98夜 花嫁の小正月


小正月は女(おんな)正月。
嫁に行った姉様(あねさま)が実家に帰してもらえる。
今夜は「初嫁さま」のおはなし。

今でこそ嫁ぎ先の姑(しゅうとめ)も若く、核家族を知っているから、
これをわたしに語ってくれたひとは、昔の慣わしを嫁に踏襲させようとは思わない。
そのひとが嫁に来た明くる年の正月には、初嫁さまは親類縁者の家々を回って披露目をした。
結婚式で顔を合わせてはいるが、それぞれの家に訪問するのはこれが初めてだ。
各家では膳を用意して待っている。
嫁ぎ先が一同を集めれば良いではないかと思うが、一軒一軒の敷居をまたぐことに意味がある。
年寄りのいる家では、その目出度さに「まんまたきができてよかったナイ」と言う。
まんまとは飯のこと、まんまたきとは飯炊きする人のことである。

ほどなく子が生まれ、長男を授かると、またもや各家を回って披露目をする。
すると年寄りは、その目出度さに「位牌持ちができてよかったナイ」と言う。
なんて縁起の悪い、と内心思うけれどもその意味を知らない。
子を大きくし、夫を見送り、舅を見送り、二度の葬式の位牌をその子が持った。
それはつい先ごろのことで、「位牌持ち」の意味がようやく解かったとそのひとは言った。

この正月、そのひとの家には「初嫁さま」が居た。
初嫁さまの披露目はもうやらない、そのための結婚式だったのだもの。
そう思っていたら、初嫁さまのほうから「わたし、親戚のおうちに行ってきましょうか」
と言ったので驚いた。もうお仕舞いにしようと思っていた慣わしを若いひとが知っている。

初嫁さまはお百姓の家の出だった。
仕事を持っているけれども実家の田植えもすれば稲刈りもする。
ふたりの結婚式は、五月の田植えが終わってから。
そのひとの家の初嫁さまは、だからジューンブライド、六月の花嫁だった。

初嫁さまは結局、正月の披露目に回らなかったけれど、
位牌持ちをした子は「初婿さま」になって、この小正月、初嫁さまの親類縁者を回る。


□初春の山
c0002408_2421241.jpg
うちから見える吾妻小富士。白い雪の綿帽子をかぶったお嫁さん。お相手は富士山。



c0002408_2422541.jpg
近くの山の地面には、山クルミが。
[PR]
by noone-sei | 2011-01-15 00:10 | Comments(6)
Commented by bbking1031 at 2011-01-15 05:26
ほんとだ!
小さな富士ちゃんになってる。
見てみたいです。
Commented by ひす at 2011-01-15 16:05 x
なるほど、
お姑さんは嬉しかったことでしょうね♪
しかしまあ、本当に…
こちらでは想像もつかないほどに濃厚なお付き合いですね。
いや、それ以前に、
親類縁者とかなり離れていて、
冠婚葬祭以外顔を合わさない人たちが結構いたりして…

だからこそ、他人と友達仲間になって、
積極的につながりをもちたいと思うのでしょうか?

だかえら、「遠くの親戚より、近くの他人」
そういう言葉がしっくりきてしまうことも確かにあります。
でも、やはり、
何かの折、ここ一番の親戚は他人とは絶対的に違うのも確か。
やっぱ、「血は水より濃い」でしょうか?

(=^^=)ゞ

きれいな雪化粧ですね。
こちらは冷えこそすれ、いまだに雪を見ません。



Commented by しょーじ at 2011-01-15 17:20 x
福井出身の母は6人兄姉の末っ子でして、各兄姉に子供もいて賑やかなのですが、
なかなか福井に行く機会がなく、結婚後まだ一度も行けてません。
挨拶に少し立ち寄るぐらいならいつでも行けるのですが、
田舎の気質として、お酒やご馳走で客が嫌というほど接待しようとするので、
訪問する側にもある程度の「覚悟」が必要なのです…(笑)
毎年、年賀状に「今年は会いに行きます」と書いてたのですが、
とうとう今年はそれを書くのを辞めてしまいました(苦笑)
Commented by noone-sei at 2011-01-19 02:54
osaさん、
すっかりお返事が遅くなりまして、ごめんね。

osaさんたら~
この山でリンドウを見て、秘密の庭でコーヒーを飲んだのよー。
言われてびっくりしたでしょー?
小さな富士ちゃんは思い出の山なのでありますよ♪
また行きましょう!
Commented by noone-sei at 2011-01-19 03:03
ひすさん、
遅くなってごめんなさいです!

そうそう。お姑さんは嬉しかったそうです。
若いひとに眉をしかめられるようなことを教えずに済むのは、
ほんとに嬉しいと言っていました。
いいお姑さんになりたいと心から思っているかたなので。

濃厚!おぉ、それはぴったりな言葉だ!
そのとおりです、しかしね、それはそれとして、
近くの親戚より遠くの他人、という考え方もありですよ、わはは
永くおつきあいくだされ~ ぺこり

きのうは久しぶりに雪らしい雪、じゃんじゃん積もって
日に二度も雪かきをしましたよ。
Commented by noone-sei at 2011-01-19 03:15
しょーじさん、
遅くなってごめんなさい!

あぁそうか、田舎の気質というものですね?
ひすさんも濃厚という言葉で言ってらしたけれど、
招く側にしてみたら、招かれる側に置き換えて考えることが
ちょとできないでしょうねぇ。
うちは本家じゃないから、本家の婿さまが来てくれたときにはお茶とお菓子でしたけど、
それでも思い出すと、嫁に行ったいとこたちも婿さまを連れてきたっけなぁ。
やっぱり田舎だー。
名前
URL
削除用パスワード


<< 99夜 一生に一度 97夜 香の箱 >>