タグ:聖夜 ( 14 ) タグの人気記事

5夜 贈られもの


時間がゆっくり流れているのはわたしだけか?
七月に書いたおはなしを寝かせたまま、九月の秋彼岸になってから載せた4夜から三ヶ月が過ぎた。

四月 花の盛りにはなちゃんが旅立ち、
七月 家族のご苦労さま会をしようと、鰐号に連れられて台湾に行った。
八月 人寄せやら仏事に追われる盆が過ぎ、
九月 秋彼岸を終えてから、それまでずっと離れていた浮世に戻った。

浮世は魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)する怖ろしいところなので、
ひとりでこつこつと家の片づけに明け暮れ、譲り受けた家を機能させるのに忙しく暮らしていた。
そのようにして月日が過ぎて、やっとはなちゃんとの別れのおはなしを載せたのだけれども、
その間にも、わが家には大きな出来事があった。
子犬が来たのだ。
これを贈られものととらえよう。
子犬は八月二十八日に来た。その時の月齢は約三か月。

はなちゃんの葬儀と初七日を過ぎたあたりから、鰐号が、プロジェクトDを発動しようと言い始めた。
プロジェクトCでもいいんだがやっぱりDだろうと言う。

遠くの親戚より近くの他人というがその通りで、わたしはこの五年間多くの他人に世話になった。
だれがわたしたち家族を支えたかといったら、言葉では挙げきれないほどの多くのひとが
わたしたちに関わってくれた。
そのありがたい他人さまたちがみな、Dの発動を心待ちにしてくれた。
Dとはdog、Cとはcatのことである。

この子犬についてはまたこの次に書くこととして、まず紹介しなければ。
「王様の千と線」の登場人物、じゃなかった、新入りが入ったのだから。
名をビー コ と名付けた。 


c0002408_3575559.jpg
赤ん坊の時、保護主の所で。

c0002408_3583957.jpg
兄弟七匹で保護され、うち雌はビー コ のみ。

c0002408_3585893.jpg
三ヶ月、保護主から譲渡されてすぐ。

c0002408_3592047.jpg
わが家にて。

c0002408_3594577.jpg


c0002408_40942.jpg


c0002408_403362.jpg
すでに柴犬くらいの大きさだけれど、まだ子犬。
九月からのビー コ の成長はまたこの次に。



さ、イヴだね。
鰐号のスペイン土産のワインで乾杯しよう。
ありあわせのものばかりだけど、みんなでイヴの卓を囲んだら楽しい。
犬も猫も、新入りの犬になりたての贈られものも。

c0002408_412644.jpg


c0002408_415659.jpg


c0002408_422523.jpg


c0002408_425184.jpg






     
---------------------commercial message by Excite Japan Co., Ltd.--------------------------
[PR]
by NOONE-sei | 2016-12-25 01:11

1夜 「寒さも忘れる人と、冬を過ごそう。」

 ・メンタルな話なので引き寄せられる人は読まないほうがいい


母、はなちゃんが夏に緊急入院して、退院してから二ヶ月とすこしが過ぎた。
わたしはもうはなちゃんを家に帰したいと言って、病院から自宅に連れて帰った。病院や施設を転々とするよりも、家がいいと思った。
入院していた病院ははなちゃんが「食べる」機能を思い出す訓練を言語聴覚士にさせてくれた。
福祉に関わる大勢の人が計画を立ててくれ、毎日朝夕ヘルパーさんに助けてもらって、家での介護が手厚く受けられるようにできた。
寝たきりになったはなちゃんは、わたしが作るペースト食を食べる。訪問看護師が定期的に家でバイタルチェックをしてくれる。
往診を専門にしているお医者とも出会うことができた。お医者は、急変してもあわてて救急車を呼ばないようにと言った。
このウェブログを長く読んでいる読み手は、おや?と思わないか?父を自宅で看病したことと重ならない?

はなちゃんの介護ベッドの上には毎日ぺろてんが一緒に寝ている。
五年近い介護の中で一番穏やかな日々を過ごしていたのに、今度ははなちゃんの「飲み下す」という機能に異変が起きてしまった。
はなちゃんは認知症とパーキンソン病なので、脳からの食べろという指令が混乱し、飲み下す筋肉がこわばり始めた。
呼吸を確保するために喉に痞(つか)えた痰の吸引が必須で、これができないと自宅介護(看護)が崩壊する。
わたしは父の時にもそうしたように、いや父の時よりも頻繁に、吸引のチューブを使って苦しい息を和らげてやる。
もし、クリスマスになにかを願っていいなら、はなちゃんの意識レベルがすこしでも長く維持できますように、と思う。
意識が混濁し、昏睡するほうが本人は楽かもしれない。けれど、たまに電流がつながるようなわずかな会話の疎通を大切に思う。



                                *    *   *




よし、それじゃ、ささやかな聖なる夜のおはなし。
c0002408_1451622.jpg


クリスマスだね。
こんなカードをもらったよ。
今年は雪がほとんど降らなくて不思議な冬だよ。

ゆっくり絵本を読んでお昼まで過ごしてみる?

c0002408_1483541.jpg
ぶどうといちじくのおやつをどうぞ。


c0002408_149254.jpg
こんな絵本があったよ。
わたしはこの訳者、村上春樹の小説を一冊も読んだことがない。


c0002408_1504317.jpg
こんなおじさんが登場するおはなし。


c0002408_1514154.jpg
おじさんに災難がいろいろ降りかかる。これを冒険と言っていいのかな?




次は、まど みちおの詩集。
このおじいさんが亡くなって、わたしはとても悲しい。
このひとの詩は胸が、なんというの、きゅんきゅん鳴るというの、きしきしと軋(きし)むというの、とにかく、なにかでいっぱいになる。
だれよりも、何か強いことばやちからで追いかけてきたりしない、静けさのある時間をくれる。

c0002408_1563470.jpg
なつかしい絵かきさん。


c0002408_157357.jpg
うつくしい詩。





さてっ。お昼だよ。ごはんを食べに行こうよ。

c0002408_233524.jpg


c0002408_234536.jpg


c0002408_235521.jpg


c0002408_24444.jpg
お昼にはちょうどいいごちそうだったかな?





さてさて。家では獣が待っている。
c0002408_293434.jpg



c0002408_295485.jpg






獣たちと遊んでいたら夕暮れになってきた。
と思ったら、すっかり夜に。
冬の夜は早くやってくるから、なんだかそわそわしないか?

c0002408_2124559.jpg



c0002408_2125932.jpg


獣にもごちそう
[PR]
by NOONE-sei | 2015-12-25 11:59

96夜 贈りもの


今夜はイヴだね。

あっという間に季節が駆け抜けてもう十二月だよ。
雪もたくさん降って、木に白い雪の花が何度も咲いたよ。
この地は北国ではあるけれども、あんまりさっさと雪国になったので驚いてしまったよ。

先日、王様とわたしの友人がはるばる関東から遊びに来てくれたんだ。
彼は海からすぐ山のところに住んでいて、思い切って仕事を辞めてお百姓になった。
代々の山の畑を受け継がなくてはならなくて。
どうもてなそうかとすごく考えて、楽しく考えて、東北の楽しさをあげようと思った。

着いた晩はこの地の美味しい物ということで、餃子の店へ。
「ごはんないの?」と訝(いぶか)る彼に、「餃子は主食。中華屋の肉々しい餃子を思い浮かべちゃだめ。
野菜のつなぎに肉みたいな軽さだから一人二十個は食べられる。」そう答えて、二軒をハシゴした。
温泉の風呂に浸からせてやりたかったけれど、ちょとそれには時間が足りなかった、残念。

翌日は宮城の松島へ。
島々の綺麗さも見せたかったけれど、それ以上に牡蠣を食わせたかったんだ。
今年の牡蠣も、昨年のようにまだ小さいし牡蠣小屋の期間も長くはないけれど、
炭火で焼いて食った牡蠣殻をブリキのバケツにがしゃっと入れるのはきっと気持ちがいいから。
「ごはんないの?」やっぱりそう思う?「牡蠣が主食。一人十五個は食べられる。」
ほんとうは牡蠣めしがあるのだけれど、早い時間に売れてしまっていた、残念。

午後は仙台光のページェントへ。
夕暮れの欅(けやき)並木に一斉に六十万個の灯りが点く瞬間を見せて驚かせてやりたかった。
点灯まですこし時間があったので、彼の「ごはんないの?」に応えてやることにした。
牛たん焼きと麦めしとテールスープの定食屋へ。

仙台カラーと言われる白熱灯色の電球はLEDだけれどあたたかなだいだい色。
「震災後の復興はどうなの?」と彼に訊ねられて、
震災の年の暮れには、倉庫ごと流されて失くなった電球の代わりにと全国から電球が貸与されたこと、
松島では昨年からやっと牡蠣小屋が復活したこと、
三陸へ行く高速道路でCDの音が飛ばないくらいに道路が復旧したこと、
その高速道路で波がせき止められたこと、飛行場も自衛隊もビール工場も今は稼動していること、
車の中でいろいろな話をして、やっと気づいた。
毎年、松島や仙台に行くのは、復旧の確認なんだってことに。
復興とはまだちょっとちがう。わたしの中では原発であらゆるものが分断されたこの地で
具体的にこれがとかここがとか、復興していると言えるものがまだない。
同じ東北でも、この地ではない場所に復旧のしるしを見に行っているんだなぁってことに。

彼は311の後、流通が回復すると炭や軍手を送ってきたやつ。
そのときの彼からの贈りものと、このたびの彼への贈りものは形も大きさもちがうのだけれど、
贈りものをしたつもりでやっぱり「考える」という贈りものをもらったんだな。
帰ってから彼からこんな便りが届いたよ。
「おもてなしってさ、腹いっぱいにしてやることだよね!」
すごく嬉しがってくれた彼に、わたしたちのほうこそ嬉しかったと伝えたい。

c0002408_5212766.jpg
牡蠣はいつも載せているから今夜は帆立を。


c0002408_5222494.jpg
ぷくぷくしたら食べられる。


c0002408_523428.jpg
いつもは漁師のおじさんやおかみさんがやってくれるのだけれど、
もう顔を覚えてくれたようで、自分でできるよね、という気持ちのいい放っておかれ方。
友人にもやらせてみた。心ゆくまで二枚貝の開け方を覚えることができたよ、ふふ。




                            *  *  *



さて  
今夜は特別な夜だからね。
獣たちがご挨拶するよ。


c0002408_5155259.jpg
シャンパーニュのコルクが飛ばないように抑えてある金具で王冠を作ってみたよ。
ものすごく迷惑そうだけど、テン コ がんばれ。


c0002408_5171633.jpg
トナカイの角の間に王冠を載せてみたよ。
あさってを向いちゃっているけど、ペロ コ がんばれ。


それじゃ、杜の都の夜に出かけよう。

c0002408_5283617.jpg
ショウウィンドも華やか。


c0002408_530993.jpg
ここはかばん屋さん?


c0002408_53194.jpg
なんだかかばんもふわふわ。


c0002408_5315734.jpg
赤いものを集めたウィンド。


c0002408_5323895.jpg
子どもが白ひげをつけちゃって。


c0002408_5344044.jpg
ここは恋人たちの森だね。



さ、寒くなってきた。森のレストランへ行こう。
洒落た店が増えているけれど、ここは昔ながらのレストランだよ。


c0002408_5373061.jpg
食事が運ばれてくるよ。


c0002408_5384120.jpg
まずは前菜をどうぞ。


c0002408_5391424.jpg
澄んだスープです。


c0002408_5395865.jpg
メインのビーフシチュウを召し上がれ。


c0002408_541486.jpg
甘いものをどうぞ。そして苦めの飲み物も。



あったまったかな?
さぁ帰ろう。つづきは次の夜にね。
今夜は贈りもののおはなしだったから、次の夜はいただきもののおはなしを。

舞台裏
[PR]
by NOONE-sei | 2014-12-24 23:59

81夜 かようびのよる


今夜はイヴだね。
こんなカードがあって、ずいぶん前からいつか「王様の千と線」でご披露したいと思っていたんだ。
さあどうぞ見てみて。



    Terry Gilliam - The Christmas Card




くすくす。なんだこれは、と思ったところで、お次は絵本ね。
題名が「かようびのよる」だよ。今夜は火曜日の夜。
c0002408_22323694.jpg


c0002408_22325971.jpg


c0002408_2235218.jpg


c0002408_22352428.jpg
おかしなものたちがやってくる夜。




ではクリスマスにご案内するよ。
c0002408_22393776.jpg
靴の中にクリスマスは入っているかな?

c0002408_2240274.jpg
ちょと本気出してご案内するつもり。





c0002408_22421286.jpg
きらきらな車で杜(もり)の都へさあでかけよう。

c0002408_22433432.jpg
ウィンドウのむこうに街並みが映っているよ。





c0002408_22442052.jpg


c0002408_22441064.jpg


c0002408_2244062.jpg
恋人たちが歩く光の森。






外はすごく寒かったね。山と湖の近くのレストランでごちそうだよ。
壁にはイタリアの国が。
c0002408_22475460.jpg


c0002408_22474485.jpg
いろいろ楽しい前菜をどうぞ。

c0002408_22473473.jpg
ふんわり手作りのラザニアをどうぞ。

c0002408_22472439.jpg
サツマイモとクルミのほんのり甘いニョッキをどうぞ。

c0002408_22471474.jpg
冬はジビエ料理。ウサギのワイン煮をどうぞ。骨付きだから最後は手で召し上がれ。

c0002408_2247232.jpg
おなじくジビエ。鹿肉のソーセージと豆の煮込みをどうぞ。


c0002408_22465377.jpg
ワインも赤白あるよ。

c0002408_22464535.jpg
口のところにニワトリのマークが。




そろそろ夜も更けてきたよ。
c0002408_22463325.jpg
最後は甘いものとエスプレッソコーヒーで。


あったまったかな?
よい夜であるように。ではまた来年ね。

楽屋裏
[PR]
by NOONE-sei | 2013-12-24 23:12

62夜 むかしながらの


今夜はイヴだね。
子どもはもう寝たかな?
これから、大人だけのクリスマス会をしよう。

それじゃ、でかけようか。
今日は昼から粉雪、すこし吹雪いたよ。
吹雪の合間のおひさま、トナカイが山の温泉にお連れします。


c0002408_2271495.jpg
シワ コ トナカイ、きりりと仕事をするつもり。


c0002408_2274039.jpg
ペロ コ トナカイ、なんだか緊張しています。


c0002408_2332831.jpg
さっ、二頭ともよろしくね。






行き先は山間(やまあい)のちいさな温泉。
まず風呂に入って温まって。今夜は特に冷えるそうだから。
c0002408_2365087.jpg
風呂から、霞んだ山が見えるよ。


c0002408_2374026.jpg
冷たい空気が頬に当たる露天は、体があったかいと気持ちがいいよ。






あったまったらお昼寝する?それとも綺麗な古い絵本を見る?
『ペレのあたらしいふく』(エルサ・ベスコフ 著)は、スウェーデンのおはなし。
c0002408_315413.jpg
c0002408_3151415.jpg
c0002408_3153698.jpg
c0002408_3154673.jpg
c0002408_31698.jpg
c0002408_3162839.jpg

ペレは 自分だけのこひつじを1ぴき、もっていました。
ペレもひつじも成長し、 ひつじの毛はながく伸びましたが、ペレのふくは短くなるばかりです。
ペレはひつじの毛をかりとり、あたらしいふくを作りにでかけます。
行く先々で手伝いをするかわりに、
毛を梳(す)いてもらい、糸を紡いでもらい、色を染めてもらい、布を織ってもらい、縫ってもらい、
とうとうひつじの毛はあたらしいふくに生まれ変わりました。
ペレが青いふくを着てひつじにお礼をいうと、ひつじはべーえーとこたえました。






さあ、夜です。
あたらしいふくを着てでかけよう。外は寒いよ、コートを羽織ってね。
c0002408_321189.jpg
前をゆくのは恋人同士?


c0002408_3225976.jpg
ちいさな仏蘭西料理店へようこそ。むかしながらの料理とワインで愉しんでいって。


c0002408_3244663.jpg
シャンパンと白ワインを冷やしておきました。


c0002408_3261270.jpg
c0002408_3263297.jpg
カトラリーもむかしながらです。


c0002408_3274847.jpg
これはコルクを置く皿。


c0002408_3294578.jpg
c0002408_3301238.jpg
シャンパンの細かい泡が立ち上るのはしゅわしゅわと綺麗。


c0002408_3314459.jpg
c0002408_3321111.jpg
前菜はエゾシカのテリーヌ。飾り気のないお料理。


c0002408_334698.jpg
オーブンから出したばかりのオニオングラタンスープ。


c0002408_3352559.jpg
c0002408_3363171.jpg
魚は真鯛のパイ包み。ソースは白ワインを煮詰めて香草と生クリームとたっぷりのバター。
今の仏料理は軽くて洒落ているけれども、この料理店はむかしながらの作り方で。


c0002408_340262.jpg
c0002408_3401883.jpg
肉は短角牛の尻肉。赤ワインを煮詰めたソースで。


c0002408_3432276.jpg
最後は林檎の菓子、タルトタタン。



あたたかいストーヴとワインであったまったかな。
それじゃ、また来年の聖夜に。
[PR]
by NOONE-sei | 2012-12-24 23:59

37夜 でかけよう


イブだね。
c0002408_2182060.jpg




雪は降っている?
c0002408_2185857.jpg




でかける?
c0002408_2194521.jpg




一緒に。
c0002408_220183.jpg




もうじき日暮れになるよ、急ごう。
c0002408_221412.jpg




森のレストランには、暖かいストーブがあるよ。
c0002408_2215210.jpg




優しい色の灯りも燈(とも)っているよ。
c0002408_2224140.jpg




お料理をどうぞ。
冬のホタテはいかが?
c0002408_2233320.jpg




お野菜もしっかり食べてね。
c0002408_2235844.jpg




そのお野菜が付け合わされていたのは、柔らかいお肉です。
c0002408_2253011.jpg




甘いものいろいろ、食べられる?
c0002408_2261069.jpg




やっぱりお風呂には入っておゆきなさいな。
c0002408_2265299.jpg




送ってゆく前に、お土産をあげる。
画質はわるいのだけれど、冬と言ったらやっぱりこんなハグだから。


レストランではこんな音楽が流れていました。
Emi Meyer
Halie Loren
Karin Maria Andersson   動画がなかったので試聴をクリックして聴いてみてね。

     
[PR]
by NOONE-sei | 2011-12-24 23:59

93夜 イヴだね


c0002408_255476.jpg
今夜はイヴだね。



c0002408_257241.jpg
去年はおやすみしちゃったけど、今年は間に合いそうだ。
まずあったまる?



c0002408_30183.jpg
全部、木でできたお風呂だよ。



c0002408_3116100.jpg
じゃ、わたしたちがご案内します。今年は新顔も案内役に。



c0002408_323811.jpg
目隠しをしますよ。一緒に湖のそばの森に行きましょう。



c0002408_333168.jpg
さあ目隠しを取りますよ。窓のむこうが森のレストランです。どうぞごゆっくり。



c0002408_355315.jpg
前菜です。ワインもいかが?


c0002408_373785.jpg
c0002408_37523.jpg
c0002408_38042.jpg
おなかはいかがですか?お茶を飲んで甘いものをどうぞ。


c0002408_316938.jpg
c0002408_3103142.jpg
やっぱりイヴにはいちごでしょうか?



また目隠しして帰りますよ。わたしたちがお連れしますからだいじょうぶ。

「わたしたち」の舞台裏 去年と今年
[PR]
by noone-sei | 2010-12-24 00:10

絵のような 文のような  五




今夜はイヴだね。

カードは書いた?
贈り物は届けた?

昼間はどうしていたかな。
クリスマスってこそばゆくて、
イヴってすこし重たい。


・・だから、

ひとりでこんな日を過ごしてみる?



c0002408_093599.jpg
ちょとかわいいでしょう?
「ちいさな王様」という絵本があるのだけれど、
これは、その王様が連れて行ってくれる、モーツァルトの森。



c0002408_0113282.jpg
森のおうちカフェで過ごそう。


c0002408_0174154.jpg
大きな粒のいちごをどうぞ。「あまおう」というのだって。
甘い王様だからではないそうだよ。



c0002408_0242234.jpg
昼の露天風呂は、のんびり気持ちがいいね。
お風呂から上がったら、すこしお昼寝をしたらいい。



c0002408_0263869.jpg
夕暮れだよ。
もみの木の根元にトナカイが迎えに来ています。
どこまで送ろうか?


c0002408_028079.jpg
ほぉら、街はもう雪だ。
誰かがお店で待っているよ。
[PR]
by NOONE-sei | 2008-12-24 23:53 | 絵のような 文のような(5)

65夜 おもてなし



今夜はイヴだね。
いらっしゃい。


c0002408_22491598.jpg
わたしと一緒に過ごしてみる?



じゃ、出かけようか?
c0002408_22503122.jpg
c0002408_2250445.jpg
夜の街を抜けるよ。付いて来てね。



ちょと待って。
c0002408_2251285.jpg
ここからの御案内は、セイさんじゃなくてわたしです。



c0002408_22554840.jpg

c0002408_22523865.jpg
静かな山のレストランへようこそ。コートを脱いで、こちらでお待ちください。



c0002408_22574678.jpg
お待たせいたしました。おもてなしの準備が整いました、さあ、ごゆっくり召し上がれ。



c0002408_22595337.jpg
ベビーリーフのサラダです。

c0002408_230626.jpg
ビーツと牛肉のスープです。

c0002408_2302226.jpg
ホタテとマッシュポテトと、えーとえーと、なんだったかな・・・ 忘れました・・・

c0002408_2303534.jpg
ひな鳥のローストです。


c0002408_235272.jpg
スイーツはいかがですか。ブッシュ・ド・ノエル、きのこが生えている切り株です。



おなかがいっぱいになったら、やっぱりお風呂ですね。
c0002408_2373283.jpg
山の露天はきりりとした空気と湯気がいい気持ちでしょう?



お土産を用意しましたよ。
c0002408_23113492.jpg
クリスマスはイチゴと生クリームのケーキでしょうか。


これはおまけです。
c0002408_2313089.jpg
お好きなチーズがありますか?


また来年もお越しください、お待ちしています。

おまけのおまけ
[PR]
by NOONE-sei | 2007-12-24 23:16

85夜 偽りの口


すべての道はローマに通じているのだったっけ?
では真実の道も?
偽りの道も?

真実の口はローマの教会にある。
偽りある者が手を口に入れると、その手首を噛み切られるとか手が抜けなくなるという。
映画『ローマの休日』で知られる、大きな海神の石円盤。
では、何度手首が無くなったか数えきれないにちがいない。
わたしは大勢の子ども達に、無数の嘘をついてきた嘘つきだから。
心とうらはらな偽りを語るのが嘘つきなのだとしたら、その嘘は厄介な道徳に満ちていて、
一方、真実とは、短絡と享楽だ。

子どもというものが純粋な魂かといえば、それはひどく乱暴な問いで、
子どもは野生の欲に満ち満ちて、不完全な姿と思考の、人間以前の「鬼」だ。
罪なことに、ちいさい者は白く光る物を数多く持っているものだから、
おおきい者はそれに目がくらんでしまうのだ。
瞳の黒目の大きさ、そして白目の青いような白さ。
髪の天辺にぐるりと、ちょうど天使の輪にたとえられる白く光る艶。
調和の比率に欠ける姿や、己が神であるかのような振る舞いを何と言う?
天真爛漫?天衣無縫?何故、「天」という文字を冠するのだろう。

神の庭から人間界に下りてきたナニモノカは、まだ「邪(よこし)ま」なものを知らない。
人間になるためには、羽化するまで脱皮を幾度(いくたび)も繰り返さなければいけない。
人間の形は、おおきい者達が与えてゆく。
ナニモノカは、ほどなくちいさい者となり、それらをおおきい者達は愛でるけれども、
どれほど永くと望んでも、その蜜月には終わりがあることを知っている。

聖なる夜、ちいさい者の枕辺に贈り物を届けるといわれている老人がいる。
ちいさい者達は待ちわびるけれど、それは、羽化にひと足ひと足と
ちいさい者を近づかせる、白い髭の老人の姿を借りた、姿なき者。
来なければいいと望んだ蜜月の終わり、
姿なき者には、おおきい者が真実の名を与える。
ちいさい者への贈り物は、喪失。おおきい者は自らの手で喪失を与え虚無を受けとる。
ときには代償に、ちいさな悲しみも虚無には付随する。

天使のようなナニモノカは、たちまちのうちにちいさい者となり、やがて喪失を知るが、
受けたその洗礼で、ちいさい者は新たな名を得る。
子ども、という名の、人間になる脱皮をした者達は、小鬼のような貪欲さで生きる。
あと幾度の脱皮が待っているだろう。
それまでは、天使達であったことをとうに忘れてしまった天と邪と鬼の、
ただの「天邪鬼(あまのじゃく)」だ。

偽りの口はどこにあるだろう。・・それはわたしの中に。


c0002408_21545839.jpg

ついこの間のイヴから幾日も経っていないのに、浮世はもう師走の騒々しさ。
時間の流れに追いつけなくて、まだわたしはクリスマスのことを考えている。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-12-28 22:34