があったら是非行ってあげてください。
Commented by ひす at 2005-09-24 10:52 x
どうもこんにちは!
実は昨晩、「トンボの眼玉」を読み返していました。
じつはこれ、内容的には結構残酷で、不気味とも思える作品が多いのですよ。
でもなぜだか妙に懐かしく、恥ずかしかったりします。
?と思って、表題をよく見ると、「白秋童謡集」となっていました。
そして、白秋曰く「美しく上品な、教訓に満ちた唱歌」ではなく、
「子供のための童謡」を取り戻すべく、今一度子供に立ち返ったとのこと。
なるほどな・・
今の視点で子供の行動を眺めるとずいぶん不可解で理不尽な、そして残酷な事柄がずいぶんありますよね。
前述の印象はつまりそう言うことなのでしょうね。
そのことを考えながらもう一度読み返すと、
きゅん♪となる懐かしさではなく、もっとストレートで突き刺さるような懐かしさがこみ上げてきました。
機会があれば、御一読を!

Commented by ひす at 2005-09-24 10:53 x
>小川未明文学館
おお!そうなんですか!
是非一度訪れたいです。
小川未明ニついては、その内容の矛盾点の多さや、伏線の意味のなさなどで批判的な意見も多いですが。
それらはすべて的外れな気がします。
彼の作品は非常に感覚的なもので、書きたい主題、場面をまず思い浮かべ、そこが伝わればそれでよい、
そのような作品であると思います。
ある意味、一番児童文学らしいと思いますし、実際子供たちの心に残る作品が多いと思います。
その意味では、白秋に非常に近く感じるのですが。
結構好きで、仕事の合間に眺めていることが多いです。

毎回長文でスイマセン
(=^^=)ゞ
Commented by NOONE-sei at 2005-09-24 11:19
坊さんありがとねー。
ふふ、ぢゃわたしは宮沢賢治記念館をご紹介。(岩手県花巻市)
http://www.bekkoame.ne.jp/~kakurai/kenji/museum/kenji_m.htm
浜田広助記念館(山形県置賜郡高畠町)も。こちらはぽつんと静かな癒される場だとか。
小さい所だから紹介サイトがない、、、。
どちらもインドアのわたしは行ったことがありませんけど、いつか必ず行くつもりです。
上越も遠いけど、行きたいリストにいれようかなー♪

Commented by NOONE-sei at 2005-09-24 11:37
ひすさん、
わたしはどうも短絡的で、純粋になにかを読み味わうより、自分がお話を書く上での
共感を感じる素材、みたいに捉えているので、
ひすさんのような目で白秋や未明、また児童文学というものを見つめていませんでした。

子供、殊に幼児~児童の時期は、やつらは特別な存在です。不思議ないきもの。
奇妙で残酷で同時に慈愛に満ちています。
わたしたちもそういう存在であったのですねー、かつて。時に今も。
そこを忘れたり読み違えると、道徳一辺倒のイヤラシイオトナの仲間いりなんだなぁ。
何かを捨てて何かを得た、それがふいに蘇るとひすさんの言う懐かしさに逢えるのかな。
ひすさんが好きな作家(たぶんわたしも好みがかぶってる)って、
子供を密やかに胸に飼っている、一見それとわからない大人たちですね、きっと。
Commented by ひす at 2005-09-24 13:19 x
この話題でひっぱってすみません。
ちょっと気になって検索してたら、
白秋の童謡をあつかっているサイトがありました。
そこに、私の好きな歌2編があり、そのコメントを読んでみると、
http://www.d-score.com/ar/A02032706.html
う~ん、そうか・・、猟奇的で判断に苦しむのか・・・
この行為を「性向」で片付けてしまうのか・・
「月夜の家」もおばけ屋敷になってしまうのか・・・
記憶の情景とは思えないのかな?
セイさんの言葉を借りれば、きっと何かを捨ててしまったんでしょうね。

DLしてメロディを聴くのを楽しみにしていたのに、
私のPCでは古すぎて聴けませんでした。
「残念~!」ヾ(≧∇≦)ノ彡☆

Commented by NOONE-sei at 2005-09-24 14:18
ひすさん、
どの視点でものを見、感じ、評価するか、、。
おとなってなんだ?こどもってなんだ?という領域に入ってます?
「これが子どもたちのための歌かどうか、判断に苦しむ、云々」という記述、読みました。
オトナはコドモにナニカをオシエサトサネバ。という視点ですよね、この発言は。
ほっといてくれていいのにね。子供はこんな歌の文句で金魚を殺したりしませんよ。
イマジネーションの世界と現実を混同させ、そのまま成長しちゃったらそれは病気です。
『お母さん、僕はこんなに独りです』そう言いたい白秋の制作時の心情が綴られているだけ。
記述は冷静そうだけど、実のところはこの評者自身が抵抗を感じて困惑していたのでは、、。
逆にいえば、白秋のワンダーランドに選ばれなかったってことかも、、。ね。

Commented by sakura-yamagoya at 2005-09-28 13:05
セイさん、九州へお越しの際は、白秋が生家のございます、「柳川」へ誘いましょうよ。
「白秋」を過ぎて、「玄冬」へ足を突っ込みつつある、さくらより。
Commented by NOONE-sei at 2005-09-28 17:24
さくらさん、
柳川に記念館があるのですね。白秋は生い立ちの記も書いているとか。
いやいや、青春→朱夏→白秋→玄冬だとはいえ、
さくらさんのブログを拝見しているかぎり、思うにさくらさんは永遠に朱夏の青年ですよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 52夜 夫婦善哉 50夜 折り返しの頁 >>