48夜 浄土は極楽?


「王様の千と線」の、千の森にわたしは『夜ノ森(よのもり)』と名づけていて、
そこには怪しげでユーモラスな、おかしなもの達が棲んでいる。
一方、恐ろしげなものは絵や活字の中に棲んでいる。

幼い頃、従姉妹が引き戸の奥にしまっておく少女雑誌の、
楳図かずおの漫画が怖くて、そっと出しては閉じ、また出しては閉じた。
それでいながら、晴れた日には祖母の眠る山の斜面の墓地に行った。
ずいぶん後まで埋葬は土葬で、今ならばひとりで墓地には行きたくない。
その頃は、なにが怖くてなにが怖くないか、境目が曖昧だった。
小さな頃に住んでいたのは野中の一軒家で、ひとりで留守番は怖かった。
狸も蛇も虫も当たり前に居て、闇は怖い。それでも絵や活字のほうがもっと怖い。

この地には吾妻山があり、それぞれの場所に、浄土平だとか一切経山だとか、
烏帽子山、天狗岩、梵天岩、など、仏教を思わせるような名がついている。
ごろごろと岩がころがり、賽(さい)の河原のようなえぐれた岩肌に硫黄の水が流れ、
有毒ガスが立ち込める中に山母子草(ヤマハハコグサ)が咲いている。
そんなこの世のものでないようなところを抜けると、一転して美しい湿原が広がる。
風が強くて背が伸びない木々の林の中に、転々と沼や湿地がある。

吾妻山は、わたしにとって安達太良よりも身近だ。
浄土なんて意味を知らないうちからあの岩だらけの場所が浄土だったし、
火山を流れる川には魚が棲めないから、その水を飲んではいけなかった。
浄土はパラダイスじゃなくて、荒涼とした景色だと仏教を知る前から知っていた。
言葉を知ってなお、仏さまのいるところはさぞ怖かろうと、今でも思う。


今夜は吾妻山、浄土平のお写真を。
c0002408_059357.jpg
山の上から見る景色。よく見えない時には、下界から見て雲の上にいるのだろうな。

c0002408_10048.jpg
ここはガスが強くて危ない。

c0002408_102679.jpg
一切経と赤い葉。

c0002408_104217.jpg
一切経を雲が覆うところ。

c0002408_113791.jpg
赤い川。土も石も硫黄分で変色している。

c0002408_1333.jpg
浄土平の湿原から見た景色。
[PR]
by NOONE-sei | 2007-09-19 01:15


<< 49夜 龍の肝 47夜 青の素数  >>