100夜 すずめ百まで


今年の雪はたいして積もらないので、朝夕の雪かきをしたのは二度ほど、
犬が雪めんぼになったのもほんの数えるほど。
しかし大寒とはよく言ったもので、その前後は雪も降るし気温も低い。
その大寒に母方総本家の旅館のおかみさんの一周忌があった。

山あいの温泉町は雪の中。
山の雪にすっぽりと隠れて湯気が立っている。

旅館代々の墓は山にあるので、旅館の子たちが前日にスコップを持って山に行き、
雪の中、雪めんぼになって墓を掘り出した。
墓の茶碗、ひとつには水、ひとつには茶、左右どちらに置くかは決まっているそうなんだが、
それよりも皆が笑って供えた酒に、酒が好きだったおかみさんを思い出し、
わたしはどちらがどちらだか忘れてしまった。

笑という文字がいくつも入った戒名のおかみさんの一周忌らしく、
和やかで賑やかな法事を終え、母の本家に戻ると茶飲み話も弾む。
本家の隣家の二階には芸妓が間借りしていたという懐かしい話にもなった。
そういえば、通りで遊んでいると、三味線の音を聞いた憶えがある。
そのうちに年上の従姉妹が、その芸妓の稽古場に幾度も連れて行ってもらったと言った。
小さな子どもの従姉妹は舞を教わったのだそうで、
それは夜の宴席で披露する「黒田節」。
黒田節とは、雅楽の越天楽にさまざまな歌詞をつけて歌う「越天楽今様」が元で、
福岡の民謡だとか。
そんな由緒ある謡い(うたい)を舞っているとは子どもだから知らない。
従姉妹は「こんなふうにナイ、踊ったんだヨ。」と、謡いながら踊ってみせた。

小さな時分に覚えたことがふとしたきっかけで蘇ることがある。
すずめ百まで踊り忘れず、というけれど、たとえでもなんでもない、
従姉妹はほんとうに踊りを忘れていなかったのだなぁ。





        * 黒田節 *


   酒は飲めのめ 飲むならば

   日の本(ひのもと)一の 此(こ)の槍を

   飲みとるほどに 飲むならば

   これぞ真(まこと)の 黒田武士



   峰の嵐か 松風か

   訪ぬる人の 琴の音か

   駒をひきとめ 立ち寄れば

   爪音高き 想夫恋(そうぶれん)



   花よりあかるく み吉野の

   春の暁 見渡せば

   もろこし人も 高麗人も

   大和心となりぬべし



c0002408_2575764.jpg

今夜で五百の夜話はお仕舞い。
「舞い」という言葉を本日のおはなしの内容に掛けてみました。
「王様の千と線 その後(五)の百夜話」を読んでくださってありがとうございました。

by noone-sei | 2011-01-27 00:10 | Comments(10)
Commented by ろここ at 2011-01-27 16:49 x
こんにちは。
黒田節はとてもなじみがあります。
子供の頃学校で習って踊りましたよ。
でも私はもう踊れないです。。。(笑)
実家の近所には黒田武士というお酒があります。
Commented by ひす at 2011-01-27 17:06 x
お話のお仕舞いに、素敵なちょと雪めんぼ♪

シワちゃんも、踊りのすばらしさに、
雪が積もるのも忘れて思わず立ち尽くしてしまったのでしょうか。

すずめですら踊りを忘れないというのに、
私は先日「ラジオ体操第1」をやろうとして、
「あれ?あれれ・・?」

音楽が鳴れば、
できそうな気もせんこともないような気もしないこともないのですが…

(=^^=)ゞ

>「こんなふうにナイ、踊ったんだヨ。」
良い響きですね~。

Commented by ろこお at 2011-01-27 20:01 x
こんばんは
黒田武士←ボクが高校生の頃、全校生徒の前で詠った経験アリです。
吟詠部だったものですから。
踊りも踊ったことがことがあります。
槍と杯があれば馳せ参じますのでご連絡ください。←冗談ですよ(笑)
Commented by しょーじ at 2011-01-28 00:07 x
五百夜話、お疲れさまでした。いや、おめでとうございます、かな。
次は六百夜話を目指して、いや、千夜を目指して、ですね。

しかし、寒そうな写真です。猫は寒さに弱いですが、犬は寒さに強いのでしょうか?

あ、そうそう。近々、私もブログをアップします~。
それで、セイさんが京都で撮られた写真、いくつか私のブログにも
アップさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
Commented by noone-sei at 2011-01-28 00:36
ろここちゃん、
おこんばんは~。おー、習いましたか、さすが地元ぢゃ。
文化の伝承はとても大事だと思います。
わたしも花笠音頭を習ったような記憶が(ぼんやりと)あるです。
でもあれは山形民謡ですけど東北というくくりで言えばやっぱ文化伝承だろうなぁ。
黒田武士という言葉はきっと特別なんですよ。お酒もきりっとしていそうだ。

温泉町の生まれなので、宴会を見て育ちましたから、
一番なら黒田節、歌えますよ~、踊れないけど~ 
習っておけばよかった!
Commented by noone-sei at 2011-01-28 00:45
ひすさん、
この日の雪めんぼシワ コ はね、雪の小山を作ってもらって
ごきげんでした。そんな顔でそ?
ばっさばっさと、またたく間に降り積もったのでした~。

さてラジオ体操、しかも第一!
>できそうな気もせんこともないような気もしないこともないのですが…
うん、わたしも音が鳴ったらできそうな気がする。
きっときっと、できると思います、はい。

方言真っ只中に暮らしており、ネイティブどんとこいですので、
ひすさんがいいねいいねと感心してくれるとなんだか誇らしい気持ち♪

Commented by noone-sei at 2011-01-28 00:58
ろこおさん、
>詠った
ろこおさん、いい声してそうだもん。
うーー、かっこいい! でね、その漢字を使ってみたい!
本文に民謡と書きましたが、黒田節(黒田武士)ってちょっと違いますよね。
謡いとか詠いとか謳いとかの漢字が似合う、格調があります。
吟詠というのは、朗々と吟じるっていう言い方をしていいのかな。

ところで槍も杯もですけど、やっぱりハカマでしょう、踊りには(笑)
Commented by noone-sei at 2011-01-28 01:15
しょーじさん、
労いと祝いのことば、ありがとうです♪とっても嬉しいです。

犬は猫より寒くても活動的です、が普段はホットカーペットで寝てます(笑)

ブログ開設、それはめでたい。
振り返るとわたしの場合は、一方的な発信なのかと思って始めたらば
実は読み手から学ぶことのほうが多かったです。
しょーじさんも、しょーじさんらしいスタイルが徐々に見つかると思いますよ。
↑ ちょと先輩ぶったりして、おほほ

お写真、加工前のが欲しいときには別便でお送りしますので言ってくださいませ~。
Commented by ちーちゃん at 2011-01-30 10:06 x
お墓&仏壇に備えるお茶は左、お水は右、だそうです。
適当に供えていたら、葬儀屋の友達に直されました(^_^.)

毎年、新年会や忘年会で素晴らしいかくし芸をご披露下さる方々が。
いつも抱腹絶倒なのですが、
ある年は、きりりと鉢巻姿に黒紋付。
流れてきたのは「黒田節」
おもむろに踊り(?)出したのは、なんと「ラジオ体操第一」
これが黒田節にぴったり合うのであります!!!
やってみて下さい・・・
Commented by noone-sei at 2011-01-30 15:30
ちーちゃん、
ようこそようこそ♪
教えてくれてありがとうです。
うちはお茶碗ひとつでテキトーです~、コーヒーのときもあります~。ま、いっか。

そのかくし芸、透明人間になってぜひ拝見したいものです。
映像じゃなくてやっぱライブでしょう!!
毎年とはおそれいりました。
しかし、想像しましたよ、しっかりと。
扮装してみなさんがしゃきっと立ってらっしゃる。
そ~こ~へ~、黒田節が~
踊るは・・・・ぶぶぶっ
それ、いただきます。どこかで披露してみたいです、はい。

これに懲りずまた来てくださいね~
名前
URL
削除用パスワード


<< 閑話休題 99夜 一生に一度 >>