97夜 香の箱


一度だけ、香を聞かせてもらったことがある。
香道と言うのか聞香と言うのか、そしてそれは茶のようにお手前と言うのか。
なにしろ知らない世界のことなので、言葉の使い方もわからない。
沈香とはなんだろう?そのときは伽羅の香りが印象的だった。

十五日は小正月、十四日は寺社で焚き上げをするので、松の内もおしまい。
七草粥を食して七日に松飾りを外す家も近頃では多いが、
焚き上げまでが松の内と言うほうが、なんだかしっくりするのだけれど。

今夜のおはなしは、焚き上げの火と香炉で使う火を掛けているわけじゃない。
昨年の神事や仏事のもの、お守り、正月飾りなどをまとめて、焚き上げの準備をした。
すぐに持ってゆけるようにと駐車場に面した父の材木置き場の戸を開けたら、
木が積み上げられている上に、白っぽいものがいた。
「・・・誰?」
それは猫だった。

ブチ コ もアク コ もいなくなって日が過ぎた。
天井裏をネズミが走った時には猫を飼いたいと思ったけれども、それももう落ち着いている。
猫のいない暮らしに慣れていたから、目に映った猫の姿と猫という言葉が繋がらなかった。
それで出た言葉が「・・・誰?」。猫は座っていた。

猫が姿勢を低くし、前足を内側に折り曲げて足先を隠して座っている姿を、香箱と呼ぶそうな。
香箱とはたいへんに美しい言葉。
座る姿は香箱のようにと言うのか、香箱になっていると言うのか。
なにしろ知らない世界のことなので、言葉の使い方がわからない。

答えは、香箱を「組む」もしくは「作る」。うーん、美しい。
今夜は、器量こそ良くないがたくさん思い出をくれたクロとブチ コ とアク コ の夢が見たい。



□山の中の料理屋で見かけた猫
c0002408_391799.jpg
香箱を組んでいる。動詞的用法をしてみたよ。


c0002408_392888.jpg
なんだこれは。こんな姿を「猫が落ちている」と言うんだそうだが、犬もこうなる。
今は冬なので、うちの犬は猫のようにこたつで丸くなっている。
シワ コ は人から離れているのだが、ペロ コ は人の膝に乗ったりこたつにもぐり猫化している。


もうひとつの素敵な香箱
by noone-sei | 2011-01-10 00:10 | Comments(4)
Commented by ひす at 2011-01-10 14:36 x
「香を聞く」
なんとも素敵な言い回しですね。
昔の人のセンスに脱帽!
今回のお話は、素敵な言い回しにあふれています。
特に気に入ってしまったのが「猫が落ちている」
なるほど、確かにこれは落ちている!
そういえば昔、
近所の柿の木の枝に、猫が数匹座っているのを見て思わず。
「猫が実ってる!」
と口走ったけれども、あれもあながち間違いではないか?
で、枝から飛び降りて、着地に失敗したら、
恥ずかしくてこのポーズ!
「おちちゃった♪」
な~んてね♪

うちのドンくさい黒にゃんは、よく滑ったり転んだり、
落ちたり、ぶつかったりしています。
ブチ&アクちゃんの代わりにはなりませんが、
またこちらにこられた際抱っこしてあげてください。

>香箱
時計の世界、そういう職人の粋というか、おしゃれというか、
さすがですね!
(竜頭も常々そう感じてました)

Commented by ムメイ at 2011-01-10 21:11 x
猫が香箱座り(笑) 
猫と楽しく美しい言葉がたくさん〜。私の好きなものばかり♪
うちの玄関の横の木にもよく猫がなっています。
今日はいつもより押しかけ猫が1匹多かったのです。
みんな見た事あるんだけど、座敷童?と思いましたが
よく見たらいつもの猫と同じのがもう1匹。
ドッペルゲンガーでした(笑)
Commented by noone-sei at 2011-01-11 01:01
ひすさん、
香にまつわる言葉で表わすほど、猫とは魅力と魔力のある動物なのでしょうか。
犬とはちがうなぁ。
猫が木に実ってるも、生ってるも、落ちてるも、そのたとえかたが独特で印象的です。

黒にゃん、まだちびなのですもんね。
クロは抱っこさせてくれない猫でしたから、ぜひお願いします♪

竜頭、すてきっ。王冠に見立ててクラウンとも言うのですって?
あの小さな腕時計の中の小宇宙ですね~、調べちゃいましたよん。
Commented by noone-sei at 2011-01-11 01:19
ムメイさん、
猫好きのムメイさんが現在の猫事情を話しに来てくれて嬉しいです♪
ムメイさん好みのおはなしだったでしょうか?
ところで、香箱座り、、、と、すらんとお書きになったということは、
ムメイさんはこの言葉をご存知だったのでは?
なにやら、そうした猫用語を知っている知らないとで、
猫好き度がうかがえるのですってよ。

木に生る押しかけ猫は、ドッペルくんと名づけてあげましょ、(笑)
同胎からさえ仔猫の模様はいろいろだろうに、同じだったとは不思議だ~。
名前
URL
削除用パスワード


<< 98夜 花嫁の小正月 96夜 日々のなりたち >>