92夜 大地に刺繍する


久しぶりの夜話。

とぼとぼ、ぽつぽつと歩くお話の速さを笑うように、
大地は刺繍を終えた。

安達太良はほんの数日を駆けるように紅く燃え、
裏磐梯は黄金(こがね)に染まった。

秋の足は速い。



今夜は安達太良の、ある日の錦のお写真を。

c0002408_2322397.jpg



c0002408_2324137.jpg



c0002408_2361021.jpg

[PR]
by NOONE-sei | 2008-10-26 02:37


<< 93夜 鰐号ぺろ号 ときおりの休息  十三  ウル... >>