36夜 願わくば


真夜中に明日を願う。
こころに勇気を 胸に希望を ちいさなしあわせを重ねてゆこう。


"God,
grant me the serenity to accept the things I cannot change,
the courage to change the things I can,
and the wisdom to know the difference."



神よ
願わくば私に
変えることのできない物事を受け入れる落ち着きと
変えることのできる物事を変える勇気と
その違いを常に見分ける知恵を授け給え

                         ~カート・ヴォネガットが作中で引用していた文章




これは敬愛する方が、わたしが混乱していた時期に教えてくれた祈りの言葉。
言葉にはちからがないと諦めなくていい。
311の後には、がんばれって言わないで、そう思っていたのに、
現在のわたしにはがんばれも有効だ。
貰った祈りの言葉を繰り返し唱えてその深みをかみしめるゆとりも今ならある。


c0002408_322544.jpg


あの時期、マリーアントワネットは真夜中の散歩をした。
だから夜の歩兵に立っていたら、ある朝、わたしは声が出なくなった。
やがて声が戻り素敵なハスキーボイスになり、
その声で女王に、毎晩居所を変えて失せるハンドバックに財産の一切合財を入れるのを
止めてくれるよう懇願したら、城に帰りたい城に帰りたいと反対に懇願されて困っていた。
薬はもちろんだけれども、日常は接し方でずいぶん改善される。
今晩はもう遅いから泊まっていったら、とか、じゃぁ一緒にお城を探しましょう、とか、
嘘といえば嘘、ユーモアといえばユーモアで日々を繋いだ。
嘘つきな歩兵は倒れこむようにして寝るので、
夜中にマリーアントワネットになにがあっても次第にわからなくなった。
もうそれでもいいんだと思うことにした。


c0002408_3222635.jpg


マリーアントワネットには薬が良く効いて、今では意欲も明るさもあり、
不安が不安に拍車をかけることがない。
心根(こころね)のきつさが失くなったらさみしいと親戚は言うけれど、わたしはちがう。
きつさを少し失って、いたわりの言葉を得た母と、新しい関係が始まったのだと思っている。
それに、きつさというものが完全に失せるということはない。
なにしろ、心の根っこだもの。


c0002408_3225026.jpg


薬が効いて得られたこの時間は、いつかあの混乱の時期を再び迎えるまでの
ごほうびかもしれない。
だから願わくば、真夜中に明日を願う。


お写真は、十月からずっと玄関で楽しませてくれている花かご。








ちかごろのわが家の獣たちは、
寒くなったので元気です。

c0002408_3284015.jpg
素敵なおしり。


c0002408_3285155.jpg
さんすくみ。


c0002408_329326.jpg
戦いすんで、日が暮れて。
[PR]
by NOONE-sei | 2011-12-15 00:34 | Comments(9)
Commented at 2011-12-15 10:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by NOONE-sei at 2011-12-15 18:12
鍵コメントさん、
きっと思い出されることがあるのではないかな、、、と思っておりましたよ。
わたしの書く文章があなたを傷つけていやしまいか、、と心配でもありました。
気をつけてはいますが、許されてね。

行動には理由がありますよね。母なりに一生懸命だったので、
嘘やすりかえは不実だ、と自分を責めないよう心がけました。
ただね、紛失は事実ですから、あるかのようにはしませんでしたよ。
誰が、ということだけ伏せて、何故かない、という事実だけは
伝え続けました。目の前でわたしも懸命に捜しました。

眠れるというか、、、眠ることにしちゃったんです。
でないともう、体が保たなくなってしまって。
だから、ほぼ完璧に母が眠っていると思われる時間に、
家を抜け出して息抜きに行っちゃったりするです。
日中は母にぴったり寄り添っていますのでね、気持ちも息抜きしないと保ちません、、悪い娘(笑)
コメントありがとうです、こころより。
Commented by ひす at 2011-12-16 15:26 x
こんにちは。
今日はこちらもぐんと冷えておりますが、そちらに比べたらまだまだ暖かいんでしょうね。
ジョイのサマータイムもやっと終了し、最近は5時過ぎまでは寝ていてくれるのですが、
それでもやっぱその頃の空気は冷たい!
ましてや、そちらの深夜の空気なら…

とりあえずよかったですねと言わせてください。
キレイでにぎやかなお花と一緒に、
セイさんの明るくしっかりした言葉を聞いた気がしました。

>新しい関係
なるほど…
どちらもピカピカの一年生ですね。

>3人姉妹
よいな~。
この3枚は組み絵のようですごく素敵!
こういう関係に憧れます。
Commented by ブッピー at 2011-12-16 22:21 x
セイさんきれい!
やっぱりセイさんはセンスあるなぁ~と感心しました。

みんな元気でなにより!
それにしてもテンちゃん大きくなってますね~
でもぺろこちゃんに絡み付いてるトコは子供みたいですが(*^m^*)

ありがとうございます~
Commented by yukiusagi at 2011-12-22 01:36 x
はじめまして
時々拝見させていただいていました。
こんな詩もあります。
これは、ニューヨーク大学リハビリテーション病院の壁に
掲げられている詩だそうです。
今頑張っている、これからも多分頑張ってしまうセイさんに、
贈ります。


「苦難にある者たちの告白」

大事を成そうとして、力を与えてほしいと神に求めたのに、
慎み深く、従順であるようにと弱さを授かった。

より偉大なことができるように 健康を求めたのに
よりよきことができるようにと 病弱を与えられた。

幸せになろうとして 富を求めたのに、
賢明であるようにと 貧困を授かった。

世の人々の賞賛を得ようとして、権力を求めたのに、
神の前にひざまずくようにと 弱さを授かった。

人生を享楽しようと あらゆるものを求めたのに、
あらゆることを喜べるように 命を授かった。

求めたものは一つとして 与えられなかったが、
願いはすべて聞き届けられた。

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、
心の中の言い表せない祈りは すべてかなえられた。

私はあらゆる人の中で 最も豊かに祝福されたのだ。
(訳者不明)
Commented by yukiusagi at 2011-12-22 01:38 x
追加です。
先ほどの詩の原文です。
(コメントに字数制限があったので…)

A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED

I asked God for strength, that I might achieve
I was made weak, that I might learn humbly to obey...
I asked for health, that I might do greater things
I was given infirmity, that I might do better things...
I asked for riches, that I might be happy
I was given poverty, that I might be wise...
I asked for power, that I might have the praise of men
I was given weakness, that I might feel the need of God...
I asked for all things, that I might enjoy life
I was given life, that I might enjoy all things...

I got nothing that I asked for -- but everything I had hoped for
Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.

I am among all men, most richly blessed!


God Bless You!
Commented by NOONE-sei at 2011-12-23 02:18
ひすさん、
うぇ~ん、たいへん亀でごめんなさい。

こちらはですね、昨日、外の水道が凍結いたしました、ひぃぃ
徐々に冬らしくなっておるです。
ひすさんちも獣たちがいろいろあってたいへんでしたね。
がんばれーー。

>どちらもピカピカの一年生ですね。
あ、そうかそうか。そういう考え方もありですよね。
気づかなかったなぁ。うん、そのとおりだ。
ありがとうです♪

うちの獣たちは見ての通りなんですが、
夜になるとペロ コ がこたつの王様の膝に尻(笑)ごと乗っかって
小さくなって寝ます。
重いよーーーー。

Commented by NOONE-sei at 2011-12-23 02:27
ブッピーさん、
亀です亀、、、ぺこり、、。
あ!!今日、とあるお店で1メートルもある巨大な亀がのったり歩いておりました!
足の裏を触ったら硬い皮膚でびっくりしました!

ブッピーさん、アレンジって面白いですね。
玄関がたいへん華やかで、お花はいいねぇ。
センスといっても、庭の物を挿すだけですのでお恥ずかしいであります。

テン コ はばくばく食ってよく肥えてしまい、先日腹を壊しました。
猫は自分で食う量を調節する生き物なのにっ。
犬しか見ていないで育ったからか、猫という感じがしません。しくしく

Commented by NOONE-sei at 2011-12-23 03:02
yukiusagiさん、はじめまして。ようこそです♪
この詩は『人生の祝福』という題にも訳されているんですね。
人はなによりも謙虚でなければならないという戒め、と書いてある所もありましたが、
わたしには苦しみを担う者がそれを受容してゆく路の途中というか、
とつとつとした途中にこんな詩のようなものができた、そんな感じがしました。
わたしは父を自宅ホスピスで看取りましたが、
その時の苦しみにはその時その時の波があって、
看取った後にもそれは揺り返したりなにか気づかされることがあったり、
言い切って終われる言葉は、本当はありませんでした。
ちょっと振り返ったりたたずんだり、、そんなくりかえし。
この詩も、そんな途中に書かれたものなのかなぁ、と思いました。
福音とか恩寵とかそういう言葉も浮かびました。

いたわりをありがとうございます、こころより。
>これからも多分頑張ってしまう
yukiusagiさんがいちばん言いたかったのはきっとこのことなのではないかな、と思いました。
そのことがとてもありがたく感じられました。
そんなyukiusagiさんにも God Bless You です♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 37夜 でかけよう 35夜 食む話 >>