数のない夜  彼岸があけて


夜話はそっと語られ森に置いてくるもの。
数のない夜は父をおもうわたしのために語るもの。

ついこのあいだ盆送りをしたと思ったら、彼岸になった。
盆にしか家に戻らないなら、向こう岸から手でも振ればいいものを。
秋彼岸の花は萩、棚からぼたもちも落ちてこないから、
もとより好きでもないおはぎは作らなかった。

時が傷みを和らげるそうだけれど、悼(いた)んでなお痛いところに
追っかけ追っかけ彼岸までがやってくる。
追っかけ喪中葉書の準備を終えればやがて追っかけ一周忌の準備、
追っかけは、じきに、というより文字通り追いかけてくるような、この地の言い回し。

気ぜわしいのはわたしだけではない。
果物の里、この地の秋は忙しい。
彼岸を境に梨は美味さを増すのだそうで、二十世紀や豊水が出回ってきた。
彼岸の入りには桃もあり、ゆうぞらという品種が桃のおしまい。
時期を重ねてリンゴも出始め、さんさという品種を食べながらゆうぞらも食す、季節の不思議。
さんさ時雨は唄にあり、彼岸の入りは雨つづきだった。

葡萄はさまざまな品種が短い季節に出回る。
夏の終わりにあずましずくから始まり、巨峰、スチューベン、ピオーネ、ハニーブラック、、、
じつはそれぞれ味の違いはあるが、わたしは目で見ても品種の違いはわからない。
けれど、果樹園の近くを通りかかると、そこは空気が甘く、果物の匂いがする。
香りというにははっきりとした、これから完熟期に入るひとつ手前の匂い。

どうしてこの地に生まれたのだろう。
わたしはさほど果物が好きではない。


                       * *


今夜は追っかけ追っかけ、季節のお写真を。

c0002408_219395.jpg
夏にはこんな黒いスイカ。実家で採れたから、と、持って来てくれた人があった。
ビンの中には、ズッキーニの花のマリネ。


c0002408_2192317.jpg
彼岸花をこんなに近くで撮ったのは初めて。


c0002408_2193753.jpg
彼岸花がこれから咲くところ。
南も北もいっぺんに咲く花。日本中に彼岸の中日を知らせるつぼみ。


c0002408_220249.jpg
彼岸花の群生は田んぼのあぜに沿って延々と続く。
その先には林檎畑があって、リンゴの赤に彼岸花の赤。赤の諧調を言葉で言えればいいのにな。


c0002408_220225.jpg
リンゴ。品種を聞かないでくれ。・・ふじじゃないリンゴ。


c0002408_2203530.jpg
梨畑は整然としている。


c0002408_2204971.jpg
ブドウ三種。
きみどりはオリンピア。奥はハニーブラック、手前は、、、なんだろう。
[PR]
by NOONE-sei | 2008-09-30 02:21 | 数のない夜(23)


<< ときおりの休息  十一  あや... 閑話休題 四たび >>