<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

91夜 返事はいらない


宮崎 駿が引退すると聞いた。
その幕引きである最後の作品で流れる音楽が『ひこうき雲』、映画は観なかったが、
松任谷由実がテレビ出演して自分のことを語る番組を見た。
松任谷になる以前の、荒井由美の音楽はとても好きだった。

男ともだちからそっけないメールをもらった。「返事はいらない」。
小娘だった頃に聴いていたラジオの最終回がどのようだったかという知らせだった。
そのラジオで荒井由美も知ったのだった。

・ 林美雄 空白の3分16秒/特別番組TBSラジオ
2013.12.27 19:00-20:00


『小説すばる8月号』より 「ノンフィクション新連載」
『1974年のサマークリスマス -- 林美雄とパックインミュージックの時代』柳澤健



林美雄が選ぶ音楽や映画は、狭い狭いところをより狭く忍び足で歩くような薄暗さがあって、ことに映画は、
やさしいにっぽん人
青春の蹉跌
ラジオで、覚えてしまうほど流れたこれらの音楽を使う映画はいったいどんなものなのかとずっと思っていた。
大学生活を東京で送るようになってから、それらがATGという一連の映画だったこと、
それらを観るには今でいうミニシアター、当時の名画座に行かねばならないこと、
ひとりで観るにはすこし勇気が要ること、わたしには背伸びが要ること、そういうことがすこしずつわかってきた。

ライヴハウスもひとりででかけた。一人暮らしは渋谷だったので、てくてく歩いて渋谷屋根裏やエッグマンに行った。
エッグマンで聴いた石川セリも、林美雄のラジオで知っていたから。



たびたび訪問させてもらうウェブログのお題に「・・<ビートニク映画祭>/スペイン坂を登った左をまた降りた」というのがあった。
その映画祭の上映館はスペイン坂にはない。
わたしは舞台の芝居が大好きだったから、スペイン坂を上る時には上りきった所で芝居を観る時だったし、
渋谷屋根裏はその頃はまだスペイン坂を下りた所にはなかった。
屋根裏は、渋谷から下北沢に移転しスペイン坂左下に再び移転し、先ごろ閉じてしまった。
だから彼は、そのお題で屋根裏を悼んでいるのかと思った。
でも、映画祭だ。わたしは行ったことがなかったけれども、スペイン坂の左下にはミニシアターがあり、
そこも先ごろ様変わりしてしまった。彼はいろんな映画をそこで観たのだという。

ひとを形づくるものはさまざまある。
形づくられたと意識するのはずっとあとになってからだ。
その形づくったものが今はもうなくなっていたり変容するのはせつない。

芝居は一度限りのものだから、記憶からしか呼び起こせない。
それは呼び起こした時には鮮烈ではあるがどこか甘やかに形を変えている。
けれども音楽や映画は、なくなったり失くしたはずのものがそのまま褪せずに蘇る。
どれをどう残酷とは言えないけれども、感情の蓋が悲鳴を上げて吹っ飛ぶような、泣きたいような、そんな気持ちになる。

わたしは鈍くて、『返事はいらない』が荒井由美の曲の題名だったとはしばらく気づかなかった。
でもちゃんとなぞなぞは解いたから、こうして返事を書いてみたよ。


お写真は、311の震災のあとに聴くようになった音楽いろいろ

□こころを揺り動かさないで鎮めてくれる音楽
c0002408_3324540.jpg
c0002408_3323731.jpg
c0002408_3322583.jpg
c0002408_332155.jpg
c0002408_332248.jpg
c0002408_331537.jpg
c0002408_3314490.jpg
c0002408_3313241.jpg





     
---------------------commercial message by Excite Japan Co., Ltd.--------------------------
[PR]
by noone-sei | 2014-03-31 01:58 | 趣味の書庫話(→タグへ)

90夜 美容院では何を読む?


決まっているじゃないか、「日経エンタテイメント」だ。
少し前にはテレビドラマの変遷というのがあって、女性が主人公のテレビドラマのまとめも載っていて楽しかった。
  沙粧妙子最後の事件簿
  ケイゾク
  QUIZ
  トリック
  スペック
ここに「ボーダー・犯罪心理捜査ファイル」が入っていればもっと楽しかった。


アニメーションの変遷というのがあったときも楽しかった。
  ガンダム
  装甲騎兵ボトムズ
  青の6号
  機動警察パトレイバー
ここに「イ・リ・ア」が入っていればもっと楽しかった。
そうそう、押井 守の「Halo Legends(ヘイロー レジェンズ)」をまだ観ていない。
実写とはちがうから、そうはずれではないと思うんだが。


日経エンタメは美容院でのおたのしみなので、続けて読んでいるわけじゃない。
実写はどのような変遷でどのようにまとめられていたんだろう。
きっとわたしの好きな、金子修介版ガメラも、平成ゴジラの女性が主人公のも載っていただろう。


時間を作って観なければと思っていた映画がある。
  銀の匙
  機動警察パトレイバー
  ハリウッド版ゴジラ
どれも実写で、原作の漫画やアニメーションや日本のゴジラを思うと、大丈夫かと不安になるんだが、
とりあえずひとつ目の「銀の匙」は観た。撮影に臨む前にきちんと俳優の体の準備が整ったよい実写だった。
押井は実写に弱いから不安がある。
ハリウッド版はゴジラを単に素材として使って勧善懲悪を描くんじゃないかとこれまた不安だ。


アニメーションの変遷には、もちろん
  アンパンマン
  サザエさん
どの分類だったかは忘れたが大御所として載っていた。
どうこう言えるような代物(しろもの)ではないんだが、少しどうこう言ってみる。
「アンパンマン」の魂は正しく美しい。真っ直ぐで真っ直ぐで息苦しくて、美しいものが正しいとは限らない。
自己犠牲を大上段に掲げる物語はおそろしい。
「サザエさん」は非常識だ。
常識の定規(じょうぎ)は曖昧で、「それはあなたの常識、わたしの非常識」なのでつまらないことなのだが、
「サザエさん」は明るく清い。陰(かげ)というものがなくて不気味で、清いものが明るいとは限らない。
事情のある娘でもないのに、長男を教育して一家の明るさの権化となっているのはへんな家族だ。
長男が青年になって家を出たら困るだろう。
まぼろしのような家族の結び目がほどけて負を背負ってくれる者を失ったら困るだろう。
少なくともわたしは家長、あ、この家には家長が二人いたんだが、年をとっているほうの家長から
『バカモ~ン』なんて言われたくない。


・・美容院では頭を洗ってもらいながら頭の中もしくは頭の中身まですすいでもらえるから楽しい。



追って:
「サザエさん」にわたしが感じている違和感を説明するのは難しい。わたしの中に、わたしが跡取りとして教育された家族観があることへの自覚があるからだ。
「サザエさん」は、波平を頂点とした日本の家長制度の体(てい)をとりながら、実は長女が家を離れずに実質上の跡取りとなっており、本来の跡取りである長男がおりながらその長男に道化として家族の負を負わせて成り立つ、かりそめの家族形態にわたしには見えてならない。
まだ小学生の長男カツオが、思春期や青年期を迎えたのちに自立するためには、この家族形態を自分で切り離すしか方法がないと思うのだが、もしカツオが嫁をこの家に迎え、ワカメが婿をこの家に迎えたら、それを笑って素敵な大家族と言えるだろうか。姓がマスオの姓に変わり、嫁となって家を出たはずの娘がさしたる事情なく家に居つくというのが、そしてそれを許すマスオでないほうの家長波平の神経がわたしにはどうにも理解しがたいのだ。



                                   *


□宝島社が発表するその年の漫画の順位づけ「このマンガがすごい!」。
かならずしもわたしの趣味や好みと合っていないか、またはかけ離れていることもしばしばなんだが、
たまたま持っていたもので一般に流通していないものがあった。
「足摺り水族館」は、ページをめくると紙からインクの匂いがした。
c0002408_4552586.jpg


c0002408_4555960.jpg


c0002408_4564353.jpg


c0002408_457673.jpg

[PR]
by noone-sei | 2014-03-17 00:25 | 趣味の書庫話(→タグへ)

89夜 復という文字


c0002408_283885.jpg

今日は311。明日から震災四年目になる。
今日は祈りの日。過ごすことが適(かな)う者はいつもどおりに過ごす日。
復活とか復興とか、復と書いてふたたびを意味する日はまだ遠い。

声に出して怒りを露わにしたら堪える糸が途切れてしまう。
けれども慣れないようにしよう、除染作業やニュースで日々発表され続ける県内各地の放射線量、
県産品には必ずある放射性物質検査のラベル、あちこちの道路に標識のようにある仮設住宅群への案内板、
この不自然なものがいつも身近にあることに。
いつもどおりに過ごすことにちからを尽くしても、忘れてはいないことを忘れないようにしよう。

○猫は三歳になる。
311にはまだ母猫の腹の中にいて、公園で拾われわが家に来た猫はすっかり「うちの猫」だ。
出ない犬の乳を吸い、犬たちの腹や尻で寝た猫は、今では犬の体を舐めてやる猫になった。


                                     *


c0002408_3151656.jpg

大きな島に住む友人から、木に生るのが想像できない瑞々しいみかんが届いた。
食い意地の張るわたしが311の後、やっと開いたスーパーで牡蠣を探して歩いたのを友人はよく憶えていて、
三陸が打撃を受けて手に入らなくなった牡蠣の代わりにと、南から牡蠣も送ってくれる。

○松島湾の牡蠣がやっと食えるようになった。
三陸の最南端に位置する松島湾では、
牡蠣漁師たちが牡蠣小屋を開いて炭火で焼き牡蠣を供してくれていた。
それが津波で牡蠣棚も牡蠣筏も船も流され、それでもその年は残った分を供してくれたのだが、
翌年の昨年はまったく小屋を開けなかった。
三年目の今年は、期間は長くないがやっと松島湾で牡蠣がとれるようになって牡蠣小屋が再開された。
牡蠣の養殖は海の整備ばかりではなく山も整えなければならない。
森林の腐葉土からは栄養が湾に流れこみ、多くのプランクトンが発生する。
その淡水と海水が混じる海域で牡蠣は繁殖するから。
牡蠣の出荷をやっと始められたところ、やめざるを得なかったところ、そのどちらもある。


c0002408_3495487.jpg
友人が送ってくれていた牡蠣。


c0002408_351591.jpg
つい先日の休日に行った松島。


c0002408_3521419.jpg
牡蠣の加工・生産工場。


c0002408_3531726.jpg
牡蠣小屋の周囲には痛ましい傷跡が残っている。


c0002408_3541389.jpg
これが一人前。


c0002408_355098.jpg
賑わいがあってうれしい。宮城県外ナンバーの車もたくさん見た。


c0002408_356042.jpg
ホタテも食う。


c0002408_3572951.jpg
牡蠣を食う。漁師の女房が、焼いた牡蠣の汁を酒に入れてくれた。牡蠣酒、旨い。



                                      *



○歌に助けられた。
昨年のNコンという全国学校音楽コンクールの課題曲にもなった「ふるさと」。
アイドルグループの青年たちが震災前から歌っていた短い曲が、
幾通りにも歌詞を変化させながら歌われ続けている。
歌のちからは、まず曲にある。歌詞はそれをふくらませる役割だ。
想像力や記憶や経験が相まらないと言葉だけでは立っていられない歌詞が、曲を得て歌になる。


NHK みんなのうた 「ふるさと」   歌: 嵐

                  『ふるさと』      作詞:小山薫堂  作曲:youth case


1番

夕暮れ迫る空に 雲の汽車見つけた
なつかしい匂いの町に 帰りたくなる
ひたむきに時を重ね 想いをつむぐ人たち
一人一人の笑顔が いま 僕のそばに
巡り合いたい人がそこにいる
やさしさ広げて待っている
山も風も海の色も いちばん素直になれる場所
忘れられない歌がそこにある
手と手をつないで口ずさむ
山も風も海の色も ここはふるさと


ワクワク学校Ver.の2番

ここに集えた奇跡 胸に深く刻む
小さき光が照らす 大いなる夢
明日への扉開いて 5つの種を蒔いたら
見過ごしてきたものさえ いま 愛(いと)しすぎて
助け合いたい友がここにいる
遠くを見つめて歩き出す
空の星も虹の橋も 全ては心の中にある
気付くことで輝く生き方を
いつまでも大切にしたい
空の星も虹の橋も 君のふるさと


紅白2011Ver.の2番

写真の中の声が ふと恋しくなった
夢を語りあった日々 輝いていた
あの頃と同じように 空を見つめる木々たち
揺るぎなきその強さが いま 僕の胸に
支え合いたい人がそこにいる
明日を信じて歩いている
花も星も虹の橋も すべては心の中にある
生きることで感じる幸せを
いつまでも大切にしたい
花も星も虹の橋も 君の ふるさと


紅白2012Ver.の2番

朝焼け色の空に またたく星ひとつ
小さな光が照らす 大いなる勇気
何気ない日々の中に 明日の種を探せば
始まりの鐘が響く いま 君のために
雨降る日があるから虹が出る
苦しみぬくから強くなる
進む道も夢の地図も すべては心の中にある
助け合える友との思い出を
いつまでも大切にしたい
進む道も夢の地図も それは ふるさと

僕のふるさと

ここはふるさと

                                                                       採詞: 666**99000
                                  *



復ではなく福であってほしい。ここはもともとは福の島なんだから。

新聞の記事
[PR]
by noone-sei | 2014-03-11 23:59

88夜 春も近づく


「王様の千と線」 今夜は88夜。
夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が繁る、、、のは、むかしからある雑曲の歌詞で、茶摘み唄。
そして八十八夜とは二月四日の立春から数えて88日目。
現実の今夜は春彼岸にもまだ早い。

しかし季節というものは、三月には三月の顔があって、相貌というのかそれらしさとでもいうのか、
その月なりに変化を見せる。
まだ、朝は外の水道が凍りバケツからはつららが垂れるし、路面はつるつる滑り危ないのだけれど、
日中の空気がどことなく春に近づいている。

いや、これにはわたしの願望も含まれているけれども、
春も近づく88夜、、、とちょと唄ってみようかな。




今夜のお写真は、87夜で予告した、先日の大雪の報告。
やっと振り返れるくらいに路肩の雪がなくなったよ。


■二月九日
c0002408_1493998.jpg
わが家の玄関、この程度の雪なら大丈夫。


c0002408_1504093.jpg
道路には大きな除雪車が。


c0002408_1512199.jpg
高速道路は通行止め。


c0002408_1515617.jpg
埋まった車。




■二月十五日
c0002408_1523498.jpg
ふたたびの雪。ずんずん降り積もり、これが大混乱を呼んだ重い雪。



■二月十六日
c0002408_1563334.jpg
お写真で見るとたいした雪に見えない。


c0002408_224480.jpg
除雪車がとても間に合わない。



c0002408_232182.jpg
運転に技術と勇気と即座の決断が要る、轍。

c0002408_235845.jpg
前の軽自動車が向かって来る。かしいでいる。

c0002408_25576.jpg
前の車は一体どの轍を選んで、追突しないように走るでしょう?


c0002408_264448.jpg
こんなことになっちゃって。



■二月十九日
c0002408_274484.jpg
夜のつらら。ムードがある。



■二月二十一日
c0002408_2104730.jpg
流通も回復したので買い物ができた。
花を買わなくちゃね、こんな時には。


追って:
ゆうべ春宣言をして唄まで唄ったというのに、翌日になったら今日は午後から雪が。
降り続いていて屋根も地面も真っ白、、、唄うにはまだ早かったよ。


わが家の獣たちは
[PR]
by noone-sei | 2014-03-10 01:22