<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

50夜 最高のしあわせ


わたしにはいろんな顔があって、
或る時は「十分の女」。『じゅうぶん』じゃない、『じゅっぷん』。
わたしの携帯電話は、相手が固定電話であれ携帯電話であれ国内のどこであれ、
十分未満なら通話が無料なので、
携帯を持たされるようになってから必要に迫られての通話が多い中、
遠くに住む女ともだちと、たまには自分のために夜の長電話をしたい時もあって、
そんな時、十分ぎりぎりでかけ直す、を数セット繰り返させてもらう。
女ともだち達は、初めはきっとぎょっとするんだろうけれど、
そして会話が一度途切れることに多少違和感を持つのだろうけれど、
それでも徐々に慣れてよくつきあってくれる。
その寛容に感謝しつつ、「わたしを十分の女と呼んでください。」などど言ってみる。
きっと彼女達にとっての女ともだちとしては、わたしは不十分だろうと思う。
・・これは『じゅっぷん未満』じゃなくて、『ふじゅうぶん』、という読みだ。
わたしにとって女ともだちがいてくれることは、最高にしあわせ。

わたしの母にもいろんな顔がある。
或る時、「娘さんと一緒に出かけてお昼ごはんなんて、しあわせねぇ。」
いつもの慣れた店で、ごはんを食べに来ていた年配の女性に
そう話しかけられた母は、「そうでも思わなくちゃねぇ。」と答えた。
そんな癖のある答え方は、昔からの習い性どおりの顔が反応しただけで、
忘れてしまうから現在の母に他意はない。
聞くと、話しかけた年配の女性は桜島の見える所から嫁に来て、
数年母と会っていなくてさみしいのだという。
物理的な距離が離れていてさみしいのと、物理的にすぐそばにいてもさみしいのと、
さみしさにもまたいろんな顔がある。

店を出た後で、母にさっきの女性の「しあわせねぇ」の背景を説明したら、
「わたしはそんなに遠くまで会いに行くエネルギーはないねぇ。」
つまり、母は遠くで待つ彼女の母にではなく、
話しかけた女性の側に、つまり子の側に、もしも自分だったらと自分を重ねたのだ。
年取ったり若返ったりする母には細やかな手助けがより必要になってきた。
クオリティ・オブ・ライフという言葉があるのだけれども、
母のクオリティを維持するために、母の行動に多くの観察と多岐の予測が要る。

母は、自分の近親者以外にはなかなか心を開かないので、
母の妹でも姪でもないわたしは、母にとっていろんな顔を持つ。
或る時は立ち寄り風呂で背中を流しながら幼馴染みになったり、
或る時は夕げの仕度の最中に「セイは(どこ)?」と訊ねられるセイになったり。
もう、そういうことには驚いたりがっかりしたりしないようにしている。
母にしあわせでいてもらいたいと気持ちを定めたので、
ごはんを食べに出かけたり買い物に行ったり毎日一緒に遊ぼうと思っている。
ただ、母には最高のしあわせをあげることができない。
母にとっての最高は、父と一緒に山に登ったりドライブすることだからだ。
父になることはできないし、代わりにもなれない。

或る時ではなく時々、母はわたしを「おとうさん」と呼ぶことがある。
さすがに蓋をしたはずの気持ちがぐらりとする。
・・それはいろんな顔のあるわたしの中の、十分未満だろうか。
母にとってわたしがいることは、『じゅうぶん未満』と読むしあわせだろうか。




今夜のお写真は、花や鳥を。



□山のふもとの公園
c0002408_495069.jpg
西洋シャクナゲ、真っ赤。


c0002408_421912.jpg
西洋シャクナゲが群生している。


c0002408_4103264.jpg
燃えるようなツツジ。


c0002408_4114289.jpg
タチツボスミレ。 調べてみたらシソ科カキドオシ(垣通)なのかも。葉が円形。


c0002408_4121997.jpg
タチツボスミレ、こんな風に緑の中に青い点々。


c0002408_4132181.jpg
小さな川が流れている。


c0002408_414019.jpg
警戒してしきりに鳴くこの鳥はなに?


c0002408_4144579.jpg
筆リンドウという。子どものこぶしくらいの大きさ、小さく可憐な花。




□もうひとつのしあわせ
c0002408_42418.jpg
贔屓にしている洋食屋の主がしきりに娘ちゃんの愚痴をこぼすと思ったら、ちかじか結婚するのだって。
花嫁の父のために作って店に置いてもらった花かご。お嫁さんにはスズラン。花言葉は純潔。

われわれはの顔
[PR]
by NOONE-sei | 2012-05-29 01:30

49夜 今年はおりこう


夏の足音が感じられるようになったんだよ。
繰り返し繰り返し規則正しく訪れる花の順番や鳥の声。
・・ほんとうのことを言うと、急におりこうになったのだけれど。

梅、彼岸桜、花桃、連翹、タンポポ、ソメイヨシノ、しだれ桜、実の生る桃、梨、林檎、
八重桜、ハナミズキ、シャクナゲ、ツツジ、、、、
ほらね、ちょとまちがっているかもしれないけどだいたいの順番が言えるよ。

昨年の春に、友人がしきりに
「今年は花の順番がおかしくない?おかしくない?」
そう言われても、追いつけない速さで駆けるように咲き続ける花に、
昨年のわたしはただ圧倒されていた。

今年は狂ったような咲きかたじゃなかった花々をちゃんと見ていた。
例年の順番がどうで、今年がどうなのか、やっとわかった。
放射能が降り注いだ昨年がどうおかしかったのかも、やっとやっとわかった。

ただね、花が終わってしまうと、桃や林檎や梨の果樹が見分けにくくなる。
それは、果樹畑を持つ農家が精一杯の作物を作るために、
汚染を取り除くために木肌を剥(む)いてしまったから。

田んぼには水が入った。
虫を啄(つい)ばみに水に鳥が入る。
昨年は消えてしまった鳥の声が今年はよく聞こえていて、
これがこのウェブログの文章を目で読む人たちの耳に聞こえないのが
たいへん残念。




今夜のお写真は足音を聞いて欲しいような花々を。




□庭の花々
c0002408_3551344.jpg
イチゴの花。


c0002408_3552678.jpg
オダマキ。


c0002408_3553696.jpg
クリンソウ。


c0002408_3554668.jpg
シャガ。


c0002408_3555552.jpg
シャクナゲ。福の島の県花だったか?


c0002408_356370.jpg
スズラン。


c0002408_3561371.jpg
ツツジ。


c0002408_35623100.jpg
パクチーの花。


c0002408_3563352.jpg
忘れな草・二輪草・シャガ・クリンソウ・アップルミントで作った花かご。



□漫画
c0002408_359452.jpg



c0002408_3591579.jpg



c0002408_3592766.jpg
大友克洋がやっと動いた。
懐かしいので「AKIRA」を発掘して久しぶりに再読。

もうひとつのおりこう
[PR]
by NOONE-sei | 2012-05-24 01:25 | 趣味の書庫話(→タグへ)

48夜 駆け足の春


いそがなくちゃ、いそがなくちゃ。
春は急に駆け足になった。
今夜はおはなしよりも、時計を気にしているアリスのウサギが、
せっせとお写真を載せてみるよ。


□福の島の春
c0002408_4121865.jpg
小雨が降る日の連翹と桜。
遠くの山はけぶって見えない。


c0002408_4132651.jpg


c0002408_4133630.jpg


c0002408_4134597.jpg


c0002408_4135592.jpg
晴れた日のつい先日。
天気が良すぎてお写真がかしゃかしゃした画面なのが残念。


c0002408_4154876.jpg
まっすぐ正面が吾妻山。
もう、種まきウサギが山の右手斜面に跳ねている。
田んぼには赤や青のトラクターが入っている。桃や梨の花も満開。
そのお写真は次の夜に。


c0002408_4184851.jpg
芳しい水、芳水と呼ばれるしだれ桜。


c0002408_420189.jpg
・・でも、やっぱりしだれ桜って、不気味だと思わないか?


c0002408_4205872.jpg
しだれ桜のすぐそばで、田植え用の苗を作っていた。
ビニールハウスの中にびっしり。発芽には温度が必要なのだって。

うまいがないろいろ
[PR]
by NOONE-sei | 2012-05-02 01:10