数のない夜  空の爬行動物


 ・またまた旅の途中。映画を観る予定の人は読まないほうがいい。


黒い服を着ると、しきたりだとか順列だとかに過敏になってゆく。
黒い服のイメージがだんだんに、正統な正装ではなく土着を全うするための制服、
あるいは、ときに戦闘服といったものに変わってきていてこわい。

従姉妹の葬儀の翌々日は伯父の納骨式。
この地の墓は墓石を開けると土があり、文字通り骨は土に還す。
墓で頭蓋骨を見たので映画を観に行った。
ひとりの時間を持たないと、定針儀の針が現実世界に向かって振り切れてしまう。

「スカイ・クロラ」。
押井守の製作現場、特に音響や声への演出をテレビで観たとき、
空のクロレラって、意味がわからなかった。いや、クロラであってクロレラじゃない。
じゃ、クロウ等(ら)だから、戦闘機の乗り手は、カラスか?
駄洒落を言っていると思うだろうが、これはわたしの脳みその真実なのだ。
翻訳機能でThe Sky Crawlers を見たら「空の爬行動物」になった。
空を這うもの?

声や音に敏感なこの映画の中で、ワインの壜をテーブルに置く音がよかった。
静かな室内にかかる川井憲次の音楽も美しい。
マッチの火の消し方がとても懐かしく、
自分もそんなふうに消していたっけと思い出し、
戦闘機のメカニックの女性に「パトレイバー」のメカニックのおやじさんを思い、
耳長犬に「攻殻機動隊」の「イノセンス」を思い、
主人公に深く関わる女性に草薙素子を思った。
そうしているうちにこれまで見た押井作品群が連なってきて、
長編、短編、実写、アニメーション等々、売れたものも絶対に売れないものも、
押井の、狭いところにこだわって入り込んでゆく感覚が流れ込んできた。
厭世観がぷんぷん匂うのに、どこかにユーモアもあったっけ。
そうだ、クレジットを見ていたらひし美ゆり子の名があったような。

大人にならない子どもが大人みたいに煙草を吸い、酒を飲み、
一丁前の恋をして、一丁前以上に人を殺し、妄(ぼう)として曖昧な生を納得している。
少しだけ長く生きると、ひとと関わることを覚え、
ときには生き直すために死に、ふたりあるいはそれ以上の生を生きる。
そんな映画だった。
もう一度生まれてきたいと思う?子どもたちに語らせたこの問いに、
押井は、それもいいかもしれない、と思うようになれたんだろう。
誰もこんな連想はしないかもしれないが、萩尾望都の「A-A'」の読後感に、
すこし似ている。


c0002408_2411096.jpg
お写真は、七月に見た裏磐梯雄国沼の空。
湿原はニッコウキスゲが満開だった。



シワ コ の通院が終了しました
[PR]
by NOONE-sei | 2008-08-13 02:45 | 数のない夜(23) | Comments(14)
Commented by 連れ合い at 2008-08-13 12:24 x
セイさんこんにちは。
観て来たのですね?
ウチは週末に行く予定でおります。

>売れたものも絶対に売れないものも、押井の、狭いところにこだわって入り込んでゆく感覚が流れ込んできた。

わかる気がします。
ソレを確かめに行くのありかな(笑)と。。

Commented by mica at 2008-08-13 15:12 x
セイさんが観た、押井のインタビュー番組。わたしも観ました。
今までずっと自分のために作り続けて来た押井が
初めて他人(若者)のために、メッセージを込めたと言ってましたね。
ソレを確かめに行こうかな、と思います。

クレジットに、ひし美ゆり子さんがっ!?
それは要チェックです。(笑

> 萩尾望都の「A-A'」
好きな作品のひとつです。
読んで予習しとこ。
Commented by ひす at 2008-08-13 16:13 x
こんにちは!
黒い戦闘服に囲まれて暮らしておりますひすです。
たしかにあれは、戦闘服、ないし制服ですね。
知らせを受けて取り乱す平服が、感情剥き出しの剥き身なら、
黒い服は、それらを押し殺し行事をこなすための鎧のようなものかもしれません。
内からの感情も、外からの感情も遮断して、
取り計らうべきを取り計らう、そのための衣装でもありますね。
でも、そういう使い方は服にしてみれば本望かもしれないとも思います。
今は多くの場合、悲しいことに「義理」で顔を出す参列者が多くなり、
弔意を示すはずの黒服を、自分の立場と地位を知らしめるための小道具にされているのを体感します。
そしてそういう人の多くは、「黒い服」さえ身にまとえば「弔意」を示せると勘違いし、
本当にもっていくべき心と感情を置き忘れております。
(小道具に気持ちは代弁させられないのにね。)
Commented by ひす at 2008-08-13 16:14 x
気持ちさえあれば、着の身着のままで駆けつけてくれる方がどれだけ嬉しいか。
むろん、気持ちの伴なう黒服姿は、
来ていただく立場としては、とてもありがたかったです。

>映画
押井監督のファンには受けがいいようですね♪
ひと時でも、別世界にいけてよかったですね。
Commented by またまた ひす at 2008-08-13 17:15 x
シワ コ さん一安心♪
後は、優しい仲間と心のケアにおつとめください。
(*^人^*)
Commented by かよ at 2008-08-14 15:12 x
黒い服のイメージ、う~ん、なるほど。と思いました。

萩尾望都の名前が出て、まぁ~懐かしい~。と嬉しかったけれど、
「A-A'」、読んだ筈なのに、なぜか覚えていない。。。
あまり認めたくないけど、たぶんミーハーな私は「トーマの心臓」のオスカーが好きだったなぁ。なので「訪問者」も好きです。
三原順の作品も好きですが、家族には、「字が多い。絵がキライ」と不評であります。ま、人それぞれですね。

シワコちゃん、みんなの暖かい心に包まれて、心も体も もっともっと元気になあれ♪
Commented by NOONE-sei at 2008-08-16 13:23
みなさま、コメントありがとうです♪
読ませていただいて喜んでおるですが、細切れに行動しているので
お返事するまとまった時間がとれません。
初盆で、だいたいひととおりのお客様がおいでになったと思われるので
これから従姉妹の四十九日に行ってきます。
帰ってきたら腕によりをかけて(?)お返事さしあげるです♪
忍法影分身の術が使いたい・・
Commented by ブッピー at 2008-08-17 01:43 x
シワコさんの事今日知りました。
通院が終わって良かったです。
体の傷と共に心の傷も癒える事は出来たでしょうか。
本当にシワコさん可愛そうに大変でしたね。
盾になれなくてショックだったセイさんの気持ちも痛くて・・
シワコさんセイさん頑張れ~!!
かなり送ればせなエールでごめんなさいm(_ _)m

それにしても坊さんって我が家もあまり・・・・・
我が家が慕うのは坊さんでも神主さんでもなく
八百万の神様かなぁ




Commented by NOONE-sei at 2008-08-17 02:30
ひとりの時間ができました。
忍法影分身の術は、術の効きがちと浅かったようで、
本日の外出は、ちょと早い「みっかなのか」のまちがいでした。
もう! 仏事に明け暮れているとアタマワケワカになるぅーー

  さて、これからお返事書かせていただきますね♪
Commented by NOONE-sei at 2008-08-17 02:41
連れ合いさん、
もう今頃はご覧になったのぢゃないかな?
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_interview_20080428.htm
わたしは原作は未見で、森なんとかという作家のは「すべてがFになる」
くらいしか読んでおらず、あまり好きな作品じゃなかったので、
今後も読む予定はないのですが、映画ではティーチャーについて
キルドレに対する大人の成熟した男としか触れていないので、
原作ではもっと絞り込んであるのかな、とちょと気になっています。
Commented by NOONE-sei at 2008-08-17 02:50
micaさん、
ひし美ゆり子さんが本当に声で出演していたのか、心配になって確かめちゃったです。
「A-A'」も本当に連想どおりか、心配になって確かめちゃったです。きゃはは
そして、数年ぶりに読み返してしまいましたよ。
ついでに、XとかYとか記号がつく題の作品も。
そしてそして、今読み始めたのは「銀の三角」。
始まっちゃった、この萩尾望都祭りを どーしてくれるんだーーー。わははは
Commented by NOONE-sei at 2008-08-17 03:15
ひすさん、
>服にしてみれば本望かもしれない
うわぁ、そういう視点に立ったことがなかった!
考えたことがなかった!
明日の灯籠流しまでほぼ一週間、初盆の切り盛りは実質、ひとりでした。
母は見ている目の先にあるものがちょと浮世を離れているし、王様は仕事だったので。
黒い服は着ませんでしたが心に着ていたと思います。
服がわたしに着られることで剥き身のわたしを助けていたのだとしたら、
剥き身のわたしには、ちゃんと血も涙もあったってことですよね。
父を親方と呼んでくれる、弟子と古い仕事仲間が来てくれたときにはね、
涙がこぼれてしまいましたよ。
つい心の黒い服を脱いでしまったように思って恥じていましたが、
それはそれでよかったのだな、きっと。

シワ コ 、お客様の連れてきた小型犬に震えずにおいを嗅ぎましたよ、
まずまずのスタートですね、ほっ。

Commented by NOONE-sei at 2008-08-17 03:32
かよちゃん、
かよちゃんの読む漫画の傾向を知らなかったのですが、
コメントを読んで、とっても面白いと思いました。
何故って、、、わたしとぜんぜんちがうかもしれないから~~。
しかも同じ作家なのに!ほほぅーー。
「トーマの心臓」も「訪問者」も、読んだことが、たぶんありません。
SF物しか読んでないかもです。
三原順はほとんどわからないのですが、未完作品の
「ビリーの森ジョディの樹」をどこかで読んだおぼえがあり、
これは最後にどうなるんだよーー、と、やきもきしました。
ほんとに、どういう最後にしたかったのでしょうね・・・

シワ コ の傷はきれいにくっついて、見た目はハゲにしか見えません。
毛が順調に生えてくるといいけどなぁ。
それから、傷に手をやってもぜんぜん恐がらなくなりました。やったー。
Commented by NOONE-sei at 2008-08-17 04:00
ブッピーさん、
わーー、嬉しいです、ありがとうです♪
ほんとうにね、恐かったです。
外灯のむこうからすーっと白い犬が回り込んで近づき、うなるでもほえるでもなく
いきなり咬んで離さずそのまま首を左右に振りました。
どうしようもなかったんだけど、どうにもならなかったんだけど、
でもわたしはシワ コ を助けてやりたかったです。
これからが大事で、犬に怯えたり攻撃的になったりしないよう、
注意深く犬に慣らしていかなくちゃと思っています。
十年間シワ コ と暮らしてきたのだもの、きっとできると、
傷が治るとともに思えるようになってきました。

八百万って、、、今、気がつきました。
数で読むと、すごい数ですよねぇ、、、すごく感心。

名前
URL
削除用パスワード


<< 数のない夜  盆送り 数のない夜  祓え給え >>