4夜 世界一


「セイ、新しいパチンコ屋ができた。大きくて広くてね、あれは東洋一だよ!」

同い年だけど後輩のアキラに誘われて、井の頭線ガード横へ。
東洋一は怪しいが、なるほどぴかぴかだ。
大学生、昼間の娯楽はパチンコ。
今ほどの賭博性がなかった頃だから、元手が少しでもそこそこ遊べた。

ところでわたしは世界一難しい漢字を知っている。ばら(薔薇)だ。
読める、けれど書けない。

つい先ごろ、30年来の記録を塗り替える漢字が出現した。どくろ(髑髏)だ。
記録の更新に異存はないが、発見した子が小憎らしい。
小粒なのにからい。揚げ足をとるわ、「そんなこといつ言った?何時何分何秒?!」
 いつものように悪態をつきながらも、その日はわたしからの提案に気分が乗ったらしい。
カードを二枚一組にして最高に難しい漢字の熟語を書き、トランプのように神経衰弱をする。
「カルタにもできる!一枚は読み札にすればいいんだ!」
小粒、今日は冴えてるし機嫌もいい。読み札なんて趣のある言葉、いつ覚えたんだ?
辞書も使っているじゃないか。
 そして発見したのが、髑髏だ。

大学生、夜の娯楽は酒盛り。
飲めない奴に酒は勧めない。もったいないから。先輩から受け継がれている伝統だ。
すっかり出来上がって、お目出度い一行は東洋一からおめでたさのおすそわけにあずかる。
花環から造花を頂戴して、道端で東洋一を讃え歌い踊る。

小粒、次に得意げに思いついたのが、よろしく(宜しく)。
「小粒、それも難しい漢字だけど、カードに書くなら別の言葉で、熟語のほうがいいと思うよ。」
「熟語だっ!オレ書ける。」
紙切れに書いた漢字は、夜路死苦。
わたしはひっくりかえりそうだった。
「不良か、おまえはーっ!」

世界一を発見した小粒を讃えるべきか、いさめるべきか、、、ひとに言えるほど、
わたしはえらくない。

04.11.20
[PR]
# by NOONE-sei | 2004-11-27 23:21 | 百夜話 本日の塾(9)

3夜 花の移ろふ


好きな花は、なに?

04.11.18
[PR]
# by NOONE-sei | 2004-11-27 23:18

2夜 記念のお品


身の丈で買えるもの。

いちばん古い記憶は、高校入学の記念に買った服。
すこしずつ貯まったこづかいで、自分のために。
コール天のカジュアルなスーツで、洗いざらしたジーンズの色だった。

二十歳(はたち)には万年筆。
ひとの好みはさまざま。セーラー派とパイロット派がいた。
わたしはスレンダーなセーラーより、ふくよかでほんのすこし
ペン先にしなり感のあるパイロットが好みだった。

社会人になっても万年筆。
ギフトとして文房具店が職場に届けてくれた。
あこがれのモンブランの極太字。やわらかい。しなる。

長年わたしに絵の手ほどきをしてくれた恩師を失い追悼展をひらいたとき、
絵だけでなくなにか大切にしている物もオマージュにしのばせようと思った。
「身近なものから描き始めなさい。絵が借り物になってしまわぬよう。」
そう教えてくれた作家だったから。
贈答品としてのギフトではなくメンタリティなギフト、、、。

「誉田万次郎との対話」
そう名づけた展覧会は、日中は優しく外光が入り、おすましではないけれど
心地よく背筋の伸びる、詩画集のような落ち着いた雰囲気だった。
夕暮れには、街に灯りがぽつぽつともるとギャラリーは外からライトアップされ、
大きなガラス窓越しに客が足を留めて絵を観る。
丸テーブルにぱりっとした白布を掛け、ペンとペーパーウェイトと芳名帳でお迎え。
わたしのモンブランは、引き寄せられてふらりと入る、
幾人もの客の手のペンになった。

04.11.17
[PR]
# by NOONE-sei | 2004-11-27 23:16

1夜 座右の・・・書物


大野一雄という踊り手がいる。
顔を白く塗り、髪に花を挿して天上へのあこがれを踊る。

「稽古の言葉」
彼が日々の稽古場で弟子たちに語った珠玉の言葉をあつめた本。

わたしの「稽古の言葉」には、付箋が数えきれないほど付いている。
それでもそれでも、本は、開くたびにあたらしくて尊い至福をあたえてくれる。

04.11.16
[PR]
# by NOONE-sei | 2004-11-27 23:14 | 趣味の書庫話(→タグへ)

SEI's graceful murmur   *profile*


c0002408_3312713.jpg



性別 女性

血液型 AB型

生まれた場所 山あいの温泉町

よく行く場所 本屋の喫茶店  山のふもとの公園

自己紹介 安達太良が見える場所に住んでいます

*わたし/セイ

 ・好きなものは
    妙なもの・端正なもの・かわいらしいもの・美味しいもの

 ・大切にしていることは
    ユーモア
    日常の何気ないこと

*「王様の千と線」は
    百の夜話です         
[PR]
# by noone-sei | 2004-10-08 00:00 | profile(1)