52夜 紅い花


「セイ、そういうときには、『耳がいたいです、せつないです』っていうんだよ。」
あるとき、うまく言葉が出て来ずに言いよどんでしまったわたしに、女友達が助け舟を出してくれた。
彼女は手で耳を塞ぐ真似をしてみせた。
小柄な彼女はおしゃれさんなので、後にその台詞がガロに掲載された「紅い花」(つげ義春)に
登場する女の子のものだったと知って、なんだか似つかわしくない気がした。
男漫画、女漫画と分けるとしたら、つげを読む女性は少ない。

「紅い花」は、まだ大人になりきっていない男の子と女の子の挿話で、不器用で恋と呼ぶには幼い、
格好をつけるにもまださまにならない、読む者が大人になっていたならいた分だけ切なさが増すような、
そんな物語だったと思う。
わたしが初めて読んだのは大人になりきる前のことだったから、情感を胸に入れるには至らなかった。
ただ最後に、男の子が女の子をおぶって山を下りる野辺に一面、紅い花が咲く情景だけを憶えている。

父の検査入院が決まり、母西太后の精神は不安定になっている。
悪いほうに物事を捉えて疑心暗鬼になってゆくのを
わたしは「大丈夫だから」という決まり文句で支えるしかない。
それは今までもそうで、これからも変わることはないのだが、骨が折れることにはちがいない。
紅い花は少女から大人になる女だけでなく、猜疑の沼のほとりを歩く老女の足元にも咲く。

鰐号の何様ぶりが増すと、父が入院して歯止めをかけるのが不思議な符号になって久しい。
ちかごろの鰐号は、急に世界が開けて大人になった気分と現実の未熟な精神とで均衡が崩れている。
相手を思うより、自分の精神の安全を一義とする西太后と鰐号、
慎重なのではなく臆病で脆弱(ぜいじゃく)なところがなぜかよく似ている。
仏の顔も三度までというが、仏様より人間が出来ているから四度目に怒ると自分をうそぶく王様が、
今朝、鰐号がわたしを言葉で四度傷つけたのを見てわたしをかばった。
王様が出勤してもなお、悔しくてわたしをなじる鰐号に抗う言葉がなくて、わたしも悔しくて鰐号を蹴った。
手で耳を塞げばよかった。
成人にはまだ遠い獣の道にも、紅い花が咲く。

近くの田んぼの用水路沿いに、何百メートルも彼岸花が咲いている。
わたしの野辺に咲くのは赤い花?それとも紅い花?



用水路の両脇に続く彼岸花
c0002408_23571396.jpg


                            * *
赤いものをいろいろ
c0002408_2357261.jpg
彼岸花

c0002408_23582014.jpg
赤まんま

c0002408_23583523.jpg
水引き

c0002408_235849100.jpg
唐辛子

                             * *

赤いものばかりじゃ目が疲れるから緑を
c0002408_23591952.jpg
畑で育っている葉もの。左上から時計回りにルッコラ・小松菜(だと思うんだけど)・香菜(シャンツァイでもパクチーでもコリアンダーでもいいんだけど)・三つ葉。

                             * *

白くなる予定のものを
c0002408_23593358.jpg
上はこれから大きくなって白菜になる予定。下は大根になる予定。
[PR]
by NOONE-sei | 2007-10-05 23:52 | 趣味の書庫話(→タグへ) | Comments(12)
Commented by osa at 2007-10-06 07:43 x
元気だしてください。
Commented by NOONE-sei at 2007-10-06 10:55
osaさん、
うん。うんうん。うん。
こういうときには、身近なものにユーモアを
息を整えてふうっと吐きながらお写真を
・・・ですね♪
Commented by ひす at 2007-10-08 15:54 x
戦いはなおも続く…

こんにちはセイさん。
お疲れ様でございます。
いろいろ心労が絶えませんね。
お父様もなんともなければよいのですがね。

紅い花。
子供のころに読んだときには、まったく意味が分からず。
少し大きくなってからは、なんか照れくさくて。
今では、いろいろな思いとともに懐かしい景色を思い出すような感じで読んでいます。
つげ作品は、不思議なもので数年おきに無性に読みたくなります。
色がないのに、そのt気時で画面意いろんな色が出てくる作品ですね。

いろいろな色
今から山が色づきますね。
いいな~♪
Commented by NOONE-sei at 2007-10-08 23:47
ひすさん、
闘いに備えて爪も歯も研いでおかないとです。
鰐号に負けてはいられないのぢゃ。

いつも父のことを気にかけてくれてありがとうです。
よい結果になるといいなぁと願っています。じだばだしない明るさに
助けられているですよ。かくありたいと思います。

ひすさん、つげ作品を読む毎に自分の変化に気づかされるのですね?
そういう作品はありそうでそうはないものですよね。
きっと大切に読んでいるのだろうなぁ。

今日はわたし誕生日なの♪(こういうやりとり、去年もあったよね?)
自分へのプレゼントは山ほどの古本の漫画~~~
これでもかと買い込みましてござるよん。はは
Commented by ひす at 2007-10-09 22:48 x
積み上げた マンガの高さが 歳の数

「お誕生日おめでとう~♪」ヽ(´▽`)ノ ワアイ
Commented by ろここ at 2007-10-10 13:41 x
こんにちは。
お誕生日おめでとうございます。
遅くなりましたが今夜は南の地でこっそりカンパイすることにします。

つげ作品は大好きです。
私が「紅い花」を初めてみたのは「子供のような大人」の時期だったので
やはりそのようなビミョーな角度から捉えたように記憶しています。
今の鰐号君くらいの時だったかなぁ? 鰐号君の話を読むと当時の自分を
思い出します。 わたしはたぶんもっともっと未熟でした。

お父様心配ですね。お大事になさってください。
Commented by NOONE-sei at 2007-10-10 21:19
ひすさん、
ぐっ。 言いましたね?よしゃ、積んで観せてさしあげるわ~~~、
しばしお待ちくだされ。 ほほほのほ

「ありがたうぅ~~♪」  ☆ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ☆
Commented by NOONE-sei at 2007-10-10 21:45
ろここさん、
とってもありがとうです♪ サプライズも♪,。・:・゚ ★
南の地に投げきっす chu

やっぱり読んでらした。そんな気がしてました。
ろここさんとなら読んで来た漫画の共通項がありそうに感じていました。
鰐号のことを書くときには、自分でも辛らつに思うくらいだから
読み手にとっては嫌じゃないかなぁとどきどきします。
でも不思議と自分を重ね合わせて読んでくださるかたもいて、
ろここさんも含めてそういう読み方をしてくれるひとたちが
鰐号よりも未熟だったとは到底思えませんが
それでも、『書いてもいいんだよ』と励まされているように
勝手に感じているのです。
うーん、なにがちがうって、親の未熟さがきっとちがうんじゃないかなぁ・・。
鰐号も未熟ならわたしは超未熟で、本気で闘ってしまいますから。

父は鰐号の防波堤なのですよね、、、。案じてくれてありがとうです。
Commented by yamagoya333 at 2007-10-14 22:26
おらの、ブログをご覧あれ !!
セイさんが、バジルペーストを使って、鶏肉の料理をしていた記事を読んで、山小屋スペシャルにいたしました。
この料理を、セイさんに捧げましょう!
セイさんの、○◎かのお誕生を、心から祝福するものであります。
どうぞ、この料理に名前をつけてください。
以後は、その名前を戴くことといたします。
Commented by NOONE-sei at 2007-10-15 01:05
さくらさん、
拝見拝読いたしました♪
よく憶えてらした、びっくりです!
以前に美味しいパンをどのように頂いたかをお知らせしたことがあった、あれですね?

山小屋スペシャルに名前!これはこれは大役を仰せつかった!
もう、調べまくりました、頭をひねりました。
でもね、こういう、素朴なお料理に外国風の、かしこまった名は
ちょとちがうんじゃないかな、と思い始めたのです。
きっと、お仲間たちと召し上がるうちに、レシピも材料も
豊かなバリエーションで変化してゆくと思ったのですよ。
それで、ここは王様とわたしで頭を四角三角にして考えた名、
「ジェノバ壱号」を提案してみます。
いちばんの基になるシンプル編ということで、、、。
(イメージがちがったら改名してくだされ~、あくまでも提案ですので・・)
Commented by yamagoya333 at 2007-10-15 01:12
セイさん、
承りました。「ジェノバ壱号」でまいります。
来週の、「炭焼き講座」で、税ともお披露目を・・・
Commented by NOONE-sei at 2007-10-16 11:46
さくらさん、
記事拝見しました。紙面で発表いただいて恐縮です♪
みなさんに気に入っていただけるとよいですね。
講座の〆にはやっぱり楽しく美味しい食事も大きな魅力。
壱号がお喋りの話題の種となって話題の花が広がるとよいですね。
・・楽しそうだなぁ!
名前
URL
削除用パスワード


<< 53夜 年の功 積の候 51夜 女の子の日 >>