84夜 真実の口 


年長のお姉さまから聞いた話。

今ではどの子も貰うような、紙でできた長靴。
彼女がちいさな頃にはまだそれはハイカラで、誰もが貰うものではなかった。
それは聖夜の翌朝ではなく、夕げの席で父から手渡される。
もと軍人だった父上は子どもに厳格な父親だった。
クリスマスを家庭の行事にすることは許したけれど、
聖夜には役に立つ物を子どもに渡すならわしだった。
靴の中には菓子に手が触れる前に、まず「役に立つ物」が入っている。
・・・たわし。家のお手伝いをするように、という意味。

こういった家庭で育った彼女が結婚したのは、父上と同じように厳格な人だった。
授かった子どもが少し大きくなり、やがてクリスマスが近づくと、「サンタさんはいるの?」
大抵の場合、親は通過儀礼として真実を告げるのが常だが、彼女のご亭主は違った。
・・・「サンタクロースを疑ったら、その時から彼は来なくなる。」
そうしてその家の子は中学生になるまで、二度と疑いを口にしなかった。

わに丸が小学生の頃、友達が来てクリスマス会のまねごとでもてなす機会があった。
サンタクロースへの疑いを口にするのは上に兄弟のいる子ども。
そういう時は聞こえないふりでやり過ごし、なりゆきに任せるものなのかもしれない。
けれど、わたしは彼女のご亭主に習って、子ども達が雁首を並べている席で言い渡した。
「いろいろ思っているだろうけど、サンタさんを疑ったら二度と来てくれないんだって。」

幼稚園児のわに丸は、夜中にサンタクロースの鈴の音を聞いたことがある。
王様でもわたしでもなく立派な髭のサンタクロースだから、影だけでも見せようとしたのだが、
ぎっちりと目をつぶって耳だけを澄まし、わに丸は決して瞼を開けない。
掠れた静かな「メリークリスマス・・・」という声が遠ざかると、
やっと「サンタさんはほんとにおじいさんだった、、、。」とつぶやいた。

後に知ったことだが、わに丸はその時の印象が鮮烈だったことと、
疑ったら贈り物も貰えなくなると解釈して、思考そのものを停止させたのだという。
わたしの言い渡した言葉で、あの時の子ども達も思考を停止させていたのだろうか。
答えを聞いてみたいような、聞きたくないような、、、。
[PR]
by NOONE-sei | 2006-12-27 01:54 | Comments(9)
Commented by mamekichi at 2006-12-27 06:20 x
「サンタクロースっているんでしょうか?」という偕成社から出ている本があります.私は,大人,それも確か40才を過ぎてから読みましたが,いい話でした.アメリカの少女が,新聞の投稿欄に手紙を出した回答を巡っての話しだったように記憶しています.
セイさんの今日のお話しから,考えるに,目に見えないものの方が大切,ということは,子どもにでも分かるのでしょう.そういうchildな気持ちは,なくしたくないと,改めて思います.
ところで,うちの子どもたちは,小学校5,6年生くらいまでは,信じていたようです.というのも,父親が,「サンタからの手紙」という,英語の手紙を偽造したりしていたからかも知れません.
Commented by at 2006-12-27 17:52 x
こんにちはセイさん!
うちの娘は4年生くらいまで信じていましたが、
私自身はどうだったか、もう覚えておりません。
「疑ったら、その時から彼は来なくなる。」
昔、夢の中で私はウルトラマンになれました。
ですがある日の夢では、いくらがんばっても変身できない。
そのときふと思いました。
「もしかして変身なんかでけへんのんちゃうん?」
そしてまた同時に、「あかんあかん!そう思ったら変身できなくなる!」
とも。
それ以来変身できる夢は見ていません。

ふと、その夢のことを思い出しました。

Commented by 及原ムメイ at 2006-12-27 18:34 x
私自身はサンタクロースの正体を知ったのは5歳か6歳の時だったと思います。
クリスチャンの家庭でしたが親は必死にサンタクロースを信じさせるタイプでもなかったんですね。
自分がそうだったため、ほかの子供たちもきっと同じように
「実は正体を知っていながらも、正体以上に大切なサンタクロースの意味を知っているから口をつぐむのだ」
と信じていました。
正体を知った私はそれ以降、母や父の枕元にプレゼントを置く子供になりました。もらうだけより楽しかったな。
大人が子供に、必死にサンタクロースを信じさせる理由は何でしょう?
中途半端にキリスト教徒な私には、クリスチャンじゃない人たちのサンタクロースへの思いが理解出来ていないのかもしれません。
Commented by NOONE-sei at 2006-12-28 13:36
まめきっちゃん、
その本は未読ですが、存在は知っていました。
必ずしも子どもが絵に描いたようなピュアなものとは思いませんが、
塾で、ちいさいさんにサンタさんにまつわるあれこれを文章にしてもらうと、
その想像力、びっくりするようなことを書きます。
確信を持って書くのがまた不思議なくらいです。
百人の子どもには百通りのサンタクロースがいるのだと思いますねー。
まめきち家のサンタクロースは、英語の手紙をよこしましたか。
ほほ~、それは素敵だ!
Commented by NOONE-sei at 2006-12-28 13:43
ひすさん、
ひす家のお嬢ちゃんは、あちこちでいろいろ吹き込まれずに四年生まで過ごせたのかな。
親はひやひやするものでしたね。
ひすトラマン、それはある意味通過儀礼だったのでせう。
だれもが残念なことにいつかは羽化しなくちゃならないですから、
それがたとえ自分の疑念かきっかけのような形をとっていても、
そのせいではなくて自然ななりゆきだったのではないかなぁ。
Commented by NOONE-sei at 2006-12-28 14:03
ムメイさん、
及原家はクリスチャンでしたね。
クリスマスは形骸化したお祭りじゃなくて、教会で祈る大切な日ですね。
わたしは信仰を持っていませんが、静かに心を清め鎮める時間は大切だと思っています。
>正体以上に大切なサンタクロースの意味・・
自分のことを書きますね。
わたしが知った時は、悲しい喪失感がありました。
こうして親になって思うのは、子どもの信じているものを砕くことは、
親が手を下して子供時代から脱皮させるようなもの。
悲しみが伴ないます。だから、信じている間だけは汚したくないと。
わたしは湿度の高い人間なのでそんなふうに思いますが、よそ様はどうなのでせうねぇ、、。
Commented by NOONE-sei at 2006-12-28 14:08
ひすさん、追伸
わたしもゴジラだった!誤字ら、、、
>それがたとえ自分の疑念かきっかけのような形をとっていても、
         自分の疑念がきっかけ
ごめんねー、
いつも何度も読み直してから送信するのに、見過ごした!
Commented by mamekichi at 2006-12-28 20:18 x
サンタクロースなのに,フィンランド語か,ノルウェー語でなかったのが,何とも言えないのであります.が,細かいところは,問い詰められませんでしたので,これ幸いというところですね.
優秀なる院生諸嬢のお陰で,御用納めなのに,御用が納まらず,明日・29日まで営業です・・・・トホホ.
Commented by NOONE-sei at 2006-12-28 22:44
まめきっちゃん、
あら、サンタさんは北欧ばかりじゃあんまり寒いから、フロリダとか逆の季節のオーストラリアに行くでしょ?
横縞水着でヨットに乗るサンタさんの絵本もあるし、ひとりじゃ大変だから募集したら、
おばあさんが応募してきました、っていう絵本もありますから。
英語、おっけぇ~~い、ですよん♪
営業延長、ご苦労さまです。うちは31日まで仕事、新年は3日から出勤で~~す。しくしく
名前
URL
削除用パスワード


<< 85夜 偽りの口 83夜 うちへおいでよ >>