1夜 弁当今様 


「王様の千と線」には、名前を持つだれかのおはなしをあまり書かないのだけれども、
お母さんになったこのひとのおはなしは1夜や100夜に書きたくなる。
くるりちゃん。
娘さんからお嫁さんになってお母さんになった今も、
一度もお会いしたことはないのに、もしかしたらお会いするよりも高い純度で
いつも幸せを願っている。

くるりちゃんの子どもは、赤ちゃんから子どもになった。
でも子どもというものは大人の縮小形じゃなくて人間未満の存在だ。
日々のことを綴るウェブログを読ませてもらうたびに、
くるりちゃんの泣き笑いや成長や、素直なことばの数々に、じんとなる。

ずりずりとハイハイすることをずりばいというのだって。知っていた?
二人目の赤ちゃんが生まれ、今ではその子がずりばいをするようになった。
幼稚園児の一人目を気づかいつつ子育てしているくるりちゃん。
これは、二人目を産むときと産んでからの、一人目リュウちゃんとのおはなし。



   文章は掲載された原文を編集させていただいています

------------------------------------               

※お産の前にしておくこと・・・

入院している間は夫や母にリュウのお弁当を作ってもらわなきゃいけないので、
どんなお弁当を好むか、どんな感じで詰めてるか、色々書いておきました。
それを見た夫も母も「これじゃ変わり映えがしない」と言うわけです。

そんなことはずっと悩んでたし、だからリュウに嫌がられてもキャラ弁にしてたし、
それよりも、オムライスとかサンドイッチとか頼んだら作ってくれるのか~ 
・・と言いたいけど黙っておく。

2人からしたら何気ない言葉だろうけど日々自覚してるだけに引っかかるのよね。
どれだけ変わり映えのするお弁当を作ろうとしてるんでしょ。
別に自由に腕を奮っていただいて構いませんが。
残してこられてきっと落ち込むだろうな。

うちのリュウみたいな偏食息子には、
「変わり映えのしないお弁当」が一番なんだと思ったりもしてたりして。
今日はどんなお弁当だろうと期待してるんじゃなく
お弁当なんか早く食べ終わって遊びたい、そんな子供ですから。
でも「ママが喜ぶから頑張って」全部食べて来ます。



※現在のお弁当は・・・

リュウが生まれて五年、
いまだに息子の食の好みが掴めません。
掴める気がしない・・。



※ある日のできごと・・・

ショウ、発熱。ショウは平熱がそれ程高くないので辛いみたい。
いつもより長く寝てました。
日曜は少し元気が出てきましたが、夜、大量に戻しました。
まだ治るには時間がかかりそうです。

ショウが戻してあわてている時、リュウが手紙をくれました。

「りゅうより
まま かはイイあかちゃん △△(ショウの名前)お
うんでくれてありがとう」


こちらこそ
生まれて来てくれてありがとう。
それだけで充分嬉しいのに
優しく育ってくれてありがとう。

------------------------------------

ああ、もう、泣いてしまう。
ところで、偏食息子のリュウちゃんは、今ではキャラ弁にも興味を示さず、
好きなように食べているとのこと。母と子の知恵比べ我慢比べは、まだまだつづく。
子どもは自分は忘れてしまうのに、親に思い出をくれる生き物。


今夜のお写真は、くるりちゃんのキャラ弁。

c0002408_3283094.jpg
ピグモンのお弁当


c0002408_3283922.jpg
言わずと知れたバルタン星人のお弁当                       foto by kururi



c0002408_337114.jpg
昔の弁当箱








後日、くるりちゃんからお礼をいただきました。
c0002408_203941.jpg
ギロロ伍長です。
もうリュウちゃんはキャラ弁が要らないのに、わざわざわたしのためにこれを。嬉しい。
by noone-sei | 2011-02-27 00:10 | Comments(4)
Commented by bbking1031 at 2011-02-27 23:31
昔の弁当箱…
うるうるしちゃいます
Commented by ひす at 2011-02-28 17:25 x
なるほど…
「もしかしたらお会いするよりも高い純度でいつも幸せを願っている。」

その頻度によっては、ネット上での交流であっても、
その親密度は対面のそれを上回るということですね。
さしずめ、現代版の「遠くの親戚より…」というものかな?

でも、そういうのはとてもよく分かります。
うちも、ご存知のように夫婦してあんな感じなので、
どこどこのだれだれがどうしたとか、
あそこのあのワンコが大変だったとか…
さも近所の出来事のように話すことが多々あります。
だから、まだお会いしていない方でも、なぜかあったような錯覚に陥ったり、
初対面でもそう思えなかったりと。

くるりさん、頑張っておられますね!
こういう日記を見続けていると、
やはり、どうしても身内気分になってしまい、思わず応援してしまいますね。

それにしても、お弁当お見事!
特に、ピグモンのビラビラをご飯粒で見事に再現しているあたり、
これはもう、只者ではないと確信しました。




Commented by noone-sei at 2011-03-02 01:26
osaさん、
お返事が遅くなりまして、ごめんね。
これ、アルミの弁当箱っていうんですか?新品ですよ!
先日、山越え谷越え、友人がお雛様を見に連れていってくれて、
そこは田舎に住んでいるわたしが言うのもなんですが、
すんごい田舎だったんです。
荒物やさんにはこれとか、ネズミ獲りとかイタチ(!)獲りとかがありました!
そのうちお写真、載せますから期待してください、ほほほ
Commented by noone-sei at 2011-03-02 01:40
ひすさん、
そうなんですそうなんです。
このごろ、「純度」について考えているんです。
ネット上のおつきあいだからこそ、雑味を削いだパーソナルな
純度の高いものが生まれるように思います。
>対面のそれを上回る
ひすさん、ぴったりする言葉をありがとうです。
心の底でつながっている感じです。
しかも、相手の負担にならぬよう、ひそかに自分の心の中だけで純化する感じです。

くるりちゃんには、いろんなことを気づかされているので、
どっちが姉だかわかりません、とほほ
偏食息子めは、もうキャラ弁禁止令を出したらしいですよ、くぅぅっ。
こんなにファンが愉しんでいるのに、残念だ!
キャラ弁って、紙に下書きプランを書いてから作るという手間のかかりよう。
鰐が幼稚園のときにこういう弁当があっても、わたしにはきっとできなかっただろなー。
名前
URL
削除用パスワード


<< 2夜 桃雪の節句 閑話休題 ふたたび >>