87夜 玉子焼き


ひとのお母さんがうらやましいと思う時。
それはひとの弁当の玉子焼きを一切れ分けてもらった時。
あんまりわたしが一切れの玉子焼きを悦(よろこ)ぶものだから、それならばと、
わたしのために、おかず入れにみっちりと玉子焼きを持たせてくれたお母さんもいた。

わたしが育った山あいは温泉町なので、旅館がたくさんある。
風呂をもらいに行くころ、旅館では板前が翌日の朝食に出す玉子焼きを焼いていたりする。
熊かひげ親父のような板前は無口で、めったに口をきかない。
その板前の横で、わたしはよく、玉子を焼く手をじっと見ていた。

長い菜箸(さいばし)と、四角い銅色のフライパン。
玉子を入れてぷつぷつと泡が立ったら菜箸で泡をつぶし、
火が通ったら集めて寄せたりひっくり返したり。
そんなふうに手品のように黙々と厚焼き玉子を仕上げると、また次の玉子焼きを焼く。
ずっとへばりついて手を見ているので、あるとき板前はわたしに焼き方を教えてくれたのだが、
めずらしく口をきいたことのほうに気をとられて、肝心の焼き方はさっぱり覚えなかった。

今でも、きちんと板前が料理を作ってくれる料理屋に行くと、必ず玉子焼きを注文する。
それがだし巻き玉子だったりすると、心が躍るほど嬉しい。
大根おろしや醤油はなくてもいい。
揚げ物を注文すると、たっぷりとポテトサラダが添えられて来る大衆料理屋があって、
その店のだし巻き玉子は美味かった。
主(あるじ)は歳をとって店をたたんでしまったが、そのだし巻き玉子にはもう一度会いたい。

旅館の板前も、わたしが大きくなった頃にはどこかに流れて行ってしまったが、
今になってみると、味見をさせてもらった記憶がない。
もう一度あの板前の手に会って、そして一切れ、あの時の玉子焼きを食べたい。


                      * * *

                         
今夜のお写真は、雨上がりに玉子焼きの下手な母を連れて登った山の植物。
景色はまた次の夜に。


c0002408_2523151.jpg
色補正なし。   ・・・(1)



c0002408_2525921.jpg
c0002408_2531381.jpg
下は今までのカメラで。
同じ種類の植物を撮ったのだけれど、微妙に色あいに違いがあるように思う。   ・・・(2)



c0002408_2532896.jpg
この名はわたしにもわかる。山吹。

c0002408_2534260.jpg
この名もわかる。山のつつじ、、、だと思う。

c0002408_253588.jpg
今までのカメラで。色補正あり。   ・・・(3)


c0002408_2541198.jpg
あけびの葉。
新芽の蔓(つる)をたくさん摘んで、さっと湯がき、玉子の黄身に醤油をたらし和えて食する。



c0002408_2542298.jpg
c0002408_2585842.jpg
下は今までのカメラ。   ・・・(4)



花の名知らずなので、花や葉の名を聞かないでくれ。
ただただ雨上がりの植物のつややかさが綺麗だったのだ。


・追って
ありがたいものだな。花の名を教わることができた。
(1) 稚児百合
(2) 一人静
(3) タチツボスミレ
(4) 山菜の、ミズ
教えてくれた方々に、ありがたう。

[PR]
by NOONE-sei | 2008-05-31 03:22


<< 88夜 女たちの白頭巾 86夜 色っぽい >>