<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2夜 どっちつかずの夜


c0002408_231353.jpg

お写真は昨年初夏の蔵王高原、ヤギと跳ねる子どもたち。
ちょうどその頃は、東北各地の山の噴火が危ぶまれたり地震が起こったりした時期で、観光地は客足が遠のき静かだった。

地震には、3.11から長く続いた余震で徐々に体が強く反応してしまうようになって久しい。
自然界の変動は突然やってきたり息をひそめたりする。
昨年までは、3.11が近づくと地震の数が増えて、忘れるな、と思い知らされていた。
だから今年の3.11もきっとそうなのだと構えていたらちがった。
数日前に久々に地震はあったものの、ごく小さなものだった。
自然界というものはあまりに大きすぎて、抗うということができない。
構えると肩透かしを食わされ、忘れかけていると気まぐれのように恐いものを突きつけてくる。

抗えないならどうする?小さく丸くなって耐える?変動が行き過ぎるのを物陰から待つ?
できることはないのか考えながらまっすぐに見据える?
人間の微力でどうにもできないものをどうにかできるようなつもりになった驕(おご)りが、
原発の再びの稼動を始めさせていて恐ろしい。
わたしたちが生きている間に鎮めることのできないものが、この地ではあちこちに積み上げられている。
除染作業がまだ続いていて、剥がした表土はシートを被せて敷地に置き、
美観を甚だしく損ねつつ恐ろしい存在主張をし、またはシートで覆って土中に埋めている。
放射能に汚染された土は鎮められたのではなく、長い時間、いや気の遠くなる年月隔離しておくだけだ。

気の遠くなる年月だとわかっているのに、原発で避難して故郷に帰れないままの人たちに、
もうあそこには戻れないんだと告知しないのはなぜなんだろう。
いつまでも故郷を思い、仮の地と馴染むことのない人々が大勢近くに住んでいる。

ちかごろ、苛々して人に当たる人に遭遇することが幾度かあり、
そういう人の心根までは到底わからないけれども、
その反射に近い苛立った言動が浅ましく人を傷つけるのを見過ごせず、
近寄っていって「そんなに怒んないの。ね。」と声を掛けてしまったことがある。
日々の生活の中で蓄積されたものか、環境が思い通りにゆかない悲嘆か、いずれにしても
自分で自分の発露が止められない哀れないきものになってしまいそうな時、彼または彼女は声を出す。
そんなせっぱつまった声をとどめようとするのだから、
わたしは殴られるのを覚悟しているのだが、声掛けをすると彼らは行動だけでなく目までが止まって、
しばらく機能を停止してしまうので、仕方なくそっとその場を離れるしかない。
自然の変動が人の気持ちに揺らぎを与えるのか、大地の揺らぎが不安を煽るのか。
依って立つべき地を持てない寄る辺なさをこの先何年彼らは抱えてゆくのだろう。




c0002408_232132.jpg

今日は震災から五年と一日目。
震災の傷みはフラッシュバック、原発による不安はフラッシュフォワード。
六年目になってもなおあるこの苦しさや閉塞感は、未来に重くて永い不安を見ているからだ。
過去なのか未来なのか、どっちつかずの昨日を終えてほっとした。
3.11は、理性でなく感情がざわつく日だから。
ことに昨日は朝から、五年前と天候がよく似ていてざわざわした。
こんな日にあの曲は聴きたくないな、と思っていたら聴かずに済んだ。
『見上げてごらん 夜の星を』
何か悲しいことが起こると流れる曲。
わたしには世界でふたつ、嫌いな曲があるんだが、その三番目にこの曲を入れることにした。
ひとつは『四季の歌』ふたつは『千の風になって』その三番目だ。

今日は、五年前にやっと耳が開いた頃に聴こえてきた曲を久しぶりにテレビで聴いた。
ずいぶん前の曲らしいんだが、それをどこでどんな状況で聴いたのかが鮮烈に蘇った。
五年前だって今だって、どっちつかずの日の夜の星は見上げたくない。

SMAP『この瞬間(とき)、きっと夢じゃない』





c0002408_2572164.jpg
今まで外に食べ物を干すのをはばかっていたのだけれど、近隣で除染作業を終えたので干しリンゴを作ってみた。


c0002408_2574018.jpg
リンゴチップスは甘みが凝縮されている。でもリンゴってほとんど水分なのね。


おまけ
c0002408_236564.jpg
こちらは煮リンゴ。

獣たちの昼寝とはなちゃん
[PR]
by NOONE-sei | 2016-03-12 11:50