48夜 浄土は極楽?


「王様の千と線」の、千の森にわたしは『夜ノ森(よのもり)』と名づけていて、
そこには怪しげでユーモラスな、おかしなもの達が棲んでいる。
一方、恐ろしげなものは絵や活字の中に棲んでいる。

幼い頃、従姉妹が引き戸の奥にしまっておく少女雑誌の、
楳図かずおの漫画が怖くて、そっと出しては閉じ、また出しては閉じた。
それでいながら、晴れた日には祖母の眠る山の斜面の墓地に行った。
ずいぶん後まで埋葬は土葬で、今ならばひとりで墓地には行きたくない。
その頃は、なにが怖くてなにが怖くないか、境目が曖昧だった。
小さな頃に住んでいたのは野中の一軒家で、ひとりで留守番は怖かった。
狸も蛇も虫も当たり前に居て、闇は怖い。それでも絵や活字のほうがもっと怖い。

この地には吾妻山があり、それぞれの場所に、浄土平だとか一切経山だとか、
烏帽子山、天狗岩、梵天岩、など、仏教を思わせるような名がついている。
ごろごろと岩がころがり、賽(さい)の河原のようなえぐれた岩肌に硫黄の水が流れ、
有毒ガスが立ち込める中に山母子草(ヤマハハコグサ)が咲いている。
そんなこの世のものでないようなところを抜けると、一転して美しい湿原が広がる。
風が強くて背が伸びない木々の林の中に、転々と沼や湿地がある。

吾妻山は、わたしにとって安達太良よりも身近だ。
浄土なんて意味を知らないうちからあの岩だらけの場所が浄土だったし、
火山を流れる川には魚が棲めないから、その水を飲んではいけなかった。
浄土はパラダイスじゃなくて、荒涼とした景色だと仏教を知る前から知っていた。
言葉を知ってなお、仏さまのいるところはさぞ怖かろうと、今でも思う。


今夜は吾妻山、浄土平のお写真を。
c0002408_059357.jpg
山の上から見る景色。よく見えない時には、下界から見て雲の上にいるのだろうな。

c0002408_10048.jpg
ここはガスが強くて危ない。

c0002408_102679.jpg
一切経と赤い葉。

c0002408_104217.jpg
一切経を雲が覆うところ。

c0002408_113791.jpg
赤い川。土も石も硫黄分で変色している。

c0002408_1333.jpg
浄土平の湿原から見た景色。
[PR]
by NOONE-sei | 2007-09-19 01:15 | Comments(6)
Commented by yamagoya333 at 2007-09-19 01:30
極楽浄土の入り口は、そこからですか?!
山岳信仰の根強い日本では、山に関する地名は、仏教にちなんだものが多いようですね。
あっ!、こては「坊さん」の出番でしょうか!?

若い頃、山登りをしていて、不思議に思ったことでした。
Commented by ひす at 2007-09-19 18:05 x
楳図かずお…、先日、30数年前の「猫目小僧ガム」のダンボールを拾いました。(=^^=)ゞ

私の場合、怖い本は、触れるのもいやで放り投げるくらいなのに、
再度必ず見たくなる。
怖い場所も、怖いくせに行きたくなる。
でも、そういう時はたいていが、そこの何がいったい怖いのかを理解していなかった。
おばけとかそういうものではなく、
ただ、漠然とすごく怖いところとしか認識していなかった。
(分からないから、怖くて知りたくて、行きたかったのかな?)

セイさんの言う、「方恐ろしげなものは絵や活字の中に棲んでいる。」という文章で、そういうことを思い出しました。

>浄土
昔の人とセイさんは同じものを見て、同じ発想にいたったのかもしれませんね。








Commented by at 2007-09-19 20:39 x
呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ〜〜ん
日本では古来より「山中他界観」というものがあります。
つまり、山の中に他界があると。この他界はあの世の事で
決して桃源郷のことではありません。

祖先の霊は山中にいて、新年に降りてきたり、
種(籾)蒔きのときに降りてきたり、
収穫が終わると帰って行ったりします。

吾妻山の場合はもともと霊地であったこととおもいますが、
「浄土」という言葉から触発される風景と相まって
「浄土平」という名前が後から付けられたのだと思います。

ちなみに、そういうところの多くは
温泉がセットになっているような気がします(笑)
私の願望かしら??
Commented by NOONE-sei at 2007-09-21 01:51
さくらさん、
坊さんが、ちゃんと登場してくれましたね♪
どうも浄土ではあっても極楽じゃないのかもしれませんね。
実際に、火山性のガスが発生している恐い所ですから、
あれを地獄谷とか言われたほうがイメージはぴったりです。
畏怖の念が、浄土と名づけさせたのでせうか。
Commented by NOONE-sei at 2007-09-21 01:57
ひすさん、
楳図かずおの「猫目小僧ガム」!
ガムがあったんですか、びっくりだ!
赤と白のストライプ?いやちがうだろうなぁ。
最近本屋で楳図かずおの復刻版「人魚、、(なんだったかなーー?)」を見ました。
へび女やあかんぼ少女とちがって、可愛らしくて、しかもおろちみたいに大人っぽくない。
でもやっぱり楳図かずおですからね、、、、
手元に置くのはやっぱりだめかも~~
Commented by NOONE-sei at 2007-09-21 02:02
坊さん、
サンキュ。ちぅ。
いつもわたしのえぇかげんな文章に、裏づけをしてくれるキミに
感謝のちぅを送ってみたよ。ほほほ
のびのびと文章が書けるのは、キミのおかげだ。

>温泉がセット・・
磐梯山にせよ吾妻山にせよ、火山の噴火でできた地形の変化でそ?
景色よし風呂よしは、必須でありませう。
名前
URL
削除用パスワード


<< 49夜 龍の肝 47夜 青の素数  >>