<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

72夜 ときおりの休息 参  変わらないこと


 ・メンタルな話なので引き寄せられる人は読まないほうがいい

変わらないって、どんなイメージ?
変わらないことの良さ、安心感、安定感。
けれど、ものごとには両面があって、
変わらないことは醜悪だったり、怠惰だったり、凝り固まっていたりもする。
変わらないものの最たるイメージ、永遠というものは美しそうだけれど、
躍動に欠けていて老いたままを維持するとも言えないか?

清濁合わせ飲む、という言葉があって、これはとても危険な言葉だと思いつつ、
わたしはよく「折り合う」という言葉で折り合いをつけている。
もしかしたら、ありっこない境地を清濁のなかに見ているからかもしれない。

父を失ったり人との別れがあったり、
許し許される「ほどのよさ」を保つために淡水の交わりで折り合ったり、
悲しいことに変わることへの耐性をつけるために目をつぶったり耳を塞いだり。
後ろ向きに限りなく近い及び腰は、つまり臆病になってしまったからだ。
ほんとうはそれを大人の振る舞いと言えるだろうか。

言ってしまおう。 ・・今年になっての文章が嫌いだ。
どこか真綿でくるんで触りのいいところを泳ごうという意図が嫌いだ。
「王様の千と線」を始めた、破裂するようなものを抱えてどきどきしながら書いていた頃、
わたしは幾度こころが死んでもユーモアがいつかきっと助けてくれると信じていた。
現実が苦いものでも、書くことの苦さで相殺される、どこかでそう思っていた。

ではそれらは皆、塗り替わったんだろうか。
変わって替わって望みどおり、怠惰な安定を手に入れられたんだろうか。

諦めながらそれでももがいてしまうのは、
変わらないのではなくて変わり得ないから?
だとしたらずいぶんとそれは、業が深いものだな。




                          *  *   *



今夜のお写真も喫茶店のつづきを。

□大阪で見つけた喫茶店
c0002408_2155193.jpg
大阪環状線を降りて、ジャンジャン横丁に向かうところ。


c0002408_216215.jpg
この喫茶店から、可愛いウェイトレスのおねえさんがコーヒーの出前に行くのを見かけた。
すぐ近くの店で将棋を指すおじさんが注文したのかな。


c0002408_2161611.jpg
これからお店が開店、しっかり掃除。


c0002408_216308.jpg
大阪ではいつも思うのだけれど、食品サンプルが素敵。


c0002408_2164370.jpg
実は午前中。この店もモーニングサービスをやっている。



ところで鰐号が来月、甲子園球場に再び行く。
わたしとの旅が予行演習になって今度はひとり旅。
甲子園から始まって名古屋ドーム、東京で六大学野球、十日くらいかけて野球漬け。
ついこの間までは高校野球に夢中だった。
[PR]
by noone-sei | 2010-08-27 02:37 | ときおりの休息 参(12)

71夜 ときおりの休息 参  王道


おじさんが好き、というわけじゃないんだ。
かなりのファザコンを指摘されるんだが、だからといって
おじさんが無条件に好き、というわけでもないんだ。

敬愛しているというのかな。
条件は、素敵なおじさんじゃなくちゃならないんだが、
職業が必ずしもそうでなくとも、人生の師という印象のある、
先生という冠(かん)があってもいいと思うような、そんなおじさんをそっと見たい。

わたしの個人的な趣味の世界だから、妄想の世界と際どく重なっているんじゃないかな。
おじさんは煙草が似合って、新聞が似合って、足を組んで座る。
そしておじさんはジーンズを履かない。
悪いが、禿げてちゃいけない。銀髪でなくちゃ。声は静かで低い。
奥方を失くしていて、娘はとうに嫁に行っていて、男友だちを幾人か持っていて、
ときどき喫茶店でくだらない話をするでもなくする。

そんな女の人って、いる?
おじさんじゃなきゃ、さまにならないような風情だと思わないか?
だって、ちょとさみしそうじゃないか。
女の人は、さみしくならない術(すべ)を心得すぎているから、
そういう儚さはないんだ。



今夜のお写真は、京都でいちばん行ってみたかった喫茶店、「喫茶セブン」、
カフェと呼ばないでくれ。

□喫茶セブン
c0002408_20495791.jpg
雨の降る午前中。通りに面した入り口。


c0002408_2050911.jpg
美しい店内。


c0002408_20501718.jpg
ドリップで淹れた濃い目のコーヒー。店主がチョコレートをそっとくれる。


c0002408_20502680.jpg
美しいグラスに入れた水。


c0002408_20503425.jpg
素敵なおじさん達。



詳しいことはこちらとかこちらで紹介記事がある。


お顔が写っているかたがた、
もしどこかでこのウェブログを見かけて障りがあったときは言ってください。
すみやかに削除します。

[PR]
by noone-sei | 2010-08-24 21:51 | ときおりの休息 参(12)

70夜 ときおりの休息 参  狭いところ  


どうしてもそうしたい、とか、
これを知ったらほかは考えられない、とか、
まるで「狭いところ」からより「狭いところ」に入ってゆくような衝動ってないか?

関西の旅は、鰐号は野球の旅、終始一貫「狭いところ」。
わたしは会いたいひとに会う旅だった。そして大阪では鰐号に観光案内をすること。
ただ、「狭いところ」での目的はひそかにあって、京都では喫茶店に入りたかった。

京都は喫茶店の街だ、そう閃(ひらめ)いてしまったから、
行きたい喫茶店を基点にして歩くことになった。
「広いところ」から絞り込んだら「狭いところ」に行きたい喫茶店もあった、という順番でなく。

朝の七時からモーニングサービスをやっている喫茶店は、
わたしの住むこの地にはもうなくなってしまった。
ファミリーレストランやファーストフードではなくて、喫茶店。・・とてもさみしい。
夜行バスは早朝に着く。京都で朝食をどうしようかと思ったとき、
喫茶店でと思い浮かばなかったこと、・・それもさみしい。

喫茶店って、文化なんじゃないだろうか。
京都に文化があるだとかないだとか、そういう広いことはわからない。
けれど、「狭いところ」での「一杯の豊かなお茶」という心栄え(こころばえ)というか心晴えは、
たしかにあるように思うのだけれど。



今夜のお写真は、京都の喫茶店。


□寺町
c0002408_257824.jpg
全国に何店舗もある変哲もない店だと思うだろう?


c0002408_2571718.jpg
気取っておらず、良心的なモーニング。


c0002408_2572882.jpg
選んだのはこんなサンドイッチ。


c0002408_257413.jpg
一階、実は奥に坪庭がある。


c0002408_2575484.jpg
二階には落ち着きがある。


c0002408_258458.jpg
二階奥。ぜんぜんこじゃれていない。


□有名店
c0002408_2584170.jpg
イノダコーヒ本店


c0002408_2585148.jpg
イノダコーヒ本店


c0002408_259211.jpg
イノダコーヒ三条店
イノダコーヒも良いのだけれど、わたしにはもっと「狭いところ」で行ってみたい喫茶店があった。
それはまた次の夜に。

お盆は
[PR]
by noone-sei | 2010-08-18 03:45 | ときおりの休息 参(12)

69夜 残暑見舞い


ゆうべ、ほんのわずかな時間だったが、スイッチョンが鳴いた。
なんだかとても嬉しい。

68夜からずっと雨は降らず酷暑で、夜には高原の風も吹かない。
冷房機のないわたしの茶の間では居るだけで汗がしたたり落ちる。
朝は外で草むしりをし、日中は犬に涼をやり、用足しをし、夕方は庭や屋根に水を撒き、
やることがたくさんありすぎて、PCからはすっかり離れてしまっていた。
毎夕のわたしの水撒きに触発されてか、
近所もあちこちで夕方になると屋根に水をかけるようになったのがちょと可笑しい。

家の中に陽が射さないよう、よしずやすだれで工夫したら、山の家がまるで海の家に。
毎日、気を張って気温と戦っていたのに連戦連敗、
やるだけのことをやったのだけれど、それでも完全敗北、ついに冷房機を探しに行った。
それも混んでいて、やっと在庫を見つけ工事の契約をし、お盆明けにエアコンが来る。

待ち遠しいので、日めくりカレンダーを作ってみた。
仰々しく「クーラー発動まで、あと○日」、その横には逆さてるてるさん(てるてる坊主)。
今日の夕方は少しだけ雨が降った。
ところで、宇宙船艦ヤマトの波動砲の正式名称は、艦首波動砲というのだって。知っていた?




今夜は、『ときおりの休息』をお休みして夏のお写真を。


□試験
c0002408_250529.jpg
七月末に、大学の中間試験があった。今年は「人格心理学」を受講している。
人格というと、まるで人の格付けみたいなので「パーソナリティ」と置き換えて学ぶ。
試験はノート持込可。前期は帰属理論、類型論、特性論、フロイトの心的装置について。
フロイトのことを初めて知った気がする。



□山
c0002408_2582988.jpg
安達太良のふもとの森。


c0002408_303466.jpg
栗の子。これから大きくなる。


c0002408_311967.jpg
山繭というの?蛾の住処(すみか)かサナギの揺りかごか?



□夏のあじわいをどうぞ
c0002408_949195.jpg
前菜は、ぐみの蜂蜜サワージュースと、モッツァレラチーズとトマトに生ハムが載っている。


c0002408_352970.jpg
トルティーヤに、チーズソースとミートソースとサルサ。


c0002408_381418.jpg
混ぜて冷やすだけの簡単チーズケーキ。
奥にあるのは蜂蜜ミード、現在発酵中。先日作ったどぶろくはまあまあの出来ばえ、
夏のさわやかな飲み物ということで氷を浮かべて飲んじゃった。
[PR]
by noone-sei | 2010-08-12 03:13