89夜 花束を買って


花束にまつわる話にはあれこれある。 

・その壱
女友達は、人が振り返るような美しさ、すらりと背が高く華やかな顔立ちのひとだった。
身持ちが堅くて男性には慎重で、すこしつらい恋もしていて、ずっと彼女の幸せを願っていたら、
ある日突然彼女から結婚するという知らせを受けた。
見合いの相手から百本の薔薇の花を贈られたら話が決まってしまった。
男性から女性に花を贈るというのは魔力だ。おおくの男性はそれを知っているだろうか。
すこし斜に構えてものごとを視る女性だったのに、その彼女が陥落するとはなにごとだ。
行ったこともない遠くの町に嫁に行ってしまって、彼女とは結婚式以来会っていない。

・その弐
知り合いの女性にわたしが花束の話をしたので、彼女は結婚記念日に花束をもらうようになった。
初めて花屋に行ったご亭主はどういう選び方をしたのだか、昨年の花束には菊が混じっており、
それは不祝儀だからと彼女が教えたら、今年の花束には白い百合が混じっていた。
カサブランカならいいが鉄砲百合は好みがむずかしい。
今度は薔薇だけの花束がいいと彼女が言ったので、来年こそご亭主は奥方好みの花束を贈れる。

・その参
お見合いに現われる青年に、前もって見合い相手の女性のために花かごを準備するよう助言した。
小さなレストランとは念入りに打ち合わせ、カジュアルで温かな席を作ってもらい、
クリスマスプレゼントとして彼が贈った花かごを見たら、白いトルコ桔梗が盛られていた。
初々しいことこの上ない。汗をかきかき花を頼む青年の姿が見えるようだった。
とはいえ、駅の花屋ではなくて、アレンジのうまい花屋を今度は紹介しなくては。

・その四
青年の母は昔、一度だけご亭主に花束をもらったことがある。
仕事帰りのバス停留所にある花屋で買って、汗をかきかき帰ってきた。
「・・恥ずかしかった」と言う普段は無口なご亭主にそれ以上の心境は訊ねなかったが、
だれがいったいご亭主に助言してくれたのかと、彼女は今でも不思議に思っている。

・その五
結婚間もない頃、年上のお姉さまの家で花屋から花束が届くのを見た。
夜に帰ったご亭主が王様に言った。
「結婚記念日には花束を贈れ。それで一ヶ月は機嫌がいいんだから、安いものだろう?」
王様が欠かさず花束をくれるようになったのはいつからだろう。
もしかしたらそのときのご亭主と同じくらいの歳になってからかもしれない。
初めは青いトルコ桔梗、次は白いカスミ草、薔薇になったのはやっと近頃かもしれない。

男性の花選びには選ぶ者の好みがあって、慣れないうちはとにかくどこかで見覚えのある花。
だから菊が混じってしまったりもする。
やがて自分が好ましく思う花を選び、可愛げを求めたり凛とした風情を求めたり。
そして、選び手やもらい手の好みがどうとかいうよりも、むしろ華やいだ花束らしい花束、
つまりは薔薇に落ち着くのかもしれない。
そう考えると、その壱のプロポーズの薔薇百本は究極の花束かもしれない。
女友達を遠くに連れ去った男性は、花を選びながら汗をかいただろうか。



c0002408_2574832.jpg
今年もらった薔薇の花束。見よ、長年の成果を。くすくす

追って:コメントで祝いの言葉を戴いてとても嬉しい。祝われるのはいつもどんなときも嬉しい。
     本日本当は結婚記念日じゃないんだが、あんまり嬉しかったので結婚記念日にしてしまいたいほど。
    
by noone-sei | 2010-12-11 00:10 | Comments(13)
Commented by ろここ at 2010-12-11 14:45 x
結婚記念日? おめでとうございます。

うちの父にも娘二人で助言して母の誕生日に花を買わせた事がありますが
やはり菊の花束を買ってきました(笑)  
みんなで笑うと、「なんで?菊も綺麗ばい?」とよくわかってないようでした。
Commented by ひす at 2010-12-11 16:30 x
そうか!おめでとうございます!
てっきり12だと思ってました。(しのやんと同じ日だとばかり…)
(=^^=)ゞ

素敵なプレゼントですね。
花束は、たべるわけでも、いつまでも飾るわけでもないからこそ、
ものすごくスペシャルなんですよね。

だからう受け取る方は、どこか誇らしげ!
エヘン!

嬉しい気持ちの要はそこかな~?
Commented by ひす at 2010-12-11 19:36 x
実は私も思い出に残る花束が3つありまして。
ひとつは、以前の職場を去るときに、
同僚たちが贈ってくれた花束。
もうひとつは、ライブのときにこれなかった友人が託してくれた花束。
どちらも、電車に乗って持って帰るのがこっぱずかしかったのですが、
それ以上に嬉しく、誇らしい気持ちになれました。
で、3つ目は私たちの結婚式のとき。
身内だけで式をこそっとあげ、同じく身内だけの食事会の会場へ移動する際、
駐車場から片手にかよちゃんの手、もう片方に花束を持って通りを走ったのです。
たまたま兄がその姿を車から見ていて、
「映画のワンシーンみたいでかっこよかったぞ!」
と…

実はこれ、あまり記憶にはないのですが、
後日兄にそう言われてから、勝手に脳内でビジョンが浮かび、
私の花束の記憶のトップに躍り出てしまったのです。
(=^^=)ゞ今回は自分の話ばっかりしちゃった!
Commented by mica at 2010-12-11 22:22 x
> 見よ、長年の成果を

見た!
すばらしい成果ですワ!(^。^)

ひすさんに続き、思い出の花束エピソードを2つ。

今は亡き大好きだった伯父と、銀座デートした際。
(いや。わたしの母も一緒だったんですがねw)
伯父の会社で待ち合わせて、そのビルの1階の花屋で
通りすがりに『このコ(わたし)のイメージで
作っといてね』と言いおいて、お茶をしに出かけました。
帰りがけに受け取った花束は、オレンジ色のバラが入った
かわいい花束でした。 わたくしが二十代前半の頃の話しw
こんなにさりげなく嫌みなく照れもなく、
花を贈れる男性になるには
素質と年季なんだろか。

珍しく連れ合いが、とても好みの花束を買って帰って来た。
聞けば納得の答えが返って来たのだが。
一緒に飲んだ、仕事でフラワーアレンジもする女友達が
終電間際の駅前で売り切りセールをしている移動花屋で
『安い!ほら、ミカちゃんにも買って帰りなよ!』
と、連れ合いにあれやこれや押し付けたと言う。
どーりで趣味がイイはずだw
Commented by noone-sei at 2010-12-12 02:09
ろここちゃん、
祝いの言葉をありがとうです!!
結婚記念日ぢゃないけど嬉しいです、とっても!!
嬉しいので、結婚記念日ってことにしてしまおうと思います。

お父さんのおはなし、いい話だなぁぁぁ。
読ませてもらって、89夜を書いてほんとによかったと思いました。
わたしのを読んで、ろここちゃんにエピソードが蘇るって
とっても素敵な連鎖だと思いました。聴かせてくれてありがとうです♪

Commented by noone-sei at 2010-12-12 02:24
ひすさん、
祝ってくれてありがとうです!!
でも結婚記念日は10月でした~。しのやん、結婚なさったのですか?!
89夜は紛らわしいおはなしでしたね、ごめんなさい~、ぺこり。
知人にお見合いのお世話をしましてね、それで花束のあれこれを思い出したのですよ。

ひすさんのエピソードを聴かせてくれてありがとうです♪
その三つが蘇ったきっかけになれて、わたしも嬉しい。
それにしても三つ目のふたりの映像は、あまりにかっこよくてびっくりだ。
わたしのなかでは、かよちゃんはウェディングドレス姿です。
頭にはヴェールもかかってますから。
お兄さんじゃなくとも、それ、まさに映画的です♪いいなー。
Commented by noone-sei at 2010-12-12 02:37
micaさん、
でそ?男も成長するですねー。

エピソードを聴かせてくれてありがとうです。嬉しいです。
そのおじさまは、素敵過ぎます、ためいきものです。
わたしの好きな京都のおじさま群への妄想が湧き出します。
女性をレディとして扱うジェントルマンでいらしたmicaさんのおじさま、
>素質と年季なんだろか。
ほんと、どちらもでしょうね、きっと。

ツレさんのエピソードもいい話ね~。
お友達とのやりとり、ツレさんの表情、micaさんに渡す様子、
その場にいないのに見たような気持ちになります。
それにしても、花束ってわくわくしますよね。
好みにあったアレンジならなおさらです。
Commented by ひす at 2010-12-12 15:08 x
あ!そうか!
てっきりお誕生日だとばかり…
(=^^=)ゞ

ちなみに、さすがにウエディングドレスでは走れないので、
二人ともスーツ姿でした♪
Commented by noone-sei at 2010-12-12 20:36
ひすさん、
あはは 
誕生日も結婚記念日も、同じ日じゃないけど10月なのだーーー♪

>スーツ姿
実際にはきっとそうかな?と思っていましたよん。
けどけど、やっぱりわたしの映像はねー、ウエディングドレスだったの。
うふふふっ
Commented by ブッピー at 2010-12-14 00:45 x
セイさんきれいな花束嬉しいですね!
結婚記念日じゃなかったら・・・別のお祝いかな!?
おめでとうございます♪

実は結婚するまで、お花の仕事で生計をたてようと思っていて
お花屋さんに勤めていたんですが、そのお店で
最初は一本のバラから始まり、毎月一本ずつ増えていって
花束が25本になってからパッタリこなくなった男性がいたんですよ~
あれはどんな花束だったんだろう??と謎のままです。

そして、実は私もバラ100本の花束もらったことあるんですよーー!!
残念ながら主人ではありませんでしたが(*^m^*)

それと、100本のピンクのチューリップの花束作った事あります
茎が太くて短いから大変でした~~

と、いろいろ思い出しちゃいました♪



Commented by noone-sei at 2010-12-14 11:55
ブッピーさん、
はい、花束って嬉しくなってしまいますよね~。
祝いのことば、ありがとうです、ふかぶかぺこり。
花は10月の結婚記念日にもらって撮ったものでした~。えへへ

ブッピーさんのエピソード三つ、聴けて嬉しいです。思い出すきっかけになれてそれも嬉しい♪
25本のバラの男性には報告に来て欲しかったですよね。
結婚が決まったとか、結婚記念日だから久々に26本買いに来たとか。
または新しい人に会ったから1本だとか、、。気になるじゃないですか。

ブッピーさんのところは、このごろ海のイメージですけど
お花のイメージは以前から持っていたんですよ。
お花を作るほうじゃなく100本のバラをもらったおひとでもあったとは!すごいーー。
ここにも現実にいたのだなぁぁぁ。誰からなんてどーでもいいのぢゃ(笑)

100本のチューリップ、それ、頼むほうがわるいですよ(笑)
Commented by しょーじ at 2010-12-14 13:33 x
これは友人の話ですが、車の後部トランクに薔薇をぎっしり詰めて、
女性を家まで送った帰りに「トランクに忘れ物」と言う悪戯をしたら、
相手の女性が嬉しさのあまり泣いてしまったそうです。
女性に対する花束の威力を実感し、以来、好きな人以外に花束は贈らなくなりました。
ただ、私がおつきあいした数少ない方々は、揃って花より団子でしたが・・・。
Commented by noone-sei at 2010-12-14 21:08
しょーじさん、
あらまっ。そのご友人は結婚という下心あり?
それとも女性の心をくすぐりたかった?
もうっ!そいつは男性の持てる魔力全開ですな!(既にそいつよばわり)
全女性の敵と言えるほどの確信犯ですよ、もうっ。

ほんと、、、花束って威力があります。
世の男性諸氏はそれを知ってるんだろうか。

しょーじさんの認識は誠実という点において正しいと思います。
つまり女性は花束に反応するのでありますよ。
花より団子のかたがたには、花束とスイーツの両方にすれば、
もう、こわいものなしであります、わはははは
名前
URL
削除用パスワード


<< 90夜 怪獣の歯 88夜 白いろいろ >>