66夜 山形美人


10夜にわたって書き続けた書庫まつりは、本日より平常運転。
音楽のこととか準備はしていたのだったが、ちょと先送りに。
あ、以前友人から送っていただいた音楽など、書きたいことは憶えていて、いつか書くから。

さて山形美人。
庄内美人とか秋田美人って、本当だと思う。
わたしの住むこの地から北、水のいいところには、色白の美人さんがほんとうにいて、
その肌の美しさにはほうっとなる。
しかも、わたしの願望じゃなくて、古典的な日本女性の感情を持ち合わせているものだから、
すこしにくらしい。

今夜は人間じゃなくて、それほどに美しいという山形美人をはじめとするさくらんぼのこと。
先日、山形でさくらんぼ狩りをした。
さくらんぼは、この七月にはもう佐藤錦はおしまい。
けれど、今は山形美人やナポレオン、ダイアナ、南陽、そして今注目の紅秀峰。
品種の食べ比べという贅沢なことをする機会があったんだが、それぞれに味わいがちがう。
しかも、同じ品種でも実のなる樹木によってもちがいがある。

宝石のような果物、さくらんぼ。
いつもいつも思うことだけれども、このいろいろなお味を味わわせてあげたい。
ひとつひとつちがうのだよ、おなじじゃないのだよ、さくらんぼの木ははしごをかけて登るんだよ、
そのようなことを笑いあって話したい。
そして、やっぱりさくらんぼを果物の女王と思ってしまうこの季節のにくらしさなんかを。

さくらんぼ、いろいろ



c0002408_2071952.jpg
昨年もおなじようなお写真を載せたっけ。
こんな小さなものでもたわわというの?・・それも昨年書いたなぁ。


c0002408_2031777.jpg
光っているさくらんぼ。


さて、これから関西に行ってきます。
夜行バスで鰐号と。鰐号の目的は甲子園球場、わたしは引率に駆り出されたというわけ。
[PR]
by noone-sei | 2010-07-13 20:06


<< 67夜 ときおりの休息 参  ... 65夜 うろんな書庫まつり 四... >>