数のない夜  彼岸があけて


夜話はそっと語られ森に置いてくるもの。
数のない夜は父をおもうわたしのために語るもの。

ついこのあいだ盆送りをしたと思ったら、彼岸になった。
盆にしか家に戻らないなら、向こう岸から手でも振ればいいものを。
秋彼岸の花は萩、棚からぼたもちも落ちてこないから、
もとより好きでもないおはぎは作らなかった。

時が傷みを和らげるそうだけれど、悼(いた)んでなお痛いところに
追っかけ追っかけ彼岸までがやってくる。
追っかけ喪中葉書の準備を終えればやがて追っかけ一周忌の準備、
追っかけは、じきに、というより文字通り追いかけてくるような、この地の言い回し。

気ぜわしいのはわたしだけではない。
果物の里、この地の秋は忙しい。
彼岸を境に梨は美味さを増すのだそうで、二十世紀や豊水が出回ってきた。
彼岸の入りには桃もあり、ゆうぞらという品種が桃のおしまい。
時期を重ねてリンゴも出始め、さんさという品種を食べながらゆうぞらも食す、季節の不思議。
さんさ時雨は唄にあり、彼岸の入りは雨つづきだった。

葡萄はさまざまな品種が短い季節に出回る。
夏の終わりにあずましずくから始まり、巨峰、スチューベン、ピオーネ、ハニーブラック、、、
じつはそれぞれ味の違いはあるが、わたしは目で見ても品種の違いはわからない。
けれど、果樹園の近くを通りかかると、そこは空気が甘く、果物の匂いがする。
香りというにははっきりとした、これから完熟期に入るひとつ手前の匂い。

どうしてこの地に生まれたのだろう。
わたしはさほど果物が好きではない。


                       * *


今夜は追っかけ追っかけ、季節のお写真を。

c0002408_219395.jpg
夏にはこんな黒いスイカ。実家で採れたから、と、持って来てくれた人があった。
ビンの中には、ズッキーニの花のマリネ。


c0002408_2192317.jpg
彼岸花をこんなに近くで撮ったのは初めて。


c0002408_2193753.jpg
彼岸花がこれから咲くところ。
南も北もいっぺんに咲く花。日本中に彼岸の中日を知らせるつぼみ。


c0002408_220249.jpg
彼岸花の群生は田んぼのあぜに沿って延々と続く。
その先には林檎畑があって、リンゴの赤に彼岸花の赤。赤の諧調を言葉で言えればいいのにな。


c0002408_220225.jpg
リンゴ。品種を聞かないでくれ。・・ふじじゃないリンゴ。


c0002408_2203530.jpg
梨畑は整然としている。


c0002408_2204971.jpg
ブドウ三種。
きみどりはオリンピア。奥はハニーブラック、手前は、、、なんだろう。
[PR]
by NOONE-sei | 2008-09-30 02:21 | 数のない夜(23) | Comments(10)
Commented by hal's dad at 2008-09-30 02:29 x
たわわ
なんだか すごいね
Commented by NOONE-sei at 2008-09-30 02:53
あ、
今upしてる真っ最中だったよ。
つーか、真っ最中だ。
秋は、くだものだらけだよーーー。
すごいべーー。
Commented by mica at 2008-09-30 11:06 x
。。。お二人とも、またすごい時間に。。

連れ合いの両親も、買ってまでくだものを
食べるようなことは、しません。
たいがい、妹や弟から送ってくるし。

戦前は、今ほど果樹園はなくて、そういった
習慣がなかったのかもしれませんが。
一昨日、実家に行った時も、
「そういえば、ブドウをもらったんだった」と
冷蔵庫から巨峰を出して来ました。
だぁ〜れも食べないので、ワタシひとりでいただきました。
Commented by とっと at 2008-10-01 07:14 x
ぶどうの品種、聞いたことのないものばかりです。
こちらで店頭に並ぶ道産品種は、ポートランド・ナイヤガラ・キャンベル・旅路など。
Commented by NOONE-sei at 2008-10-02 01:24
micaさん、
おばんでございます。また真夜中にこんばんはであります♪
でもさー、dadは起きていたのじゃないと思うなー。
若いうちから年寄りみたいに早起きだったと記憶しておるです。

ご両親も節が重なると、いっぺんに果物が集まりますから食べ切れないでしょう。
うちは、わたし以外は果物好きなので、共選場という農家が出荷する所から、
家庭用のハネものを買いますね。農家から貰うときもあるなー。
気の張るようなよそ様に送るのは見た目の立派な値の張るやつですけど、
味に変わりはないので、気の置けない友だちにはうちで食べるのをおすそわけーー。

わたし、そんなに果物好きぢゃないから、人にむいてあげるのが嫌い・・ぼそっ
Commented by NOONE-sei at 2008-10-02 01:30
とっとさん、
北海道もぶどうが生るんだぁ。 って、常識がないのでよくわかっていない・・
ぶどうの味もさまざまありますよね。
こないだ蔵王に行く途中で山一面のぶどう棚を見ました。
さくらんぼみたいな味、と銘打ってあるのもあったよ。
ところで、↑ キャンベルしか知らなかったよ・・
Commented by ひす at 2008-10-02 15:20 x
くだものくだもの!ヽ(・∀・)ノ
うまらやしい!うまやらしい!うらやましい!
種の周りを必要以上に美味しいもので着脹れして、
一体どこの誰のため?
そんなに美味しいものならば、実にせず自分で蓄えればいいのに。
ずっと昔から不思議でした。
不思議といえば…
昔聞いた話で。
ある砂漠の国の異人さんが、日本伯父半旗からです缶ジュースを飲んで、
「これはなんと変わった果実!」
といったとか。
その話をきいて以来、私も缶ジュースを飲むたびに「果実♪果実♪」
反対に果実を剥く時は、皮を「空き缶♪空き缶♪」と楽しみながら見ております。

さて、暑さ寒さも彼岸まで。
でも想いは途切れることがないだけに、それに絡まる様々な思いも、
やはりなかなか途切れはしないのですよね。




Commented by NOONE-sei at 2008-10-02 18:45
ひすさん、
くだもの好きのひすさんには、たまらんでしょーー。おほほほー。
種のまわり、人間が食べない分は、鳥 コ の分ですよん。
鳥の餌台にも置いてやらねばね。

>異人さんが、日本伯父半旗からです缶ジュースを飲んで
 異人さんが、日本で自販機から出る缶ジュースを飲んで
        ↑
 もう、ひすさんの怪文を解読するのは得意になった

考えてみると、こちらは春は春で機関銃のように花が伝播して咲き、
秋は果物がつぎからつぎへと実に成る、
なんといそがしい季節の移り変わりをするのでせう。
父のこともそのように移り変わってくれればよいのに、と思います。
Commented by ひす at 2008-10-03 11:48 x
恥ずかしい~!(/ω\)

実は自分では読めなかったです・・・

(=^^=)ゞ
Commented by NOONE-sei at 2008-10-06 00:29
いつしか、
本人以上にひすさんの暗号解読ができるようになったわたくし・・  
おほほほ
名前
URL
削除用パスワード


<< ときおりの休息  十一  あや... 閑話休題 四たび >>