<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

96夜 天界と下界


天界からは初雪がとうに降(お)りた。
初雪の降(ふ)る晩はいつもそうなのだけれど、
底冷えがするのでなんとなくそろそろだとわかる。
古い骨の傷がきしきしと、しんしんと、それを知らせる。

雪は降ってしまえば、積もってしまえば、心なしか温かいのだけれど、
こうも寒を呼び込まなければ初めの雪は降りてこないものだろうか。
「凍み死んじまう」と田舎の年寄りは言う。
ひとも凍(し)みて凍(こお)るほど、寒いと感じるのは、
秋から冬が急にやってくるから。

天界と天上界というものにはちがいがあるんだろうか。
そのどちらかわからないところから白いものが降りてきて、やがて霜にあたると、
下界では青い野菜が甘くなる。
青い野菜が冬のものだと知ったのはそう昔のことではなく、
凍みてだめになる野菜と、凍みて青みを増す野菜の別が、今でもよくわからない。
けれど、白い野菜のことはわかる。ふっくらとするから。

ゆうべは、カブを皮のついたまま、丸ごと煮た。
大根ならたとえば鶏肉と一緒に塩味で煮る。
白菜はフライパンで蒸し焼きにする。
お百姓のようなわけにはいかないが、うちの畑の白菜も、すこし巻いてきた。

今朝は外のバケツに薄氷が張っていた。
次は何色の野菜が甘くなるんだろう。

本日の子犬
[PR]
by NOONE-sei | 2008-11-28 02:16

95夜 動物になってしまう


鬼にも蛇(じゃ)にもなれるというじゃないか?
愛する者のためならば。
その強烈な喩(たと)えにくらくらしてしまう。

火の中水の中、と自然界のものを喩えることもある。
総じて、身を挺して大切なだれかを救いたいという強い願い。
そんな気持ちになったことがあるだろうか。

「お母さんと一緒に死のう。」
そう言って裸足のまま小さなわに丸を引きずって外に出たことがある。
あんまり悪い子で他所様(よそさま)に迷惑をかけるから、
神経どころか脳幹そのものがぶつりと切れたように血が逆流した。
ところが外は、雪の日でもなく海でもなく、もちろん火の中でもなく、
ただのおっとりとした田んぼ。
救うだとか願うだとか、そんな尊い気持ちはみじんもなく、
ただの本能の、瞬間的な反応だった。

なにかを喩えるのに動物になぞらえることがよくある。
鬼も蛇もちょと勘弁してほしいけれど、
ちかごろ、うちにはムササビがいる。
床からそれはそれは高く跳び上がる子犬を王様と鰐号が見て、
「ムササビジャンプ!」と笑う。

笑ってはいられないのだ。
迎えたときから頭ひとつ大きくなった子犬は、
蛙のジャンプのケロリンとか、ケロ コ とか、なさけないジャンプではなくなった。
脚の付け根の筋肉の線がはっきりと見える。

あのころ鰐という動物の調教に苦戦したわたしは、
いま、自分が動物になって子犬と戦っている。
ジャンプしたら必ず潰すし、転ばすし、ときには頸に噛み付く。
向かって来た首の付け根を持って、左右に揺らすさま、どこかで見たような。
そうそう、相撲取りの稽古でこういうのがあった。

・・つまりわたしは今、ムササビ部屋の親方なのである。


c0002408_11385839.jpg


これはなに?
[PR]
by NOONE-sei | 2008-11-12 11:35

94夜 どの口がそれを言う


子犬の一日はあっという間で、しっこうんこ食う寝るの繰り返し。
むくむくと大きくなるというのか、ずんずん大きくなるというのか。
なりは小さいが頑丈で、足にからみつくのを蹴飛ばして歩いても、
ころりんころりんとうまく転んで、怪我をするということがない。

鰐号が名づけたペロ コ 、迎える数日前から、
長幼の礼で人間の口元をぺろっと舐めたらそう名づけようと決めていたらしい。
けれども初めて顔を見たら、
 「・・へちまに似てる・・、名前、どうしよう。 ・・へちま?」
子犬はあわやへちまにされるところ、鰐号に長幼の礼を示したので当初の名になった。

さて、当たり前のはなしだが、犬は口を利かない。
子犬についても同様で、迎えた晩の夜鳴きさえしなかった。
人にはべたべたと甘えるので困惑する。
甘噛みとは名ばかりで、なにが甘いか辛噛みではないかというくらい、
がしがしとあらゆるものを噛み続け、前歯はあっという間に無くなった。
無くなったと思ったら翌日には永久歯が生え始める野生の強さ。
歯が無くては子犬といえど、戦えないだろう。

内臓はまだみっちりしておらず、腸の成長はまだまだだ。
つまり、栄養分をきちんと腸が吸収しきれない。
すると困ったことが起こる。 ・・食糞。
栄養の匂いと排泄の臭いの区別がつかないのだ。

喋らないその口で、へちまの子犬は長幼の礼を示す。
 「よろしくお願いします。」
どの口がそれを言う?
どの口がそれをする?




今夜は秋も仕舞いのお写真を。

c0002408_3564025.jpg
裏磐梯デコ平のブナの樹。


c0002408_357054.jpg


c0002408_3571351.jpg
ブナの林を歩く。


c0002408_3572678.jpg
カラマツの黄金(こがね)はもうお仕舞い。
紅葉もこれで終え、冬に向かう。




c0002408_3574169.jpg
例年どおり、デコ平から磐梯山を観る犬。
あいにくの天気で、磐梯山は雲に隠れて見えない。


c0002408_3575476.jpg
今年は子犬が磐梯山を  ・・観るわけがなく逃走。

ちかごろの犬たち
[PR]
by NOONE-sei | 2008-11-05 04:15