カテゴリ:東京散歩(5)( 4 )

24夜 東京散歩 参


 ・メンタルな話なので引き寄せられる人は読まないほうがいい

  
昨夏は新盆だったから、二十日盆、三十日盆(みそかぼん)が来た。
今夏はあっという間、たった三日のお盆。
迎え火もたった三日。
父はきゅうりの馬でやって来て、ナスの牛に乗って帰って行ってしまった。
行ってしまうとさみしいのだが、来る前は気が重かった。
わたしは父を思い出したくなかった。
母は、亡くなってから一度も会っていなかった父に、
盆の入りに夢で逢ったのだという。
笑顔で幾人かの人たちと談笑していたというが、言葉は交わさなかったのだとか。

盆の慣わしに追われてさえいれば、気持ちがやるべきことにとられるから、
ほんとうは手は動き脳は使わないはずなのに、
あの世からの人たちに会いに、あちこちの墓や家々を巡るのには気が滅入る。
ほおずきとは鬼灯と書くのだな。
鬼に気をすくわれないよう、ついつい顔から表情が消える。
夏の虫は飛んで火に入るのだろう?
迎え火を焚いていたら、細い薪が赤から置き火に変わるのが虫に見えてきた。
木を這う虫が骨を這う火の虫に見えたのは、火を見すぎたからなんだろう。

本家は新盆でなくとも毎年きちんと盆棚を飾る。
盆ござを掛けた棚には位牌や写真やお盆さまへの供物。
上の横棒には杉の葉、ほおずき、麩のまんじゅうを下げる。
供物はナスとささぎをみじんに切って生米を混ぜたもの、切り昆布の煮物。
本家は分家や新宅とちがって忙しい。
自分のところのご先祖さまだけでなく、本家を出た人たちの墓を巡る。
竹筒と花と線香を用意して、花を供える筒には屋号を書き記す。
参らねばならない墓がたくさんあるので、すべての家のお盆さまにまでは
手を合わせに寄ることができないから、墓に参ったしるしを残すのだ。
朝早くからの墓参りを済ませて帰るともてなしの準備。午後は本家を出た人たちが集まる。

小さい頃には、都会に出た伯父や伯母の家族が本家に集まって賑やかだった。
夜、子どもたちは浴衣を着せてもらって盆踊りに行った。
昔は面を付けて踊ったのかもしれないが、今はうちわを手にして、
それをやぐらから木々に渡した綱に点ったたくさんの提灯にかざして踊る。
そして盆踊りを終えると、土産を持って都会という生活の場に帰る人々。
踊りに紛れたご先祖さまには逢えただろうか。

ふるさととはなんだろう。
子どもたちが巣立ってひとりになった友人は、
家を引き払ってもっと手狭なマンションに住み替えようとしたら反対されたという。
自分たちは出てゆくくせに、戻るべき、または戻ろうと思えば戻れるかもしれない場所を
残しておきたいというのは傲慢というものなんだろうか。
ふるさとに帰ってこなければならなかったわたしには、
出て行った者や出てゆかなければならなかった者のことはわからない。

東京は特別な町だ。
地方から行った者は、残してきた地方とどう折り合い、
そして日頃はそれをどうかき消して過ごすのだろうか。
普段は忘れているのだろうか、忘れようと努めているのだろうか。
偲んで過ごすのはきつかろう。
遠くに行った者の家族はうまく暮らせているだろうか。
近くに面倒見のいい先住者をみつけただろうか。

先日、郊外から都内への僅かな往復に乗った電車で、おかしな人をたくさん見た。
流行りだからと初めて着たような浴衣の人、
電車の中で化粧をする、隙だらけの女の子、
上から下までエレガントで美しい身なりなのに武装感たっぷりの女性、
座席にパンを広げて食べる年のいった母娘、
鳥打帽に金のネックレスをした、シャツの襟を広げ胸元から胸毛を見せている男性、
若い頃は愛くるしい女の子だっただろうに黒一色の服装に濃い化粧の女性、
秋葉原から乗った年配の男性ふたりの、持っている手荷物と口調の不思議さ。

これらの人々は、いつから東京に住んでいるんだろう。
地方に、残してきたふるさとがあるんだろうか、それともはじめからそこに居たんだろうか。

 
                                *

今夜は東京駅や丸の内周辺のお写真を。


□丸の内周辺
c0002408_216041.jpg
こじゃれたカフェ


c0002408_2172149.jpg
カルティエゴルチエのショーウィンドウ


c0002408_2181164.jpg
ふたりづれ


c0002408_2183829.jpg
マロニエの並木道
手入れされた花や観葉植物が植えられていたり、吊り下げられたり、景観への配慮があった。



□建物
c0002408_2213826.jpg
三菱UFJ銀行
顔にあたる近代建築を残しつつ、後方に高層ビルを建てた銀行。


c0002408_2245762.jpg
偉そうなビル
威圧感のある建築物だと思ったら、これが新丸ビルだった。



□東京駅周辺
c0002408_2263241.jpg
橋の欄干か
川が流れ、橋が架かっていたのだとか。


c0002408_227327.jpg
改修工事中の塀
たくさんの、東京駅に関する資料が掲示されていた。
「帝都」って、なんだかすごい言葉だと思わないか?


c0002408_2293813.jpg
中央郵便局
こちらも改修工事中。大きな時計に針がない。


c0002408_2303390.jpg
現在の東京駅
[PR]
by noone-sei | 2009-08-17 02:37 | 東京散歩(5)

23夜 東京散歩 弐


木造建築ならば、屋根が好きだ。
堅固な石造りの近代建築ならば、柱が好きだ。
屋根とは人の気配の最たるもの、
柱は人を寄せ付けないほどの屹立(きつりつ)、
相反するようなそのふたつをつなぐものは、各部に施された意匠。



今夜は明治生命館のお写真を。


□建物内部
c0002408_29213.jpg
郵便箱


c0002408_210657.jpg
エレベーターの横


c0002408_2105069.jpg
エレベーターの上


c0002408_2112975.jpg
ドアノブ


c0002408_2115491.jpg
天井


c0002408_2122225.jpg
廊下



□建物外側
c0002408_2132217.jpg



c0002408_214117.jpg



c0002408_2142594.jpg
下から見上げた屋根


c0002408_2151367.jpg
柱 ・・これに触りたい


c0002408_2155611.jpg
建物の入り口


c0002408_2163515.jpg
建物の裏側
ここには、見ようによっては無駄とも思える空白の空間がたっぷりとあるのだけれど、
贅沢な感じがしないか?
劇場で書き割りを見ているような、劇的空間。
階段を下ると牡蠣を出すレストランがある。
あ、書き割り舞台と牡蠣、 ・・駄洒落たわけじゃないんだけど。


書き割りとは

おまけ
[PR]
by noone-sei | 2009-08-16 02:32 | 東京散歩(5)

22夜 東京散歩 壱 


王様には盆休みがないので、旧の七夕に王様の母の墓参に行った。
いつもは日帰りなのだけれど、この度は一泊することにしたので、
ほんの数時間だけれど都内に足を伸ばした。

ほんの数時間。その上京はわたしひとり弥次喜多道中だった。
王様の実家から、都内にゆくならこれが便利だからと、
緑のカードを手渡されたのだが、スイカというそれをどう使ったらいいのかわからない。

 「これはなに?」
 「スイカっていうカード。」
 
 「切符?」
 「切符を買わなくてもいいんだよ。」

 「これをどうするの?」
 「見せるんだよ。」

 「誰に?」
 「・・機械に。 ・・きみは仙人か。」

そのカードは王様が預かって、駅の改札でわたしに渡す。
機械に見せるとシャキンと扉が開いて改札を通ることができる。
つまり、機械にカードをかざすと読み取るということだったのだな。

東京では観たい建物があって、いつかの機会にはと以前から思っていた。
それは丸の内の明治生命館という、近代建築なのだけれど、
大手町から東京駅の近くまで歩くにつれ、なんとなく懐かしい景色になって、不思議な気分になった。
大手町でわたしは一年近くアルバイトをしていて、昼は弁当を持って皇居に行ったりしていたのだ。
思えばどの街より、丸の内のオフィス街はゆったりとして、のんびりしたわたしには居心地が良かったっけ。

当時のわたしは近代建築にはまったく興味がなくて、
日曜日の昼下がりに丸ビル界隈を散歩しようなどという気にはならなかったし、
思いつきもしなかったのだけれど、
平日に働く街としてだけでなく、今では買い物や散歩のできる街なのだと初めて知った。
信号がない緑の並木道には、気持ちのいい風が吹いていた。

目は開いていても見えていなかったのだから、あの頃のわたしの改札機は閉じていた。
街というものを 視点を変えて読み取ることなど、到底できなかっただろうな。
そうそう、あの頃はスイカというカードなんてまだなかったんだっけ。



c0002408_213328.jpg
カードはこの機械に見せる。



c0002408_2143766.jpg
地下鉄をここで降りて歩いた。


c0002408_2152793.jpg
電車の中吊り広告も楽しいけれど、
駅の通路を歩きながら見るポスターも楽しい。


c0002408_2165128.jpg
地図を見ながら出口を探す。
出口をまちがうと、どこにいるのか、わからなくなってしまう。


c0002408_2184366.jpg
皇居の向かい側の駅入り口。
このすぐ近くが明治生命館。
お写真は次の夜に。
[PR]
by noone-sei | 2009-08-11 02:27 | 東京散歩(5)

83夜 暗闇坂の煙突


83夜は闇、ということで。

下町千住のおばけ煙突は三本。
唐十郎の戯曲「おばけ煙突物語」に登場する煙突は、戦後の闇を象徴するようで恐ろしげだ。


東大家畜動物病院に行った。
農学部のある弥生地区と安田講堂のある本郷地区の間に、言問(こととい)通りがある。
本郷通りから根津駅に向かって言問通りの坂をゆるゆるとくだり、
東大の塀に沿ってひょいと右に折れると恐ろしげな気分になる。
東大の裏門から見た古い建物には、病院の消毒液の臭いかGHQが駐留しているような想像が膨らんでくる。
江戸時代から、加賀屋敷北裏と寺町の間のこの坂は木々が茂り昼なお暗く、暗闇坂と呼ばれていたという。

だいたいにしてこの辺りの名称は陰鬱だ。

 暗闇坂
 へび道 
 無縁坂
 オバケ階段

坂をなおもくだると東大裏、弥生門近くの古びて薄暗い建物のすぐ奥に煙突が一本見える。
なんの目的の煙突なのか、恐くて門から中にはいって確かめる勇気など持ち合わせない。
 一度恐いと思うと何から何まで符号が合わさってしまう。
暗闇坂には展示館が三館並んでいて、それぞれ挿絵画家高畠華宵・竹久夢二・立原道造についての
美術・資料館。
高畠はどこか淫靡で、竹久は唯我のけだるさ、立原は独尊の清潔感、
息の合わない者同士がてんでに居合わせ揃ったような。これがまた妙に暗闇坂に似合いすぎているので
恐い。

さくさくと歩を速め、本郷地区の東大校舎をあとにすると狭い住宅地にどんと現れたのは
浅野地区の近代的な工学部校舎。
道幅のないところにせり出したように建つこれもやっぱり恐い。
 真っ直ぐ歩けばじきに言問通りに出られる。
通りに戻った角にあったのはちいさな剥製店、農学部の畑のすぐ裏手。
鹿の頭が恐い。

ゲン直しに本郷通りから正門をはいり安田講堂を眺め、右手にすこし行ったら、
またもや恐ろしげな物に魂を引っ張られた。
朽ちた場所がまわりの近代的な建物のなかに埋もれている。
今では水も通っていないような白い水飲み場は欠けており、ゴミの缶がはいっている。
 赤門まで行ってみる気もすでに失せて、農学部に戻ろうと本郷通りを歩き出した。
東大正門、通りの向こうには昔からの書店が軒を連ねていてたのしい。
書店の看板を眺めていたら、違和感なく店を出していたのはちいさなレストラン、「山猫」。
とっとと農学部に戻るのが賢明。

造っている途中の地下庭園を通って食堂に行こうかと校舎に戻りかけたら、
構内を野良猫が横切り、自転車に乗った学生とすれちがった。
片手に持っていたのは試験管立て。赤い液体のはいった試験管群。
のんびり悠々と日常茶飯のように。

「注文の多い料理店」のようなところをずっと彷徨ってきた、
これが本日の極めつけだったんだ、そう思った。


大学周辺地図
キャンパスツアー
知のワンダーランド 東京大学を楽しむガイド 
◆『東京大学 本郷キャンパス案内』
木下直之・岸田省吾・大場秀章
[PR]
by NOONE-sei | 2005-03-16 19:56 | 東京散歩(5)