数のない夜  祓え給え


 ・まだ旅の途中に居る。足踏みがもどかしい人は読まないほうがいい。


c0002408_331943.jpg



嘘のような話だが、仏事つづきで参る。
天の川が曇っていた晩に母の姉が亡くなり、先日は少し年長の従姉妹が亡くなった。
身内筋は、通夜も葬儀もひと七日もみっか七日も四十九日も納骨式もあるので、
告別式でおしまいというわけにいかない。
すべてに出席するのでないにしろ、本家に伺いを立てつつ行動するものだから、
新宅のわが家は不祝儀のたびに頭を悩ます。加えて本家もわが家も今夏が新盆だ。

たしかに悲しい。
シワ コ が咬まれた傷にかさぶたができるようになって、
医者に行くときれいに治るよう、わざわざそれをがりがりと剥がす。
しかし人間のわたしのかさぶたは、不祝儀の度に剥がされたくはない。

今日の葬儀では、故人の御霊(みたま)を浄化する言葉を聴いた。
僧侶が言う。「時には千の風となり、時には鳥となって空高く、云々」・・わるいが陳腐だ。
わたしが世界一嫌いな歌は「四季の歌」だが、「千の風になって」というのは、
どちらを世界一にするか甲乙つけがたいほど、好きではない。

僧侶すべてが俗めいているとは言わないが、
これほど仏事に遭ってもまだ経験が足りないのか、立派な僧侶というものに出会ったことがない。
シワ コ を咬んだ犬の飼い主が、賽銭泥棒を咬んでも咬まれる方が悪いと言った僧侶だったせいで、
今は、なおさら僧侶の説法は勘弁だ。

学生の頃、たびたび巫女のアルバイトをしていた。
坊主の経は宗派によってちがうので何を言っているのかわからない。
けれど、神主の祓詞(はらいことば)には馴染みがあって、ところどころ憶えている。

  掛けまくも畏き(かけまくもかしこき)なんとか
  祓へ給ひ清め給へ(はらへたまひきよめたまへ)かんとか
  恐み恐みも白す(かしこみかしこみもまをす)

ほらね、そしていつも白いばさばさとした紙の束のようなもので祓っておしまい。
ばさばさも、なむなむも、アーメンも、どれにも心寄せようという気にはなれないが、
こうまで嬉しくないことが続いて、お祓いするか、という話がわが家で出ている。
だったら神社だ。だって、すくなくとも神社の空気って、綺麗な気がしないか?



シワ コ の傷は順調に良くなっており、
よく知っている犬たちに協力してもらって徐々に犬に慣らしてゆこうと思っています

[PR]
by NOONE-sei | 2008-08-05 03:02 | 数のない夜(23) | Comments(18)
Commented by 及原ムメイ at 2008-08-06 00:11 x
うちの父が天国に行った年も、私は喪服ばかり着ていました。
そういう年があるものなのですよね。
引き潮のような流れを感じたものです。

「四季の歌」「千の風〜」、ふふふ、同じです。
そして父をみとった後で聞いた曲でとてもリアルですごいと思ったのは「千と千尋の神隠し」のエンディング「いつも何度でも」でした。
Commented by ひす at 2008-08-06 17:18 x
本当にね…
なぜかつづく時はつづくのですよね。
しかも逃げることも避けることも出来ないので、
ただひたすら受け止めるしかないのですね。
ただもう、まりにも続かれると、
受け止めるのもいやになりますね。

とはいえ、やはり逃げられないから。

何かで気持ちの補強ができるのならば、
色々試してみることは、十分意義があると思います。

>歌
そうなんですか?
私は売り方は嫌いですが、あの詞はすごく共感しました。
だって、初めての詞を知ったきっかけは、奥さんがこう言って教えてくれたから。
「ほら、パパと同じ考え方の人って他にもおるよ。」

でもああやって売って、次は犬の十戒でしょ?
なんかずるい!ずるい!

シワコのお友達わんこ頼むぞ!
Commented by かよ at 2008-08-06 18:30 x
千の風~これの、元の元の詩を知った時、ひすに伝えました。
元々の詩は結構好きでしたが、ちょっとした言い回し?で、
本来 伝えたいことが変化するものだな~伝言ゲームみたい。。って
思っています。
私は、あの本格的な歌い方が苦手です。。

神社の神主さんも、人間なので、いろいろ…だけど、
昔、祖母が「夜、お寺やお墓を通ると、にぎやかだけど、
神社は、本当にシーンとして張り詰めている。」と言っていたのを思い出します。
住職さんも神主さんも時と共に変わるけれど、神さまはずっと変わらないですよね。
だから、神社の空気は違うのかもしれないですね。

Commented by at 2008-08-06 20:18 x
私が死んでも、千の風には絶対ならないと思う(笑)

「死ねばお山(恐山)さ、いぐだげだ」という
青森の老人の言葉のほうがよっぽど共感できます。
Commented by 連れ合い at 2008-08-07 17:26 x
「千の風〜」を始めて聴いた時、うげ「四季の歌」だぁ。
と思った。
なぜ、こんなものが流行るのだろう?
でも、この曲と詩にイキナリ入り込める人が多いから流行ったんだろうなぁ。。
ワタシはダメです。
Commented by NOONE-sei at 2008-08-08 01:03
ムメイさん、
昨日も黒い服でね、、。
引き潮にもっていかれないようにしなければ、です。

覚和歌子の詩(詞?)はお父様とのお別れと重なりますか?
落語家の女房なのですよねー。
わたしは「ゼロになるからだ」が好きです。
「いつも何度でも」の曲のほうは、すこぉし皮膚が毛羽立つ感じがあります。
歌い手の声のせいかもしれません。
 http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%D0%CF%C2%B2%CE%BB%D2

10日、楽しみにしていますから♪
Commented by osa at 2008-08-08 01:12 x
関係ないですけど、「新しい朝が来た」ってゆーラジオ体操の歌がいいっすねー♪
Commented by NOONE-sei at 2008-08-08 01:29
ひすさん、
>とはいえ、やはり逃げられないから。
そうなのですよね。
悼む気持ち、それはほんとなのだけれども、
知らせを受けて駆けつける時の気持ちだけは本物で、
それ以後の数々の法要は、黒い戦闘服を着て、
間違いなく儀礼をひとからあれこれ言われないようこなすという
ある種、気の抜けない行事のようになっていて、
親戚と会う時は黒い服が制服みたいな気がしてくるのです。
心がささくれだってくるのです、、、。

千の風~、犬の十戒、次は虹の橋か?と言いたくなっちゃう。
でもそういうこととは別に、わたしはひすさんの、なんというんでしょう
「とらわれないところ」というのかな、本質をつかむ、というのかな、
そういうところが大好きです。

ところで、住職がね、今夜、また犬を放してたんですよ・・・
危険きわまりないです。
Commented by NOONE-sei at 2008-08-08 01:42
かよちゃん、
そうだ、神社の空気はお祖母様の言われるとおりだ、って思いました。
お祖母様、かよちゃんにいいことを教えてくれたのだなぁ。
わたしは祖母からもらった言葉って、ほとんどありません。

千の風~、もとの英詩をさがしていたら、この詩には「I」が表にあるけれど、
「you」がほんとはかくれているんじゃないか、という記述をみつけて
うなづかされました。
あの詩は、極訳しないで曲もつけないで、味わうべきだったんじゃないかなぁ。
Commented by NOONE-sei at 2008-08-08 01:46
坊さん、
恐山って、北だから寒々しいかと思いきや、
あったかくて空気が澄んでいてパラダイスだもんねー。
ご先祖さま、みんなそこに行って、ぬくぬくと風呂につかって、
そして、みーーんな集まっているのかも。宴会なんかやってるかも。わはは
Commented by NOONE-sei at 2008-08-08 01:55
連れ合いさん、
あらあら、「千の風~」から「四季の歌」にスライドするとは、
あなたとわたしは、はっぴぃけんぱちょか?(偶然の一致という意味であります)
もしかして、どちらかといえば詩よりも曲を受け付けないのだったりして?
わたしの場合は、それ、多分にあります。

Commented by NOONE-sei at 2008-08-08 02:05
osaさん、おはようです♪
真夜中の朝ですよー。くすくす
その歌、心の中で歌ってみました、わたし歌えます、一番の歌詞なら。
漫画で「GANTZ」( ガンツ)というのがあって、へんな機械が開くとそこから
つるっぱのおじさんが現れて、理不尽な指令を出すのですけど、
機械が開くときにかかる歌が「新しい朝が来た」なのです。
だから、このごろその曲、ちょとこわい・・・
Commented by 連れ合い at 2008-08-08 11:52 x
あら、セイさん「GANTZ」まで読むんですね(^.^;;
確かにアレを読むと「新しい朝が来た」が怖くなっちゃいますねー。
にこやかにサワヤカにこれから始まるんですよねー惨劇が。
Commented by ひす at 2008-08-08 14:56 x
懲りずにまた犬を放しましたか?
ほんとうにもう・・
たぶん、意味が分からないのではなく、
ここで放すのをやめると、自分の言い分が正しくなかったみたいでいやだからなんでしょうね。
つまり幼稚な負けん気。
住職という立場が、意味のないプライドをしっくいの様にこり固めてるんでしょうね。
(だからいつかそれがはがれたら、見るも無残な枯れ竹のホネ組みが丸見えになるんでしょう)
本人はいいが、その小道具に使われる犬が可愛そうだ。
「犬が人をかむ事故」のほとんどは、「犬」そのものではなく、
「犬を扱う人間」に原因と責任があるのに。
車で人をはねておいて、「車が悪いから廃車にしました。」では通らんでしょう.

本当に…

>わたしはひすさんの…そういうところが大好きです
(*^人^*)「ありがとうございます。」
なるだけ心を偽らず、正直に好き嫌いをいいたいと思っております。
でもそれだけに、その評価は時に移り変わるので、
「ごめん!やっぱあれはなし!今おもうと違う気もする!」
という前言撤回もよくします。
たちの悪い優柔不断でもあるのです。
(=^^=)ゞ
Commented by かよ at 2008-08-08 17:35 x
母の代わりの祖母の言葉、
まだ幼い頃に聞いた言葉のいくつかが、今も心に残ります。
幼いころに聞く言葉は、なにかしら ずっと影響するものですね。
…なので、セイさんの言葉を聴いて育つ ちいさいさん達を、
羨ましく思ったりします。

本当に、あの詩は、もとのまま味わうべきものだと私も思います。


Commented by NOONE-sei at 2008-08-12 01:20
連れ合いさん、
お返事遅くなってごめんなさい、ぺこり。
男の子漫画、じつは読むんです。
ただ、買わずに読んじゃうことが多いので、
「王様の千と線」でご披露することがあんまりないんですよねー。
そろそろ、読んだ漫画がたまってきたのでお写真撮らなくちゃ。
↑また女性作家のなんですけど・・・
Commented by NOONE-sei at 2008-08-12 01:42
ひすさん、
お返事遅くなってごめんなさいーーー。
あのね、意地を張っているなら少しはわかるのです。
でも、真実はもっとこわくて、放さなかったら窮屈でかわいそう、、、
という視点なのではないかな。
その犬を盲愛しているのだと言っていたそうです。
犬の僕(しもべ)かのような視点からすべてを見ているということは、こわいことです。

ひすさんは、たしかに好き嫌いも言うけど、まっとうな正論を言います。
わたしは健全な当たり前のことをまっすぐに言う、それがいいと思っています。
当たり前の情を 照れや見栄で躊躇するのって美しくないと思うの。

ところでシワ コ 、今日で病院通い終了~~、心配してくれてありがとうね!
Commented by NOONE-sei at 2008-08-12 01:54
かよちゃん、
お返事遅くなって失礼しました~~。
かよちゃんはお祖母さま大好きだったんだねぇ・・。
母役、おばあちゃん役、お祖母さまは忙しかったかもしれないけど
でも楽しかったのではないかな。
わたしは本家の娘たちが羨ましかったです。ばっぱちゃんは本家のばっぱちゃんだったから。
塾のちいさいさん、皆ちいさいときは目がきらきらです。(大きくなるといろいろに変わるけど)
一緒にいつもおやつばかり食べています。
わたしが遅刻すると、アイスをおごらされます、しくしく・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 数のない夜  空の爬行動物 数のない夜  足摺    >>