21夜 さんざめく宝石


梅雨は明けたの、明けないの?
そのせいか、まだ夏が来た気がしない。
いや、十分それ以上に暑いし日に焼けるし、
綿羊までの散歩道は両側に桃畑、道々が桃の甘い香りで満ちている。
桃農家は総出で桃の選定や収穫に追われているのだから、
季節は夏真っ盛りなのだ。

気分が乗らないまま、このまま撮り貯めておいたお写真の鮮度が落ちるにまかせていたら、
きっと写真群は保管庫ゆきだ。
すこし季節のずれたお写真だけれども載せてゆこう。
七月のあれこれ。

                         *

七月の初め、生まれて初めてのさくらんぼ狩りをした。
果樹畑のあいだを抜けて毎日高校に通う子ども達が、おそれ多いと語る宝石の王、さくらんぼ。
この地も近頃ではさくらんぼ農家が増えたけれど、
ネットで囲われているのでそこが特別な場所だとすぐにわかる。
今でこそ、この地でも時間制限つきの食べ放題ができるくらいに木に実が生(な)るようになった。
けれども生まれて初めての宝石狩りはいつの日か本場山形でと思っていた。

ところで、塾のちいさいさんたちに、わたしは新しいことを教わった。
野菜と果物のちがい。
木に生るもの、土に生るもの。
イチゴが野菜だったって、知っていた?
わたしはまったく知らなかった。
さくらんぼは、果物 ・・だろう?

c0002408_0312078.jpg
なんにも知らないわたしのために、
ちいさいさんが書き記してくれたもの。ありがたいありがたい。



さくらんぼ狩り
c0002408_23444250.jpg
枝にたわわ。
・・こういうちいさなものの群も、たわわっていうのか?


c0002408_23445335.jpg
真っ赤な実の原種の木が近くにある。
原種は大味で甘みも薄い。交配して作った佐藤錦の味や食感の美しさ。

c0002408_23451291.jpg
指の間からこぼれるようなさくらんぼ。
ここは一日中さくらんぼを食べていてもいい農園。
のんびり、一本一本の木それぞれの実を食べてみると、どれもすこしずつ味がちがう。
気に入った木があったら、脚立を立ててそれに登り腰掛けて、高いところから景色を見ながら実をほおばる。



新々百夜話 本日の塾 46夜 さくらんぼ伝説



おまけ
c0002408_23452747.jpg
いかにも夏というくらいの暑い日、
鉄鍋で煮た山菜汁に、冷水で締めた蕎麦をつけて食う。


c0002408_23454023.jpg
山形県の蕎麦は、旨いんだが太い。
by noone-sei | 2009-07-31 23:58 | その五の百夜話 本日の塾(3) | Comments(9)
Commented by ハクママ at 2009-08-01 09:03 x
せいさんの食卓は自然のもので豊かだね。
なんか、ウチは不自然なものばかりだよ。

ところで、うんと先の話しですが、
9月19日〜22日はお山に行く予定でおります。
犬たちは20日か21日頃参加かもしれません。
(くまさんの仕事次第、私だけ新幹線で先行の予定)
一緒に赤とんぼでも追いかけませんか?
ご検討くださいませ。

Commented by しょーじ at 2009-08-01 10:26 x
山菜汁に蕎麦・・・!? 
そんな食し方があるんですね、食欲がそそられます(笑)

野菜と果物の違い、大昔に何度か教わった気がするものの、
聞くたびに「そうだったんだー」と驚いて、そしてまたすぐ忘却・・・。
生で食べてもおいしいのが果物というイメージには勝てなくて。

なんかイマイチ「夏!」という感じがしませんが、
暑中お見舞い申し上げます~。
Commented by at 2009-08-01 12:07 x
こんにちは!
本当になんだか変な夏ですね。
ここ数日なんか、梅雨明け前なのに秋みたいな感じですよ。
でもこんな気候でも、そちらのサクランボや桃が実っているようで一安心。
でもこんな気候だと糖度が上がらないそうですね。
だからか、水ッぽいスイカが安く出回っております。
(結構そういうのが好きなので喜んでおりますが…)
サクランボの食べ放題は嬉しいですね。
私なら一日中いるかもしれない・・
春に作ったサクランボのコンフォートが底をついてきて、
悲しくなってきているところだったのでうらやましいですよ!

Commented by at 2009-08-01 12:17 x
そうそう、野菜と果物はよくもめますね。
たぶんそれはどちらもかなり主観的な言葉だからじゃないでしょうか?
私が思うに、野菜とは、人間から見て食事にできそうな植物という意味で
好みはおろか、葉っぱ、キノコ、根っこ全てを含んでもよい。
果物とは、あくまで間食やオヤツ的に食べることのできる植物。
(だから時としてその間を行き来してもいいものだと思います)
で、問題は果物がおおむね根っこや葉っぱでなく「果実」であることが多いので、
「果実」=「果物」として捕らえてしまうときに違和感が生じてるんじゃないかな?
「果実」は「木になる植物の実」て結構客観的に言い切れるから。
そこで主観と客観の差が生じ、
「え?じゃ、アボガドも栗も果物?」ってなるんじゃないかな。

私は個人的に、おかずになるのが野菜でおやつになるのが果物でええやん、と思っております。
だから私には、木になって生でも食べれてもアボガトは野菜で、
スイカ、イチゴはやっぱ果物。
トマトはどんなに甘くてもやっぱ野菜かな?

(=^^=)ゞ
Commented by noone-sei at 2009-08-04 00:11
ハクママ、
うちは畑のものとか野菜中心の食卓ですが、
↑ はねー、山形の月山のふもとの料理屋のです。
ちょうど時期が月山筍(がつさんたけ)というのかな、姫たけの頃だったので、
山菜たっぷりの汁にミズや姫たけがたっぷりでしゃきしゃきでした。
旨い。けど毎日は嫌。ジャンクなものも食べなくちゃ(笑)

9月19日〜22日ですね。日曜に日帰りできたらなぁと思っています。
しかし、一歳になりたて(↓ 20夜のお写真はペロ コ 祭りです、わはは)の
乱暴者を連れて行くので、ハクママんちの三頭を襲うか狩るのではないか・・
また近くなったら連絡を取り合いませう♪
Commented by noone-sei at 2009-08-04 00:20
しょーじさん、
こちらこそ暑中お見舞い申し上げます ♪ヽ(^-^ )

熱々山菜汁に冷たい蕎麦、こういうのって東北的ですか?
けっこう、京都とこちらには似た料理とか食材がありますよ。
身欠きニシンとか干しダイコンとか。
わたしのところは盆地だからなおさら似ているかもです。ではレシピです。

たまねぎくし切り・ささぎ・鶏肉ぶつ切り
だし・しょうゆ
↑ を熱々汁にして、茹でて冷たくしたそうめんをつけて召し上がれ♪
Commented by noone-sei at 2009-08-04 00:37
ひすさん、
そちらにコメントしませんでしたが、
お祭り当番おつかれさまでした。
去年のあくたれ小僧を小気味よく叱った文章、今でも保存してありますよ。

さくらんぼはね、六月いっぱいが最盛期、七月はせいぜい第一週くらいまでですね。
わたしが行った農園は寒河江(さがえ)という所で、
さくらんぼの本拠地(?)みたいな所です。
観光農園もたくさんあるのだけれど、少しはずれのちゃんとしたさくらんぼ農家。
予約のみ受付で1500円で一日中さくらんぼ畑だよっ!
どぉっ!来てみたくなったっ?!
・・と、わざとうらやましがらせてみましたが、
ほんとにいつか来ていただきたいものです、こちらのほうにも。

野菜と果物、ちいさいさんに教わったものの、むずかしすぎます。
ところでアボガドって、木の実ぢゃないの??
木の実は木の実、野菜でも果物でもないんぢゃないの???
Commented by ひす at 2009-08-05 13:09 x
サクランボよいな~!よいな!よいな!よいな~!

木の実っていうと、なんとなく「ナッツ」?
果肉ではなく、種の部分がメインになるものぽくないですか?
くり、アーモンド、松の実…
そうそう、ピーナッツもゴマもナッツに入るようなので、
ここでも木と草が入り乱れていますね。
こういう言葉も、植物の分類ではなく、利用の仕方の分類だからそうなるんでしょうね。
(実は草と木の厳密な分類はいまだにできていないそうで…)
でもアボガドでいうと、あれは種を食べないでしょ?
だから果実ですよ♪
ちなみに「あぼがど」って、現地の言葉で「ふぐり」の意味らしいですよ!なるほど、確かに似ている・・

>去年のあくたれ小僧
よくおぼえておいでで!
今年はズルっ子が数人いましたよ。
Commented by noone-sei at 2009-08-08 00:12
ひすさん、
いつかはさくらんぼ狩り連れていってあげたいよー。

アボガドとエビのコブサラダが好き~
わさび醤油で食べるのも好き~
おいしいね~
で、果物なの??
へぇぇぇ~~

ところでそちらでも話題になっていましたが、
わたしも猿人かもです。
クルミやカシューナッツやマカダミアナッツをよくつまんでます。
アーモンドはなぜかあまり好きぢゃない・・
名前
URL
削除用パスワード


<< 22夜 東京散歩 壱  20夜 満ち欠け >>