タグ:99夜 ( 6 ) タグの人気記事

99夜 姿かたち顔かたち


暦の上では立春も過ぎ、畑の野菜の植え付けも関東以南では始まったと聞く。
この地はまだ雪が降るけれども、溶けるのが徐々に早くなってきて、
土からはフキノトウや福寿草が芽を出し始めた。
一昨日は旧暦の正月だったそうで、それなら春が間近なことにもうなづける。

冬から春への変化には、大変な熱量が要る。
殊(こと)にこの地の春は、枯れ色から桃色へと気がふれたような変貌を遂げるので、
二月の峠を越えるのは、生物にとって一年で一番厳しい摂理なんじゃないかと思う。
不祝儀や別れの二月。父の二月、シワ コ の二月。

  月日が流れるのはたいそう大切なことで、
  とらえきれぬほどの大きな現実を 一旦、自分の胸に取り込んで咀嚼する時間をくれる。
  月日を数えるのはもっと大切なことで、
  亡くなったひとや死んでゆく動物や、失くしたものやこれから失くなるものを 
  ずっと、思い続けるよすがとなる。   (12夜 花の名 2011,05)

月日を数えるということには、後ろ向きで前へ進めない負が纏(まと)うイメージや、
内向的で思い出にすがる奇異な感じがあるかもしれないけれども、
正も負も清も濁も併せ呑んで飲み込んでみると、そこにはきっとより鮮やかに、
別れたものたちが立ち現われると思うのだ。




今夜は六つの100夜の、ひとつ手前。
99夜にはいつもそうしているように、死にまつわるおはなしをいくつか。
長い話になる。


                          *

ひとつ目のおはなし。
犬の名はソロー。それは「沈まない悲しみ」という意味。
「ホテル・ニューハンプシャー」(英米カナダ合作1984年)という、
ある家族を描いた物語に登場する大型犬。

犬を飼う家族にとってそうであるように、犬の存在は生活の中で当たり前にあるものだったから、
悲しみという名とは無縁に、犬は家族なりの愛し方でそれなりに可愛がられていた。
ソローは、歳とってから不運な死に方をした後、剥製にされる。
このソローの家族は、生命力に満ち満ちている。まあ、ただそれだけとも言えるほどに。
この家族はそれぞれ皆ろくなもんじゃなくて、ほんとうにろくなもんじゃないので、
強くたくましいとも言えるし、おろかだとも言えた。

家族にはいろいろな出来事があって、それらを端折(はしょ)ってしまえばつまりは不運つづきだったので、
起死回生心機一転、家族は全員で引っ越すことを決意する。
二手に分かれてアメリカからヨーロッパに引っ越すことにし、一組は飛行機に乗り剥製のソローも運ぶ。
けれども飛行機は不運にも海に墜落してしまい、その飛行機に乗った方の家族は死んでしまう。
その飛行機に乗らなかった残りのもう一組は、ろくな夢じゃないけれどもそれでも父の夢をかなえるべく、
新天地ウィーンでこの家族らしくたくましく生きていく。

ソローは剥製だから、きっとどこかの海をぷかぷかと漂っているんだろう。
「ソロー」とは、「悲しみ」と呼ばれるすべてを 一頭で肩代わりしたみたいに皮肉な名だけれども、
それでもソローは悲運じゃない。そして家族にとって不運と悲しみはイコールじゃない。
この家族に起こった不運な出来事はたっぷりあるのに、この家族の辞書には「悲しみ」がない。
悲しみの伴わない、むしろ希望に感じる前向きさが描かれているという、ジョン・アービング原作の映画。
「希望」と言ったってろくなもんじゃないのだけれども、それはそれだ。


                          *

ふたつ目のおはなし。
犬の名は太郎丸。それは小さな柴犬。家族はその犬が可愛くて可愛くて、
死んでもなお可愛いので、剥製にしようと思い立った。
この地では、鉄砲打ち(てっぽうぶち)が熊打ち猟や鹿打ち猟をする。だから探せば剥製師もいる。
探し出した剥製師に頼んで、太郎丸を生きていた時の姿にしてもらった。

してもらったはずなんだが、家に戻ってきた太郎丸はキツネの姿になっていた。
熊や鹿や狸やキツネなどの、野にいる獣を手がける剥製師は、家庭犬の風貌を再現できなかった。
犬が死んで悲しい家族は、キツネになった犬を見て、二度悲しかったはずなんだが、
これをわたしに話したひとは、当時はまだ幼くて、剥製になった太郎丸を見てもよくわからなかった。
家にいた太郎丸が、死んでちがうものになって帰ってきた、ただそれが不思議だったという。
大人になった今なら、悲しみという名もその在り処(ありか)も知っているのだけれども。


                         *


みっつ目は、鰐号がわに丸だった頃に名前を付けた犬のおはなし。
犬の名はシワ コ 。
シワ コ は意識を失くす時にひと声吼えた。
最期の様を聞いたら獣医がそう教えてくれた。
王様とわたしはシワ コ が死んでほんの数分後に、長靴のまま病院に着いた。
その晩は大嵐で、雪かきに自宅に戻ったその間だった。

シワ コ はペロ コ に貰った血を輸血しながら、目には力があり、しっかり餌を食い、
意識を失くしたのはいよいよ逝くほんのすこし前だったという。
獣医は送管し、気道を確保し、わたしたちの到着まで保たせる努力をしてくれた。
治療台のシワ コ の姿を見ればそれはすぐにわかった。
王様とわたしの代わりに、シワ コ の目も息を引き取る喘ぎも痙攣も、獣医が見届けてくれた。
どう手を施したかを静かにつぶさに説明する彼をさえぎって、王様が
「先生、もういい、もういいよ、ほんとによくやってくれた。ありがとう。」そう言って彼の手を握った。
獣医はぽろぽろと涙をこぼした。そしてそのことに自分で驚いて、
「(病院をやっている以上)これは避けられないことなので、冷静に臨む経験は積んでいるのに、、」
あとは言葉が出てこず、わたしたち三人は一時(いっとき)静かな時間を過ごした。
シワ コ はその獣医のもとで幾度も奇跡のような生還をした。
「生きた心地」という言葉をくれたのは彼だ。
シワ コ に生きた心地を与え続けた年月は長い。シワ コ はまもなく十五歳だった。

動物の亡骸(なきがら)は目を開けている。
目をつぶっていたらよいのだけれど、現実はそうではない。
生きていれば目は口ほどに物を言うけれども、死んだら目をつぶらせなくちゃいけない。
目が語らなくなると、表情のニュアンスというものは頬に出る。
人ならばエンジェルメイクを施して、口元や頬のふくらみに面影を残す。
だから一緒にシワ コ の体を綺麗にしている時に、獣医に頬の内側の含み綿を頼んだ。 
シワ コ の舌を口の中にしまいながら、犬に含み綿をするのは初めてだと彼は言った。

すっかり綺麗になったシワ コは、大きなタオルでくるんで連れ帰った。
一体どこの雪をかいたかもわからないほど雪は積もっていた。
降り続ける大雪の中、王様がシワ コ を前抱っこで抱えて駐車場から家までの雪道を歩くと、
シワ コ はぐんにゃりと力が抜けていて、担いでもまたずり落ちる。
思わずわたしは「シワ コ!しっかりしろっ!」と言った。

鰐号はシワ コ が死んだ知らせを聞いて、翌朝一番の新幹線で帰ってきた。
うとうとしては目が覚めて叫ぶように泣き、またうとうとする、その晩の繰り返しは、
じいちゃんが死んだ晩と同じだったと言った。
じいじの時に鰐号がそんな泣き方をしていたことを初めて知った。

イギリスのことわざにこんな言葉があるという。

  子供が生まれたら犬を飼いなさい
  子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となり
  子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となり
  子供が少年期の時、子供の良き理解者となり
  そして子供が青年になった時、
  自らの死をもって子供に命の尊さを教えてくれる

鰐号がまだわに丸だった頃、ちいさいわに丸は動物が怖くて触(さわ)れなかった。
動物使いのようだったじいじだから、家にはいつも生き物がいた。
そんな家の子が動物に触れないなんてあり得ない。
そうして飼ったシワ コ はわに丸の練習台になるはずだった。
ところが子どもは動物と人間の境目があわい。
子ども自身がまだ人間以下の存在だから、どの種に属しているのかわからないんだろう。
わに丸はシワ コ に毎朝欠かさず朝餌をやり、メスなのに時にシワオと呼んで弟のように接した。
二頭は一緒に育ったはずだったが、犬は成長が早いからすぐに追い抜かれて、
わに丸はシワ コ に守られるほうの側になった。
夏休みは庭にテントを張って、わに丸とシワ コ は毎晩毎晩一緒に寝た。
シワ コ は、寝る時はわに丸の足元で丸くなり、朝そっとテントの中を覗くと
わに丸の枕元でわに丸を抱えるように寝ている。
一応の兄貴分に、寝る前は花を持たせ、寝てからは本来の立場に戻っていたんだろう。

わに丸とシワ コ の写真がある。
長距離徒歩の遠足から帰り、へとへとの小学生のわに丸を見上げて吠え立てる子犬のシワ コ 。
成犬になって、目を細めてわに丸を見つめるシワ コ 。
わに丸は年頃になると、他聞にもれず写真に写ることを嫌がるようになった。
だが犬となら別で、しかもアニバーサリーには犬と並ぶものと思っているらしく、
親子での写真はそうそうないが、わに丸の入学式や卒業式の写真はみなシワ コ と並んで写っている。
歳とったシワ コ は眠る時間が多くなった。するとわに丸もひっくり返って昼寝をするので、
頭をくっつけて眠る二頭をそっと撮った写真がある。
思えば、いつも一緒だった二頭、けれど大学の卒業式にシワ コ は間に合わなかった。
シワ コ の代わりはペロ コ が務めた。
びしっと座って鰐号を見上げるペロ コ 。ただしそれは一枚だけ。
あとは鰐号の側(そば)でごきげんな、あどけない顔だ。

死後硬直で目が閉じなくなることのないよう、一晩、頭部から目にリボンをかけておいたので、
翌朝のシワ コ は、まるでよそゆき顔で眠っているようだった。
家に着いた鰐号は、シワ コ を横たえてある部屋でしばらくシワ コ と二頭というか、ふたりきりでいた。
部屋から出ると「死んだら魂が抜けるのかな、触ると硬い。」と言った。
姿かたち顔かたちは同じでも、もうそこには「生」がない。

翌日は王様と鰐号が焼き場に運ぶため、大きな箱に入れたシワ コ に花を振り入れた。
「おばあちゃん、シワが死んだからね、お別れだよ。」母にも会わせたら、
母は「シワちゃんさよなら。また会いましょう。」と言った。
母にもシワ コ がこの世にもういないことがわかったようだった。

わたしはこれまで、動物とは焼き場で永の別れをしてきた。
鰐号にも、形見をとっておくようなことを見せたことはない。
けれども鰐号は以前、じいじの猫だったアク コ と別れる際にひとつまみ体毛を切り、
それをじいじの松の木の根元に埋めた。
焼き場では市の職員にシワ コ の頭頂部の骨をひと欠け頼んできたという。
わたしは内心、鰐号はその骨をいつまで持ち続けるつもりだろうと気がかりだった。

それから数ヶ月が経った春のある日、
鰐号は帰省すると壷から小さな骨を取り出し、アク コ の毛も埋めてあるじいじの松の根元に埋めた。
気が済んだのか、それは淡々としたものだった。
次に夏に帰省した時には、ペロ コ に五歳の誕生ケーキをくれた。
それは動物用なので、材料はとびきり良いのだが人の味覚には全く相応しくなく、非常に不味かった。
「シワ コ のために、できることは全てやったでしょ?」と鰐号は言って、
別れを胸に収めて東京に戻ったようだったけれども、
十五歳の誕生日を迎えられなかったシワ コ への思いがあったのだろうか。

そう、わたしたち家族は十分にやった。そう言えるのかもしれない。
でもまだ、それ以上、十二分にしてやれたとも思っている。
十分では充分には満たなくて、わたしの中では十二分が充分なのかもしれない。


                          *


あれから丸二年も経って、いまごろ書くのも申し訳ないんだが、
「王様の千と線」に登場するシワ コ を愛してくださった皆さま、ほんとうにありがとう。
案じてくれて手を貸してくれて思いをかけて一緒に歩いてくれて、ほんとうにありがとう。
やっと、振り返れた。


参考:悲しみの五段階 
エリザベス・キューブラー・ロス
『死ぬ瞬間』の著者として知られる精神科医
死の受容のプロセスと呼ばれているキューブラー・ロスモデルの提唱者




□懐かしい写真
c0002408_2142438.jpg
シワ コ 6歳



c0002408_2154726.jpg
シワ コ 11歳



c0002408_2215212.jpg
シワ コ 8歳



c0002408_2231054.jpg
シワ コ 11歳                                              photo by tsure



c0002408_225962.jpg

[PR]
by NOONE-sei | 2015-02-21 23:59

99夜 一生に一度


「一生に一度は」なんて口にしたことがあるか?
よくよく文字を見ると、なんて差し迫ったような言葉だろう。
一が二度もあるなんて、業の深い。
数というものには、目にも耳にも特別な働きかけをする不思議さがある。
夢にまで見るほど思い描く夢のようで、それはなんだかうなされそうだ。


今夜は99夜。
生と死の境目が淡くなる夜には、いつも死にまつわるお話を綴ってきた。
そしてころりと転じて生の100夜へと。

「王様の千と線」はまもなく五百の夜話を迎えるから、
今夜は四百九十九話目、千の夜の折り返しにはひとつだけ足りない。

こんな夜は力を抜いてしまおう。
読んでいてくれるひとたちの話が聴きたい。
一生けんめいに聴くから、「一生に一度は」の話を軽く聞かせてくれないか。

わたしの「一生に一度は」は、薔薇の風呂だ。
薔薇の花びらが溢れるほどに浮かべられた風呂に入ったことがある。
そのときに、「これは一生に一度は、だな」と思ったのだった。

けれど「一生に一度は」を終えたからといって、死ぬわけじゃない。
再びの薔薇の風呂があったらまた入りたいと思う。

「一生に二度も三度もいつも」があったっていいんじゃないか?



c0002408_4133096.jpg
美しい花柄の本のカバー。東京駅八重洲ブックセンターのもの。
むかしからいいなぁと思うのに一度も行ったことがない。だからこれも軽く「一生に一度は」だ。
[PR]
by noone-sei | 2011-01-19 00:10

99夜 晴と褻


今夜は四度目の99夜。
99夜はいつも、死のお話をしてきた。

「晴(はれ)と褻(け)」ということばがある。
たとえば、婚儀や出産が晴れなら、日常や忌みごとは褻だというような。
「王様の千と線」は、99夜に死を 100夜に目出度さを 
褻の場が晴の場にくるりと転じて100夜を迎えるような仕掛けで綴ってきた。
いつもわたしの脳の中にあるのは、生ってなに、死ってなに。
その、背中あわせなのにちっともわからないものを 百ものお話のちからを借りて見つめてきた。

さて、なにを語ろう。
この新々々百夜話は、父の死に臨んでずっと死について書いてきたので、99夜に語るお話がない。
語れないから、歌うことにする。


     松の木の 雪や はや消ゆ 軒の褄   (作 未詳)

   
父がこよなく愛するものだから、毎冬の雪払いに難儀した門かぶりの松、
この冬は一度しか雪払いをしていない。
春が近づくと花のようにぼたぼたと降る雪の中、幾度も脚立を出しては雪払いをしたものだったが。
父があんまり愛でるので、「カドマツ」と、ヤクザの三下か舎弟のような名を付けて、
わたしはひそかに疎んじていたけれども、松もさみしそうだ。
難儀したら憎らしくて、雪がないとさみしく見えるなんて、ひとの目などいいかげんなものだ。
悪口も言えなくてはつまらない。もう一度くらい、春の雪が巡ってこないかな。

・・上の俳句は、さして魅力的でもない句だと思うだろう?謎解きをしてあげる。
はじまりからもおしまいからも巡る文、回文。


     まつのきのゆきやはやきゆのきのつま


ほぉら、すこしは春の気配?



c0002408_213582.jpg


c0002408_214933.jpg

もうじき父の命日が巡ってくる。
一周忌に人寄せをして喪服で法要を営むのはもう嫌なので、
ゆかりのある職人さんや、父が世話役をしていた神社の神主や仲間に参集願って会食をすることにした。
儀式よりも、懐かしいお話が聞きたい。お話が生まれる場所を営みたい。
晴でも褻でもなく。


※これまでの99夜は
死の顔 2005,04
死の発見 2006,01 
お迎えが来る 2007,02
[PR]
by NOONE-sei | 2009-01-13 03:18 | 新々々百夜話 父のお話(12)

99夜 お迎えが来る


お迎えにまつわるお話をいくつか。
お迎えが来るには、迎えられる者、送る者、めいめいに段取りが要る。
優しかった姑が気難しくなったとこぼすひとに、百歳近くの姑を見送ったひとが言う。
 「そりゃお姑さまも忙しいべナイ。
  お迎えが来る前に、いっぱい困らせて思い出作ってるんだべ。
  あとで思い出してもらわなきゃなんねから、お姑さまもハァ大変だ。」


歌にひっくり返ったという話がある。
家を普請(ふしん)する孫が、じいちゃんにも祝ってもらいたいと祖父を建前に呼んだ。
骨組みだけの家の二階に呆けた祖父を上げ、祝の宴が始まったら、
祖父は突然歌い出したのだ、『さんさ時雨』を。
そしてもう一曲、花嫁御寮のために謡う『長持ち歌』を。
建前の目出度さに、きっと、とっておきの祝い歌を歌わねばならなかったんだろう。

東北には伊達政宗仙台藩からの民謡『さんさ時雨』という祝い歌があって、
祝宴には、場を祝って年寄りが必ず歌う。
わたしは学生の頃に、小唄の『さんさ時雨』を教わった。
民謡ではなく筝曲『六段の調べ』を元にした曲だった。
のちに初めて結婚式によばれて聴いた正調『さんさ時雨』は、
小唄とは全くちがう、謡いの趣きで驚いた。
 

自分のために『さんさ時雨』を歌ったという話がある。
親を引き取っていた長男が、終末の看護をするようにと末の妹を呼んだ。
孫子(まごこ)ほどの年の差の、老いた親をひと月つきっきりで看護したら、
妹が少し病床を離れようものなら、幼子のように後追いをするようになる。
「母ちゃん、ちっと神様に抱っこしてもらっててナイ。」
そう言うと親は落ち着いて待つことができ、
妹が戻ると大きな声で歌を歌うのだ、『さんさ時雨』を。

母親を見送ったあとに、妹は言った。
 「母ちゃんは信仰を持ってたから、ああやって歌って、
  神様のお嫁さんになったんだよ。」

・・お迎えに来るのは仏ばかりとは限らない。


                   *さんさ時雨*

                 さんさ時雨か萱野(かやや)の雨か
                 音もせで来て濡れかかる

                 この家(や)座敷は目出度い座敷
                 鶴と亀とが舞い遊ぶ

                 雉子(きじ)の雌鳥(めんどり)小松の下で
                 夫(つま)を呼ぶ声千代千代と

                 ハァ目出度い目出度い
[PR]
by NOONE-sei | 2007-02-09 01:17

99夜 死の発見


はるか太古の『ヒト』は、まだ原始の生き物だった。それを猿人という。
あるとき、それまでの種(しゅ)の幹から、外れた者が出現した。
なぜなのかはわからない。これを原人という。

二足歩行で手の自由を得たヒトは、飛躍的な進化をすることとなる。
肉食を覚えたヒトは、顎の発達で音声を自在に操るようになり、やがて、言語に到達した。
言語は、意識の交流を生むが、政治も生む。
群れは、群れを維持するための知恵を要する。それは政治の原点だった。

同じ頃、『オオカミ』という太い種の幹から、『イヌ』が枝分かれした。
同じ種の群れからこうむる負担(ストレス)は、寿命にまで影響する。
進化の過程で、イヌは同じ種の群れを捨て、ヒトに寄り添うようになった。
そうして犬は、群れを替え、政治の負担を人間に任せることで、生き延びることを選んだ。

新しい人類は、アフリカから世界中に種を伝播した。
わたしたちは、新しい人類の末裔。
新しい人類は、「死」を発見した。

わたしたちがヒトに近い種と感じている『サル』。
不運にも、けもの道を断つように通った道路で、子猿が轢かれた。
子を抱き上げる親猿。
親が、子を失ってその死を悲しんでいる。
けれど、親猿は、子を放置していなくなってしまった。

多くの動物が同様の行動をとる。
中には、触らないまま、確認せずにその場を立ち去ることもある。
動物は、本当は「死」を知らない。
動かなくなったという事実に困惑はするが、悲しみは伴わない。
犬も猫も鳥も、皆「死」を知らない。
事実が意味するものが何なのかを 人間だけが獲得してしまった。

子猿と親猿に悲しみを重ねるのは、人間が人間たる証。
感情を重ね合わせ、擬人化せずにはおれない。
子を亡くして悲しかろうと感じるのは、人間が「死」を知っているから。

動物は、「生」を生きている。懸命に、そして過酷に。
「死」を発見してしまった人間は、「生」のためだけに生きることはできない。
もう後へ戻れない。これを業と呼ぶか?
[PR]
by NOONE-sei | 2006-01-30 00:07

99夜 死の顔


塾の先生が、忌引きで休暇を取った。

王様は、それを子どもたちに知らせるか知らせないか迷う。学校なら伝えるだろう。
大きな塾ならピンチヒッターを立てて、学習に穴が開かなければ特には知らせない。
さて、うちは小さな塾だ。知らせることにした。

「△△先生は、お身内にご不幸がありました。お父様を亡くされて、明日、お通夜があります。」
普段耳慣れない言葉を聞かされて、子どもたちはぴんとこない。

  おとなはぐっとこらえて泣き言を言わないから、
  復帰してからもきっとそのことには触れず、いままでどおりだろうということ。
  ただ気づかってやってほしいということ。
  とりだててできることはなにもない、なにもないが、
  ああ、そういうことがあったのだ、と知っていてほしいということ。

それらのことを話し、子どもたちが少し状況が飲み込めたところで聞いてみた。

  お葬式に行ったことのある人は?・・約半数。
  では、死んだひとの顔を見たことのある人は?・・そのまた約半数。

見慣れないものをみて気持ち悪いと思った子も、硬くて怖いと思った子もいるだろう。
これから経験する子も、生とおなじ分だけ死にも尊さがあることに、いつか気づいてくれるといいが。

99夜にふさわしく、死の話を。

死の顔は、何度見ても見慣れるということがない。
小さい頃に見た自ら死んだ人の硬い顔は忘れられないし、
あたりまえのように「またあした。」と言って別れた同級生が突然、朝になったら冷たくなっていて、
駆けつけて見た、まだ自室の布団に眠るままの顔の白さも忘れられない。

自らの死は、その死にいたる背景への周囲の思惑が死体のまわりにふわりふわりと浮遊していた。
突然死は、『生きているような、、』、という、息子の死を受け入れ難い家族の気持ちがあり、
しかし一方では儀式への準備が進む。彼を布団に寝せたまま、二階の自室から階下に下ろし
棺に入れるという、家族のおもいを断ち切るような現実に手を貸した。


まだ死を知らなかった幼いころのこと。
生まれて初めて死の顔を見るより前に、父に聞かされた浜の話がある。

父が少年時代を過ごした浜は、港であり、炭鉱の町でもあった。
 石炭を求めて掘り進めると、湯脈にあたることがある。
豊富な湯は、汲み上げられてもなおどんどん湧き出し、炭坑の外にパイプから溢れている。
ドラム缶に入れ、水でうめた湯はまるで風呂だ。
 ある冬、浮浪者がとぷんとその中に入った。入ったが最後、寒くて上がれない。
幾日も幾日も、父はそこに行くたびに浮浪者が風呂につかり続けるのを見た。
戦争に敗れ、もとより生きる気力そのものが希薄な浮浪者だったから、誰も風呂から引き上げない。
そうしているうちに、からだは水気でふやけ、真っ白になり、それでもつかり続けて
やがて膨れた死体になった。誰がその死に気づき、引き上げ、供養したかは知らない。

この話を聞いたのは、幼い頃に住んでいた山あいの温泉町の、旅館の風呂。
どの家も自宅に風呂はなく、旅館や共同浴場にでかける。
わたしは旅館の風呂が遊び場で、そこではやくざの入れ墨を見ることもあれば、父からは浜の話を聞いた。

死の原風景はわたしの網膜に、映像になって残り、以来、湯でふやけた指を見るとその話を思い出す。

その後、大人になってからは何度も通夜や葬式に出、いくつかの死の顔を見た。
感情が動き出さぬよう、心に鍵をかけて臨むことにしている。
 見ることはお別れだ。
友の死の知らせを遠くからもらったときには、葬式に出席したもののついにその死の顔を見られずに、
わたしのなかでおもいが断ち切れず、彼女はいまでもいつまでも、別れを言ってくれない。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-04-11 22:58 | 百夜話 本日の塾(9)