<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

1夜 「寒さも忘れる人と、冬を過ごそう。」

 ・メンタルな話なので引き寄せられる人は読まないほうがいい


母、はなちゃんが夏に緊急入院して、退院してから二ヶ月とすこしが過ぎた。
わたしはもうはなちゃんを家に帰したいと言って、病院から自宅に連れて帰った。病院や施設を転々とするよりも、家がいいと思った。
入院していた病院ははなちゃんが「食べる」機能を思い出す訓練を言語聴覚士にさせてくれた。
福祉に関わる大勢の人が計画を立ててくれ、毎日朝夕ヘルパーさんに助けてもらって、家での介護が手厚く受けられるようにできた。
寝たきりになったはなちゃんは、わたしが作るペースト食を食べる。訪問看護師が定期的に家でバイタルチェックをしてくれる。
往診を専門にしているお医者とも出会うことができた。お医者は、急変してもあわてて救急車を呼ばないようにと言った。
このウェブログを長く読んでいる読み手は、おや?と思わないか?父を自宅で看病したことと重ならない?

はなちゃんの介護ベッドの上には毎日ぺろてんが一緒に寝ている。
五年近い介護の中で一番穏やかな日々を過ごしていたのに、今度ははなちゃんの「飲み下す」という機能に異変が起きてしまった。
はなちゃんは認知症とパーキンソン病なので、脳からの食べろという指令が混乱し、飲み下す筋肉がこわばり始めた。
呼吸を確保するために喉に痞(つか)えた痰の吸引が必須で、これができないと自宅介護(看護)が崩壊する。
わたしは父の時にもそうしたように、いや父の時よりも頻繁に、吸引のチューブを使って苦しい息を和らげてやる。
もし、クリスマスになにかを願っていいなら、はなちゃんの意識レベルがすこしでも長く維持できますように、と思う。
意識が混濁し、昏睡するほうが本人は楽かもしれない。けれど、たまに電流がつながるようなわずかな会話の疎通を大切に思う。



                                *    *   *




よし、それじゃ、ささやかな聖なる夜のおはなし。
c0002408_1451622.jpg


クリスマスだね。
こんなカードをもらったよ。
今年は雪がほとんど降らなくて不思議な冬だよ。

ゆっくり絵本を読んでお昼まで過ごしてみる?

c0002408_1483541.jpg
ぶどうといちじくのおやつをどうぞ。


c0002408_149254.jpg
こんな絵本があったよ。
わたしはこの訳者、村上春樹の小説を一冊も読んだことがない。


c0002408_1504317.jpg
こんなおじさんが登場するおはなし。


c0002408_1514154.jpg
おじさんに災難がいろいろ降りかかる。これを冒険と言っていいのかな?




次は、まど みちおの詩集。
このおじいさんが亡くなって、わたしはとても悲しい。
このひとの詩は胸が、なんというの、きゅんきゅん鳴るというの、きしきしと軋(きし)むというの、とにかく、なにかでいっぱいになる。
だれよりも、何か強いことばやちからで追いかけてきたりしない、静けさのある時間をくれる。

c0002408_1563470.jpg
なつかしい絵かきさん。


c0002408_157357.jpg
うつくしい詩。





さてっ。お昼だよ。ごはんを食べに行こうよ。

c0002408_233524.jpg


c0002408_234536.jpg


c0002408_235521.jpg


c0002408_24444.jpg
お昼にはちょうどいいごちそうだったかな?





さてさて。家では獣が待っている。
c0002408_293434.jpg



c0002408_295485.jpg






獣たちと遊んでいたら夕暮れになってきた。
と思ったら、すっかり夜に。
冬の夜は早くやってくるから、なんだかそわそわしないか?

c0002408_2124559.jpg



c0002408_2125932.jpg


獣にもごちそう
[PR]
by NOONE-sei | 2015-12-25 11:59