6夜 寂寥の映画、蟲師

 
  映画を観る予定の人は読まないほうがいい。

春は名のみの風の寒さよ、雨の冷たさよ。
昨日、山のふもとの公園に出かけてみた。
安達太良は雪をかぶり、家の窓からは美しく格別に思えたので、
犬といちばん綺麗に見える場所を歩きたかった。
けれど、公園に着いてみると高い木々が撓(しな)り、轟音に耳が痛い。
防寒着にマフラーに耳当てと毛糸の手袋、完全防備だったのに、風に煽られて歩けない。
吾妻おろしが直撃しているかのように。

風鳴り、、、などという言葉はあるんだろうか。海鳴りのような響きの音々。
こんな音がいつも耳の中から脳の奥を駆け巡っていたらさぞ辛かろう。
映画で描かれたひとつめのエピソードは、音にまつわるもの。
深閑とした音のなくなる雪国で、音に苦しみ額に角が生えた子どもの話。(『柔らかい角』)
ふたつめは、山々を蛇のように渡る虹を追う男の話。(『雨が来る虹がたつ』)
みっつめは、旅の蟲師たちから聞く話を書写することで、身に蟲を封じ続ける娘の話。(『筆の海』)
よっつめは、主人公の蟲師ギンコの生い立ちに関わる話。(『眇の魚』すがめのうお)
原作の漫画は一話完結の物語が並ぶ。本屋で一巻目が出たときにたまたま手に取って以来、
どこでもなくありそうもない話なのに懐かしく、傍らの近しさを感じて静かに読んできた。

映画「蟲師」を観て、その全編に流れていたものは、さみしさの残る無常観だった。
大友克洋が蟲師を実写で映画化すると聞いて驚いたのは正直なところ。
リアルタイムで彼の漫画は読んでいて、ことに初期作品の残酷なほどの小気味よさは魅力的だった。
その後、徐々に勢いよりも物語に力点が移り、老人の皮を被った子どもや子どもの皮を被った老人、
脳と体の均衡が崩れた子どもが描かれるようになった。
漫画「童夢」、アニメ映画「AKIRA」「スプリガン」はその典型だと思う。ことに原作の漫画「スプリガン」は、
骨太で健全な少年が主人公なのに、よくも刻んでくれたものだと恨めしかった。
近年の彼には少し距離を置いていたので描こうとするものがわからなくなって久しい。

映画「蟲師」は、虫愛(め)ずる者でなければ生理的にたまらなくむずがゆい映画。
贅沢なロケーションは琵琶湖近辺と聞いたが、うちの近くの山ではないかと思うほど懐かしかった。
よっつのエピソードには原作から離れた関連を持たせ、
実の親を失くした子どもと実の子を失くした女、ギンコと育ての親の話を中心に据えている。
ギンコ(幼名ヨキ)に情が移ることを拒み凛として立っていた女蟲師ぬい。
光の彼方に捕らまえられ消えたと思ったぬいはまるで別人か気がふれたようになって生きていた。
わたしは映画を観ながら、能にもなった「黒塚」が重なってならなかった。
原型は、安達が原の鬼婆伝説、、、安達太良のふもとの話だ。母とは罪深くて哀れなり。
消えるべきときを逃(のが)した者の末路は哀れだ。ヨキを求めるあまり、子殺しまでもする。
人でないようなぬいとどこで出会ったか、それを手伝う亭主、あれはあれでひとつの愛の形なんだろう。
ギンコが再び変わり果てたぬいと出会い、森の中でぬいを浄化するということは葬る弔うことに他ならない。
映画はギンコの行く末を暗示するような映像で終わる。

山のふもとの公園から帰る途中、遠く眼下に虹を見た。赤黄緑青紫。
映画で男が追う虹、虹蛇は無数の蟲の集合体、色は本当の虹と逆さまなのだという。



c0002408_22381721.jpg
この日見た安達太良山は、頭を雲で隠していた。どうしてこんなに青いんだろう。



参考
「蟲師」概要 Wikipedia
映画「蟲師」オフィシャルサイト
[PR]
by NOONE-sei | 2007-03-31 22:06 | Comments(10)
Commented by A・C・O/雑誌洪積世 at 2007-04-02 17:47 x
こんにちは!
しみじみとしたとても良い感想を読ませて頂きました。映画『蟲師』は既視感溢れた風景の連続で、本当に素敵な作品でした。またお邪魔させてください。こちらからもTBお願いいたします。
Commented by ひす。 at 2007-04-02 21:02 x
こんにちは!
こちらは黄砂舞うか住む春空でしたよ。
(ちなみに明日花見します。満開なのです♪)

今回の映画はセイさんの心にぐぐっと来たようですね。
おそらくは、そのロケ地がよっぽどセイさんの心に重なったのでしょうね。
そう考えると、ある意味地域、時代限定の美味しい映画なのでしょうか?
見る気がなかったので最後まで読みましたが、
娘が借りてきたら見てみようかな~♪(なんとまあ消極的な…)

私は先ほど耳鼻科でレントゲンをとってもらって、大丈夫!異常なし!
とお墨付きを頂いてきました。
そちらはまだまだ寒さ厳しいですね。
しばらく、今しばらく春の訪れをお待ちくださいませ。
Commented by NOONE-sei at 2007-04-03 17:25
A・C・Oさん、
いらっしゃいませ~~♪
「蟲師」への個人的な思い入れがちょと強めだったので、お恥ずかしい、、、
そのように拙文を読んでくだすってありがとうです。
A・C・Oさんのところ、文章を書き慣れていらっしゃるので大変読みやすい。
文章の程のよさと誠実さがわたしには好ましかったです。
「蟲師」の油紙に目が行ったコマカイ人って、わたし達だけかも、くすくす。
そういう記述、ほかで見ませんでした。
脚本云々はともあれ、丁寧な映画でしたよね。
どうぞ、気が向いたらまたお訪ねくださいな。
Commented by NOONE-sei at 2007-04-03 17:38
ひすさん、
黄砂!こちらには縁遠い言葉!
そして花見ですと?今頃酔っぱらってるかも、、、きぃっ。こちら、まだ桜は蕾じゃ。
映画はね、ロケが主役でしたよ。(そう思わないと不満はいろいろあるので。)
山々や森を観る映画、たとえ創作にせよ伝承神話があっても不思議じゃないような。
ところで娘ちゃんは仮面ライダー、観てたでせうか?それに出てたです、オダギリジョー。
蟻とか地面を這うのを見るとぞぞけが走る人にはお勧めできないよん。

耳鼻科、、、って、風邪が長引いたからかな。
お大事にしてくださいね。
今日もシワ コ の散歩は寒くて耳が痛くなりました。
Commented by ミチ at 2007-04-03 23:57 x
こんばんは♪
TB&コメントをありがとうございました。
主演男優のファンでもあるので、なかなか客観的にこの映画を見るのは難しかったのですが、まずはロケに力を注いだだけの事はあるなと感心しました。
どことなく懐かしいような風景ばかりでした。
都会が似合うと思っていたオダギリジョーもギンコとして静かに自然に溶け込んでいたのが嬉しかったです。
ぬいの浄化はやはりちょっと分かりにくかったかなと思います。
その点は原作をいじりすぎたような気もするんです。
Commented by NOONE-sei at 2007-04-04 10:51
ミチさん、はるばるようこそ~~♪
オダギリジョーは仮面ライダーの時から印象深い人でしたね~。
ライダー卒業後、全国をミニライブして回ったのではありませんでしたっけ?
人気最高ですけれど、もっといろいろできる人に成長できるでしょうに、
気になるのは、起用する側が彼の佇まい(容姿や雰囲気)に頼りすぎていること、かなぁ。

ミチさんも蟲師原作を読まれたのですね。ミチさんも書いておられたように、
認め受け入れ許容する寛容さが魅力ですよね。
わたしも原作をいじりすぎたには一票入れます。別れが悲しすぎですもの。
Commented by ろここ at 2007-04-04 11:18 x
こんにちは。
蟲師と関係ない話でごめんなさい。
オダギリジョー、ライフカードのCMのシリーズが大好きです↓
http://www.youtube.com/watch?v=4qI1dPcE3gM
Commented by NOONE-sei at 2007-04-05 00:11
ろここさんっ、大変ですっ。
わたしの頭の中は、今この台詞でぐ~るぐ~るになっております。
   ↓ ↓ ↓
「どーする?どーすんの俺!? どーすんのよーーー!」
オオオオォ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノコケッ!!

つーわけで、せっかくですので観ました、全部。じぇ~んぶっ。
CMは面白く観ていて、つづきがとっても気になってたんですよねー。
こんなにたくさんの結末があったとはびっくりです。
あー面白かった。ありがとうです、chu♪
Commented by いくそむ at 2007-04-05 21:48 x
おじゃまします。
私も『蟲師』観て参りました。原作は知らないので、最後のシーンがなんだか解らなかったのですが、セイさんの記事を読んでやっと解りました〜。
蟲の抜ける瞬間って、あの映像を観ていて、なんだか今の世の中にもあるような気がして、とっても興味深いお話でした。
Commented by NOONE-sei at 2007-04-06 00:36
いくそむさん、
わっ、観ていらしたですか!嬉しいな。でもいくそむさんと蟲師、イメージが重ならないーー、
そう思うのはわたしだけでせうか。
わたしの書いた話がお役に立ったのですか?あれ、原作には全然ないシーンなので
わたしの勝手な解釈なんですけど、ま、いっか~~(ちょと焦っている)
綺麗な映像がたくさんあったし。
蟲が抜ける、ですね?憑き物が落ちるという感じでせうか。
退治するんじゃなくて払うという、ギンコのスタンスはなかなかいいですよね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 7夜 春の驚き 閑話休題 >>