カテゴリ:趣味の書庫話(→タグへ)( 54 )

91夜 返事はいらない


宮崎 駿が引退すると聞いた。
その幕引きである最後の作品で流れる音楽が『ひこうき雲』、映画は観なかったが、
松任谷由実がテレビ出演して自分のことを語る番組を見た。
松任谷になる以前の、荒井由美の音楽はとても好きだった。

男ともだちからそっけないメールをもらった。「返事はいらない」。
小娘だった頃に聴いていたラジオの最終回がどのようだったかという知らせだった。
そのラジオで荒井由美も知ったのだった。

・ 林美雄 空白の3分16秒/特別番組TBSラジオ
2013.12.27 19:00-20:00


『小説すばる8月号』より 「ノンフィクション新連載」
『1974年のサマークリスマス -- 林美雄とパックインミュージックの時代』柳澤健



林美雄が選ぶ音楽や映画は、狭い狭いところをより狭く忍び足で歩くような薄暗さがあって、ことに映画は、
やさしいにっぽん人
青春の蹉跌
ラジオで、覚えてしまうほど流れたこれらの音楽を使う映画はいったいどんなものなのかとずっと思っていた。
大学生活を東京で送るようになってから、それらがATGという一連の映画だったこと、
それらを観るには今でいうミニシアター、当時の名画座に行かねばならないこと、
ひとりで観るにはすこし勇気が要ること、わたしには背伸びが要ること、そういうことがすこしずつわかってきた。

ライヴハウスもひとりででかけた。一人暮らしは渋谷だったので、てくてく歩いて渋谷屋根裏やエッグマンに行った。
エッグマンで聴いた石川セリも、林美雄のラジオで知っていたから。



たびたび訪問させてもらうウェブログのお題に「・・<ビートニク映画祭>/スペイン坂を登った左をまた降りた」というのがあった。
その映画祭の上映館はスペイン坂にはない。
わたしは舞台の芝居が大好きだったから、スペイン坂を上る時には上りきった所で芝居を観る時だったし、
渋谷屋根裏はその頃はまだスペイン坂を下りた所にはなかった。
屋根裏は、渋谷から下北沢に移転しスペイン坂左下に再び移転し、先ごろ閉じてしまった。
だから彼は、そのお題で屋根裏を悼んでいるのかと思った。
でも、映画祭だ。わたしは行ったことがなかったけれども、スペイン坂の左下にはミニシアターがあり、
そこも先ごろ様変わりしてしまった。彼はいろんな映画をそこで観たのだという。

ひとを形づくるものはさまざまある。
形づくられたと意識するのはずっとあとになってからだ。
その形づくったものが今はもうなくなっていたり変容するのはせつない。

芝居は一度限りのものだから、記憶からしか呼び起こせない。
それは呼び起こした時には鮮烈ではあるがどこか甘やかに形を変えている。
けれども音楽や映画は、なくなったり失くしたはずのものがそのまま褪せずに蘇る。
どれをどう残酷とは言えないけれども、感情の蓋が悲鳴を上げて吹っ飛ぶような、泣きたいような、そんな気持ちになる。

わたしは鈍くて、『返事はいらない』が荒井由美の曲の題名だったとはしばらく気づかなかった。
でもちゃんとなぞなぞは解いたから、こうして返事を書いてみたよ。


お写真は、311の震災のあとに聴くようになった音楽いろいろ

□こころを揺り動かさないで鎮めてくれる音楽
c0002408_3324540.jpg
c0002408_3323731.jpg
c0002408_3322583.jpg
c0002408_332155.jpg
c0002408_332248.jpg
c0002408_331537.jpg
c0002408_3314490.jpg
c0002408_3313241.jpg





     
---------------------commercial message by Excite Japan Co., Ltd.--------------------------
[PR]
by noone-sei | 2014-03-31 01:58 | 趣味の書庫話(→タグへ)

90夜 美容院では何を読む?


決まっているじゃないか、「日経エンタテイメント」だ。
少し前にはテレビドラマの変遷というのがあって、女性が主人公のテレビドラマのまとめも載っていて楽しかった。
  沙粧妙子最後の事件簿
  ケイゾク
  QUIZ
  トリック
  スペック
ここに「ボーダー・犯罪心理捜査ファイル」が入っていればもっと楽しかった。


アニメーションの変遷というのがあったときも楽しかった。
  ガンダム
  装甲騎兵ボトムズ
  青の6号
  機動警察パトレイバー
ここに「イ・リ・ア」が入っていればもっと楽しかった。
そうそう、押井 守の「Halo Legends(ヘイロー レジェンズ)」をまだ観ていない。
実写とはちがうから、そうはずれではないと思うんだが。


日経エンタメは美容院でのおたのしみなので、続けて読んでいるわけじゃない。
実写はどのような変遷でどのようにまとめられていたんだろう。
きっとわたしの好きな、金子修介版ガメラも、平成ゴジラの女性が主人公のも載っていただろう。


時間を作って観なければと思っていた映画がある。
  銀の匙
  機動警察パトレイバー
  ハリウッド版ゴジラ
どれも実写で、原作の漫画やアニメーションや日本のゴジラを思うと、大丈夫かと不安になるんだが、
とりあえずひとつ目の「銀の匙」は観た。撮影に臨む前にきちんと俳優の体の準備が整ったよい実写だった。
押井は実写に弱いから不安がある。
ハリウッド版はゴジラを単に素材として使って勧善懲悪を描くんじゃないかとこれまた不安だ。


アニメーションの変遷には、もちろん
  アンパンマン
  サザエさん
どの分類だったかは忘れたが大御所として載っていた。
どうこう言えるような代物(しろもの)ではないんだが、少しどうこう言ってみる。
「アンパンマン」の魂は正しく美しい。真っ直ぐで真っ直ぐで息苦しくて、美しいものが正しいとは限らない。
自己犠牲を大上段に掲げる物語はおそろしい。
「サザエさん」は非常識だ。
常識の定規(じょうぎ)は曖昧で、「それはあなたの常識、わたしの非常識」なのでつまらないことなのだが、
「サザエさん」は明るく清い。陰(かげ)というものがなくて不気味で、清いものが明るいとは限らない。
事情のある娘でもないのに、長男を教育して一家の明るさの権化となっているのはへんな家族だ。
長男が青年になって家を出たら困るだろう。
まぼろしのような家族の結び目がほどけて負を背負ってくれる者を失ったら困るだろう。
少なくともわたしは家長、あ、この家には家長が二人いたんだが、年をとっているほうの家長から
『バカモ~ン』なんて言われたくない。


・・美容院では頭を洗ってもらいながら頭の中もしくは頭の中身まですすいでもらえるから楽しい。



追って:
「サザエさん」にわたしが感じている違和感を説明するのは難しい。わたしの中に、わたしが跡取りとして教育された家族観があることへの自覚があるからだ。
「サザエさん」は、波平を頂点とした日本の家長制度の体(てい)をとりながら、実は長女が家を離れずに実質上の跡取りとなっており、本来の跡取りである長男がおりながらその長男に道化として家族の負を負わせて成り立つ、かりそめの家族形態にわたしには見えてならない。
まだ小学生の長男カツオが、思春期や青年期を迎えたのちに自立するためには、この家族形態を自分で切り離すしか方法がないと思うのだが、もしカツオが嫁をこの家に迎え、ワカメが婿をこの家に迎えたら、それを笑って素敵な大家族と言えるだろうか。姓がマスオの姓に変わり、嫁となって家を出たはずの娘がさしたる事情なく家に居つくというのが、そしてそれを許すマスオでないほうの家長波平の神経がわたしにはどうにも理解しがたいのだ。



                                   *


□宝島社が発表するその年の漫画の順位づけ「このマンガがすごい!」。
かならずしもわたしの趣味や好みと合っていないか、またはかけ離れていることもしばしばなんだが、
たまたま持っていたもので一般に流通していないものがあった。
「足摺り水族館」は、ページをめくると紙からインクの匂いがした。
c0002408_4552586.jpg


c0002408_4555960.jpg


c0002408_4564353.jpg


c0002408_457673.jpg

[PR]
by noone-sei | 2014-03-17 00:25 | 趣味の書庫話(→タグへ)

82夜 よいお年を


こころを鎮めて過ごすことにちからを尽くす一年だった。
シワ コ が死んでペロ コ がおとなになり、母は認知力の低下に伴いおとなになり、
そうしてわたしもこころを鎮めておとなになろうとし。

でも頭の中は自由で、自由を欲する業というのか欲というのか、
わたしは渦中にあっても自由を強欲に欲する業を持っているのだなと思う。
自由というのは、「ひとり」とも言い換えられるもので、
それを自覚するかしないかで日々の過ごし方には大きなちがいがでる。

ひとりを自覚しても傍(かたわ)らにはシワ コ があたりまえに居た。
今はほんとうにかみしめるようにひとりだ。
もともと懐こいペロ コ はわたしと距離をとるということがないので、
夜になるとぺったりと側(そば)にへばりついて、無防備に腹を出して寝ている。

ペロ コ がわたしとひとりを分け合うようになるのはいつだろう。
それともペロ コ なりに分け合おうとしているんだろうか。



今夜のお写真は撮り貯めてきた漫画のお写真を。
ずいぶんと貯まってしまっているので、少しずつ載せていこう。

c0002408_158366.jpg
写真には「大人女性」と名づけて保存していた。
まず、描き込みが凄まじい森薫。
「シャーリー」は楽しく読める短編集なので、眠る前に読むと幸せな気持ちになる。
笠井スイも達者。
えすとえむは、達者すぎるのと、作中に流れる時間が読み手であるわたしとどうもずれる。
オノ・ナツメの時間の流れと似ているものが感じられる。
「このたびは」に登場する新郎の挨拶はとても好き。


c0002408_1575261.jpg
写真には「大人青年」と名づけて保存していた。
諸星大二郎はもう言わずもがなの彼岸世界。
三宅乱丈は絵柄からして女性作家とは思えない。
現在連載中の「イムリ」も特別な能力を持つ者たちが登場するんだが、不条理や理不尽が必ず物語られる。
今敏はまじめすぎるように思う。
「ナチュン」はどこまで行ってしまうんだろうとはらはらさせる物語。


c0002408_15741100.jpg
写真には「平均女子」と名づけて保存していた。
鈴木有布子は達者なラブロマンス。恋愛に必要な要素がきちんと散りばめられている。
高橋美由紀は大きな使命を背負った者を描くことが多い。「9番目のムサシ」もそう。
ところで「六番目の小夜子」という恩田陸の小説は題名がこれと似ており、内容は吉田秋生「吉祥天女」と似ている。
勝田文の作品はほわほわと掴みどころがあるようなないような。でも温かみがある。
「女の子の食卓」は最終話を終えてしまった。よい短編集だったので残念。


c0002408_1573354.jpg
これも「平均女子」
荒川弘と今市子をこのカテゴリに入れたのはまちがいだった。ぜんぜん平均じゃない。
いくえみ綾については長い間の作家としての変遷を見てきているので思うところは一言にできない。
「ありをりはべり」は登場人物の高校生たちにみんながんばれと思う。
川原由美子は昔の作品は甘ったるいが、「観葉少女」で開花したように思う。
現在の作品群は漫画の既成の枠を超えたい願望を感じる。


c0002408_1572498.jpg
写真には「剛と柔」と名づけて保存していた。
作風は全く違うのだが、勝田文も緑川ゆきも作家自体に不思議な雰囲気を感じる。
吉田秋生作品はずっと読んできて息苦しい頃もあったが、この海街シリーズはどれもいい。


c0002408_1571639.jpg
これも「剛と柔」
末次と上田は似ているとか似せたとかいい話を聞かない。
そういうことは脇において読むと、末次作品のひたむきな登場人物は以前も現在も共通している。
谷川史子は少女漫画の王道だと思う。現在は登場人物の年齢を上げた作品が多いが、
中学生や高校生の淡い恋物語の清潔感こそ谷川作品の良さだと思う。
テガミバチは、とにかく早く謎を解いてくれ。
白井弓子作品はどれも重くてきついが、最後の幸を願ってやまない。

来年もよい年でありますよう
[PR]
by noone-sei | 2013-12-31 01:26 | 趣味の書庫話(→タグへ)

80夜 冬の夜長


明日は冬至。
一年でいちばん夜が長い夜。

先日は霜が下りた。
畑の朝は、地面からきらきらと無数のちいさな柱が立ち上り、踏んだらいじらしい音がしそうだった。
ちょうどその前の晩に、友人に送った「霜柱」という菓子が届いた知らせを受け取ったばかりだった。
それはこの寒い時期にだけ作る飴菓子で、ほろりと口の中で溶けるはかない菓子。
その翌日はたいそう雪が降った。
刺すような雪ではなくて大粒の花びらのような雪だった。

寒さの感じ方は気温に依(よ)らない。
底冷えがする土からの冷気の寒さと、ぼさりぼさりと降る雪の寒さでは、寒さの種類が違う。
夏の暑さもそうだろう?
乾いた風があれば暑さがしのげるし、湿度が高くて風がないとまとわりつく暑さに参る。
それは気温という数字ではまかなえない感じ方のような気がする。

秋の夜長というけれど、ほんとうに夜が長いのは明日。
冬で寒くて日の光が短いとなれば、季節性の鬱が人々のこころに忍び寄る。
そんな日々は夜を楽しまなくちゃいけない。
ストーヴには鍋をかけてことことと煮込みの料理をしたり、
編み物をしたり縫い物をしたり本を読んだり。
手仕事はこころが鎮まる。それにはやっぱり、こたつ?

ところで、霜は「下(お)りる」。柱は「立つ」。では、霜柱はどう言えばいい?
下り立つ?それじゃまるで霜の精みたいじゃないか?




今夜のお写真は、秋から冬のゆったりしたもの。


c0002408_1293990.jpg
こちらは秋の夜長に作ったウォッカ。
真ん中のびんは、トマト、パプリカ、セロリ、ニンジンに
パクチーフレッシュシードのナンプラー漬けをスパイスにしたピクルス。



c0002408_136466.jpg


c0002408_1361433.jpg


c0002408_1362487.jpg


c0002408_1363422.jpg
レモンジャム。
近く、といっても車で十分もかかるんだが、不思議なスーパーマーケットがある。
たっぷり一箱のトマトだったり、山盛りの国産レモンだったり、ときどき驚くような値段で売るのだ。
で、そうして買ったレモンを絞り、皮をむき、水にさらし、何度も煮こぼし、種からペクチンを取り出し、
最後に砂糖で煮るとジャムの出来上がり。



c0002408_150832.jpg
端切れで作ったコースター。



c0002408_1505393.jpg
山のふもとの公園で、「手仕事市場」という催しがあった。
素人も玄人も混在して手芸品や工芸品を出展し売る。
わたしは好きな工房があって、昨年も今年もかわいらしい袋物を買った。




□冬に読んだ本
c0002408_252124.jpg
美しい緑の表紙。
food trilogy三部作の三作目。一作目の「ショコラ」は映画化されたのだそう。
わたしは表紙で引いたこの本しか知らないが、本の中に出てくる老婦人の作る仏料理の美味しそうなこと。



c0002408_251263.jpg


c0002408_25370.jpg
言葉少なな主人公の印象を周囲が自分の取りたいように取ってイメージをたいそうなものにしてしまう。
トム・ハンクスの映画「ビッグ」にもこれと似たようなところがあったっけ。

冬の獣
[PR]
by NOONE-sei | 2013-12-22 02:20 | 趣味の書庫話(→タグへ)

60夜 ほんとうにそこにいて


夕方、本屋にいたらあちこちからビービーと携帯電話の大きな音が鳴り出した。
するとそのすぐ後にぐらぐらと床が建物が揺れ出して収まらず、
電車が走っているわけでもないのにごうごうと音がして、
どうしたらいいかもわからず立ち尽くしてしまった。
その場にいた人たちも皆そうで、おそらく皆の脳裏によぎったものも同じだっただろう。

すぐに電話は繋がらなくなった。
王様に打ったメールは、夜になって津波警報が解除されてから届いた。
本屋で呆然としている時に大切な遠くの友人からのメールが届いたのは、
「ここにいるよ」という幸運のメッセージだったんだと思う。

皆が家路を急ぎ、小さな余震の中で車の運転をするのは怖かった。
原発に異常がないかということと、ガソリンが手に入らなくなるのかということと、
食べ物が手に入らない寒い日々を迎えるのかということが、
家族の無事を確認しなくてはという思いと同時に脳裏に浮かんだ。

津波は1メートルだった浜もあり、仙台では二千人が避難した。
余震だとはわかっていても、この大きさは尋常じゃない。
環境庁の会見をニュースで見ながら、とにかく母と夕飯を食べたら、
「非常時だから早く食べてしまうべね。それにしても国の役所は
もっと安心させるようなことをテレビで言えないのかね。総理大臣がしゃべればいいんだ。」
母がしゃっきりとしているので思わず拍手をした。

いやになったり、怖くなったり、がっかりしたり。
でも、犬や猫は落ち着いており、母も落ち着いており、
今夜もちゃんとわたしをしっかりさせてくれる。



□311の前後に読んでいた漫画
c0002408_21625.jpg


c0002408_211623.jpg
311の後、たくさんの漫画家が集って一冊の漫画を出版した。



c0002408_231093.jpg
近未来の物語は、起こるはずがないものを書いているかのようでいて
本当に起こってしまうと刺さる。


c0002408_233232.jpg
たまたま読んでいた「コッペリオン」は特に現実になってしまった漫画。



c0002408_233112.jpg
これは漫画じゃなくて小説。
日本SF大賞を取った時に、今のこの現実は予想できただろうか。



「華竜の宮」 この小説は表紙絵と題で損をしている。
本日の地震についてのニュース


     
[PR]
by NOONE-sei | 2012-12-08 02:18 | 趣味の書庫話(→タグへ)

54夜 さらってきた


初めにごめんなさいをしてしまおう。
悪いことなんだと思う、きっと。
だから、告解というのか懺悔というのか、ありのまま書いてしまおう。

塾の引越しや家の書庫の整理で、古い辞書や事典等々、処分しなくちゃいけないものが大量に出た。
車に積んで公共のクリーンセンターに持ち込むと、
紙類は資源だから紙の区画に荷降ろししてくれと指示された。
巨大な煙突のある、要塞のような建物は威圧感があって、
ごみの選別も厳しく、係員が目を光らせているのだが、
紙類にはそれがとても緩くて、全部自分でやって済んだら帰っていいから、という調子。

どさどさと車から降ろし、本や雑誌も無造作に投げ込まれている風(ふう)の紙のプールに
わたしも持参したものを投げ込もうとしたら、ちょっと目が行ってしまった。
どうしてもプールから引き上げたい。
懐かしいものであることはもちろんのこと、それらは一冊一冊、丁寧に薄紙でくるまれていた。
辺りを見回すと、誰もいない。そこはいつも誰もいない。
ちょっと一冊を手にとってみた。
学生の頃にあこがれだった書泉グランデの栞がはさんである。
ずるずると続けて手にとってみた。
有隣堂の栞、冨山房の栞。
栞の代わりに神田神保町の書店のレシートがはさんであったりする。

・・全部プールから引き上げてしまった。
さらっていってしまおう。
どんな人がどんな気持ちでそれらを手元に置き、そして手放したんだろう。
古本屋とか古書店とは呼びたくない大手の業者に持ち込まず、
資源ごみのプールに入れた、それらはたいそう綺麗な状態の漫画だった。

公共のものになったそれらをさらってきてしまった。
お縄になってもしかたがない。
・・もしや、そういうことがあるからそのプールには、いつも誰もいないんだろうか。




□うちにやってきた漫画
c0002408_2145416.jpg
こういうのを冒険少年漫画というのか?



□うちで発掘された漫画
c0002408_22545236.jpg



c0002408_2258419.jpg
こういうのを正統的な少年漫画の源流というのか?
わたしがこれまでほとんど読んでこなかった漫画の系譜。




□読んだ漫画
c0002408_222049.jpg
わたしにとっての冒険の色あいのある漫画はこんな感じ。




□「送ってしまえ」
c0002408_227425.jpg
日本のあちこちに散らばった漫画。


そうそう、七月十七日は「漫画の日」なのだそうだ。知っていた?
わたしはぜんぜん知らなかったよ。
一箱古本市のおはなしは日延べして次の夜に。

四歳
[PR]
by noone-sei | 2012-07-25 01:13 | 趣味の書庫話(→タグへ)

53夜 村の図書館


c0002408_51587.jpg



すっかり浦島亀子になっていて、しかもわたしのPCは数度目の不調、
再インストールというのか?再びすっかり入れ直してもらったら、
さくさく動くようにはなったものの、音が出ない。
動画を見ても、、、無音。
友人のところで新しいPCにしたそうで、背中を押されるようにお揃いのPCを注文したものの、
ぜんぜん届かない、、、注文したのはまだ暑くない頃だったような。

すっかり猛暑だ。
ここひと月は、お百姓と図書館の司書と夏への模様替えに明け暮れた。
床下にとかげが出入りしていた外の書庫に、久しぶりに着手、
埃(ほこり)にまみれ、震災でめちゃくちゃに棚から落下したままになっていた本を
庭にシートを敷いて綺麗にし、捨てるものと一箱古本市に並べるものとを取捨選択してぐっと減らし、
家の中に運び入れ、書庫の棚を外して屋内に設(しつら)え、
本日、やっと全ての本を並べ終えた。
ひと目でぐるりと見渡せる量で、しかも一部は漫画まで並べることができたのだから、
「本は財産だから手放せない」などと思っていたのがいつのことだったかというくらい。

ここ数年、画集は友人に、演劇や今ではサブカルチャーと呼ばれるようになった本は
そういう垂涎ものだけを扱う四国の古書店に、行くべき人のところに行くように一箱古本市へ、と、
王様とわたしは本を手放してきた。
漫画は、まだ読んでいなさそうな友人が「送ってしまえ」の合言葉で笑って貰ってくれるので、
よくよく、大手の古本屋とは呼びたくない業者には持ち込まないようにしている。

母の混乱が始まってちょうど一年。
大混乱を起こしていたわたしもすこしはおとなになった。
心の中で幾度殺したか数え切れない母を 今では可愛げがあると思うことさえある。
嫁の立場で苦労している友人の話を聞いたりするにつけ、
わたしは嫁でも娘でもなく、家族という扇の要(かなめ)、
もしかしたら生まれた時から位牌持ちという名の長男だったんじゃないだろうかと思う。

書架というのか書棚というのか。
少しずつ時間を見つけては本を棚に並べていたら、母が、村の小さな図書館だと言った。
あのね、図書館と呼べるほどの本の量はもうないから、
ここは村の図書室というのが相応しいのかもしれないよ。


□外の書庫
c0002408_4153893.jpg



c0002408_4154736.jpg




□書庫から本を救出
c0002408_421173.jpg



c0002408_4212889.jpg



c0002408_4213816.jpg



c0002408_4214897.jpg




□書棚
c0002408_4303577.jpg
もうすこしで並べ終えるところ。
CDも棚に収まって、なんだかせいせいした。

一箱古本市のおはなしは、また次の夜に。

三匹劇場
[PR]
by NOONE-sei | 2012-07-16 11:56 | 趣味の書庫話(→タグへ)

49夜 今年はおりこう


夏の足音が感じられるようになったんだよ。
繰り返し繰り返し規則正しく訪れる花の順番や鳥の声。
・・ほんとうのことを言うと、急におりこうになったのだけれど。

梅、彼岸桜、花桃、連翹、タンポポ、ソメイヨシノ、しだれ桜、実の生る桃、梨、林檎、
八重桜、ハナミズキ、シャクナゲ、ツツジ、、、、
ほらね、ちょとまちがっているかもしれないけどだいたいの順番が言えるよ。

昨年の春に、友人がしきりに
「今年は花の順番がおかしくない?おかしくない?」
そう言われても、追いつけない速さで駆けるように咲き続ける花に、
昨年のわたしはただ圧倒されていた。

今年は狂ったような咲きかたじゃなかった花々をちゃんと見ていた。
例年の順番がどうで、今年がどうなのか、やっとわかった。
放射能が降り注いだ昨年がどうおかしかったのかも、やっとやっとわかった。

ただね、花が終わってしまうと、桃や林檎や梨の果樹が見分けにくくなる。
それは、果樹畑を持つ農家が精一杯の作物を作るために、
汚染を取り除くために木肌を剥(む)いてしまったから。

田んぼには水が入った。
虫を啄(つい)ばみに水に鳥が入る。
昨年は消えてしまった鳥の声が今年はよく聞こえていて、
これがこのウェブログの文章を目で読む人たちの耳に聞こえないのが
たいへん残念。




今夜のお写真は足音を聞いて欲しいような花々を。




□庭の花々
c0002408_3551344.jpg
イチゴの花。


c0002408_3552678.jpg
オダマキ。


c0002408_3553696.jpg
クリンソウ。


c0002408_3554668.jpg
シャガ。


c0002408_3555552.jpg
シャクナゲ。福の島の県花だったか?


c0002408_356370.jpg
スズラン。


c0002408_3561371.jpg
ツツジ。


c0002408_35623100.jpg
パクチーの花。


c0002408_3563352.jpg
忘れな草・二輪草・シャガ・クリンソウ・アップルミントで作った花かご。



□漫画
c0002408_359452.jpg



c0002408_3591579.jpg



c0002408_3592766.jpg
大友克洋がやっと動いた。
懐かしいので「AKIRA」を発掘して久しぶりに再読。

もうひとつのおりこう
[PR]
by NOONE-sei | 2012-05-24 01:25 | 趣味の書庫話(→タグへ)

47夜 春よ恋


一年のうちで、日本は本当に南北に胴が長い島なのだとしみじみ再認識するのがこの時季。
桜前線がやっとこの地にも北上して、街なかの桜が満開になった。
でも我が家の周囲は五分咲きくらい。山あいの温泉町は家から二十分ほど、
こちらはまだ全然咲いていない。もう少し山を行くと雪まで残っている。
いつもよりも、十日くらいは全体に花が遅い。
昨年の春の、気が昂(たか)ぶったような、気がふれたような開花にもぎょっとするが、
寒さが長引くこの花々の気の持たせようにも、なかなかやきもきさせられる。

つい先日は本家の叔父の命日だったので山の日当たりのよい斜面にある墓に参った。
フキノトウが開きかけてそれはそれで可憐な花のようで、
うつむいたようなカタクリは周囲の空気まで薄紫に染めて、
しゅっと立った細長い葉の間に硬いつぼみやほころんだつぼみや黄色に咲いた花の水仙、
それらが一面の、春の始まりの美しい墓地だった。

我が家の庭は既に春は目覚めて、福寿草もカタクリも花を終え、
一輪草や二輪草が咲き始めている。
散歩に行くと、連翹の黄色と水仙の黄色、椿だか山茶花だかが桃色や赤。
道端のその花を犬はぱっくりと食いながら歩く。




今夜のお写真は山の晩冬と庭の春を。


□山
c0002408_3204378.jpg
この日、町では桜が満開って信じられない。


c0002408_3205279.jpg
でもよく見ると山肌が見えるくらい、雪はもう融けているんだ。


c0002408_32126.jpg
ちいさなフキノトウ。


c0002408_3211282.jpg
寒いお写真ばかりじゃつまらないので、白い湯の風呂をどうぞ。




□庭
c0002408_3251948.jpg
庭のカタクリ、ちょうど咲いていた頃のお写真。


c0002408_3261072.jpg
タネツケバナ。


c0002408_3263532.jpg
ホトケノザ。


c0002408_3265922.jpg
福寿草、終いの頃。


c0002408_3274046.jpg
ユキノシタ。この山菜の天ぷらは旨いのだけれど、この地では今年も山菜はあまり口にできない。


c0002408_3291282.jpg
二輪草がもうじき。


c0002408_329416.jpg
ペロ コ の好物、これは山茶花?




■おまけ
c0002408_3341189.jpg
この春いちばんのお薦めしたい漫画。
・「路地恋花」ろおじコイバナ(麻生みこと)
どうせ少女たちが好きなコイバナでしょう、などと侮ってはいけない。
京都の町屋に敢えて住む、若い絵描きや細工職人や工人の手仕事をたっぷり資料検証して
麗しい物語と京都弁で味付けしたオムニバス。

c0002408_3342064.jpg
これは本の手仕事の一場面。

 十四歳
[PR]
by NOONE-sei | 2012-04-25 01:11 | 趣味の書庫話(→タグへ)

45夜 天の寿


父が青年期を過ごした浜からもう少し南に下った、
北関東の大伯母(おおおば)が天寿を全うした。
葬式の引き物には紅白の饂飩(うどん)があって驚いた。
百に近い高齢なので、弔う葬るではなく祝い事なのだという。
熨斗(のし)に「天寿」と記してあるのを初めて見た。

忌みごとがそのように転じるのはたいそう不思議だ。
ものごとは、見方ひとつで簡単に転じることができるとは思わないけれども、
からりと転じるまでの中間には転じきるに至る過程があるのだけれども、
ああ、そういうものなのだなぁと、妙に納得がいく決まりごとは、
ひとの気持ちを落ち着くべきところに連れて行く。

組になった言葉があるだろう?
天と地、生と死、それらは上から下に視線が動くような気がして、どうも陰気だ。
内と外、陰と陽、喪失と再生、それらならば左から右に視線が動く。
しかも、人に教わった最近覚えたてのイメージがあって、
喪失は再生を飛び越して、奪還へと飛び立つ。

足踏みしているときには言葉少なでもいい。
寡黙と饒舌の中間には、転じるほどの威力はないが、思慮という落ち着きがある。




                         *   *   *




愛機バンコランは天寿を全うせず、復活した。
愚息、鰐号は大学に復学することになった。
わたしのPCは天寿を全うしたけれども、かなりのデータを持っていかれた。
震災で半壊した塾を 大家さんに頼んで塾生の卒業まで続けさせてもらったけれども、
三月末日をもって閉塾した。

そのようなわけで、イメージの転換や組になった言葉のようには
現実というものはなかなか動き出さないけれど、
この思慮の時を閉塾に伴う整理に追われながら過ごすのも、
なかなかできない経験じゃないかな。
これからのことはそれから。





□音楽は天の寿
c0002408_3571368.jpg
c0002408_3572347.jpg
c0002408_3573483.jpg
友人に貰った心地いい音楽はフランス語やポルトガル語、
どちらも流麗で同じような言葉に聴こえる。
音楽は落ち着きの素(もと)だな。

一歳
[PR]
by noone-sei | 2012-04-04 00:11 | 趣味の書庫話(→タグへ)