<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

17夜 ふんだりけったり

 ・嫌いな人は読まないほうがいい

カッコウの声を聴き、ツバメを見、人も衣を替える季節になった頃、
行く道々が恐ろしいものに変わる。

「綿羊を観に行くべなー。」
そう言って、夕暮れになると犬を連れて散歩に出掛けるのが日課になった頃、
田んぼには水が満ち、昼の暑さは道路に残り、
綿羊のいる、お大尽の広い敷地にたどり着くまでの道々は、
周囲の景色を楽しむことより地表に目を凝らす道のりに変わる。

幾度も車に轢かれて干からびた、足があると自分の脳に刷り込んだ長いものは、
乾いて飛んでいってしまったか、道路にはすでにない。
けれど、一度見たからもう大丈夫と安心してはいられないのだ。

先日、車で山道を走る機会があり、たいそう長いものが白い腹を出して道路にのたばっており、
それを避けて運転はしたものの、目はその白に釘付けだった。
幸い、同じ道を覚悟して帰るときには消えており、おおかた脳震盪でも起こして長々と道路に寝そべっていた、
その時にちょうど出くわしたんだろう。
本当に山道というものは一度で終わらないもので、帰りの道路では、今度は路肩に丸くなったタヌキを見た。
脳震盪であればいいけれど、きっと車に当たってしまったんだろう。
二度見たくないものを見たその晩は、きわめつけに中学の同級生の訃報を聞き落ち込んだ。

一週間前に腰を傷めたんだが、寝ているとろくなことを考えない。
立っていると、ぐずぐずっと腰が砕けるような妙な感覚が走る。
それでも身体に起こったことを認めることができず、さして大切にせずに過ごした。
今日は母と鰐号を高校野球の試合観戦に、山のふもとの公園にある球場に連れて行った。
試合が始まると鈍痛で座っていられなくて、ひとり外の芝生にゆき、ベンチで寝ていたら、
ふたりが応援していた高校は大差のコールドで負けた。

帰りの車までは大きな公園を抜ける。
銀杏並木がまるで外国のようで美しく、芝生を踏んで歩くのも気持ちがいい。
そうしてふたりを連れて車に戻ろうとした時に、なにかを踏んだ。
乾いて長い、言葉にするのもおぞましいものの抜け殻だった。
不覚にも周囲の景色に気をとられていたので、ぎょっとして立ちすくむような感覚に落ち込むのに、
足だけは素早くそれから離れた。

そうだった、人だけでなく、あの長いものにも衣替えがあったのだったなぁ。




今夜は綿羊を観に行く道々の風景を。
c0002408_223077.jpg
桃の実はまだこんな大きさ。
ちょうど梅の実くらい。これが夏には桃色の丸い実になるなんて不思議。



c0002408_2231562.jpg
道々の田んぼはこんな感じ。



c0002408_2232759.jpg
田んぼの畦(あぜ)に、草が生(は)えている。食べられない豆が生(な)る。



c0002408_2233950.jpg
田んぼと桃畑の間を流れる小川に、白い猫が。



c0002408_2235091.jpg
目的地、お大尽の敷地の綿羊。





おまけ
c0002408_224550.jpg
草を食む牛、二頭 、、嘘。

おおきな牛(嘘)
[PR]
by NOONE-sei | 2009-06-09 02:39