<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

42夜 うるうるの年


寒さも冬の真骨頂、二月半ばは春を願う祭りがたくさんあった。
実際にはあんまり冬の寒さがたけなわなので、
火を燃したり脱いじゃったり飲んじゃったりして、
そうでもして祭りで目覚めさせなければ春は眠っている。

あんまり今年の滑り出しが縁起よかったものだから、
二月はちょとまずかった。
PCは幼児化するし愛機バンコランは不良になるし。
もうすこし手をかけて子どもから大人にしてやらなくちゃいけない。

ところで子どものころで印象深いことってある?
普段は記憶が眠っていて深いところに沈んでいるのに、
ふとした現実の出来事で呼び覚まされることはないか?
わたしは今日、目覚めちゃったよ。

今日は雪がしんしんと降っていて、
それでも凍るような雪ではないから母と小高い山のピザテリアに昼ごはんに行った。
そこから見る景色は、晴れていれば遠くに吾妻山も安達太良も霊山も蔵王も、
たいそう美しくて、母のお気に入りの場所。
けれど凍るような道も怖いが今日のようなべたつく雪も怖い。
上りの坂道でスリップして、雪道の運転の仕方を久しぶりに思い出した。

目覚めたのは運転のことじゃない。
そのあとに連れて行ったスーパーマーケットでの出来事。
母から離れて必要な物を買い揃えていたら、
店内放送が二度も三度もわたしの名を呼ぶ。それもフルネームだ。
大急ぎでレジにかけつけたら母がにこにこ待っていた。

やられた。
子どものころ、わたしはデパートでそれをやったことがあるのだ。
迷子になって、母の名を店内放送してもらい、たいへん慌てさせた。
さぁっとその時のことが蘇った。

・・今年は閏年(うるうどし)なのだって?
もしや今日は、うるうる年のうるうるの日?



                         *   *   *



もうすぐ雛祭りだから桃の節句のお写真を。
雛が成長するように。
c0002408_3171579.jpg
雛飾り。赤子が載っている。


c0002408_3175541.jpg
紅白の餡。


c0002408_3181138.jpg
内裏雛の抹茶碗と和菓子。


雛ではないが、鳥のお写真は次の夜に。
[PR]
by noone-sei | 2012-02-29 23:59

41夜 冬の音


二月二日は頭痛の日なのだって。知っていた?
わたしは全然知らなかったよ。

秋にひどく頭痛が続いて、受診したら十代から偏頭痛だったことを初めて知った。
頭痛を病気というか持病と捉える認識が全くなかった。
頭が痛いと音がつらい。
音楽で気を紛らわすけれども、身の回りの物音はつらい。

この冬は頭痛がほとんどない。
冬は物音もせず静かと思うだろう?
でも冬には冬の物音があるんだ。知っていた?
これは知っていたよ。

朝、近所で雪かきをするざっざっという音。
起きて着替えた時の、セーターの袖口から寒さが入り込むすーすーという音。
・・ちょっとこれは気のせいかも。
出かける時に履く冬仕様ブーツの靴底についている、滑り止めエッジのざくざくという音。
部屋の石油ストーブに載せた、やかんが湯気を出してかたかたという音。
屋根から、雪とつららが落ちてくるどさりという音。
寝る前に、凍結しないように少しだけ蛇口を開いておく水道のぴとんぴとんという音。
外の吹雪の、ごぉごぉという音。

ところが寝ていたらぼちゃんぼちゃんという音で目が覚めた。
屋根の雪が家の継ぎ目を伝って暖まった家の天井から落ちてきた。
こんなにひどい雨漏りは初めてだ。
家の中に洗面器を置いて手ぬぐいを入れ、音を消して眠ったのだけれど、
これは雨漏りというの?水漏れというの?それとも雪漏り?




今夜は雪景色のお写真を。
あんまりひどい雪だとお写真も撮れないので、そんなに積もっていない日のお写真ね。

c0002408_2393174.jpg
雪の中の白菜


c0002408_2395995.jpg
雪の中のねぎ


c0002408_2402564.jpg
外で蛇口を開いてある水道から水がはじいて氷ができた。


c0002408_2421218.jpg
昔ながらの農家と屋敷森。


c0002408_2424981.jpg
遠くの山。左隣が安達太良なのだけれど、けぶっていて見えない。


c0002408_2434849.jpg
林の中。


c0002408_2441823.jpg
地吹雪。左側から雪煙が立っているのが見える?


c0002408_2451310.jpg
地吹雪の真っ只中なので、何も見えない。



□おまけ
c0002408_246974.jpg
朝から雪かきをし、犬猫を雪の中で遊ばせ、ごほうびに贔屓の蕎麦屋へ。
お銚子一本頼んだら、酒を切らしているからと店主が自分の地酒を出してくれた。
四合瓶から馳走になったのは二杯なのに、
酒を飲まない王様は、わたしをうわばみのように思っている。まったくもう。

雪の獣
[PR]
by NOONE-sei | 2012-02-02 01:04