数のない夜  盆送り


日が落ちて真っ暗になる前の夕暮れは、あの世とこの世の境界が淡くなる。
そんな時間に、盆の迎え火を焚き始める。
十三日から十五日まで迎え火を焚き、十六日は送り火を焚き、二十日と三十日にも焚く。
三十日のは晦日盆(みそかぼん)というのだとか。

山あいの温泉町は、盆は泊まり客で賑わう。
家々の前の迎え火はすこし幻想的で、浴衣姿に旅館の下駄で散歩に来た客たちが喜ぶ。
子どもたちがその迎え火で花火をしてはしゃぐうちに、川のほうから笛や太鼓が聴こえてくる。

わたしの育ったその町ではどうだったのか知らないが、
昔はほっかむりをして盆踊りを踊ったと聞いた。
春彼岸も秋彼岸も、あの世の者たちはむこうの岸辺までは来るが渡れない。
一年に一度きりの盆に、彼方の岸から此方(こなた)の岸へと渡る。
笛や太鼓に誘われて、この世の皆と一緒に踊ったり、ときには誰かに憑いたり。
ほっかむりで誰が誰やらわからないから。

今年、うちを入れて近隣で三軒に不祝儀があったから、ここいらでは新盆が三軒ある。
けれども古くからの慣わし(ならわし)のない地域なので、右倣え(みぎならえ)することができない。
母方の親戚縁戚に四件も不祝儀があったわが家は、新盆を迎える本家に倣うしかない。
温泉町の本家に教わって、薪を鉈(なた)で細く割って火の準備をした。
近隣で迎え火を焚いたのはうちだけ。
よそは盆棚に飾るほおずきを探しただろうか。
墓や盆棚に、ササギとナスを細かく刻んで生米を混ぜたものを供えただろうか。
ナスやキュウリを牛馬に見立てて一年分の荷物を背負わせて送っただろうか。



c0002408_119997.jpg
供菓、いろいろ。


c0002408_120184.jpg
米の団子、味噌、ひょう(青菜)、茶を十二枚の桑の葉で包む。


c0002408_1205853.jpg
来るときには馬に乗って速く、行くときには牛に乗ってゆっくり帰る、だったっけ。


c0002408_1204167.jpg
この牛馬、鰐号が作った。


c0002408_1211295.jpg
夜は灯籠流しへ。幻想的な川辺の祭り。
流し終えると、派手な花火が上がる。
口をあいて、空から降る大輪の菊の花びらのような余韻を飲み込むのだけれど、
あっぱぐちをあけて、まぬけな顔をしながら、泣きそうになっているなんて、おかしなはなし。







お盆のシワ コ は


c0002408_23574567.jpg
医者から許しが出たので風呂に入って(嘘)体を綺麗にしました。
湯上り(嘘)の、毛深い動物は情けない姿になります。 ・・これはヤギ?



c0002408_23571382.jpg
シワ コ :
セイさん、わたし、お風呂、好きじゃありませんから。
頭にタオル、乗せないでください。
[PR]
by NOONE-sei | 2008-08-20 00:04 | 数のない夜(23) | Comments(11)
Commented by とっと at 2008-08-21 07:25 x
シワ コさん、元気なお姿でうれしいです。
お風呂に入っていろんなこと洗い流してやってくださいな。

お盆の慣わし。
なるほどぉ。
私もまったく知らないんです。
お仏壇のない家に育ったものですから。
Commented by ろこお at 2008-08-21 07:59 x
あ"あ"あ"ーーーーっ 
マジなコメントしようとしても思いつかん

シワ コ!愛してるよ〜

あ、おはようございます
Commented by at 2008-08-21 18:10 x
お盆はねぇ・・・ご先祖様に連れて行かれないようにどこの誰だかわからなくするためにほっかむりしたりお面を着けたりしているのですよ。怖いと言えば怖いねぇ・・・
Commented by NOONE-sei at 2008-08-22 00:40
とっとさん、
じぃーーーーん。
前回のコメントといい今回のコメントといい、
とっとさんがシワ コ をみつめていてくれたそのまなざしの柔らかさ。
向かって右の付け根、まだハゲだけど傷が見えないでしょ?
あるおじいさんが、「回復の速さは、犬が生き急いでいる証拠だから、
大事にしてやりなさいよ」と言っていました。はっとさせられました。

そうそう、仏壇にご先祖がいる家庭なら、
もしかしたら軽やかに盆の慣わしをこなせたのかもしれないなぁ。
だからね、なんだかおままごとのような気持ちになりましたよ。
Commented by NOONE-sei at 2008-08-22 00:55
ろこおさん、
もぉ。 きゃはは
ろこおさんたら。がんばってアンサーコメントしてくれようとしたのね。
だいじょぶ。言葉がなくても、だいたい理解しているつもりです。 
  ↑
(そちらで覚えたいいまわし。なんていい言葉なんだろう・・・ぽわ~ん)

ろこおさんに愛されてシワ コ は幸せものぢゃ。
でも、このお写真、なんかリャマに似てません?
そこがまたかわいいんだけどさっ。ほっほっほ
Commented by NOONE-sei at 2008-08-22 00:59
坊さん、
げ、そんなこわい話は初めて聞きましたよ。うそだと言って。
でもねー、盆の行事をやってはみたけど、あの世からご先祖が帰ってくる、
なんてとても思えなかったよ。
まるで、段取り芝居とかままごとをしてるみたいだ、というのが正直な感想でした。
Commented by ひす at 2008-08-22 18:08 x
よかったよかった♪
お風呂にはいってさっぱりこんだ!

ひんがら目がすごくキュ~トですよ!

うちのだいちゃんも、先日洗われて、
情けないヤギになっておりました。
あはは~♪
Commented by ひす at 2008-08-22 18:12 x
お盆のそういう行事ごとは、
私の育った家ではほとんどなくて。
はすの花飾って、お供えして、みんなが家にやってきて・・・
そんな感じ?
ですので、今回は、「ほぅほぅほぅ…」
まるでよその国のお話だ~!
(ある意味よその国ですね)

このキュウリやナスの馬や牛。あこがれたな~♪
でも荷物を背負うとは、しらなんだ!
うひょ~!
ますますあこがれる~!

ミーハーですみません。(=^^=)ゞ
Commented by NOONE-sei at 2008-08-25 21:40
ひすさん、またお返事遅くなってしまった、、 しくしく
いつもどきどきしながらお話をupするのですが、
いつもひすさんは、ちいさなところをちゃんと拾ってコメントしてくれますね。
ナスやキュウリに眉をひそめる人もいるのじゃないか、って
気にしながらのupでした、じつは。

「よその国」、そうね、そうかもですね。
とにかくお盆の慣わしは、こまごまと決まりごとがありました。
その全部をやるだけの気合いがちょと足りなくて、要点だけさらったようなものです。
きのう、大本家の旅館に挨拶に言ったらね、牛や馬には春夏秋冬で
四つの荷物を蓮の葉で作る、塩も入れる、、、って。
本家と大本家って、近くなのにやり方がちがう~~~  うぅぅ・・

ひんがら目!
大阪弁ですね?調べちゃいましたよ。
わたしが言うのはちんから目、似てるね。
シワ コ 、子犬のときに遊んであげた犬たちと会ったら、平気でした。
そこには、いつも会って活動している犬たちが十頭以上いましたけど、
これまた大丈夫でした、うれしい~~。
Commented by ブッピー at 2008-08-26 00:06 x
ふふふ♡シワコさんの写真に
なんだかホントにお風呂はあんまり好きじゃないんです感が
漂っていてお気の毒様(笑)と思いつつ可愛い(^-^ )
あの事件以来シワコさんの顔が見たかったのでなんか
嬉しかったです。本当に。
シワちゃんにムチュ~を送ります(*^m^*)
セイさんうれしい事があってよかったですね♪
Commented by NOONE-sei at 2008-08-27 00:46
ブッピーさん、
うふふ♪ ムチュ~をありがとです。
気の毒なシワ コ は、とってもキタナイイヌだったので、速攻最速30分で洗いましたよん。
お医者にね、シワ コ はそんなに弱っちい犬じゃないはずだと言われていたんです。
一時的に凹むことはあってもきっと復活できるって。
でもやっぱりね・・・。振り返ると、シワ コ が良くなるにつれ、
やっとわたしが後を追いかけるみたいに気持ちが上向きになる感じでした。
ほんとはわたしが励まして引っ張ってやらなきゃだったのかもなんですけどねーー。とほほ
名前
URL
削除用パスワード


<< 数のない夜  でぶの素 数のない夜  空の爬行動物 >>