<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

54夜 杭の上のカラス


昔、国語の教科書に「屋根の上のサワン」という物語が載っていて、
サワンとは鳥の名だったように思う。

教科書はその後何度も改訂があって、今の中学生はこの物語を知らない。
わたしは物語のあらすじをすっかり忘れており、誰かがサワンをサワシと誤って読んだ、
その可笑しさだけが記憶にある。
「屋根の上のサワシ」・・今思い浮かべるだけで、クラス中が笑いころげたその時に戻る。
笑うような物語ではなかったはずなのだが。

とても早起きした朝。
犬と散歩にでかけ、稲刈りが済んだ田んぼがちらほらある、澄んだ景色を眺めた。
田んぼには杭が打たれ、稲束が掛けられている。
まるで隠れる所がなくなったからのように、イナゴが減ったような気がする。

鳥がどの季節を教えてくれるのか、風物に関心を持たなかったわたしは物知らずだが、
この地ではトンビもサギも見るし、姿は見えなくとも、季節には良い声を聴かせる鳥もいる。
けれども、季節を問わずに姿を見るカラスは、異様な鳥だ。
大きすぎて黒すぎて、なにか心を許せない。

その朝、ある田んぼの杭の一本一本にカラスがとまっていた。
全部で二十羽はいたように思う。鳴き声はなかった。
そしてどこからか飛んできては、少しずつ増えてゆく。
不気味というより、奇妙な光景だった。

わたしはふいに、その集会に乱入したくなった。
これといった理由はない。けれど無性に。

田んぼのあぜをずんずん歩いて寄ってみた。
もちろん、カラスがわたしを歓迎するわけはない。
近づいたら一斉に飛び上がるが、飛び立つという形容は当たらない。
約束事のようにちょっと飛んでみせているだけ。
しばらくその場に佇(たたず)んでから、背を向けてゆっくりと歩き出したら戻ってきた。
わたしが見なくても、きっとあっちはわたしを見ていたんだろう。
鳥の俯瞰は精密なのだろうか。
色もきっと見分けるだろう。

カラスは知能が高いそうだが、わたしをいつまで覚えているだろうか。
次回の集会にも参加してみようかな。


c0002408_1811880.jpg
稲刈りを終えた田んぼ。稲束の積み方は地方ごとに特徴があるとか。
右手の雲の中に安達太良山が隠れて見えない。

c0002408_180587.jpg
夕暮れの田んぼ。ここで早朝、カラス集会が行なわれていた。
左手の雲の中には吾妻山が。

c0002408_1813366.jpg
夕暮れの彼岸花。大嫌いな花なのに、そのあまりの紅さに目が引き寄せられてしまった。
そうそう、昼は暑い日もあるのに、朝夕の涼しさにコタツを出してしまった。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-09-30 18:16

53夜 誤算


シラカワ、、という言葉は素敵だ。

京の白川を舟でゆく際に、都の風情を覚えていない程寝入ってしまったとかいう『白河夜舟』。
深い眠り。また、見もしないことを知った風に言うこと、とも。
シラカワには、いくつもの歌がある。おりしも今は秋。こんな秋の歌も。

  都をば 霞とともに立ちしかど 秋風ぞ吹く 白河の関

この歌の歌枕は奥州藤原氏の領地境、白河の関。
詠み人は、京の能因法師(後拾遺和歌集)。
ここでいう霞とは春霞のことだろう。

  春の霞立つ、京の都を立って旅してきたけれど、
     この地、白河の関に着いてみると、もう秋の風、白秋の候になったのだなあ、、、。
というような意味?

「立つ」は、「都を立つ」と「霞が立つ」、ふたつの「立つ」なのだろうし、
おそらく秋風の「秋」と白河の「白」も、白秋のことだろうしと、
あれこれと調べこじつけ、我流で現代語に訳してみた。
秋風ならぬ知った風(ふう)の、白河夜舟だ。おそまつも愛嬌と笑ってくれ。

名所旧跡を歌枕と呼び、韻を踏んだり言葉を掛けたり、、、。
古典の世界は遥かの彼方にあって、とても真似などできないけれど、
言葉のあやとりが大好きなわたしにとって、古典は魅力的なワンダーランドだ。

今夜は白河のお話。

先日、歌枕の場所に行ったのだ。
長年、地域とふれあう活動をした犬を表彰してくれるとか、白河の関の里が会場だった。
わたしが予定していた到着時間は、実は授与式の開始時間だった。・・勘違い。
偉い人達は、まるで社長みたいなおじ(い)さん達。
みんなすっかり着席していて、犬のシワ コ は重役出勤になってしまった。あらら。
しかも賞状の文面を読み上げられている間、シワ コ はギャラリーにおしりをむけて
突っ立っていたというわけ。こんなはずでは。・・脱力。

翌日の新聞に、授与式のことが載った。
シワ コ が介助犬として紹介されている。
え?いつシワ コ は介助犬になったんだ?・・誤報。
目が不自由で、介助が必要なのはシワ コ のほうなんだけど。

ところで、こんな風に歌を詠み、能因は奥州の歌枕のあれこれを京の都に紹介したので、
京の歌人達は幾人も、「白河の関」という美しい響きの歌枕の地を訪ねた。
が、能因の歌そのものは、実は京で詠まれていたともいう。
説話集「十訓抄」にその口承伝が、また、岡本綺堂はそれを戯曲の題材にしたとか。
これほど歌が独り歩きするとは思わなかった能因。・・計算外。
そこで、京の都、自宅の庭で、奥州の旅に出たような日焼けをしましたとさ。ほんとかな。

53夜。
今夜は誤算、ということで。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-09-26 23:28

52夜 夫婦善哉


夜中のTVで、飛行士達が宇宙に出発する前に行なわれた、
NASAでのインタビューの回想を観た。
宇宙で何の音楽を聴くつもりか、という日本人アイドルの質問に場が和んでいた。

コマーシャルが入った。
海のシーン。
酒の宣伝か?

テロップ 『夫婦の次は何になる?』

わたし 「えぇー?何になる?なんだろ、うーーーん、、 ・・骨。」

それを聞いて、王様がひっくり返った。
めおとぜんざい。

c0002408_182029.jpg

[PR]
by NOONE-sei | 2005-09-25 00:35

51夜 夏は朱、秋は白


人間の一生を四つの季節と色にたとえるとか。
夏は朱(あか)、秋は白。
だから朱夏と白秋。
けれど、ずっと探している夏と秋の間の言葉はみつけられないままだ。

気配はすっかり秋になった。
すすきもよく見かける。
白秋とはもうひとつ、すすきを揺らす風の意だと、なにかで読んだ。

百夜を半分折り返したが、お話というものは丁度で割り切らないほうがよい。
目出度い紅白(朱と白)の後には、折り返しのおまじないを。

北原白秋の詩歌にまじなってもらおう。

ところで童謡でよく知られる彼の名だけれど、詩集や雑誌のお題には惹かれるものがある。
最初の詩集は「邪宗門」、創刊した雑誌には「屋上庭園」「地上巡礼」、、、
詩のお題の数々にも、魅力的なネーミング。
彼は内容の深さというより、守備範囲の広さに目利きがあったのだろうか?
本を読まないわたしは、白秋のことを そうは知らないけれど、
十五、六の小娘だった頃に出会った詩でおまじない。

                    * * * 


   序詩                  北原白秋  ~「思ひ出」より~
                   

思ひ出は首すぢの赤い螢の

午後(ひるすぎ)のおぼつかない触覚(てざはり)のやうに、

ふうわりと青みを帯びた

光るとも見えぬ光?

詩のつづき
[PR]
by NOONE-sei | 2005-09-23 01:23 | 趣味の書庫話(→タグへ)

50夜 折り返しの頁


貢(みつ)ぐじゃなくて頁(ページ)。
似て異なるもの、鼠と栗鼠(リス)、蜥蜴と蛇。

「動物のお医者さん」という漫画の登場人物は皆、無表情でおかしな人間ばかり。
そのうちの獣医学生のひとりが、どうにも苦手な鼠を鼠じゃないと自分に暗示をかけるために、
鼠の写真の載っているところに注釈をつける場面がある。

 『ワタシはリス。しっぽを剃られたの』 ・・でもほんとは鼠。

詭弁だか欺瞞だか、なにしろそのネガティブなすり替えを責められるのが面白かった。

数日前のこと。
駐車場から車を出したら、道路に寝ていた。いや、すでに永久に寝ていた、干からびて。
初めはわからなかった。・・いや、本当は目ざとく見つけ、すぐに勘がはたらいた。
普段はぼんやりのわたしでも、アレだけはわかる。
あの、『足の無いトカゲ』 ・・でもほんとはアレ。

この頃、よく窓の網戸に現われるカマキリで遊んだから、バチがあたったんだろうか?
それ以外に悪い事は、近頃はした記憶がない。
家の中に入ってきたイナゴだって、仮面ライダーだと言ってすこし遊んだけれど、
写真も44夜に載せたけれど、ちゃんと外に逃がした。
なんでこんな目に遭うかなぁ。

嫌なものは見ないに限る。
だから家の図鑑や百科事典のアレが載っている頁は、折り返しておく。
けれども塾にあるものは、頁を折ってしまうわけにはいかない。

小粒がまだ小学生のちいさいさんだったころ、魚や鳥をみんなで調べたことがあった。
アレの頁がわたしはさわれない。
本当なら頁を菜箸でつまんでめくり、直接には手を触れたくない。
 仕方がないので、頁と頁で挟(はさ)んでセロテープを貼り、開かないようにした。
それ以来、しばらくの間、わたしは事あるごとに小粒たちにそれで脅された。
小粒たち男子は、中学生になっても思い出すらしい。
執念深いのはアレとおんなじじゃないか?
塾に蚊が飛んでいると、潰してやるのはわたしだろう?

今夜は50夜。
百夜話の半分、折り返し、ということで。
しかし、なにが悲しゅうて、目出度い折り返しに蛇のお話を書くかなぁ、、、。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-09-21 01:53 | 新百夜話 本日の塾(12)

49夜 こどもってっ!


「おとなってっ!」

とても懐かしい台詞を聞いた。
初めて聞いたのはずいぶんと前のこと。

子供が寝てから、仲良く二人でお茶漬けを食べるパパとママ。
ふと目が覚めて襖のかげから二人の睦まじい夜食を目にしたチビ君、
布団の上で枕を振り回して、悔しがって言うのがこの台詞。
言った後に枕の勢いで、つまづいて転びそうになるのだったっけ?
その、お茶漬けのコマーシャルが、ほとんど変わらぬ設定でテレビで流れた。

「こども」って、不思議ないきものだ。
よく、小さいうちにいい事と悪い事を教えろというけれど、それを家庭の躾というけれど、
では、それをおろそかにするとトンデモハップン、コロンデニフン、
時計になぞらえた駄洒落のような子の出来上がりか、、、というと、これがそうでもない。
こうすればこうなる、、、というのは、あながち誤りではないけれど、
こうしないとこうなるかどうか、、、については、なんとも言えないな、と思う。
もちろん丁寧に育てるに越したことはないのだが。

いつどこで刷り込まれるのか、こどもには本能のような正義があるらしいのだ。
「今よりもっと善くありたい」という心理を内在させているのが低学年の特徴。
幼稚園児などは、「僕が総理大臣だったら云々」と、語らせれば大真面目に語る。
日本を 世界を 宇宙を そして自分を 皆等しい大きさで捉える。
中学生にも中学生の正義があって、しかし彼らを見ていると、
皆が皆、丁寧な育ち方をしたかといえば、そうとも限らない。

中学生の正義は幼児や児童のそれとは少しちがう。
中学生は、汚いものや異質なものを排除する意識が強く働いているから柔軟でなく潔癖で、
幼児や児童は、柔軟だけれど極端だ。
「こども」って、小学生までで、中学生は「こども」でも「おとな」でもない、「コドナ」?

「こども」という不思議ないきものは、不思議な絵を描く。
夏にスイカを畑で収穫した初めての経験を描けば、画面いっぱいに真ん丸いスイカ、
よく見るとその上にちょこんとちっちゃいアリのような自分。
秋にバスで遠足に行けば、大きなバスと、まるで透視したようにバスの中にいる自分。

この不思議ないきものは、奇妙な絵も好む。
だいたい字が読めないから、絵本が主だけれど、例えばミッフィーだとか、
きれいな輪郭で赤青黄色、原色くっきりの絵を好むかと思えばそうでもない。
先日、塾の中学生に何の絵本が好きだったかを聞いてみた。
今にして思えば不気味な絵の絵本が好きだったと不思議がる。
きっと、この子たちはとうに不思議ないきものを卒業しているんだろう。

明日は中秋の名月。
わたしが幼いころ好んだ物語の挿絵の月も、よく見るとおかしなお顔だ。

c0002408_10312468.jpg
小さい水の精が、初めて月を見た晩。手を伸ばしてヤナギに引っかかった月を枝からはずすつもり。


c0002408_10303187.jpg
中学生が皆、一様に好きだと言った「三びきのやぎのがらがらどん」。

c0002408_10472848.jpg
ほーらこんなに不気味、と指差して喜ぶ。

c0002408_10304826.jpg
こんな絵本も。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-09-18 02:29 | 新百夜話 本日の塾(12)

48夜 赤い口


呼びかけても返事をしない猫。
呼びかけると顔をそむける猫。

網戸越しなら目と目を合わせる。
さわれないけれど、15センチ、この近さはすこしうれしい。

餌が欲しくてにゃぁにゃぁとずっと鳴くから、名を呼んでみた。
猫は答えているわけじゃないのに、返事をするみたいに鳴く。

呼ぶと鳴きながらわたしの顔を見るから、うれしくてふっと息を吹きかけてみた。
いつもびくびくしているくせに、しゃぁっ、だって。失礼な。
牙のある、赤い口。

c0002408_2203711.jpg
犯人はこいつ。
48夜はしゃぁ。・・またちと寒いか、、。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-09-13 22:13

47夜 変換できない単語


秋の収穫を祝う歳時、芋煮会。
河原に集い、鍋に芋煮汁を煮て食す。
ところがこれは地域色の歳時で、しかもワード一回では変換しない。
辞書機能に「芋煮会」と覚えさせてみた。

47夜、芋煮会をしなよ。 ・・また寒い駄洒落を と引かないでくれ。

南東北では一般的でも、まだ全国には浸透していないというこの言葉。
河原でバーベキューも格好いいが、わたしは秋の芋煮鍋には血が騒ぐ。
芋煮そのものが、ごく身近にあるからだ。
ここでいう芋は里芋。

一年で一番寒い時に、白鳥の飛来地に金銭的な支援をする里親たちが招かれ、
もてなしを受ける、そのときに振舞われる心づくしのご馳走は芋煮汁だ。
また、先日わに丸は新人登山大会で裏磐梯に行ったのだが、
雄国沼の深い青い山竜胆(りんどう)を見、猫魔ヶ岳からキャンプ場に一泊目の
テント設営をしたところ、管理人のおじさんが芋煮汁でねぎらってくれたという。
翌朝も夕べの残りを食べて山々を一日縦走、二泊三日の登山の思い出は、
芋煮と帰りの風呂だった。

小さい山なら、登山客に芋煮を振舞うことがあるとか。
春の山開きで汁を振舞うのもまた小さな山。春は芋煮とは言わず、豚汁だ。
里芋は秋からのものだから。

さてその調理法は地域によってさまざま。また地域によっての一家言(いっかげん)もあろう。
調理法は南東北の限定地域と言えど、まるで流派に分かれているかのようだ。
  豚肉か牛肉か、味噌か醤油またはそのブレンドか、野菜を種々入れる入れない、
  牛肉は炒めるまたは炒めない、残った汁にはうどんか餅か、、、等々。

ちなみにわたしは福島県人でありながら、山形仕様の牛芋煮が好きで、
しかも牛肉は先に炒める派。
残った汁にはカレールーを割り入れてカレーうどんにする。

お叱りはごもっとも。けれど痛くも痒くもない。
c0002408_11341257.jpg

里芋の葉?雨露がこの上をころころ転がると、きらきら光る。


芋煮会の参考に・・・
・おいしい山形ホームページより山形各地の芋煮鍋
・中山町役場ホームページより芋煮会大図鑑
・個人のウェブログ「オラの日常」より
 山形の味 芋煮レシピ
 炒めるレシピはこちら

追って・・・
ここでの南東北(みなみとうほく)とは、東北地方六県の中でも南に位置する県、という意味。

[PR]
by NOONE-sei | 2005-09-12 11:46

46夜 桃栗三年


実が成るまでに、桃と栗は三年かかり、柿は八年、梨に至っては十三年かかる、
と言うのだったか?

どこか変じゃないか?
どこがって、季節がばらばらだ。

季節感や歳時にはとんと疎(うと)かったが、このごろふるさとを見つめるようになった。
すると、夏から秋に変化するこの時期のこの地は、たくさんの実で豊かなことがわかる。

桃はそろそろ仕舞いの頃、梨はこれから盛り。
林檎はまだまだだけれど品種によっては店頭にもある。
印度林檎だと思うのだが、小振りで真っ赤な林檎を果樹農家から頂いて食べた。
葡萄は宝石のように色さまざま。皆大切に袋かけをされている。

いっぺんに頂いて果物大王になるときには、コンポートにする。
ジャムにしてしまうより、あっさりと砂糖煮にするくらいが香りを残せる。
無花果(いちじく)はオレンジジュースと洋酒で煮る。

もうじき旧暦で中秋の名月。豆名月、芋名月ともいう。
さつまいもよりじゃがいものほうが馴染みがあるので、枝豆の豆名月のほうがしっくり来る。
そのひと月後に栗名月、これがわたしにとっては秋らしい秋だ。

夏と秋の間になんと名づけたものか。今夜の風物は、実の成るものたち。

c0002408_1535837.jpg
たわわな桃、川中島は、まるで姉さんかむり。

c0002408_1542941.jpg
梨、これは長十郎という品種だったか。関西では二十世紀が人気だとか。

c0002408_155111.jpg
林檎。これはめずらしく赤い。

c0002408_155338.jpg
川べりで鳥に啄(つい)ばまれるだけなので散歩しながら熟したところを一個頂く。
花盗人ならぬ無花果盗人?

c0002408_156057.jpg
柘榴(ざくろ)はその粒の多さから「屏風のかげに、お姫さま千人」と例えるのだったっけ?

c0002408_1563878.jpg
この地では柿はほとんどが渋柿。冬の冷気で干すか、焼酎でたる抜きをしてから食べる。

c0002408_1565977.jpg
秋の栗はまだこれから。
稲穂も青く、まだ頭(こうべ)を垂れていない。稲刈りもずっと先。

追って・・・
印度林檎も長十郎も、市場では見かけられなくなったのだそうで、
今なら林檎は津軽、梨は幸水か豊水だとか。もともと物を知らないのだが、
果物の品種もよく知らないうちに、品種改良はどんどん進むのだなぁ。教えてもらって有難い。

[PR]
by NOONE-sei | 2005-09-10 02:29

45夜 はっけよい


45夜は、シコふんじゃった、ということで。

映画「シコふんじゃった」は、元気が出る。
まるで「ウォーターボーイズ」の原形を見るようなこの映画にはカタルシスがある。
最後の場面で、詩篇を詠むような相撲へのオマージュの語り、それを聴きながら
画面に力士達の薄桃に色づいた体から湯気が立ち上るのを観ると、神々しささえ感じる。

でも今夜は映画のお話じゃない。
おしりのお話。

37夜はこどものおしりのお話だった。
この地は今、桃がたわわ、こどものおしりのような桃がいっぱいだ。
わたしが初めてこんなおしりに出会ったのは、ちいさな良い子だった頃。

c0002408_23474454.jpg
この子が登場する物語のお題は「小さい水の精」。
水車小屋の池の底の、小さな家に生まれた水の精が経験する、冒険や出会いの物語だ。
好奇心旺盛なこの子、かくれんぼは水草の茂み、探検はコイの背中に乗って。

ある晩、お父さん水の精が水の上の草原に連れて行ってくれた。
ハープに合わせて踊るたくさんの霧の精が、漂い溶け合ってひとつになり、離れ消えてゆくさまを見た。
丘のむこうからぼんやりと空にさしのぼり、丸いものがヤナギにひっかかる。
手を伸ばしても取れないそれを「月」だと、初めて知る水の精。輝く銀の夜だった。

やがて、水から上がって人間達をながめるようになり、いたずらするようになり、
水の精は人間の子ども達と出会う。

友達になった子ども達は「小箱の稲妻」で「石」を焼いて食べる。
水の精は、おいしい「石」焼いものお礼に、選り抜きのご馳走、ヒキガエルの卵を持って行ったが、
だれも食べてくれないことが不思議。
でもきれいさっぱり諦めて、綺麗な貝を持って行ったら、みんな喜んだ。
今度は、もらった「小箱の稲妻」マッチで、水の中でコイに火を点けてみせようとしたのだが、うまくいかない。
コイは人間の子に騙されたのだと言った。
水の精はそう思えない。子ども達も考える。ひとりが言う。
騙そうなんて気持ちはこれっぽちもない。
けど、水に濡れたらマッチはだめになってしまう、それはどうしようもないことなんだ。
マッチの箱にミミズを詰めて贈り物としてコイに渡せば、そんなにきらいだと思わないでくれるんじゃないかな。

毎日が楽しかったけれど、季節は変わる。
ある朝、子ども達に会うために水から上がろうとしたら、鼻の先が何かにぶつかった。
水車の池に、氷が張ったから。
起きたばかりなのに、お父さん水の精は、もう眠る時が来たと言う。
「は・る・ま・で、、、。」という言葉を繰り返すと、今日までのありとあらゆることが、
ひと冬の間、夢に見ていても飽きないくらいに素敵だったと思えてくる。
お母さん水の精の「おやすみなさい」という声を眠りの淵で聞きながら、春までおやすみ、、、こんなあらすじ。

この本は、挿絵 ウィニー・ガイラー、訳 大塚勇三。絵が奇妙だ。
この本の挿絵で描かれる水の精には、甘さがない。そこがとてもいい。
ともすれば大人というものは、子どもというものに、甘くあどけなく清らかな天使像を重ねる。
子どもは姿も形もバランスが悪く、時に表情は奇妙で、だから面白くてかわいいのに。
ちいさいわたしは、この水の精の不気味な顔を奇妙と感じ、まるいおしりが好きだった。

わに丸にもおしりにまつわる思い出がある。

風呂上りの子どものおしりはかるかるだ。
体を拭いてやろうとしても、からケツで逃げ回るから、わたしは「どすこい!」と声を懸ける。
するとびたっと動きをやめて自分でおしりを拭き始める。相撲の準備だからだ。
手拭いは「まわし」。ふんどしじゃない。

「はっけよい」の前に、することがある。「みはってみはって!」
本当は見合って見合って。犬が鼻に皺を寄せるのとおんなじ顔をする。
「はっけよい」「のこったのこった」
すっかりその気になっている力士「わに丸山」。・・ケツが青いぞ、蒙古斑。

c0002408_23542691.jpg
まだ外に出たことがない水の精。産着みたいなエプロン。このおしりがかわいい。

c0002408_23533069.jpg
春まで眠るために着替える水の精。やっぱりおしり。

c0002408_23552151.jpg
オトフリート・プロイスラー作 この本が最初の創作童話。後の「小さい魔女」が有名かな。


37夜
[PR]
by NOONE-sei | 2005-09-09 00:13 | 趣味の書庫話(→タグへ)