<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

数のない夜  彼岸があけて


夜話はそっと語られ森に置いてくるもの。
数のない夜は父をおもうわたしのために語るもの。

ついこのあいだ盆送りをしたと思ったら、彼岸になった。
盆にしか家に戻らないなら、向こう岸から手でも振ればいいものを。
秋彼岸の花は萩、棚からぼたもちも落ちてこないから、
もとより好きでもないおはぎは作らなかった。

時が傷みを和らげるそうだけれど、悼(いた)んでなお痛いところに
追っかけ追っかけ彼岸までがやってくる。
追っかけ喪中葉書の準備を終えればやがて追っかけ一周忌の準備、
追っかけは、じきに、というより文字通り追いかけてくるような、この地の言い回し。

気ぜわしいのはわたしだけではない。
果物の里、この地の秋は忙しい。
彼岸を境に梨は美味さを増すのだそうで、二十世紀や豊水が出回ってきた。
彼岸の入りには桃もあり、ゆうぞらという品種が桃のおしまい。
時期を重ねてリンゴも出始め、さんさという品種を食べながらゆうぞらも食す、季節の不思議。
さんさ時雨は唄にあり、彼岸の入りは雨つづきだった。

葡萄はさまざまな品種が短い季節に出回る。
夏の終わりにあずましずくから始まり、巨峰、スチューベン、ピオーネ、ハニーブラック、、、
じつはそれぞれ味の違いはあるが、わたしは目で見ても品種の違いはわからない。
けれど、果樹園の近くを通りかかると、そこは空気が甘く、果物の匂いがする。
香りというにははっきりとした、これから完熟期に入るひとつ手前の匂い。

どうしてこの地に生まれたのだろう。
わたしはさほど果物が好きではない。


                       * *


今夜は追っかけ追っかけ、季節のお写真を。

c0002408_219395.jpg
夏にはこんな黒いスイカ。実家で採れたから、と、持って来てくれた人があった。
ビンの中には、ズッキーニの花のマリネ。


c0002408_2192317.jpg
彼岸花をこんなに近くで撮ったのは初めて。


c0002408_2193753.jpg
彼岸花がこれから咲くところ。
南も北もいっぺんに咲く花。日本中に彼岸の中日を知らせるつぼみ。


c0002408_220249.jpg
彼岸花の群生は田んぼのあぜに沿って延々と続く。
その先には林檎畑があって、リンゴの赤に彼岸花の赤。赤の諧調を言葉で言えればいいのにな。


c0002408_220225.jpg
リンゴ。品種を聞かないでくれ。・・ふじじゃないリンゴ。


c0002408_2203530.jpg
梨畑は整然としている。


c0002408_2204971.jpg
ブドウ三種。
きみどりはオリンピア。奥はハニーブラック、手前は、、、なんだろう。
[PR]
by NOONE-sei | 2008-09-30 02:21 | 数のない夜(23)

閑話休題 四たび


100夜の折り返し、50夜以来、一年ぶりの閑話休題。
秋の閑話休題には芋煮を食べなくちゃいけません。

この地では豚肉や野菜のいろいろを入れ味噌の味ですが、
ほんのお隣の県、山形では牛肉に醤油味。野菜はゴボウとネギだけです。
山形出身の人に教わったレシピでずっとわが家の芋煮を作ってきましたが、
一度、本場山形で「山形の芋煮」を食べてみたいと思っていました。


c0002408_2315223.jpg
c0002408_23151659.jpg
これが山形の芋煮。どんぶりの底に里芋がごろんと入っている。
牛肉は、切り落としとバラ。こくが出るように。キノコは舞茸をたっぷりと。



王様とシワ コ のおはなし
c0002408_23153323.jpg
王様: シワ さん、これから野原で遊ぶよ。呼んだら戻ってくるんだよ。
シワ コ : はい。

c0002408_2316711.jpg
王様: じゃぁ、みんなと遊んでおいで。ぽんぽん。
シワ コ : はい。

c0002408_23162336.jpg
王様: シワ さん、あっちがひろびろしてるよ。ほら。
シワ コ : いいえっ。わたしはこっちでみんなと走りますから。

  ・・王様、シワ コ との交流はいかがですか・・。




c0002408_23164216.jpg
山の花。ツリガネニンジンという名を教わったような記憶が。


c0002408_231657100.jpg
名を知らぬきいろ。


c0002408_0185789.jpg
うすもも。


c0002408_23172645.jpg
山の庭の花。あお。


c0002408_23173987.jpg
ぴんく。



わたしの芋煮レシピ 再掲
[PR]
by NOONE-sei | 2008-09-25 00:29 | 閑話休題(22)

ときおりの休息  十  あやしげな幸


目に焼きついて離れないということがある。
恐いもの見たさということも、恐いから見たくないということもある。
恐怖なのは長いものの姿で、それは払っても拭(ぬぐ)えない。脳裏に焦げ付くのだもの。
今年の夏は手を合わせて勘弁して欲しいほど、長いものを見た。

蛇腹とはよく言ったもので、ひっくり返って道路にのたばって死んでいたそれの腹は白く、
たくさんの横皺があり、一瞬で目に全像が焦げ付く。
温まった道が気持ちよくて昼寝して車に轢かれてはじけたもの。
薬屋のショウウィンドで薬壜に浸かり精力の素などと冠されているもの。
よせばいいのに酒屋が焼酎の品揃えを誇るなかに紛れて酒に浸かるもの。
これから美しい湿原のニッコウキスゲの群生を観に行くというその山のはじまりに、
頼みもしないのに山を登るもの等々。

数えたら悠に五指を越えるそのほかに、幾つかのウェブログに載っていたものがあって、
いつもなら気をつけて勘を働かして避けるのに、わたしの防衛器官は麻痺していたらしい。
迂闊にも抜け殻まで見てしまった。
それらは不思議なことに、脳裏に焦げ付くのではなく、網膜がやられる。
長いもののはずなのに、脊椎を丸め、網膜の裏側に巻きついて離れない。

今夜のお写真は、恐いもの見たさ。



■銭湯にて
これは恐くない。
c0002408_026562.jpg
c0002408_0262082.jpg
c0002408_026386.jpg
ここはユーモラスな源ヶ橋温泉
お写真は緑でよく見えないのが残念だけれど、屋根には金のシャチホコと自由の女神が。
大阪には町の中に温泉があるということにびっくり。
町屋散策の後、タオルを一本友人に貰って一人で入浴。ほとんど一番風呂だったのだが、
すでにおばあちゃん達が居て、「ぎょうさん使いなさい」とわたしに石鹸を貸してくれた。
道を聞いたら分かる所まで連れて行ってくれるのはおばあちゃん。
遠くから来たんだね、と旅を気づかってくれるのもおばあちゃん。
大阪の見ず知らずのおばあちゃん達は、優しかった。



■商店街にて
これから恐くなる。
c0002408_0284489.jpg
労働者の町、新世界から南に行くと、飛田新地と呼ばれる場所がある。
商店街を歩いてゆくと大門があって、高い門柱には、昔、遊女が逃げないよう塀があった。
「ここからはカメラを閉まってね。」友人に教えられてからの道は、まっすぐ前だけ見て歩いた。



■料亭にて
恐いのに行きたかった場所がある。
そこは内も外もワンダーランドのような建物。
c0002408_029243.jpg
料亭の入り口には予約客の看板が。友人の心意気の計らい、「セイご一行様」。


c0002408_0292614.jpg
店の名は「鯛よし百番」、ここの意匠に囲まれて友人達と飲みたかった。


意匠の数々
c0002408_0294472.jpg
c0002408_0301272.jpg
c0002408_0302733.jpg
c0002408_0304371.jpg


廊下の灯り
c0002408_031828.jpg
c0002408_0314333.jpg
楽しく過ごした部屋は鈴の間。



罰当たりな願いを叶えて迎えてくださったかたがたに感謝を込めて
ひすさんご夫妻
Hugoさん
[PR]
by NOONE-sei | 2008-09-15 00:37 | ときおりの休息 壱(14)

ときおりの休息  九  食の幸みたび


三度(みたび)言おう。
どうしておなかには限りがあるんだろう。
そしてどうして、食べる機会には限りがあるんだろう。

鰐号がまだわに丸だった義務教育の頃、
わたしは毎月わに丸が持ってくる給食だよりを精読した。愛読したと言ってもいい。
季節のこと、旬のこと、郷土料理のこと、給食センターからのお知らせは手書きで、
幼稚園の頃のおたよりを思い出させるような懐かしさがあった。
わたしは毎日給食が食べられるわに丸がうらやましかった。

粗食献立という特別献立があって、麦の混じったご飯と、メザシと梅干、
昆布の佃煮なんかもついていたかもしれない。
カミカミ献立というのは、歯や顎にいいもの、小魚だったような記憶がある。
子どもたちのいちばん好きなリクエスト献立はカレーで、
献立表を見るとショウガとかニンニクとか、使用する調味料や食材が細やかに記されている。

わたしは山育ちなので、ひと学年が十数人の小学校だった。
給食はなく、毎日弁当を持って行った。
ある年、一日だけ全校給食の日があった。
どこかの旅館の厨房で親や教師が準備してくれたのかもしれない。
食べながら校内放送を聴いた。
就業時間がどうとか、十四歳まではどうとか、女性の教師がむずかしい話をする。
温かい昼食が食べられる嬉しさに、耳は片方開いていたかどうか。閉じていたかもしれない。

山あいの温泉だから、旅館の子もいたし住み込みの女中さんの子もいた。
今になって思うと、子どもが夜働いてはいけない、と言っていたのだろうと思う。
怪しい歓楽街では、小学生が日が暮れて歩いていようものなら客引きのおじさんに叱られる。
けれど旅館の中では、働いている子がいたのかもしれない。
おめでたいわたしは、そういうことがなにもわからなかった。

中学に入ると、ひと学年が四クラスあって、贅沢なことに自校給食だった。
昼近くなると、ときどきショウガの香りがした。
ショウガをたっぷりとすりおろしたカレーは、美味しい匂いだった。
そのあこがれの給食も、一年間で中止になった。
だから、わたしが一生のうちで給食を食べた機会は一年間だけ。

子ども達が「給食のカレー」が好きならわたしもそう。
だって、カレーにショウガを入れるって、給食の匂いで初めて知ったのだもの。




今夜のお写真は、給食ならぬ昼食、昼の定食を。

■大阪天満宮 天神橋商店街にて
c0002408_1403686.jpg


c0002408_1405173.jpg


c0002408_141813.jpg


c0002408_1411871.jpg
予約していた寄席は昼席だったので、商店街でお昼ごはん。
どれも目は食べたい、が、おなかに限りがある。
どうして昼食は日に一回なんだろう。


c0002408_1412975.jpg
結局食べたのは、一回で食べきれる量の、これ。
それにしても、どのお写真も、値段が安いと思わないか?



■おみやげ
c0002408_1414916.jpg
大阪は「おやつの町」だと、勝手に命名してしまおう。
とりすました菓子も悪くないが、こうした普段食べるような菓子が魅力的。
六月中旬は暑かったから、葛菓子が涼しげ。ゼリーじゃなく、寒天や葛が和菓子の良さ。
この日の夕方には飛行機で帰るから、日持ちを気にせずに持ち帰れた。


c0002408_142123.jpg
赤いのが気になるでしょ?
白餡にグレナデンシロップを混ぜたようなお味。お祭の味がした。

おまけのおはなし
[PR]
by NOONE-sei | 2008-09-10 01:51 | ときおりの休息 壱(14)

数のない夜  友へ


c0002408_1272028.jpg


その犬は2001年宇宙の旅にでかけ、宇宙の滝でくるくると遊泳をしている。
その犬は十六年生き、2001年を悠に駆け抜け、2008年の今日、船に乗った。
その犬はメスなのに男気があって、わたしの犬は歳を経るごとにその犬に似てくる。

ここにたくさんのハルゾウが居る。
かるかるになって旅に出たその犬の、幼い姿に会いに行こう。
[PR]
by NOONE-sei | 2008-09-06 12:31 | 数のない夜(23)

ときおりの休息  八  食の幸ふたたび 


コンビニエンスストアの食料品を食する人に、
コンビニママのごはん、などと揶揄する。
けれどそれは、家庭の味もいいけれど、時にはジャンクな味に惹かれるのでしょ、という
暗黙の了解つきの揶揄で、ほんとうにそればかりの人に言える言葉は、ない。
その一方で、家庭の味、お母さんの味、おばあちゃんの味。 
魔力があるような風化したかのような、そして ・・こわい言葉。

女子組の保護者達が塾に弁当を届けている。
子ども達は部活があり、学校からまっすぐ塾に寄るので食事を摂れないと案じ、
一軒が届け始めたら競い合うように温かい弁当が続々と届き始め、内容も豪華になっていった。
ところが子ども達はあまり喜ばない。そしてコンビニエンスストアに好きな物をぞろぞろと買いに行く。
困ったのは王様だ。
どこで食べさせよう、何時まで食べさせよう。
保護者が子どもの食を案じる背景に、一心でない心理が働いていることもわかっている。

夏の女子は目の周りを黒く化粧して塾に来た。
部活をサボタージュし、仲いいわけでもないのに、そんなときにはかばい合う。
突出した問題を起こすわけでもなく成績は悪くない、が、相手の目を見ない。
常に授業はあっという間に崩れるが、建て直しが利きにくい。
群れが群れの退廃を呼び、自浄作用が働かない。
これまで、素行が悪いとか家庭に問題を抱えているとか、さまざまな塾生を受け入れてきたけれど、
王様がこうまで女子に手を焼くのを初めて見た。

群れが閉じている。けれど一枚岩でもない。しかし、かといって切り崩せる割れ目がない。
石の感触はひんやりとしていて、堕ちてゆく速度が速まっている。
このままでいいわけがない。
女子組を受け持つ講師も受け持たない講師も、揃って授業を停め、全員と向き合った。

王様は、この塾がどんな目的を持っているかを話し、最後に、
「君達に食事を許してきたのは、君達に便宜を図ったのではない。
ご家族のお弁当に敬意を払ってきたのだ。」と言った。



                       * * *

気分を替えて、食の店のお写真を。


賑わって活気のある大阪の商店街にも定休日があって、
そんなときはひっそりしているのかと思うとそうではない。
シャッターの下りた休日の店の前には露天の店が並ぶ。
洋服や生鮮食料品や菓子や、さまざまな商品はどこから運ばれて来るのだろう。

c0002408_242833.jpg
朝の喫茶店でモーニングサービスって、ちょとあこがれ。
昔はよくあったように思うのだけれど。お写真を見ると、六時半からにびっくり。


c0002408_245553.jpg
カフェでケーキとお茶もいいけれど、コーヒーでないお茶、緑茶で甘味を食べるお店も素敵。


c0002408_25739.jpg
c0002408_252044.jpg
やっこという食堂の外観と店内。
昔、大雨の被害に遭ってもすぐに清潔な店内にできるよう、タイルの内装にしたのだとか。


c0002408_25323.jpg
素朴なお味のたこ焼き、百円。
粉ものって、おなかがいっぱいになってはいけないのじゃないかと思う。
卵がたっぷりとか、肉がぎっしりとか、もっちりとした食感だとか、大きいとか。
肉まんしかり、たこ焼きしかり。さして凝る必要を感じない。
おやつはおやつらしく、ちょっとの量だから邪魔にならないんだ。


c0002408_25411.jpg
寄席「繁盛亭」の近くのたこ焼き屋。


c0002408_255326.jpg
串かつ「ぜにや」の店内。
休みでなければ「てんぐ」に入るのだったけれど、それはまたいつかの次回のお楽しみ。


c0002408_26887.jpg
へべへべまで酔わないいい気分で歩いていて見つけた純喫茶。
純喫茶、いい呼び名。こういうサンプルって、夜は怪しげで素敵。


c0002408_261870.jpg
集ってくれたなかのひとりが、わたしに撮らせるために注文してくれたプリン・ア・ラ・モード。
ちいさなころのあこがれ。
それにしてもサンプルと違わぬデコレーションで供されるものなのだな。



※カテゴリについて
この「ときおりの休息 八」は、「新々々百夜話 本日の塾」に入っていますが、「ときおりの休息」とカテゴリが重複しています

[PR]
by NOONE-sei | 2008-09-06 02:47 | 新々々百夜話 本日の塾(6)