<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

29夜 にわとり鳥と鰐


山の小学校へ獣医のお供で出かけた。
お供と言っても、学校のウサギやニワトリをつかまえておいて、
子ども達が聴診器で心音を聴く間、じっとさせておくくらいのものなんだが。
28夜の子どもは嬉しくなってしまって跳ねていた。

今でも祭にはヒヨコを売っているんだろうか。
売っているのは必ずオスで、雌雄を見分ける技能の職業がある。
わたしが28夜の子ども達くらいの年頃、ヒヨコを買ってきたことがあった。
段ボールの中に電球を入れ、タオルをかぶせて寒くないようにして育てた。
そんなに大事に大きくしたって、白色レグホンはただのオスで、
成鳥になれば凶暴なだけで卵も産まない。

大工の父が大きな鳥小屋をこしらえ、どこからかチャボのメスを貰ってきた。
チャボは白色レグホンに輪をかけて凶暴で、飛べないくせに跳躍して人を蹴った。
成鳥のメスとオスの見分け方は簡単だ。鶏冠(トサカ)の大きさも体の大きさもちがう。
オスの特徴的なのはツメだ。ケヅメという、鋭く曲がったツメが脚の後ろに付いている。
跳躍しては、オスはこれで攻撃する。その攻撃の的に、わたしは幾度もなった。
可愛いと思った記憶がとんとない。名前くらいはあったかもしれないが。
最後は凶暴の極みになった頃、父のところにいた職人が貰い受けて絞めた。

学校の先生が、鳥の群れは子どもの情操教育に良くないんだとこぼしていた。
一羽を標的に、徹底的に群れで攻撃し抜く様をみせないよう、
その一羽は家に持ち帰って隔離するのだという。
けれど現実は、そんなふうに心をくだいて飼育する学校ばかりではない。

久しぶりにチャボをつかまえた。羽をくるむように手で抑える感触が懐かしかった。
学校では普段、飼育係以外は飼育動物に触る機会がない。
この日の鳥を触る子ども達の手は皆こわごわ、ウサギの首の皮もなかなかつかめない。
わに丸も小さい時は犬にも猫にも触れなかった。せめて犬にくらい触れなくてどうする、と犬を飼ったが、
動物が身近にいないまま大きくなる子ども達にとって、動物は皆、動くぬいぐるみだろうか。

明日は、シワ コ が山の小学校よりも小さな小学校にゆく。
では大きな、動くぬいぐるみに、子どもたちの前で吠えさせてみよう。


前回の山の小学校
・本日のお題は、回文になっています。上から読んでも下から読んでも山本山ね。
追って・・
 山本山は回文ではないそうです。下から読んだら、まやともまや、 ・・しくしく

[PR]
by NOONE-sei | 2007-06-26 02:27 | 新々百夜話 父のお話(8)

28夜 なにみて跳ねる


うさぎ うさぎ なにみて跳ねる
c0002408_23321016.jpg
ちょと顔はかわいくないのだけれど。
   
子どもたちがうさぎに触(さわ)る、初めての表情を見た。

c0002408_23341665.jpg
うさぎに触ってみたい人。はいっ。

c0002408_2335559.jpg
うさぎを見てる。うさぎも見てるよ。横に目がある動物は、だいたい350度の視界だもの。
なんだかどうしていいかわかんなくなって、ともだちに抱きついちゃった。

c0002408_23353740.jpg
猫のように首の後ろの皮をつかみます。抱っこの仕方の練習中。

c0002408_23382427.jpg
まず触ります。こわごわ。うさぎの首、持ち上げられるかな。

c0002408_23451565.jpg
聴診器、いろんな色。
これで自分の心音を聴いてから、うさぎの心音を聴くよ。

c0002408_2340588.jpg
おれにも聴診器、貸してけろ。

c0002408_23414686.jpg
うさぎの心音は速いよ、どお?聴こえる?

c0002408_23421619.jpg
うさぎを触って心臓の音も聴いたら、うれしくなっちゃって、子どもも跳ねる。
[PR]
by NOONE-sei | 2007-06-23 23:50

27夜 おばちゃんと呼ばないで


むかしむかし、あるところで店番をしていたら、
知り合いの年長のお姉さまが、ちいさな女の子を連れてやってきた。
お姉さまの住まいは店の近くだったので、いつでもお寄りくださいとごあいさつしていたのだった。

彼女は散歩の途中で立ち寄ってくれ、女の子を孫だと紹介してくれた。
孫のいる年齢だろうとは思っていたが、彼女はすらりと背が高く、
いつもスーツ姿やぱりっとアイロンを当てた白いドレスシャツ姿しか見慣れていなかったので、
女の子の手をひく姿が、すこし似合わないような気がした。

女の子は気軽におしゃべりを始めた。
「・・それでね、おばちゃん、、」

(おねえさんと呼べ)

「いつもご飯のときに、わたち、さいしょに、こんにゃくを食べるの。
おばちゃん、こんにゃく、好き?」

「きらい。(おねえさんと呼べ)」

「わたちはね、肉肉星人だから、こんにゃく星人じゃないの。
お肉じゃないといやなの。」

「ふ~ん。肉肉星の食べ物って、なに?」

「おにくの肉に、おさかなの肉よぉ、知らないの?おばちゃん。」

(おねえさんと呼べ)

「おにくはね、『お肉の味』がするんだぁ。」

・・・というわけで、このとき初めてわたしは、このこまっちゃくれから
「肉肉星人」という名前と概念を習ったというわけだ。
定義も概念もよくわからないままなんだが、以来、わたしの献立を考えるときの指標になった。

ところでこまっちゃくれ、じゃなくて女の子、
わたしの辞書に「おばちゃん」という言葉はないの。
なぜかというと、
わたしはおねえさんから一気におばあさんになる予定でいたから。
わたしの夢はね、いじわるばあさんになることなんだよ。
今?今はねえ、うーん、  ・・セイちゃんでいいや。


c0002408_18385067.jpg
肉肉星人が好きなのは、こんなの?
c0002408_1824090.jpg
それから、こんなのも?

うーん、こまっちゃくれな貴女から言葉を習ってからずいぶん経ったから、
わたしが思う肉肉星人とちょとちがうかも。 ・・・で、エビは、どっち?
[PR]
by NOONE-sei | 2007-06-16 18:35

26夜 そらまめ星人


おかずに二品(ふたしな)以上、動物性蛋白質が含まれる食卓を
わたしは「肉肉星人の日」と呼んでいる。
たとえば刺身と肉じゃがは肉肉星人だし、チキンカレーにツナサラダもそうだ。
けれど、エビフライにハンバーグは肉肉星人じゃない。
エビはわたしにとって肉でも魚でもない、区分されないものなので、
献立が高熱量かどうかが基準なわけじゃない。

食べ物になる夢を見るって、どうなんだろう。
じゃがいもになる夢を見たのは新じゃがが出回り始めてもまだ古いものが家にあったから?
ソラマメになった夢を見たのは腹いっぱい食べた話がうらやましかったから?

きのう、おつかいに出てソラマメを探した。
店頭に置いてあるところはひとつもなかった。
もう、時期が過ぎている。わかってはいたんだが。
未練でもいいじゃないかと冷凍ものを買った。


今夜は食卓の話。

下茹でした牛すじを 砂糖・醤油・山椒・シナモンで前夜から煮ていた。
鷹のつめを三本ぶつぎりにして入れたので、目が覚めるように辛い。
中華料理屋では鷹のつめは十本、素揚げにして入れるのだけれど、さすがにそこまでは。
丸ごと硬めに蒸したじゃがいもは大粒に切り、新玉ねぎもざっくりと切り、牛すじの鍋に入れる。
表面に煮汁の色がつけばおしまい、味が沁みこまなくてもいい。

摘まみ菜のように若くて柔らかな大根菜の束をさっと湯がいて刻み、椎茸とハチクも刻む。
つなぎ程度にごくごくわずかの豚ひき肉は、塩をすこし加えてよく揉む。
全部を混ぜて生姜をすこしすりおろし、よく混ぜたら、あんの出来上がり。皮で包んで蒸し餃子。
透けた皮のむこうに野菜の緑が見える餃子は、いただきものの酢醤油につけてラー油なしで食す。
この酢醤油のまろやかさは魔物なので、わたしは「美味しすぎるたれ」と呼んでいる。

ソラマメとサヤエンドウを茹でたのだが、
そんなに好きならと、王様が遠慮してくれたソラマメ、夢のようなどんぶり一人占め。
鰐号は、皮を剥(む)いていないソラマメは食わない。

・・せめて一粒なりとも王様にも食べさせればよかった。
目の前の夢に目がくらんで、ほんとうに一人で食べたのだ。
今朝は胃が重かった。
これは、食べすぎて当たったバチ?それとも人にひとつも分けてあげなかったバチ?
[PR]
by NOONE-sei | 2007-06-14 12:44

25夜 赤豆白豆


どれにしようかな それは神さまのいうとおり 赤豆白豆三度豆
ちいさい頃から知っている数え唄。調べると、地方によって唄の文句もいろいろ。

五月の季語にはソラマメがあって、店頭でいちばん見かけた五月の末。
でも値段は高くて高くて、おなか一杯食べただのと聞くと、地団駄を踏むほどうらやましかった。
わたしは豆類がそう好きなわけでもないんだが、
ソラマメだけは別、ソラマメになる夢を見るくらい、どんぶりにひとつ一人占めしたいくらい。

運動会だ祭りだ人寄せだ、、と、行事があれば当たり前のように赤飯を炊く人を幾人も知っている。
「赤飯に味噌汁、お新香、煮物があれば誰が来ても大丈夫。」
香の物は季節の野菜だろうし、煮物は身欠きニシンの煮物だろうか。
わたしの中の『お母さん』とはこうしたイメージで、お母さんとは偉いな、と思う。
そういうことに、母、西太后もわたしも疎かったからなおさら。

赤豆とはアズキのことだろうか。白豆とは白花豆?
北海道から両親に送られてくる赤豆や白豆のいただきものを いつもわたしが煮る。
今は好きになったけれど、ちいさな頃には赤飯が嫌いで、カレーをかけたら、バチが当たると叱られた。
それでも、煮てどんぶり二杯はあるアズキを食べきれずに、トマト煮込みにしたりする。
メキシコの料理には似たような豆料理があるのだから、いいか。白豆も、もっぱら豆のサラダだ。

三度豆とはエンドウ豆のことだろうか。畑のサヤエンドウはそろそろおしまい。
畑のものを見て歩いたら、今年はいいものをみつけた。
毎年、葉ばかりだった山椒の木に、実がなった。
しばらく見ていなかったアゲハの幼虫がもぐもぐと葉を食べてまるまると太っていた。
口を上から下に動かして葉を食べる様子にしばらく見入ってしまった。
あんまりかわいいので、ちょん、とちょとだけ頭に触った。ほんとは触っちゃいけないのだけれど。

今夜は豆のお話。でも山椒の実って、豆とは言わないような、、、。


c0002408_325039.jpg
山椒。葉は身欠きニシンの酢醤油漬けに香りが移るよう、一緒に漬け込む。

c0002408_33068.jpg
ちっちゃな瓶にひとつくらいの山椒の実。

c0002408_331428.jpg
サヤエンドウの白い花。この花が終るとさやが付く。

c0002408_332637.jpg
サヤエンドウと、育ちすぎて中から取り出したエンドウ豆。

c0002408_333957.jpg
                                                                 器は筑前のうつわや・作

映画「妖怪大戦争」には水木しげる翁が出演していてうれしかった。
忌野清志郎が妖怪ぬらりひょん、物語の結末の鍵になったのは、妖怪あずきあらいだったっけ。
[PR]
by NOONE-sei | 2007-06-10 03:32

23夜 シロツメクサの不思議


いつもゆく山のふもとの公園には、林ばかりではなく野原もある。
一面のシロツメクサがまぶしい。

ちいさな頃にはシロツメクサで花かんむりを編んだ。
編むのが楽しくてずっとずっと編みつづけ、しまいに花のなわとびにして跳んだ。
ふたりで両端を持って、ひ~とりふ~たりさんにんよにん、、、、
・・・なにか歌があったような気がするのだが、思い出せない。

塾の前庭に、雨水が貯まらぬようシロツメクサを植えて数年が経つ。
根が水を吸ってくれるし、いつも緑で美しい。
白い花が咲くと、子どもたちが摘んでは遊ぶ。
花なのだろう?白いものは。
緑の三つ葉はクローバーというのか?
それなら、白い花が付くこの時季だけ、クローバーはシロツメクサになるんだろうか?

子どもにはシロツメクサがよく似合う。
四つ葉のクローバーを懸命に探す姿も可愛らしい。
なにも得意なもののないわたしでも、四つ葉探しにはちょと自信がある。ちょとだけ。
塾のクローバーはたくさん増えたのに、四つ葉がほとんどない。
いちどだけわたしが見つけたけれど、塾の子どもたちはまだ見つけた子がいない。
ひとつ見つければ、その周りには必ずあるものなのに、塾では探せないのが不思議。
[PR]
by NOONE-sei | 2007-06-02 22:45 | 新々々百夜話 本日の塾(4)