86夜 色っぽい


過日は夏日で、半袖のシャツで過ごした。
とはいえ、部屋にはまだこたつがある。
外気は暑く、家の中はひんやりしている。

袖口の色っぽいひとを見ると、ひそかにきゅんとなる。
それは女性にも男性にもいて、線というか、輪郭というか、そこからかもし出される空気が、色っぽい。
すくなくともぽちゃぽちゃしたわたしの袖口では無理だ。

父に瓜二つどころか瓜三つと言われるほど似ていたのはいつのことだったか、はるかかなた。
ぽちゃぽちゃして、父にも母にも別段似てはいなくなったのに、
父の看病で痩せたので、葬式に遺影と見比べながら「お父さんにそっくりだ。」と皆に言われた。

またぽちゃぽちゃになったのは、酒の量のせい。
飲むとすぐにぽちゃぽちゃになる。
花の蕾のように、音を立ててぽんとはじけるわけではないんだが。

まだだろうと油断していたら、長いものが車に轢かれてのたばっているところにでくわした。
いつも訪問するウェブログに脱皮した抜け殻が載せてあって、
叶うことなら時間を逆回転させて、見なかったことにしたかった。
予感がよぎる脳を鈍くしてやりすごしたのに、現実のほうが唐突にやってきた。

それは長くて大きくて色味があった。
・・音、、、したかもしれない。 ぞくっ。


                           * * *

今夜は85夜のつづきのお写真を。
c0002408_238491.jpg
木の根元はあたたかみがあるんだろうか。木に体温があるんだろうか。
生えた根元の雪が丸く消えている。


木のさまざまな表情を。
c0002408_2382014.jpg
c0002408_2383935.jpg
c0002408_2385697.jpg
風が強い山で、木というか樹というか、これらはダンスを観せてくれる。



c0002408_2393141.jpg
露天風呂にゆく路(みち)。

c0002408_2395123.jpg
湯けむりという言葉があるが、これは噴煙。有毒なガス。



c0002408_240219.jpg
道端でみつけたふきのとう。
[PR]
by NOONE-sei | 2008-05-25 02:50 | Comments(4)
Commented by ろこお at 2008-05-25 07:05 x
こちらでは観られない光景に、こころ奪われました。

ガラにも無いこと書いたけど、ホントなんだよぅ…
Commented by ひす at 2008-05-25 15:55 x
色気って…
よく耳にしますが、実は私は鈍いので、あまりよく分かりませんです。
(=^^=)ゞ
肉感的なものではない、アピールのようなものだとは思うのですが、
いかんせんほんと、鈍いのでね~。

ただ、誘われるような気持ちというのは感じますね。
でもそれも、対人間ではなく、植物や、動物によく感じます。
「あ・この葉っぱ触りたい。」とか「もっとそばで見てみたい。」とか
なんでしょう?こういうのは…
好奇心以上の抑えられない感情なんですね。
このときは確かに、「きゅん♪」となっております。

そういうわけで、私自身には色気などあるはずもないと思っておるのですよ。

露天風呂への道
風呂に行かずにそこで遊んでいたいけど、
風呂上りなら最高に気持ちいいでしょうね。


Commented by NOONE-sei at 2008-05-26 01:45
ろこおちゃん、
>こころ奪われました
 ろここ奪われました と読んでしまったのはなじぇだろう・・
このごろ、目にキテマスキテマス(ほんと)  ( o _  _ ) o ドテッ

よい景色でしたよー。
ご一緒した安達太良とはまた別の登山口なのですー。
で、わたしはまだそこから登ったことはないんですー。
こんどご一緒にいかがぁ~?
Commented by NOONE-sei at 2008-05-26 01:55
ひすさん、
色っぽさというのは、物であれ人であれ、当事者の思いもよらないところで
感じられているものかもです。
一瞬の片思いみたいなものかな。
一瞬だからこそ素敵だったり。

自分に色気があると自覚しているお方がもし近くにおったら、
勘弁してもらいたくない?ちょとコワイよ、それ。

露天の良さは、きりっとした冷気が顔に当たることですー。
風呂はいいね、風呂は♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 87夜 玉子焼き 85夜 カメラ >>