<   2005年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

42夜 女の子をさがせ


奇妙ってなんだろう。

ちいさな良い子が読んだ物語に登場する女の子たちは、自分よりはるかにお姉さんだったので、
エロティックな挿絵があっても、耽美なお話でも、
それは別世界のお話のようで、幸い、本を抜け出して追いかけてくることがなかった。

ちいさな良い子は十四の端境期(はざかいき)になり、十五、六の小娘になり、
十八、九のお姉ちゃんになり、成人した。

たまには奇妙なものもいい。
それらは楽しませてくれるもの。奇妙といえば奇妙だが、現実感のない遠い世界のもの。
鳥の雛の刷り込みのように、抗体がなかったからごく自然に受け入れた程度のものなら。

先日、レンタルショップで、とても懐かしい物に会った。「キャンディ」という映画。
原作を読んだのは端境期、あの年頃に読む本じゃなかったかもしれないが、
文庫本の表紙の、全裸を金髪で隠したお姉ちゃんの目が奇妙だったので買った。
サイケデリックという言葉も知らなかったが、今思えば全編ピンク色のイメージで、
雲の上のお姉ちゃんのお話という印象だった。
それきり忘れていたので、映画も観ていない。

奇妙といえば、お人形は奇妙だ。
わたしは人型(ひとがた)をした人形を集める趣味を持っていない。
おもちゃ付きおかしのフィギュアが大好きなのに、目のある人の形のものはこわい。
日本人形は髪の毛が黒いからこわいという人もいるし、
人形の奇妙さは、こわさを伴っている。こちらは、生々しくて追いかけてきそうだ。
ちいさな時に遊んだ人形は、目を開け閉めしてくれたからよかったのだけれど。

ところで41夜で書いた女の子たちは、わたしの中で散らばっている。
普段、できるだけ個名を書かぬようにしている文章百珍だけれど、
今夜は、わたしが思う女の子群を、、、。

女の子   
  ・緑魔子
  ・戸川純

女の子に少年を小匙半分
  ・吉田日出子

生まれたときから女の人
  ・浅丘ルリ子

ちいさいお姉さん
  ・ピーター

おおきいお姉さん
  ・美輪明宏

ここまでは大好きなひとたち。次は好きというにはちょっとあやしい。
この世のもの(人間)でなくなるかもしれない女の人群
  ・小泉今日子 宮沢りえ 桐島かれん 草刈民代

現在現役の女の子は、挙げられない。
ずっと女の子で居てはくれないかもしれないから、、、。

c0002408_1717316.jpg
夢二生誕百二十年だとか?夢二が挿絵を描いている童話の表紙絵。いつもよりは奇妙じゃないような、、。
買って二十年来一度も読んでいないので、お話は知らない。あらら、、、。 島崎藤村・作


c0002408_17203791.jpg
積ん読。読んだのはこのうち数冊。いつか読む、、かな、、、。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-08-29 17:30 | 趣味の書庫話(→タグへ)

41夜 良い子の見たもの


台風が去って、昨夜は星が。月も明るかった。
41夜、月から始まる良い子のおはなしはどこまでゆくだろう。

とてもちいさい頃に読んだ物語のお題は「たくさんのお月さま」。
お姫さまが、月が欲しいと言ったものだから、大人が困ってしまう物語だ。

家来も魔法使いも数学者も、皆、月は遠くて大きすぎるからと、
たくさんの言い訳をする。
無能な大人たちに代わって、道化師が、
 「お姫さまのお月さまは、どのようなものですか?」と、訊ねてみた。
するとお姫さまは、これこれこのくらいの大きさだと、きちんと答える。
お姫さまが、夜、寝室から眺める月はとてもちいさくて、
目の前に指をかざして、そこから月を見比べれば、ほら簡単だ。

鎖をつけた月のペンダントに喜ぶお姫さま。でも、道化師は悲しい。
可愛らしい月を手に入れたはずなのに、また月は夜になると昇ってくる。
大人たちは、月夜には毎晩目隠しするだとか、月が見えないくらい明るい花火を夜じゅう上げるだとか、
やっぱりとんちんかんだ。
もう、月が昇る。お姫さまになんと言ったらいいんだろう。

道化師がうなだれてお姫さまの寝室を訪ねると、お姫さまは窓から月を見ている。
 「お姫さま、お月さまが出ています、なぜなんでしょう?」
お姫さまは「そんなこと、なんでもないわ、おばかさん。」
歯が抜け替わるのとおんなじ、一角獣が森で角をなくしても生えてくるのとおんなじ。
きっとなんでもそうなんだわ、、と寝入ってしまう、そんなあらすじだった。

この本は、今江祥智が翻訳を手がけた最初の本。そして挿絵は宇野亜喜良。
後に金子國義の絵を見たときにも感じたけれど、彼らが描く女の子は独特だ。
ちいさな良い子のわたしの目には、とても奇妙な女の子達に見えた。
物語に登場する女の子達は、皆「おばかさんね。」とおませなことを言い、少し肩が上がっていて、
一様に奇妙な表情をしている者達として定着してしまった。

外国映画の子役の女の子などにもその奇妙さを感じる。
ふんわりとした髪、大きな目、お人形みたいで、とても生きて呼吸しているようには思えない。
それでいて、すこしこわい。「おばかさんね。」などと言われたらどうしよう。

「不思議の国のアリス」を知ったのはずっと後だったが、この印象は塗り変わらなかった。
実際の物語のアリスは、いつも、あらあら、、と驚きの連続に身を委ねているだけなのに、
わたしの中でのアリスは、奇妙な女の子だ。
リンゼイ・ケンプ・カンパニーの公演「アリス」に登場したアリスは普通の女の子だった。
けれども、妖しい幻想の別世界が舞台では繰り広げられ、総じて
やっぱりアリスを取り巻く世界は奇妙だ。

そうそう、日本にもいた。わたしが女の子と思うひと。
緑魔子という女優さん。
切ないくらいにかわいかったっけ。

ちいさな良い子もおおきくなると、ちいさいときに出会った奇妙にまた会いたいと思うようになる。



c0002408_1214781.jpg
学研から出版された本の表紙絵。ジェームズ・サーバー作


c0002408_122719.jpg
お姫さま 小さなかんむりがかわいい。


参考 リンゼイ・ケンプ・カンパニー公演「アリス」 №24
参考 リンゼイ・ケンプ・カンパニー
[PR]
by NOONE-sei | 2005-08-28 01:31 | 趣味の書庫話(→タグへ)

40夜 おおきくなったらなんになる?


男性がおおきくなって恰幅がよくなると腹が出る。
ちいさな頃はひょろひょろだった子が、結婚して所帯を持って、
奥方に食事の管理をしてもらうようになると、気だけじゃなくて体も緩んで、
つまり、おおきくなると幸せ太りというものになる。

ちいさい頃はかわいくて、おおきくなってもかわいい、なんていう男性はいない。
気持ちじゃなくて、あくまでも見た目のおはなし。

王様は人が悪いから、
タンスに入れておいたら洋服が縮んだという。
わたしはぼんやりしているから、ちょっと本気にしたけれど、
考えてみればおかしなはなし。
もしかしたら、考えなくてもすでにおかしなはなし。

王様は、なにか頭を使う表現をする、殊(こと)に男性から感想を求められることがある。
肉体表現というものは三次元で、しかも動くそばから消えていってしまう作品だから、
二次元の表現に関わる男性からは、その表現形態を創る身体に対して、
憧れに近いものがあるらしい。

ところが、最近とんと踊りからご無沙汰の王様は、すこし「おおきく」なった。
腹が出ては困る。
腹の次はおっぱいがふくらむのか?
ご亭主の腹が出るのとおっぱいが出るのと、どっちが嫌だ?
世の女性はご亭主をどう見ているのか、聞いてみたくなったわけだ。

さて、脳からの命令とホルモンとの間に、混乱が起きたわたしの体。
わたしもこれからおおきくなるんだな。

おおきくなったらなんになりたい?
・・いじわるばあさんになりたい。

ところで「いじわる」の「じ」のワードは、ちにてんてんをつけた文字にしたいのに、
どう打てばいいんだろ?だれかPC教えてください。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-08-22 19:23

39夜 今夜は語らせてくれ


・・今夜は語らせてくれ。

天候の不順や地震が影響したか、
気圧が、わたしの脳やホルモンにいたずらしたか。
折り合いをつけていたはずの魔が、顔を覗かせて不調だ。
交感神経と副交感神経が、折り合えずに暴れていてつらい。

盆には、帰省した友人が家に来たり、墓参りにゆき、本家に挨拶にも行ったり。
さりとて忙しく暮らしたわけでもなかったのに、
昨日、人と会った時に、時間が経つにつれて唇の端を上げていられなくなった。
帰り道、わたしは揺り返しのようなざわざわとした胸騒ぎにさいなまれた。

わたしは感情の揺れを器能の問題として捉えている。
心のありようだとか、気の持ちようというには、胸騒ぎは内省(ないせい)ではなく生理だ。
深く潜る思考ではなく、不快に感じる身体の変動だ。
脳はわがままな臓器だ。

『感情の動きは、エネルギーが消費される。
五官でもそう。
集中でもそう。
うまく配分されたエネルギーの状態では、
疾走直前、スタンバイの顔は能面のようか、あるいは眠いような、
何処も見ていないような表情。
前もって意識を高揚させると、息が早くに続かなくなって失速する。』
・・ハードル走の選手が今朝、対談番組でこんな感じのことを言っていた。

エネルギーの配分。
これに近いことを言う、人気若手歌手もいた。
ポップな歌を歌う時には平気なのだけれど、
自分の主軸にある演歌を歌うときには平静に心を保たないと歌えないとか。
歌うこと自体よりも、平静なスタンバイにエネルギーを費やす。

エネルギーを官力と言い換えてみる。
役所のことじゃないし、辞書にも無かった。しかし器官の官だ。
尾崎翠の小説のお題に、第七官界という言葉があったことを思い出す。
おかしな愛すべき不器用な人々が、閉塞空間で織りなす物語だったような記憶が蘇る。

わたしの官力は脆弱(ぜいじゃく)だ。
こわくてたまらない。感情が崩れたら困る。
この王様の千と線は、情緒に任せない、制御を覚えるための、トレーニング。
文章百珍は、縛りを課すための作業。
平静に平静に、日々を淡々と送り、ユーモアに助けてもらいながら。

闇も魔もあるが、それらを鎮めて上澄みをすくって、なにげないまなざしを書きたい。
むずかしい理屈や論ではなく、駄洒落や謎かけや仕掛けで味つけをした、
娯楽のような挿話でありたい。
常にはそう願って、書いている。
読み手にどう伝わっているかはわからないことだが、しかし支えられている。
ありがたいことだと思う。

夕べは盆の暮れ、灯篭流し。現(うつつ)か幻か、見まがうような夜。
今夜は、帰るご先祖様たちに語らされた夜。

c0002408_23405946.jpg
地震のあとに撮った空。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-08-18 23:48

38夜 こわいものなし


我が家のちゃんばらトリオの一員、猫のアク コ 。
このところのおかしな天候続き、雨と雷にもまったく動じず、
けろりと父と母西太后の茶の間、いちばんいい席に陣取っていた。
だれよりもえらい。

今日、震度五強の地震は急激だった。
人間は慌てた。
夏は裸足、なにか履物をはかなきゃ、、。
あわあわと慌てていたら、音を立てたようにぴゅーーっと
アク コ が駆け出し縁側から外へ逃げた。

強い揺れ、そして長い揺れ、
いやはや驚いたけれど、アク コ の慌てぶりに驚いた。
今までは、地震が来てもこんなことは一度もなかった。
これはとんでもないことなのではないか、と一瞬思った。

が、おさまってみると、
家の中で落ちたものはほとんどないし、
外の様子も落ち着いている。
夜になった今も、あれきり余震もないようだ。

こわいものなしのアク コ の行動、あれはなんだったんだ?
あれも一応、予知っていうのか?
雨と雷と、このところどこかしらで上がる花火に慄(おのの)いて、
毎日毎夜、生きた心地がしない可哀想なシワ コ は、
本日、寝っぱなし。
こちらは危険予知のバロメーターにならなかった。

38夜、今夜はみゃーということで。
ちと無理があるか、、、。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-08-16 21:09

閑話休題


c0002408_184185.jpg
残暑お見舞い申し上げます。

c0002408_18151657.jpg

セイです。
暦は立秋を過ぎました。
今日は月遅れのお盆です。


c0002408_1852090.jpg
こちらはすこしだけ、
あの気が狂ったような暑さが遠のきました。
そちらは如何でせう?


c0002408_18182323.jpg
どうぞみなさま、
夏の名残りを
ご自愛して過ごされますように、、、。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-08-14 18:45 | 閑話休題(22)

37夜 おしりを見なよ。


小さい時のことをどうして子供は忘れてしまうんだろう。

夏の子供のおしりはかるかるだ。
オムツを取り替える際に、
いっときオムツから解放された子供の動きは、急に軽くなる。
よたよたしてはいるのだが、それでも本人は軽く動いているつもりだろう。

オムツを外し、かるかるになった子供のおしりはちょっと情けない。
もこもこしたオムツからにょきと出ている足を見慣れた目には、
ちいさくなったおしりもよたよたの足も、そのうれしがって動く姿とは反対に、
殻を外したヤドカリの本体を見てしまったような気持ちになる。

夏は、トイレトレーニングの季節だ。
かるかるで動き回るうちに、自然におしっこを教えるようになる子供もいるし、
なかなか教えなくて母親をやきもきさせる子供もいる。
その夏、うまくオムツが外せてしまえれば、乳児は幼児の仲間入りだ。

幼児は小学生になると児童になる。
児童になったって、子供はかるかるのおしりが好きだ。
犬を連れて公園で遊んでいたら、そんな子供に会った。小学校の二年生くらいだろうか。
犬のそばに来て、かまっているうちに、なんだか楽しくなってきたらしい。

子供は子供の高い声に反応する。
またひとり、遠くにいた同じ年頃の子供も寄って来た。
犬に向かって、ふたりともそれぞれに百面相をする。
犬を笑わせたいわけだ。
あんまり一生懸命なので、・・犬は笑わないんだよ、とは言えなかった。

笑わせようとするうちに、自分の笑い声が自分のなかで増幅する不思議。
ふたりの笑い声はそれぞれに連鎖し合って、いよいよ最高潮。
犬におしりを見せたいという。くるりと後ろ向きになるふたり。
半ズボンがとても可愛らしいのだけれど、下げるのは犬もわたしも、ちょっと困るな。

おり良く、片方の子供の母親が、もう帰ろうと呼ぶ。
 「なんで帰るんだーー!帰るのいやだー。」

この母親、言うことをきかない子供の扱いがうまい。
 「また来るためだよー。行くよー。」

いちいち取り合わず、さっさと歩き出せば子供はちゃんと付いてゆくもの。
たたっと追いかける子供に、もうひとりの子供も付いて行ってしまった。

その晩、子供達は犬が笑う夢を見ただろうか、それともおねしょをしただろうか。
わに丸も小学校四年生くらいまで、おしりに蒙古斑があったっけ。
あの子たちのおしり、わたしはちょっと見たかった。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-08-14 17:19

36夜 ジュレ、甘いか酸っぱいか


今夜は36夜。
見ろや?それともLook?

夏のご挨拶に、ゼリーの詰め合わせをいただいた。
世の中は、ゼリーはジュレという言葉に移行しつつあるのだとか。
ジュレって、フランス料理の、何か冷製の主菜の下に、
コンソメゼリーを砕いてきらきらと敷き詰めたものじゃなかったか?
甘いものもジュレっていうのか?

しかも、「ぷるぷる」とした食感ではなく「ふるふる」と言い表わされる、
つまりはゲル状のものなのだそうだ。
ゼリーは英語、ジュレは仏語。
好まれる食感に合わせて、英語より難解でロマンチックで品のあるような気にさせる、
仏語を登場させたというわけか?
たしかに、「ゲル状ゼリー」・・不味(まず)そうだ。

どうしてカタカナ表記やアルファベット表記は見栄えがするんだろう。
しかし英語もままならない上に仏語だ。

ところで、グミと呼ばれる菓子がある。
固形のゼリーのようだけれど、ゼリーとは呼ばない。
子供達はこれが大好きで、中にはぐんにょりと引き伸ばして遊びながら食せるものもある。
香りどころではない、果物の強い人工的な匂いがする。

グミは何語?・・気になる。
わたしは木に成るグミも菓子のグミも苦手だけれど、、、。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-08-12 00:58

35夜 月遅れの七夕


七夕の節句。
今年は旧暦なら8月11日だとか。

東北の夏祭りはいろいろあるけれど、月遅れの仙台の七夕祭りも賑わう。
仙台にならって、この地でも七夕祭りは月遅れでやる。
仙台ほど大掛かりで豪奢ではないけれど、
商店街のアーケードに色とりどりの七夕飾りが下げられ、
そこをくぐって歩くのは楽しい。

ところどころに、幼稚園や保育園の子供達の願い事を書いた短冊が、
びっしりと下げられた笹が結わえられている。
かわいらしいもの、切実なもの、荒唐無稽なもの、笑っちゃ悪いがひっくり返るくらい可笑しいもの、、、
その願い事を読んで歩くのも楽しい。

暦(こよみ)には、新暦と、一ヵ月後の月遅れと、旧暦があるとか。
たなばたは、七夕そして棚機、祖霊信仰の機(はた)を織る織姫にあやかっているなら、
星祭りは天の川が見える八月のほうがいい。

ところで塾でも七夕飾りを作った。
塾も毎年月遅れでやる。
新暦の7月7日には、まだちいさいさんが折り紙で作ったあじさいや、
かたつむりなど梅雨時の歳時が壁に貼ってあるのだが、
それでもおおきいさんのお姉さんたちは、七夕という日は気になるらしく、こんな会話をする。

  「あーっ、雨だ、今年もだっ。
   織姫と彦星、また会えないし。」

  「待てないよ、ぜったい。今年は不倫するな。」

  「来月(月遅れの七夕)会えたら、どうする?」

どうする、、、って、さあ、、、。・・どうするんでせう?
お姉さんたちの想像力はお姉さんたちにお任せして、短冊に書いた願い事を
いくつか覗かせてもらおう。

中三生
 ・△△高に合格しますように。                      さすがに受験が気になる。
 ・頭がよくなりますように。                        切実。
 ・身長がこれ以上伸びませんように。                 これまた切実。
 ・ガオガイガーフィギュアが手にはいりまくりますように。      こら。
 ・長生き。                                  お若いのに、、、。

中二生
 ・ガードとしての役割が果たせますように。              部活の中心になるから。
 ・身長が150センチくらいに伸びますように。みょーん。      背の伸びる音。

中一生
 ・ふくろパック、デッキパックがたくさん買えますように。      カード?
 ・ガンプラ全種類が買えますように。                  ガンダムかい。

では特別に、小粒の願い事を披露してみよう。ふたつもある。
 ・願い事が、年中無休、かないますように。              ぷぷっ。小粒らしい、、。
 ・この世のすべての星に行けますように。              ・・こんなこと言うんだぁ、、。

小生意気なお姉さんたちも、マイワールドな男子も、部活の責任感につぶれそうな二年生も、
顔や体に悩み多き少女も、欲張りでけちんぼなのに、星が大好きな小粒も、
みんなみんな、ごくあたりまえに
『 ・・・ますように 』 という、古来からの願いの言い回しをする不思議。

わたしも願うよ、
みんなの願いが、叶いますように、、。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-08-09 16:25 | 新百夜話 本日の塾(12)

34夜 御世哉


平らかな世を願う行事を報道で見る。
八月、この月は戦争を忘れないための特集が
たくさん組まれる。

世界のどこかでいつも戦争があり、
歪められた信念がひしめく。

平和に酔いつぶれたような日本は、
東洋のあちこちに綻び(ほころび)を残したまま
傷跡はなかったかのように閉じている。

たとえばヒロシマの語り部の言葉はつらい。
蛍の墓のお話はつらい。
わたしは耳をふさぎ、目をつぶる。

ちいさかったわたしは、
父と二人っきりの夕げに、
「センソウ」というものがもし始まったら、
行かなくちゃならなくなる、と聞かされて、
わんわん泣いた。

泣きじゃくるちいさい「ワタシ」が、
払っても払っても、脳の奥にこびりついて
消えない。
[PR]
by NOONE-sei | 2005-08-07 13:19