<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

79夜 亡者のために


本屋で小説の背表紙をざっとながめていたら、「七緒のために」(島尾 理生)という題名を見て
それが「亡者のために」と読めてしまった。
意図した嘘読みは、ちいさなころからのわたしの密かな愉しみなんだが、
その日は眼鏡の調子が悪くて本当にそう読めた。
どんな小説かと手にとってぱらぱらめくると、それは十四歳の女の子同士の、痛々しい物語だった。
亡者のためにという嘘読みは正解ではないが、間違ってもいなかったように思う。

いつの世も変わらず、少女期は苦い。
別れが少女たちを本当に大人にするのか、信頼を回復するちからを少女たちは備えているのか、
それとも求めるものが大きすぎるのか、受け止める奥行きを持つには傷に敏感過ぎるのか、
いずれにせよ少女たちは孤独だ。

少女は寄り添う。そして残酷に遠ざけあう。
ときに、無視という武器を振るい、力関係の、閉じない輪を繰り返す。
きっかけはちいさなほつれ目なのに、長期に渡る無視がまとわりつくこともよくある。
その長期に耐えることでほつれの代償は払ったかと思うのに、いつのまにか、許す許されざる関係が出来上がる。
それまでの、いい時があったことも通い合ったものも塗り替えてしまうのに、やめられない。
それは孤独から生じた執着だろうか。

「愛を乞うひと」という日本映画がある。
もう二度とわたしは観ないだろうけれども、二度と忘れることができない母と娘の物語。
生まれ落ちて最初に結ぶひととひととの関わりがうまくいかないことが、こうも尾を引いてゆくものかと思う。
親と子のことが出発点だと言ってしまえば話は簡単、そして短絡。
けれども無下(むげ)に否定できない現実が実際にはある。
少なくともわたしが知っている少女たちやかつて少女だった者たちは、
情愛を持ったことそれ自体が呪わしいかのように愛を乞うひとたちだった。

いまになって、ひとはみな愛を乞うひとたちなのだと気づく。
ワレモコウ、吾亦紅、我も乞う、、と。
誰かと話していて、このひとも愛を乞うひとだった、と感じることはよくあること、
いちばん身近な母も鰐号も、そしてわたしも、みなそうだ。

母はあるときわたしに「大人になるから」と言った。
母たちの年代のユーモアに、衰えたり老いてゆくことを「大人になる」と言う言い方がある。
もちろん母が言った大人とは、もっと素直に接したり自分の力で物事に対処できる姿を指しているが、
わたしは心の中で、ユーモアのほうの「大人になる」でもまあいいか、そう思ったりする。
それが現実だし、かつて少女だったころをほんの少し前まで持ち続けていた母よりも、
大人になった母のほうがわたしには親しみが湧く。

ところで本屋で嘘読みをしたわたしは眼鏡を新調した。
嘘読みした亡者と盲者も、たいへんよく似ている。




今夜は秋から冬のお写真を。



□十月なかばの安達太良山
c0002408_3245498.jpg
今年は母を連れて二度行ったのだが、紅葉の時期を少し逃したみたい。


c0002408_3255814.jpg
まあまあの紅葉かな。


c0002408_3264715.jpg
このゴンドラで山を上り下りする。


c0002408_3274625.jpg
とっさのことで焦点がぼやけているのが本当に残念。
昨年は牡(オス)のカモシカが車の目の前を駆け抜けて行き、今年はゴンドラの下をカモシカの母子が歩いていた。
仔はむっちりとした、まるでツチノコ?「カモシカのような脚」というのはぜんぜん細くない。




□つい先日の吾妻山
c0002408_3341598.jpg
冠雪。うちも初雪が降った。


c0002408_335748.jpg
夕暮れの田んぼ。




■おまけ
c0002408_336057.jpg
安達太良を下りて入った田舎料理の店。
ほんとにいかにもこの地のごく一般的な田舎料理には、煮しめに凍み豆腐、いかにんじん、山菜の和え物、
しその葉の塩漬けのおにぎり、味噌味の芋煮、山椒味噌を塗った焼き団子。


・ご報告
78夜 大学でのこと
その後のご報告です。プレゼンは二週をかけて全グループ終了し、三週目に一位の投票が行われました。わたしのグループは有効票の半数近くを獲得し、一位になりました。
講師は来年の実現に向けて準備を進めたいとしています。


ちいさな来客
[PR]
by noone-sei | 2013-11-30 01:10

78夜 大学でのこと  


本日は立冬。
とうに吾妻山には雪が降ったので『王様の千と線』は若草色から橙色(だいだいいろ)へ。
いつまでも「春の足跡」を載せていると、春の足音が恋しい真冬が始まってしまう。
おっかけおっかけのはずが、追い越してしまってひと足早い春のお写真のようになるので、
そろそろ春はおしまい。
77夜で八つ目の米のおはなし、米は八十八だから、なんだか引き時もいい。
とはいえ季節のお写真はまだ保管庫に眠っているのでまたすこしずつ、ね。


ちかごろのこと。
今年度の大学の聴講は精神科リハビリテーション学を受講している。
前期は精神保健福祉の歴史・制度の変遷・諸外国との対比、
精神科リハビリテーションの概念・理念を学んだ。
学んだとはいえ膨大な量で、しかも社会の変化とともに歩む分野なので、どんどん新しいものに塗り換わる。
3.11の震災と原発のもたらした影響は深刻で、ぶ厚いテキストにはそのこともふまえての
さまざまな援助と精神福祉の向上が書かれている。

後期は演習。テーマは「精神障害者のためのイベントを企画する」。
なかなか現実にこれを実施しているところはそう多くない。
講師は、クラスをグループ分けし、企画立案させプレゼンテーションをコンペ形式にし、
練り上げて実際に来年度以降に実施することを目標としている。
プレゼンは紙資料のほかにパワーポイント、ホワイトボード等フル活用なんでも可。
今は演習だけれども、意識はNPO法人が補助金を獲得してイベントにこぎつけるというつもりで。

条件設定は精神科病院に通院・入院、障害福祉サービス事業所に通所をしている精神障害者、
その家族および病院・事業所の職員・ボランティアが一堂に会すること。
規模、時間帯、イベント運営のコーディネートおよびスタッフの配置は詳細に。
精神障害者の疾病と障害とその特性に配慮。
必要なことには加除式を採用。
コンペで一位になったグループには賞金をトークンエコノミー(仮想貨幣)で授与する。

ここまでですでにわたしのウェブログでは意識して避けている外来語やカタカナがいっぱい。
でもこれはまだ準備の段階。
くじびきでグループ分けが為され、わたしは五人の学生に混じった。
プレゼンにどの資料が必要かを確認し、企画案を自由に出し合う一週目。
秋のイベントは芋煮をふるまうのが定番だけれど、カレーでちいさなウォークラリーはどうだろう。
裏テーマは、「頭も体も使ってもらう」。

二週目にはすでに皆の案や資料が持ち寄られイベント当日のタイムスケジュールができた。
受付は開始一時間前。送り迎えのバスが到着、自家用車は駐車場に案内。
受付で前もって参加者を把握し準備したネームホルダーを渡し、当日の流れ・カレーの作り方など
必要なことが書かれている持ち易いしおりとビンゴカードをそれに入れてもらう。
自分たちでカレーを作ってもらおう。
それにはグループ分けをしなくちゃいけない。
見ず知らずが交流できるようにゲーム感覚のレクレーションでいこう。
まず開会の後、音楽で体を動かし、音で集まる。イス取りゲームみたいに。
その際の音は、太鼓は知的障害を持つ人には向かないので鍵盤で出す。
カレーの材料をゲットする各ブースで、カロリー当て、計量当て、ニンジンに向かって輪投げ、
肉は好き嫌いがでないよう鶏を準備し、ストラックアウトで量に差をつける、というふうに、
頭も体も使ってもらうカレーラリーにする。
カレーは調理実習室を使えるよう大学にかけ合おう。
カレーを中庭に運んで、各グループがうちとけて一堂に会食、他グループの味見。
障がいを持つ人は意外にも辛いものを好む人も多いので、甘口を用意はするがスパイスで調整。
食べ終わるころにビンゴゲームで地元の果物や米を当て、当たらなくてもリンゴ一個は持ち帰ってもらう。

三週目は三名の学生がPCでそれぞれ資料を作りながら打ち合わせの詰め。
ひとりがパワポの準備を進めていて、わたしも文書を入れたUSBメモリを渡した。
イベントの案内には申込書をつけ、バスの送迎の要不要チェック欄を作る。
参加費は予算的に700円だけれども補助金をゲットして500円にする。
果物など農産品は賛助品のお願いの文書で地域に協力を頼む。
協力者の名前はしおりに載せよう。
必要な機材は。見守りスタッフの人数は。前日までの準備は。

・・来週が四週目、いよいよプレゼン。


ゆとり教育の悪いところばかりが取りざたされ、やはり学力重視へと、
鰐号たちゆとり世代は長い目で見ると教育の中のぽっかり流れる溝のようになった。
わたしも、こんなにおばかになっちゃって、文科省どうしてくれるんだ、と思っていた。
でもわたしのグループの学生たちの機動力やスピードを見ると驚かされる。
さんざんレクレーションやボランティアはやってきたんだよ、というふうに経験がこなれている。
わたしの認識が一方向でした、ごめんなさい。



□前期のテキストと提出物
c0002408_471016.jpg



c0002408_473024.jpg
ほんとうはすべての記述を障害ではなく障がいとしたいのだが、
わたしの今のちからでは認識を持った書き分けができない。

五輪と原発とこの地
[PR]
by noone-sei | 2013-11-07 23:59